00A_参考資料(気温グラフ等)

年間の気温・・・・農作物を作る上で年間の気温変化を知る事が大切だ。日々のデータには変動があるので、平滑化する事で傾向が把握しやすくなる。拡大画像⇒この写真を見る

Y07s2_5

○前橋の長期気温変動・・・・・地球温暖化の傾向が見える。                                                                                           

110_7

Photo_2  

伊勢崎と弘前の気温・・・・・リンゴの産地青森との気温比較。伊勢崎は約5℃ほど高い。

 2

○前橋の1月の最低気温・・・・・冬の寒さも温暖化の傾向がありそうだ。 

この写真を見る   

Photo_2  

夏の気温をグラフ化してみた。   

○甜茶の葉・・・・・今まで実物を見たことがなかった。小さな苗を植えたのが大きく育ってきた。その葉を取って煎じて飲んでみるとじわーっとほんのり甘い味がした。飲食物は原形を保っているとこれは本物だと安心できる。ちょっと一服して気分転換ができた。

Photo_2                                                                                    

  本日採取した葉の両面をスキャナーで取り込んでみた。 現代版の押し葉のようだ。

(2009/6/25) 

Photo  

○ミカンの枝・・・・・葉と枝の間に芽が形成される。この芽が春に伸張する。一休みして夏にも伸張する。元気な枝は最後に秋にもラストスパートをかけて伸張する。ところで、一休みしている間に枝は何をしているのかと疑問がある。幼い葉が開いて大きく厚くなりようやくバリバリ光合成を行えるようになる。ここまでの養分は親の枝からもらう。葉が十分成熟すれば今度は光合成で作った養分を枝に蓄える。親にお返しをしてやるようにも思える。次の伸張が始められるだけ養分が貯まると再度伸張が始まる。これが夏枝になる。ある目的のために物資(食料が絶対必要物資)を手配する事をロジスティクッスというらしい。ロジスティクッスは表に出ることは少ないが、軍隊や製造業でも需要な部門だ。それだけでなく、登山や探検旅行、人生そのものの中でも重要だろう。植物は必要な物資を現地で作り、蓄え、そこに足場を作り、更に枝を伸ばして行く。伸びられるときは最大限に伸びる。それは日光をとらえる空間を確保するためである。それを怠れば日陰になり自分が枯れる運命である。写真では春枝から夏枝に変わる部分を示す。枝の色、太さ、固さが違う。夏枝は太く軟弱であるが、緑色の枝は光合成をしているようであり、細胞活動は活発であるように見える。秋枝は細く軟弱の物が多くなる。一番弱い枝だ。これが外界との最前線に位置する。冬の霜等で枯死しやすいのが秋枝、夏枝、春枝の順である。ここにも生物の摂理が働いているのであろう。植物は思い切りが良い。伸びられそうになければ、直ぐに他の枝が伸び出す。今の陣地がだめならば他の陣地に出た方が生きるチャンスがあるからだろう。しかし、陣地は完全放棄はしていない。新しい陣地が成功してから古い陣地をたたむのである。2009/12/20。

Y0901

○寒い朝前後の気温・・・・・最低気温はマイナス4.3℃。 

観測史上 TOP10  記録 伊勢崎市の日最低気温の低い方から(アメダスデータ)

統計期間:1998/7~2009/12

-6.8
(2001/1/15)
-5.9
(2006/1/7)
-5.6
(2006/2/10)
-5.6
(2006/2/5)
-5.6
(1999/2/5)
-5.5
(2001/1/30)
-5.4
(2005/1/12)
-5.3
(2004/1/23)
-5.2
(2001/1/14)
-5.0
(2001/1/16)

温暖を好むミカン樹がどこまで低温に絶えられるか気になるところである。

2010_07_20

アメダスデータで気温の上昇傾向をグラフにしてみた。

下記は2010/7/20気象庁発表の全国ランキング

日最高気温の高い方から
順位都道府県観測所観測値昨日までの
観測史上1位の値
昨日までの
7月の1位の値
統計開始年備考
時分年月日年月日
1 群馬県 伊勢崎 38.0 13:40 39.8 2007/08/15 39.1 2001/07/24 1998年

  Photo  

○スモモ授粉親和性・・・・・スモモ品種間の授粉の相性の良さを示す(原典は不明)。 

2009jas    

○2009年7月~9月の最高気温・・・・・いつ頃から涼しくなるか? 

上のJPG画像では画質が良くないのでワードファイルで試す(2010/8/26)。

ブラウザにインポートされる:画質やや向上。

2009MAX_TEMP.docをダウンロード

■2009年の宇和島(ミカン産地)と伊勢崎の気温比較

(気象庁のグラフデータを連結表示)

2009.pngをダウンロード  

■2009年の羽茂(佐渡市)&伊勢崎伊勢崎の気温比較

ミカン産地の北進例として佐渡のミカン栽培が話題になった。

(気象庁のグラフデータを連結表示)

2009SADO_ISESAKI.pngをダウンロード

■2010年の夏は数十年に一度の異常高温に見まわれた。

夏の伊勢崎市の高温も全国におなじみなった。なぜ伊勢崎の気温が暑いのかその理由がはっきりしない。観測地点の条件もその一つかもしれない。一地点の気象データだけが一人歩きするのもデータ利用の点から不適切であろう。市内に数十点の観測地点を設けてその平均値を使うという方法もあるだろう。そういう、きめ細かなデータが揃うとそのデータの利用価値も高まる。総合的な土地利用という観点からその程度の投資も無駄ではないと思う。

以下は2010/9/5記事のコピペ(データのリンクも問題無し):

アメダスのデータで、今年の夏の最高気温と過去3年の夏の最高気温の平均値をグラフにしてみた。平年であれば8月半ばを過ぎれば、夏の暑さも山場を越えるのだが今年は9月に入っても下がる気配は見えない。

以下はそのデータである。

2010SUMMER_IJYOU_KOUON.jpgをダウンロード

■2010の秋彼岸の気温

2010/9/23は秋雨前線が日本をおおい、22日の真夏の気温から一転して、ぶるぶる震える程の気温になった。暑さ寒さも彼岸までと、昔から言われている言葉をそのまま実感した。そこで、その二日間の気温の動きをグラフにしてみた。

グラフはここをクリック↓

ISESAKI_TEMP_Y100923.pdfをダウンロード

■伊勢崎の11月の過去10年間の最低気温の平均(1999~2009)

MIN_TEMP_NOV.jpgをダウンロード

ネット検索で探した降霜の条件

○晴天無風で、前日午後7時の気温が6℃以下の時が霜の降りる気象条件。
○地上1.5mの気温が3~4℃だと、地表面では氷点下になり霜が降ります。
○降霜条件.:晴天で、乾燥しているときの夕方6時頃の気温が 12~13℃位で、午後8時が 11℃以下であれば7~8割、10℃以下であれば確実に翌朝霜が降りるといわれています。
○ 昼間 12℃、夜間-2℃(降霜条件)

気温測定値が地上1.5mの場合、夜間接地面の気温は3℃程度低い。
水蒸気(機体)⇒霜(固体)に変化:放射冷却(晴天)+結晶化(無風)。

霜予想:前日の雨(湿度)、晴天、風に注意。

■伊勢崎の日の出・日の入り・南中高度(2011年)
国立天文台のWEBに暦事項を計算するサービスがありその計算結果をエクセルでグラフにした。冬は苗を屋内で管理しているので南中高度で、入射光が屋内のどこまで届くか大体知る事ができる(2010/12/11)。hinode_hinoiri_i.xlsをダウンロード 。冬至(夏至)に南中角度が最小30.3度(最大77.1度)になり、大体入光基準の高さの1.7(0.23)倍まで光が届く計算となる。

上記データより、昼間の時間と夜間の時間を求めた(以下を参照)。http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/files/daynight_time_2011_s.jpg

■社会経済分類別15歳以上人口(平成17年):並べ替えしてグラフ化した。(2010/12/12)
Class_population

                             

■2010夏の猛暑
2010夏の猛暑は各方面に大きな影響を与えた。農業では、特にゴロピカリ等の品種の米の品質低下が大きな問題となった。また、夏の高温、日照時間の多さが翌年の杉花粉の飛散量増大に繋がり、花粉症への影響が懸念されている。2010年、2009年までの6カ年の7月~8月までの気温と平均累積日照時間をアメダスのデータからグラフにして比較してみた。(2010/12/15)

Temp_jj_2010
C_suns

○2011年電力危機の参考:東京の気温のグラフ(AMEDASデータより)
Tokyo_temp_2010_07_to_08

○AVERAGE MIN TEMP 2001~2011(伊勢崎市:AMEDAS DATA)
Average_min_temp_20012011isesakiame

4月の2001~2011年10年間の各日の最低気温の平均気温をグラフにした。平均最低気温の最低値は4℃。4月に入ると0℃以下になる心配はほとんどないようだ。4月前上旬の気温は不安定のようだ。原データは気象庁AMEDASによる。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク