05B_会社生活断面記

Feed

2019年7月 3日 (水)

会社生活断面記:海外メーカーとの共同開発における現役時代の特許戦争の思い出と我が国の国益について;ご同輩 右も左も 腐れ縁。20190703。

2019年7月3日(水)
昨日は曇り一時雨一時晴れ。ざっそう句;ご同輩 右も左も 腐れ縁。朝方、畑の様子を見る。先日蒔いた小豆が発芽していた。日をずらせて播種した苗も開花時期は余り変わらず、植物は自然環境に合わせて生長するのだと漠然と思った。要するに、種としての生存を最優先に生きて、良い実を沢山付けるためには頑張らない。それより、一個でも二個でも実を残そうとする。スイカ苗が育ってきた。このスイカも実を付けるかギリギリの生き様をしているようだ。

Iob_2019_suika_azuki_20190702
原ファイル名=「IOB_2019_SUIKA_AZUKI_小玉スイカと小豆20190702.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

新聞を持って来て宅内閑居。古い資料を整理。アキハバラの電気店の領収書が出てきた。品番しか書いてないので商品が分からない。WEBで調べると同名のCD-ROMチェンジャーがあった。ふり返ると衝動買いして余り使わない物もあるようだ。昔は、CD-ROMもオプションで外付けであった。最初に買ったのはSCSIインターフェースの物だった。やがて、パソコンに標準搭載されたが、最早盲腸のような存在になってしまった。代用品で間に合うことが多く、スペースとパワーと操作の手間がかかるディスク・デバイスの需要はほとんど無くなってしまったようだ。今年は、掘り上げなかった昨年のジャガイモを育てている。少しは収穫出来るだろうか。試し掘りをして見たい。

「日々が農好天気:ジャガイモ株分け栽培2品種目を収穫;都議選や 本気になった 都民かな。170703。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2017/07/post-a519.html)。(2017年7月 3日 (月))」

************************

会社生活断面記:海外メーカーとの共同開発における現役時代の特許戦争の思い出と我が国の国益について

最近、日韓関係で波風が目立ってきた。日韓徴用工問題がその背景にあるようだ。その問題を遡れば、第二次世界大戦の処理問題まで行き着く。そもそも、戦争も経済問題の延長に過ぎないという説もある。経済的に処理できない問題を戦争・武力で処理しようという発想もあるようだ。ともかく、世界には判官贔屓という共通的価値もある。強さは、これ見よがしに行使すれば失敗する。能ある鷹は爪を隠す...。

「技術史(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/08/2009-1.html)。(2009年8月12日 (水))」に、「しかし、講義が脱線して教授が日露の戦車の違いや戦争論の話になると耳がそばだった。戦車の重量、構造は圧倒的にロシア製に軍配が上がったとか、戦争は兵器の蓄積を消耗するために起こるとか余り聞いたことがなかった。戦車は軽量ならば燃費も資材費も少なく低コストになる。ロシアの戦車はその逆だ。しかし、勝つためにはどうか。軍備の蓄積が大きくなると戦争になるという考えは理屈とは別に現実性があった。兵や兵器を自由に使える立場の人間はそれを使う誘惑につねに駆られているという見方は空論ではないだろう。」

今日では、武器も通常兵器も、ミサイルも、核兵器、人工衛星も全てが国際商品になり得るのである。また、軍備に転用されると国の安全に影響するという名目で、輸出入が規制されていた国際商品もあった。例えば、航空機用の慣性誘導装置等がその例であった。現在では、GPSがそれに代わって、軍用の高精度のGPS以外は民生用に公開されている。ともかく、この世に買い手がいれば、何でも売れる。

また、日米半導体摩擦・COCOM問題等では、半導体製品が規制の対象になった。当時は、半導体の微細化で、α線がメモリーに当たると誤動作する問題があり、放射線対策をした半導体は、規制の対象であった。今日では、メモリーの放射線対策は普通に行われているのだろうと思うが...。

*************************

徴用工訴訟問題 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/徴用工訴訟問題

韓国政府 に移動 - そもそも韓国政府は日韓請求権協定締結前の交渉において、徴用工の未払金及び補償金は国内措置として韓国側 ... において日韓請求権協定の効力範囲問題を検討し、植民地支配賠償金や慰安婦問題等の日本政府の国家権力が ...
‎朝鮮人強制連行 · ‎財産及び請求権に関する問題の ... · ‎不二越 · ‎柳井俊二

*************************

日本経済新聞は、「半導体の国際供給に影響も、対韓輸出規制 4日発動。;url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46823990R00C19A7MM8000/。(2019/7/2 1:31)」というタイトルで、「政府は1日、韓国への輸出規制を厳しくするため、半導体材料の審査を厳密にし、安全保障上の友好国の指定も取り消すと発表した。韓国政府は対抗措置の検討を表明し、半導体大手SKハイニックスは工場の操業継続への懸念に言及した。半導体メモリー市場で5~7割のシェアを持つ韓国からの出荷が滞れば、世界に影響が広がる可能性がある。」と報じた。

この記事を読んで、子供の喧嘩に親が出るような恥ずかしさを感じた。あの、G20サミットを仕切った国が行う、国際的な行動なのかも疑問になる。ともかく、日本国政府は、半導体というハイテク商品について、余りにも無知過ぎるようだ。最も、腕力・武力で何でも処理できるという脳味噌の構造なら仕方が無い。日本の産業は、土建産業だけになってしまうのではないか。だが、半導体は、産業の米というより、今日21世紀の全ての産業文化を支えるICT・頭脳の基本デバイスになっているのだ。

米中が、ファーウェイや5G問題で主導権争いをしている事実を日本は甘く見すぎていないか。だが、この問題を冷静に解読すると、米国が経済戦争の実戦に持ち込む事は無さそうだ。経済戦争の実戦に入り込むと、ブーメラン効果で米国が大きな損失を受けるのは目に見えている。

所で、最近、昔の事が気になって、現役期時代に海外メーカーと共同開発した案件を調べて見た。下記の記事で書いたことは、今でも記憶に残っている。とりあえず、忘れないうちに、カナダの青年技術者のイニシアルをJ・Fであったと残しておこう。

「スープ皿の底(改題):会社生活断面記:一緒に仕事をしたカナダの青年技術者の心意気を思う;ススキ呉れ 饅頭貰う 十三夜。171101。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2017/11/post-fb1c.html)。(2017年11月 1日 (水))」

今回は、このJFを手がかりに特許を調べた。当然、彼の所属会社も検索精度を上げるために役立った。同時に自分が出願した特許も特許情報プラットフォームで調べた。日本での打合せで顔を合わせた日数は数日だったと思うが、FAXやTELEXでのやりとりは、開発の初めから終わりまで行って来た。彼が日本へ来たのは、開発の最後の確認・まとめのためであった。米国の半導体販社の責任者も同行してきたと思う。

当時は、共同開発の経験もほとんどなく、開発契約にも関知していなかった。従って、共同開発に関して出て来た特許の扱いもはっきりしていなかった。そこで、自分のグループとしては、部下と連名で日本特許を提出した。一方、相手側は、単独でUSPを出願していた。勿論、開発した製品とは別物で、その展開製品としての出願であった。その出願日を比較して見ると、我々の出願が半月程度早かった。ともかく、開発に参加した二社は、別々に特許製品を夢見ていたわけだ。

ここで、当時を振り返ると、共同開発した製品に関する特許の扱いは、交渉の議題にも上がって来なかった。それほど、有望な特許でも無かったのか、特許の扱いを交渉し始めると、まとまる物もまとまらなくなる事もありうる。すでに、両者が出願した特許も30年程度が過ぎて、もはや新しさは無い。だが、相手の発想を我が物にしようという意識はあったようだ。

因みに、相手方が出願した特許はLEDドットマトリックス表示装置、我々が出願した特許はLED印字装置であった。30年程前の液晶表示装置は、動作温度や動作条件の点で信頼性が不足していた分野があり、その分野ではLED装置が期待されていた。だが、液晶技術も急速に進み、LED表示装置は時代の主流になれていない。当時は、自動車の表示パネル用に使える半導体を作れと発破を掛けられたが、それも実現できなかった。

LEDは、自己発光デバイスであるが、発光部と制御部を一体形成する事は困難であり、コスト、性能、信頼性等を実現する技術の組み合わせは無数に存在すするため、表示装置の進歩の歴史は多様である。

現役時代に特許戦争に遭遇した事は無いが、他者の特許を避け、他者に特許で先行しようとする努力は常に忘れなかった。日本もかつては、メモリー技術で世界に先行していたが、やがてその技術は韓国の同業他社に流れてしまったと言われる。当然、高い技術は低い方へ流れるのである。

日本政府が決めた対韓輸出規制の品目は、半導体材料のフッ化ポリイミド、レジスト(感光材)、フッ化水素との事である。これらの半導体材料を使う業種・メーカーは明確に特定出来そうだ。言い換えれば、日本政府が狙い撃ちしている目標が世界中にバレバレなのだ。従って、外交の下手さ加減もバレバレになる可能性が高いと言える。これで、安倍外交の選択枝が又一つ狭まるような予感がしないでもない。

ともかく、韓国の半導体メーカーと日本の半導体材料メーカーが組んで取引をする限り、国際ルール上何の問題も無いであろう。しかし、日本政府が、日本の半導体材料メーカーに何らかの政治的圧力を強めれば、問題は別の局面に発展する可能性も大きい。国は、そのような総合的な損得勘定をどのように判断して、対韓輸出規制を実行するのか...。外交の手がかりを失った安倍政権のやけっぱちで終わるだけなのか。目先のことだけで、世界の信用を失う程の失態は避けるべきだ。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 606.5 182 183 55748.9 25.3 28.4 22.4 6 2.2 0.5 1.5 22.4 29 5.8(東南東)
時刻等℃   D m/s H mm 05:33 15:26 12:41
2019年07月02日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 50% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2019年4月22日 (月)

老人の妄想:会社生活断面記;技術 回顧と展望:初めての大坂出張から大坂の未来までを妄想;見事散れ 令和にはしゃぐ 老い桜。20190422。

2019年4月22日(月)
昨日は晴れ。ざっそう句;見事散れ 令和にはしゃぐ 老い桜。新聞を取りに外に出ようとした時に新年度の用事で来客。午前、宅内閑居。午後、畑に出て掘り残しのジャガイモを改植。今回はダンシャクだ。日当たりが良い場所からはしっかりした芽が伸び出ているが、枯れ草の中の物は芽が出ていない。発芽状態に大差がある。やはり手抜き作業は仕事を分散させて余分な仕事が増える。掘り上げて貯蔵すれば芋のロスも防げるだろうに...。来客に畑に生えているカモミールをやる。夕方、ネギ1本を収穫して引き上げる。備中鍬を振り回し、ヤブガラシやスギナの根も掘り上げたので結構疲れた。夕食を食べ終わると直ぐに眠くなった。目が覚めると既に翌日になって注目の、衆議院小選挙区大阪府第12区選出議員補欠選挙の結果が大阪府選管ホームページに掲載されていた。衆議院小選挙区大阪府第12区には寝屋川市、大東市、四條畷市が含まれていた。そう言えば、我がサラリーマン人生で初めて大阪へ出張したのが大東市の住道にある三洋電機テレビ事業部であった。

Iob_2019_hosen_o21_1220190421
原ファイル名=「IOB_2019_HOSEN_O21_衆議院小選挙区大阪府第12区選出議員補欠選挙20190421.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

************************

老人の妄想:会社生活断面記;技術 回顧と展望:初めての大坂出張から大坂の未来までを妄想

当BLOGを「社宅」でキーワード検索すると14件ヒットした。「社宅」というキーワードは日常はほとんど使っていないのだ。だが、社宅体験として消えずに記憶に残っている。忘れる前に書いて置こうかと思って書きだした。

最初に入った社宅は多分大東市の住道にあった従業員用の社宅だったと思う。長期出張の宿泊費節減が目的だったと思うが経費の扱いはすっかり忘れている。二回目の社宅は、半導体営業部への出向の宿泊用として徳庵駅の近くにあった従業員用の社宅だった。多分、これらの社宅は時代に合わなくなり取り壊しされているだろう。

大阪万博の見物(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/03/post-8d37.html)。(2009年3月23日 (月))」の記事に当時の概要を書いた。「丁度実験のお手伝い程度の仕事で出張」と書いたが、当時はまだ真空管テレビが主力であったと思う。当時のテレビはプリント基板や集積回路は使われず組み立ては、流れ作業だが手作業で行われていた。

自分に与えられた仕事は、テレビの特定ブロックを厚膜ICにして、組み立ての合理化をするためにデータを与えられたテレビ回路で測定する事であった。多分、技術の進歩は早くテレビ回路で厚膜ICが本格的に使われる例は少なかったと思う。主な信号系はバイポーラ集積回路で実現される時代に入ったのである。

WIKIPEDIA「ポンパ。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%91)」

WIKIPEDIA「日本万国博覧会。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%B8%87%E5%9B%BD%E5%8D%9A%E8%A6%A7%E4%BC%9A)」:「日本万国博覧会(にっぽんばんこくはくらんかい、英:Japan World Exposition, Osaka 1970)は、1970年3月15日から9月13日までの183日間、大阪府吹田市の千里丘陵で開催された国際博覧会。 」

JR片町線〔学研都市線〕で住道と京橋の間の駅は;住道、鴻池新田、徳庵、放出、鴫野、 京橋(大阪府)であるが、最初に工場まで歩いた時の記憶はほとんど残っていない。仕事は単調であった。そこで、気晴らしに大坂万博に行こうと、上司役のY氏が誘ってくれたのだ。長期出張と言っても多分2~3週間程度だったと思う。多分、まだ入社直後の事で、自分も臨時で応援に出されたような立場であり、その後上司役のY氏との仕事上に関係は無かった。

だが、住道にあった三洋電機テレビ事業部とは、その後色々な付き合いがあった。また、東京三洋電機でテレビを生産するようになった時、住道から大泉に転勤した技術者も多くいたようだ。自分の上司は東京三洋電機のテレビ事業部から半導体事業部に異動してきたのテレビの専門家だった。

思い出すと、一丁前の技術者になる前の上司は、技術上の問題が出て来ると、コレが臭いと良くその原因を推定した。その上司は、優秀で気さくで、コレが臭いと言っても、それは表現上の個性と思って、そのアイデアを良く拝借した。だが、嗅覚が敏感、言い換えれば豊富なアイデアが次々に出て来るので、少し振り回された事もあった。」(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2017/07/post-8f0b.html):このI氏がテレビ用集積回路開発の担当時の上司であった。

大阪の臭い(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/10/post-6900.html)。(2009年10月26日 (月))」

にわ鳥が先か卵が先か(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/06/post-5fa4.html)。(2009年6月 2日 (火))」この記事で、テレビ部門を代表して発表したのがO氏であった。

土偶:いとしきもの(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/04/post-8484.html)。(2010年4月 9日 (金))」

大坂衆議院小選挙区大阪府第12区の結果から、半世紀程前の話に飛んでしまった。色々な人との出会いがあった。大坂も必死に変わろうとしている、その意識が今回の選挙結果として現れてきたのかと感じた。立候補者の大雑把な得票率を見ると、10%、20%、30%、40%と大坂人の心の中を分析した結果のように見えて来る。大坂人の心は、今後も揺れ続けそうだ。

************************

万博概要情報 | OSAKA,KANSAI EXPO 2025 | 2025日本万国博覧会誘致 ...
https://www.expo2025-osaka-japan.jp/overview/
万博開催概要Overview. 開催期間:2025年5月3日(土)〜11月3日(月) 185日間 開催場所:大阪 夢洲(ゆめしま) 想定来場者数:約2,800万人 経済波及効果(試算値):約2兆円. 「万博」には、人・モノを呼び寄せる求心力と発信力が. この力を2020年東京 ...
‎Osaka expo 2025 · ‎関連動画一覧 · ‎メッセージ · ‎活動報告

************************

東京に万博が来ない理由が分からない。だが、強引にオリンピックを持って来てしまう。オレ的には、オリンピックは既にオワコンじゃないか。まあ、万博も準オワコンだろうが...。オレ様は大坂はほとんど知らないが、町人文化にはまだ活路がありそうに感じる。万博+カジノでは生き返らないと思う。その前に、森友学園事件を解決しなきゃ、永久に同じ事を繰り返しそうで心配になる。マァ、東京のコピーでは永久に変われないのでは...。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 391.2 254 111 20044.3 16.3 21.9 9.5 12.4 2.5 6.1 0 8.8 22.4 7.6(東南東)
時刻等℃   D m/s H mm 05:30 15:33 13:43
2019年04月21日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 30% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2019年3月29日 (金)

会社生活断面記:ゼロスピン大賞(2009/12/18 7:23作成)。20190329。

ゼロスピン大賞

集積回路の開発には開発スピードが要求される。開発の成否はゴルフのようでもある。一つの開発の完成はゴルフボールをホールに入れるのに似ている。ともかく、大きな目的はゴールに達することであり、それが達成できなければ開発品の生産販売もかなわない。

従って、開発技術者としてはゴルフのホールインワンと同じに一回の試作で完全な物を作り出すのが理想である。しかし、多くの工程からなる半導体製品の試作が一発で完成することは非常に困難である。その困難にあえて挑戦しようと提案されたのがゼロスピン大賞であった。

自分は当時は既に開発の現場を離れ企画スタッフ的な部署に所属して、経営方針の作成等にも関係があった。長年開発の仕事を続け、不覚にも試作回数が歴代最多に近い実績も持っていた。そんな中で、開発技術者のやる気、意識付け、自己評価等を実現するために試作回数の削減運動を上層部に提案していた。それがゼロスピン大賞(正確には覚えていないが)という施策につながった。

それにしても、難解で課題の多い施策を簡単明瞭なキャッチフレーズにしたのはさすがだと思った。ゴルフは一人だけの勝負である。しかし、半導体等現代の工業製品は一人だけの勝負はほとんどあり得ない。最初から最後の工程までが正常に効率よく機能して初めて競争に勝てる商品ができるのである。

残念ながら、最初のゼロスピン大賞の結果を見ることなく退職したのでその後のことは分からない。ある人にはこれは自分の置きみやげであると冗談に話して置いた。その人も多分退職しているであろう。

追記(2019/03/29):この記事の下書きには2009/12/18 7:23作成のタイムスタンプがった。それを整形したのみで公開した。開発には予期しないトラブルが付きまとう。最近ではボーイング社の最新鋭機が墜落する事故が問題になっている。航空機・兵器は米国の戦略産業である。

************************

CEEK.JPでキーワード「ボーイング」のニュース検索(上位100件=新しい順):検索日=20190329-0820

1373 件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複6件は非表示です) 次の100件 →
エチオピア墜落事故 遺族がボーイング社を提訴 (国際) 07:55 NHK
乗客遺族、ボーイングを提訴 (国際) 07:55 デイリースポーツ
乗客遺族、ボーイングを提訴 エチオピア航空機墜落 (国際) 07:50 共同通信
エチオピア墜落事故の遺族、米地裁でボーイングを提訴 (電脳) 07:18 日本経済新聞
ボーイング事故、投資家に響かぬ楽観論(NY特急便) (その他) 07:10 日本経済新聞
犠牲者家族、ボーイングを提訴=エチオピア墜落事故... (国際) 07:04 時事通信
米ボーイング補助金は不当 (経済) 06:45 デイリースポーツ
米ボーイング補助金は不当 WTO、欧州と痛み分け (経済) 06:37 共同通信
WTO、今度はEUに有利な判断 米ボーイング補助問題 (経済) 06:23 WSJ
WTOは生き残れるか(下)紛争解決機能の回復急務 (その他) 06:00 日本経済新聞
LCCタイライオンエア―が初就航 関西空港 (地方・地域) 03:00 朝日新聞
ボーイングがソフトウエア改修 墜落相次ぐ新型機 (国際) 01:24 フジテレビ
737MAX、米当局「厳しく監督」と主張 議員は皮肉 (国際) 28日 21:01 朝日新聞
中部空港のLCC向けターミナル、9月に稼働へ (地方・地域) 28日 19:00 日本経済新聞
9月20日供用開始を決定したセントレア「第2ターミ... (その他) 28日 17:01 impress
NASA、ロシアにISSへの宇宙船「ソユーズ」の打ち上... (国際) 28日 16:32 Sputnik
最後の瞬間までマニュアルを探ったパイロット、だが... (電脳) 28日 15:30 BUSINESS INSIDER
ボーイング安全策発表…事故機種センサー改良など (経済) 28日 15:00 読売新聞
エチオピア:旅客機墜落 失速防止装置を手動操縦優... (国際) 28日 14:41 毎日新聞
焦点:737MAX飛行再開になお時間、米航空当局に厳しい目 (経済) 28日 14:23 ロイター
ボーイングがソフト修正 新型機墜落で誤作動防止 (経済) 28日 14:20 東京新聞
ボーイング737MAX、見えてきた過ちの構図 (経済) 28日 14:16 WSJ
ボーイング社“再発防止取り組み”アピール (国際) 28日 12:42 日本テレビ
墜落機種のソフトウエア改修 ボーイング社が発表 (国際) 28日 12:33 フジテレビ
米ボーイング墜落事故 誤作動防止へソフト修正 (社会) 28日 12:00 テレビ東京
マリンド・エア:就航、マレーシアなど定期便... (地方・地域) 28日 11:27 毎日新聞
米FAA、航空機の認証審査を内部で行えば18億... (中国・朝鮮) 28日 11:17 大紀元
ボーイング機認可を調査へ 議会公聴会、運輸省が表... (国際) 28日 11:13 産経新聞
動画:ボーイング、737MAXの飛行システム修正を発表... (国際) 28日 10:59 AFP通信
ボーイング737MAX、アメリカ経済に及ぼす影響は政... (その他) 28日 10:45 BUSINESS INSIDER
ボーイング、事故同型機の生産工場公開 システム改修へ (国際) 28日 10:41 朝日新聞
前代未聞!「行き先間違えた飛行機」乗客の反応 ロ... (経済) 28日 10:40 東洋経済
米ボーイング、737MAXの修正ソフトを週内に当局提出へ (経済) 28日 10:20 Bloomberg.co.jp
米FAA、航空機の認証審査を内部で行えば18億ドルか... (国際) 28日 10:08 ロイター
米ボーイング「737MAX」のソフト改良へ=墜落事故受け (国際) 28日 09:26 時事通信
墜落原因、慎重に究明=ボーイング機事故で公聴会-米 (国際) 28日 09:21 時事通信
ボーイング 改善策を発表、737MAX墜落事故受け (国際) 28日 08:59 TBSテレビ
米ボーイング、737MAX機のソフト修正完了 (経済) 28日 08:59 ロイター
ボーイング737MAX、安全策巡り強い疑問=米運輸長官 (経済) 28日 08:56 ロイター
NY株反落、32ドル安 世界経済の減速懸念で (経済) 28日 08:48 産経新聞
ボーイング 737MAX8の自動失速防止装置のソフト修正へ (経済) 28日 08:35 毎日新聞
NYマーケット (経済) 28日 08:30 テレビ東京
“運航停止”で業績見通し↓ ボーイング機 墜落事故 (経済) 28日 08:30 テレビ東京
ボーイング機墜落事故 公聴会 米 規制当局「運航再... (経済) 28日 08:30 テレビ東京
3月27日の米国株式市場は小反落、NYダウ0.13%安、... (経済) 28日 07:30 日本証券新聞
ボーイング、737MAXの飛行システム修正を発表 墜落事故受け (国際) 28日 07:19 AFP通信
誤作動防止へ装置修正 ボーイング、墜落事故受け (社会) 28日 07:06 産経新聞
ボーイング機の認証「徹底的に審査した」 FAA幹部 (電脳) 28日 06:50 日本経済新聞
米連邦航空局 ボーイング機事故受け監督の在り方大... (国際) 28日 06:23 NHK
ボーイング自動失速防止装置修正 (経済) 28日 06:05 デイリースポーツ
ボーイング 墜落事故後初の会見 安全面での改良を強調 (国際) 28日 06:04 NHK
ボーイング自動失速防止装置修正 墜落事故受け、誤作動防止 (経済) 28日 06:02 共同通信
米国株、ダウ反落し32ドル安 長短金利の逆転を警戒... (経済) 28日 05:22 日本経済新聞
米ボーイング、737MAX機のソフト修正完了 (経済) 28日 05:15 ロイター
737MAX飛行再開になお時間、米航空当局に厳しい目 (経済) 28日 05:01 ダイヤモンド・オンライン
OSG、米に航空機研究施設 次世代材料向け工具開発へ (経済) 28日 05:00 日刊工業新聞
ボーイング事故 航空機市場の寡占が心配だ (その他) 28日 05:00 読売新聞
中国がボーイングに厳しい措置、浮上する航空機開発... (国際) 28日 05:00 ダイヤモンド・オンライン
ボーイング、事故機種のソフト修正へ 手動操縦を優先 (電脳) 28日 03:09 日本経済新聞
ボーイング 737МAX8 今度はアメリカで緊急着陸 (経済) 28日 02:25 テレビ東京
ボーイング737MAX、一部安全策導入不要だったことに... (経済) 28日 00:29 ロイター
【マレーシア】サプラインダストリアル、日系と合弁... (国際) 28日 00:05 NNA
【中国-全国】ボーイング737MAX、新規導入を凍結[運輸] (国際) 28日 00:00 NNA
米サウスウエスト航空、業績見通し引き下げ ボーイ... (経済) 27日 23:57 ロイター
サウスウエスト航空:売上高1.5億ドル縮小を予想、M... (経済) 27日 23:45 Bloomberg.co.jp
ボーイング737MAX8、フロリダで緊急着陸 (国際) 27日 22:55 読売新聞
MRJ、米連邦航空局から飛行試験許可を取得 型式証明... (経済) 27日 21:24 財経新聞
ボーイング事故の同型機、中国が導入停止 摩擦影響か (国際) 27日 21:10 朝日新聞
ISS米飛行士の宇宙服「1着が故障」 露宇宙開発筋 (国際) 27日 20:52 Sputnik
飛行機の10cm手前までボタン1つで動作。成田空港... (その他) 27日 20:26 impress
ボーイング社と米連邦航空局が世界に答えるべき3つの問い (その他) 27日 19:00 COURRiER Japon
米FAA、安全審査見直し ボーイング機墜落で議会証言 (経済) 27日 18:47 SankeiBiz
?ボーイング、今度は787-900に不具合 (中国・朝鮮) 27日 18:46 中国網
2019年3月27日のヘッドラインニュース (その他) 27日 18:36 GIGAZINE
ボーイング新型機 またトラブルで緊急着陸 (社会) 27日 17:20 テレビ東京
桜の季節がやってきた!愛知の桜名所&併せて行き... (その他) 27日 17:00 ニュースウォーカー
米航空当局、安全監督体制を大幅変更へ=上院... (中国・朝鮮) 27日 16:25 大紀元
中国、新737調達停止 (その他) 27日 15:30 日本経済新聞
移送中の737MAX、エンジン不具合で緊急着陸 (経済) 27日 15:14 ロイター
4カ月で2件の墜落事故を起こしたボーイング737 MA... (その他) 27日 14:45 GIGAZINE
ボーイング機が米で緊急着陸 運航停止機種 (国際) 27日 13:28 フジテレビ
【米中ウオッチ】高官協議、中国景気回復か、再び月... (経済) 27日 13:20 Bloomberg.co.jp
エンジンに異常…B737MAX8緊急着陸 (国際) 27日 12:49 日本テレビ
米ボーイング社が運航再開目指し27日に説明会 (中国・朝鮮) 27日 12:30 人民網
米フロリダ州 新型ボーイング緊急着陸 (社会) 27日 12:10 テレビ東京
アングル:ボーイング最新鋭機に試練の歴史、50年前... (経済) 27日 11:59 ロイター
社説:同型機墜落 安全審査に問題ないか (地方・地域) 27日 11:36 京都新聞
ボーイング737MAXにまた異変 米オーランドで緊急着陸 (社会) 27日 11:05 スポニチ
エアバス、中国から大型受注 300機350億ドル 競合ボ... (経済) 27日 10:40 SankeiBiz
機体移動時に緊急着陸 墜落機と同型のボーイング機 (国際) 27日 10:31 テレビ朝日
変わる戦闘機の「あり方」 世界中で進む僚機の無... (その他) 27日 10:30 乗りものニュース
737MAX8、離陸直後に緊急着陸 (国際) 27日 10:28 TBSテレビ
ボーイング737MAX耐空証明、中国が申請受け付け停止 (経済) 27日 10:28 Bloomberg.co.jp
ボーイング最新鋭機、フロリダで緊急着陸 墜落機と同型 (国際) 27日 10:07 朝日新聞
1373 件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複6件は非表示です) 次の100件 →

************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2018年11月12日 (月)

身辺雑記:田舎老人徒然草:会社生活断面記:NSB-AM2バンドデジタルシンセサイザレシーバR-039の記憶;小春日や 老人で混む 無料バス。20181112。

2018年11月12日(月)
昨日は晴れ。ざっそう句;小春日や 老人で混む 無料バス。長靴を履いて畑に出る。まだ朝露が降りている気候だ。アメダスの気温9時=15.7℃。もうじき、霜が降りるようになるだろう。落花生を収穫したマルチ床に何を蒔いたか忘れていたが、小カブだったようだ。根が太ってきたので数本収穫した。初収穫だ。まだ食卓には上がらない。昼前から用事外出。スーパーで買い物。車中で昼食。快晴で風も無く、屋外イベントには最適な日和であった。青空バスの乗り場には列が出来ていた。まさに老人天国。免許証を返上した時は、お世話になる。無料だった青空バスが今年から有料になった。高齢者は無料だが、その先どうなるか分からない。団塊の世代は一生社会的な不利益に追いかけられる運命か。その分、自立心ややせ我慢は旺盛なのかも知れない。昼からの用事も無事終わり、書店と別のスーパーでウォッチングと買い物。リサイクル店で一品。夕食は、お土産の釜飯だ。おいしく頂いたが、あの瀬戸物の釜の再利用法に悩む。サボテンでも植えようか。

*************************

身辺雑記:田舎老人徒然草:会社生活断面記:NSB-AM2バンドデジタルシンセサイザレシーバR-039の記憶

古いラジオが鴨居にぶら下がっている。昔の電池は液漏れをして、機器の電池交換ができなくなる場合がある。久しぶりにそのラジオを手に取って調べたら、まだ使えそうであった。そこで電池交換をして、叩いてショックを与えたら音が出てきた。

Iob_2018_pana_radio_20181112
原ファイル名=「IOB_2018_PANA_RADIO_パナソニックのラジオ20181112.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

音量は小さいが何とかNHK第一は受信できる。そこで、なぜこのラジオが手元にあるか思い出そうとした。はっきりした記憶は無いが、現役時代に大阪駐在をしたが、それを契機に買ったのかも知れないと思っている。

「会社生活断面記:大阪駐在の頃 (http://af06.kazelog.jp/.s/itoshikimono/2013/03/post-ba2f.html)。(2013年3月31日日曜日)」(この記事へのリンク

他社のパナソニックブランドのラジオを買ったのは、それなりの理由があったと思う。通勤ラジオとして、出張鞄の中に入れていたのかも知れない。自動選局のポケットラジオで思い出すのは松下とソニーであった。

ともかく、実用本位で安物を買っていた電子機器であるが、松下のラジオR-039は格別であったようだ。発売は1990年頃で、WEB情報によると標準価格9,000円であった。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 360.3 49 316 133778.0 15.0 21 10.6 10.4 3.7 9.6 0 10.2 21.6 8.2(南南東)
時刻等℃   D m/s H mm 04:04 13:54 15:26
2018年11月11日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2018年6月30日 (土)

会社生活断面記:老人の寝言:ホールIC開発当時の思いで;もうコンピュータも要らない?;六月に もう梅雨明けて 新記録。180630。

2018年6月30日(土)
昨日は晴れ。ざっそう句;六月に もう梅雨明けて 新記録。かみさんは、熱中症になって畑で倒れても誰もいないよと禁足令を出して、さっさと外出。仕方が無いと宅内閑居。室内の避暑地の台所も32℃と記録的暑さ。読みかけの日本電産社長の永守重信関連の古本を拾い読み。暑さが二倍になって身に滲みる。夕方、16時頃、畑に出て値下げでも売れ残っていたラッキョウを植えた。安物買いの見本で、かみさんも芽が出ていると手を付けない。それならオレが植えると畑に出た。畑土はサラサラに近い。植え余ったものは、畑の隅の小さな空間にも植えて、ネギ二本を収穫して撤退。さっそく、このネギは刻んで納豆に入れた。

Iob_2018_amedas_w_c_18062918
原ファイル名=「IOB_2018_AMEDAS_W_C_アメダス天気図=18062918.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

WEB情報で関東甲信越地方が梅雨明けしたというニュースが踊っていた。6月の梅雨明けは観測史上初めて。畑の乾燥対策で雨を期待したが、当面期待薄だと薄々感じていた所だ。テレビでは働き方改革の法案が成立したようだ。このような法律が、日本電産創業当時に出来ていたら、今日の日本電産は無かったかも知れない。当時、開発し立てのホールICの売り込みに日本電産を訪問したが、FDDには使えそうだが、ウチはFDDの次のHDDを開発中だと相手にされなかった。だが、開発したIC(LB9051、LB9052)はその後、相当数売れたようだ。当時、商用の磁界発生器がなかったのでコイルと磁気コアで自作した事を思い出した。

Googleにてキーワード「日本電産  site:http://af06.kazelog.jp/」(このKWで検索)で本サイト内を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%9B%BB%E7%94%A3%E3%80%80%E3%80%80site%3Ahttp%3A%2F%2Faf06.kazelog.jp%2F)

*************************

会社生活断面記:老人の寝言:ホールIC開発当時の思いで;もうコンピュータも要らない?

百均店の熱電対温度計が31℃を示している。寝苦しい夜だ。おまけに蚊が飛び回っている。これを打ち落とそうとしているが、逃げる能力はそれなりに素晴らしい。

百均店のセンスでパタパタ。これも情緒があって結構だ。もう、読んだ古本の書名を忘れた。そこでWEB検索をすると「日本電産 永守重信、世界一への方程式 」だったらしい。本書でも、半導体を内製化するビジョンが述べられていたが、まだ実現していないようだ。

ともかく、半導体事業は、その初期は歩留まりが天気で変わるので、農業並みと揶揄された歴史もあるが、現代は相当高い歩留まりを確保出来なければ、業界内で生き残れない時代になっていると思う。そう考えると、日本電産がしゃにむに半導体の内製化に突き進んでいないのは、それなりの見識があっての事なのか。

ともかく、とっくに生産を終了したホールIC開発当時の事を思い出す機会ができたので、忘れぬ内に書いて置こう。その発端は、3PINのパッケージに半導体を入れて付加価値を上げる事であった。自分的にはIC部門に所属しながら、トランジスタ部門の仕事をやらされるという、何となく憂鬱な気分であった。

ともかく、IC上に組み込むホール素子も無かったので実験も出来なかった。そこで担当技術部門にホール素子だけのデバイスを試作して貰い、そのデバイスモデルを自作して、ようやくCADでシミュレーション出来るようになった。CAD上で動作を確認して、その回路を実在のトランジスタ(TEG)を使って組み立てて、実物のシミュレーションを行った。

「TEG(テグ)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/10/teg-6c08.html)。(2009年10月20日 (火))」(この記事へのリンク

「ローマ字文書にトライ(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/06/post-f4d9.html)。(2009年6月13日 (土))」(この記事へのリンク

当時、SPICEという回路解析プログラムはIBMの大型コンピュータ上で動いており、出図データはすべてCAD上にあった。開発部門と技術部門のやりとりは、出図会議がその山場になる。和文が使えるプリンターはコンピュータ端末としては装備されていなかった。だが、今後の出図会議資料はCAD上で作り、ワープロ等への再入力は避けるべきだと勝手に解釈して、IBMのコンピュータシステムだけ使って出図会議資料を作成し、出図会議に対応した。

ホール素子は磁界強度を電圧に変換する素子だが、そのSPICEモデルが無かったので自作した。ともかく、コンピュータはあくまでヴァーチャル動作しかしないので、現実的で無い途方も無い数値データを入れて遊んだ記憶もある。

現代では、核兵器の開発がコンピュータシミュレーションを使って行われているようだ。科学は諸刃の剣だ。気違いに刃物も嘘では無く、現実になり得る。コンピュータで遊びすぎると仮想と現実の区別が出来なくなる危険が付きまとう。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 714.8 184 181 56018.1 29.8 37 23.6 13.4 4.6 8 0 23.5 37.4 8.7(東南東)
時刻等℃   D m/s H mm 05:13 14:59 15:08
2018年06月29日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1


*************************

CEEK.JPでキーワード「梅雨明け」のニュース検索(上位100件=新しい順):検索日=20180630-0317

371 件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複7件は非表示です) 次の100件 →
海水温に異変、梅雨明け早く (その他) 02:00 日本経済新聞
神里同点弾、佐野サヨナラ打 6月29日・広島戦 (地方・地域) 02:00 神奈川新聞
日本一酸っぱいラーメン タマノイ酢が商品化 (その他) 01:49 日本経済新聞
農作物生育に懸念の声 (その他) 01:49 日本経済新聞
sumika、初ライブと同じセットリスト... (エンターテイメント) 00:51 ナタリー
【報ステ】西日本は大雨に突風 関東は梅雨明け (社会) 29日 23:30 テレビ朝日
関東 梅雨明け 観測史上初の6月 県内、古河で35・2度 (地方・地域) 29日 23:05 茨城新聞
「びちょびちょ具合が半端ない!」人生初サヨナ... (スポーツ) 29日 22:04 AbemaTIMES
夏休みの海外旅行滞在日数、最長は「マドリード」... (その他) 29日 21:46 財経新聞
横浜DeNA打線も梅雨明け! 神里同点3ラン&佐野... (スポーツ) 29日 21:30 AbemaTIMES
30日の天気 西日本を中心に雨 (社会) 29日 20:51 日本テレビ
梅雨明けも大気不安定 (地方・地域) 29日 20:25 NHK
関東甲信地方が梅雨明け・6月の梅雨明けは初めて (地方・地域) 29日 20:15 信越放送
【毎日コーデ】GUのドット柄トップスが超かわいい... (その他) 29日 19:35 M-ON!
夏の美容は身体から 梅雨明けから始めるお手軽ダイエット (電脳) 29日 19:30 BCN RETAIL
大荒れ?最速梅雨明けに大雨、台風、突風も (社会) 29日 19:21 日本テレビ
利根川水系 貯水率は平年の9割 (地方・地域) 29日 19:19 NHK
初の中止 シーカヤックマラソン (地方・地域) 29日 19:10 奄美新聞
関東甲信地方で「梅雨明け」 夏本番、御宿海... (地方・地域) 29日 19:04 みんなの経済新聞
“竜巻”で屋根吹き飛ぶ 滋賀で6人けが (その他) 29日 18:50 フジテレビ
6/29(金)19時 台風7号発生 西は局地的な大雨も 関... (社会) 29日 18:40 THE PAGE
関東甲信梅雨明け 猛烈な暑さに (地方・地域) 29日 18:36 NHK
暑い!暑い!暑い! 山形と埼玉・寄居は最高気温3... (その他) 29日 18:33 産経新聞
関東地方 統計史上初!6月の梅雨明け (地方・地域) 29日 18:30 TOKYO MX
山形と埼玉、37.5度=西日本は大雨警戒-気象庁 (社会) 29日 18:29 時事通信
県内のプールや氷の販売店は (地方・地域) 29日 18:27 NHK
関東甲信梅雨明け 熱中症に注意 (地方・地域) 29日 18:18 NHK
37度超のところも 各地でことしいちばんの暑さに (社会) 29日 18:13 NHK
<特集>狙い目の低PBR銘柄(3)=コロナ―エアコン... (経済) 29日 18:10 モーニングスター
関東甲信の梅雨明け なぜ早い? (地方・地域) 29日 18:08 NHK
関東甲信梅雨明け 猛烈な暑さに (地方・地域) 29日 18:05 NHK
“史上最速”関東甲信梅雨明け、西日本では記録的大雨 (社会) 29日 18:04 TBSテレビ
関東甲信の梅雨明け なぜ早い? (地方・地域) 29日 17:56 NHK
関東甲信梅雨明け 猛烈な暑さに (地方・地域) 29日 17:55 NHK
早くも「梅雨明け」暑さ続く (地方・地域) 29日 17:46 NHK
関東甲信の梅雨明け なぜ早い? (地方・地域) 29日 17:43 NHK
関東甲信だけが梅雨明けに…あすも西日本で大雨警戒 (社会) 29日 17:33 テレビ朝日
「梅雨明け」農家から心配の声 (地方・地域) 29日 17:20 NHK
早くも「梅雨明け」厳しい暑さ (地方・地域) 29日 17:20 NHK
6月初の梅雨明け 熱中症に注意 (地方・地域) 29日 17:14 NHK
梅雨明け 作物影響心配する農家 (地方・地域) 29日 17:11 NHK
夏のセールが続々開始消費者のひもは? (社会) 29日 16:54 テレビ東京
6月度入賞作品 作品に心が見えてくる /奈良 (エンターテイメント) 29日 16:31 毎日新聞
6月初の梅雨明け 熱中症に注意 (地方・地域) 29日 16:21 NHK
梅雨明け真夏日に 熱中症注意 (地方・地域) 29日 16:13 NHK
栃木 群馬の渡良瀬川流域 10%の取水制限開始 (社会) 29日 16:12 NHK
関東甲信、過去最も早い梅雨明け 水不足の可能性 (その他) 29日 16:08 日本経済新聞
梅雨明けの県内 甲府で猛暑日近く (地方・地域) 29日 16:08 山梨日日新聞
関東地方、早すぎる梅雨明けで水不足を心配する声... (その他) 29日 15:58 キャリコネニュース
初の6月梅雨明け (その他) 29日 15:30 日本経済新聞
利根川水系 貯水率は平年の9割 (地方・地域) 29日 15:25 NHK
関東甲信で (社会) 29日 15:08 毎日新聞
関東甲信地方が梅雨明け 観測史上最速、初めて6月に (地方・地域) 29日 15:02 桐生タイムス
県内 初の6月梅雨明け (地方・地域) 29日 15:00 信濃毎日新聞
関東にもう夏が来た! 梅雨明け平年より22日早く (社会) 29日 14:39 東京新聞
逗子市の海水浴場で海開き 子供たちが歓声 (社会) 29日 14:36 日本テレビ
栃木県内も梅雨明け 宇都宮地方気象台が降水... (地方・地域) 29日 14:18 下野新聞
関東甲信地方が梅雨明け、梅雨入り日数23日間で過去... (社会) 29日 13:47 TBSテレビ
早い梅雨明け 熊谷では (地方・地域) 29日 13:24 NHK
関東甲信が梅雨明け=統計史上最も早く-高気圧発達... (社会) 29日 13:13 時事通信
関東で一番早い海開き 神奈川・逗子海水浴場 (その他) 29日 13:06 共同通信
ホットストック:猛暑関連銘柄が堅調、過去最も早い... (経済) 29日 13:05 ロイター
梅雨明け真夏日に 熱中症に注意 (地方・地域) 29日 12:57 NHK
兵庫・明石沖のマダコ、手応えガツン1・99キロ (その他) 29日 12:52 日刊スポーツ
「梅雨明け」町田で水遊び 6月中は観測史上初 (地方・地域) 29日 12:51 みんなの経済新聞
関東甲信が梅雨明け 観測史上最も早く、6月は初 (経済) 29日 12:42 日本経済新聞
梅雨明け 熊谷市は暑さ心配の声 (地方・地域) 29日 12:40 NHK
夏本番! 熱帯夜を快適に過ごすための「エアコンの使... (電脳) 29日 12:38 impress
関東甲信梅雨明け 厳しい暑さに (地方・地域) 29日 12:36 NHK
梅雨明け 県内各地真夏日に (地方・地域) 29日 12:34 NHK
【北海道の天気 6/29(金)】関東で梅雨明け... (地方・地域) 29日 12:30 北海道文化放送
関東甲信、初めて6月梅雨明け 平年より22日早く (社会) 29日 12:23 日刊スポーツ
関東甲信地方が梅雨明け・6月の梅雨明けは初めて (地方・地域) 29日 12:22 信越放送
広範囲で厳しい暑さ 関東甲信は梅雨明け (社会) 29日 12:22 NHK
【速報】関東甲信が梅雨明け、逗子海水浴場は海開き (地方・地域) 29日 12:21 神奈川新聞
関東甲信地方が梅雨明け 6月は観測史上初 (社会) 29日 12:19 朝日新聞
2018年、早くも関東甲信で梅雨明け…6月は統計史上初 (その他) 29日 12:15 リセマム
関東甲信、早くも梅雨明け 6月は初めて (社会) 29日 12:12 共同通信
「梅雨が短く‥」前橋市内で (地方・地域) 29日 12:09 NHK
梅雨明け 熱中症に十分注意を (地方・地域) 29日 12:09 NHK
梅雨明け 6月中は初めて (地方・地域) 29日 12:04 NHK
割引券“復活祭”で鬼カサゴ…連日2桁 最大800... (スポーツ) 29日 12:00 サンケイスポーツ
関東甲信梅雨明け 厳しい暑さに (地方・地域) 29日 11:58 NHK
梅雨明け 逗子で一足早く海開き (地方・地域) 29日 11:57 NHK
関東甲信梅雨明け 厳しい暑さに (地方・地域) 29日 11:56 NHK
関東甲信、早くも梅雨明け - 6月は初めて、気象庁 (地方・地域) 29日 11:55 奈良新聞
関東甲信梅雨明け 厳しい暑さに (地方・地域) 29日 11:55 NHK
関東甲信の梅雨明け 平年より22日も早く6月中は初 (社会) 29日 11:50 テレビ朝日
早くも海開き 逗子の海水浴場 (地方・地域) 29日 11:49 NHK
九州北部など大雨...避難勧告も 関東甲信は梅雨明け (その他) 29日 11:48 フジテレビ
関東甲信、早くも梅雨明け (社会) 29日 11:45 デイリースポーツ
関東甲信が早くも梅雨明け 6月中は初 景気にプラス? (電脳) 29日 11:45 ITmedia
神奈川・逗子海水浴場で海開き (社会) 29日 11:45 デイリースポーツ
371 件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複7件は非表示です) 次の100件 →



*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2017年12月29日 (金)

半端道楽:日々が農好天気:会社生活断面記:一日の風向変化をグラフに表すには?ベクトル風速図!;年賀状 去年より減る 文字の数。171229。

2017年12月29日(金)
昨日は晴れ。ざっそう句;年賀状 去年より減る 文字の数。屋外水道の蛇口下の容器に薄氷が張っていた。宅内閑居。年賀状作成開始。コンビニでプリントしたカラー図柄をハサミで切り、シートをハガキにのり付け。シートの単価は3円余の計算だ。単調だが手間がかかる。図柄に薄い灰色の枠を付けたが、黒枠を連想すると頂けない。ご高齢の方には枠無しを使う。問題は、文面だ。宛先の人名から、挨拶文を作って行く。今年は、LibreOffice Calcの住所録に挨拶文の欄を作り、そこに下書きをした。宛先毎に、幾つかのパターンを作り、それをコピペ。いざ、手書きする時、その下書きを更に練り直す。あるハガキでは、特に書きたい事があったが、何時の事か思い出せない。デジカメ画像を探し回ったが、ファイル名は自動で付けられた無機的な名前であった。何とか探し当てて一言コメントを追加。記憶確認の御利益があった。ようやく半分書いたところで、気力・体力が限界に達した。微細に見れば、書き上がった一枚一枚が違う特製の筈なのだが、昨年に比べると文字数も減って紋切り型に近づいてきた。割り切って、さっさと片付けるのもアリだろう。年賀状書きも、惚け防止とヒマツブシには役立つだろう。

*************************

半端道楽:日々が農好天気:会社生活断面記:一日の風向変化をグラフに表すには?ベクトル風速図!

畑で仕事をしていると、風向きが変わり、それに従って天気も変わる事を良く経験する。風に関しては、風向と風速が大きな意味を持つ。しかし、技術や文明の発達で、風に関する問題の多くが解消、軽減されて、現代人は風に関心を向ける機会が減っているのでは無いか。

Iob_2017_amedas_wind_vector_chart_e 原ファイル名=「IOB_2017_AMEDAS_WIND_VECTOR_CHART_EXPL_201712.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones
四角の点が観測時刻。点が密集している領域は風向変化が少ない。点が離れる時風速の変化が大きい。

先日も、どちらから吹いても気にするほどで無い風が、一転して、風向が変わり、強い西風になった事があった。そこで、一日の風向変化をグラフに表わせないか考えていた。振り返ると、大きさと方行を表示する装置が色々ある。各種レーダーや、電気計測のスミスチャートを表示するZ-gダイアグラフもその例であろう。

現役時代は、TV関係の仕事をしていたが、カラーテレビ信号系の評価には、ベクトルスコープが不可欠の測定機であった。当時のNTSCカラー方式は、輝度信号の上に、色信号を多重化して伝送していた。色信号は、基準になる色搬送波に対する位相と振幅を比較して復調されるので、その色信号の状況を可視化するのに最適だったのがベクトルスコープだ。

当時、自分はテレビの高周波~中間周波数帯域の仕事をしていたので、ベクトルスコープのような最先端の測定器が羨ましかった。色信号に関係する、高周波信号を評価する概念に、微分利得、微分位相というのが導入されたのも、その当時の事だったようだが、民間の製造会社が使えるほど普及していなかった。微分利得、微分位相測定器が使えたのは、放送局やTV信号の中継会社等ごく少数であったと思う。

ともかく、現象の理解に切り込むには、より多くの情報を得るのが、その第一歩になるだろう。当BLOGでは、アメダスのデータを加工して、農作業に活かそうと考えているが、マンネリ化が進み、指先の運動やボケ防止程度しか効果が出ていない。アメダスの情報で、地方の中小測定局から提供されていないデータに、湿度と気圧がある。

この、湿度と気圧のデータが補足・公開できるよう、全国の測定局の整備・強化を強く、当局に要請したい。オスプレー一台の価格で、おつりが来て、その効果は、計り知れないと思うが如何か。

アメダスの風速に関しては、16方位の風向とその風速が提供されている。今まで、16方位の風向は、特別の機会以外に見なかった。今回、位相と振幅が一体になったベクトル量の表示という発想で、ヒマツブシを試みた。16方位という表現は、方位のデジタル化であろう。そこで、16方位を角度で表示すれば良いだろうと考えた。

使ったソフトはLibreOffice-CALC。三角関数を使って角度からX,Y座標を計算するのだが、どうもラジアンが単位らしい。もうすっかり忘れている。ともかく、全方位を-π~O~πにあてがって、方位ベクトルX風速で風速ベクトルをX,Y座標系に変換した。この変換が手作業なので手間が掛かる。

次に、ベクトルの軌跡を追跡できれば、一応ベクトルスコープのような表示になるだろうと予想した。適当なグラフソフトがないので、LibreOffice-CALCの相関図で連続線でプロット。何やら、ベクトル図らしいのが描けた。よく見ると、メモリ幅が違っていたので、数値と軌跡の印象がずれていた。とりあえず、目視で、グラフの目盛りを正方形に近くして、最後に画像ファイルとして保存した。

初めての実験で、どこかに落とし穴がありそうな気がしたが、とりあえず記事にまとめて、後の参考にしよう。あくまで、練習と考えてデータ期日は記載していない。だが、風向きが変わった事は、ベクトル風速図から読むと理解しやすいだろう。

*************************

2017年12月28日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 3.3 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 8.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= -0.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 8.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 9.3 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 9.3 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) -0.7 6:56
最高気温(℃) 8.9 12:12
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 18.1(北西) 13:41


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2



2017年12月21日 (木)

ベクトルボルトメーター(改題):会社生活断面記:技術 回顧と展望:測定器は技術の原点!090221&171221。

2009/2/1:元版
2017年12月21日(木):改版

ベクトルボルトメーター(改題):会社生活断面記:技術 回顧と展望:測定器は技術の原点!

最近、古い記事やランキングに入った記事の再読をしている。この記事にも読者がいるようで、読みにくさを感じていると思う。そこで、手入れをして読み易くすると共にもう少し中身を充実させたいと思う。

交流理論を学習すると電圧が振幅と位相で表現されるのが理解できる。一般の交流電圧計はこの信号の振幅部だけを測定する。しかし、ベクトルボルトメーターというのは位相も測定できる。従ってメーターが振幅用と位相用の2つあった。

以下は、現役時代、まだトランジスタの測定を、半分いやいやながらさせられていた頃の話である。

実はこういう物を買ったよと上司がにこにこしながらこの測定器の説明をしてくれた。このベクトルボルトメーターにSパラメータテストセットを接続するとSパラメータが測定できた。データの測定がメータで読みとれたのは大きな進歩であった。

当時の、高周波トランジスタのパラメータ測定には、ドイツのローデシュワルツ社のZ-Gダイアグラム?(Zg DIAGRAPH:関係記事)とか、米国G社の通称骸骨と呼んでいたGRブリッジ?(GR BRIDGE :関係記事)これもうろ覚えだが、があり、これらの測定器の原理には、導波管や超短波に関する理論があったようだ。しかし、独特な操作を要し、全然馴染めなかった。トランジスタの足の長さが数ミリ違うだけで、バランスが崩れ、測定値の再現性が乏しかった。内心、こんな仕事は続けたくなかった。

ベクトルボルトメーターには、PLL(PHASE LOCK LOOP)という最新の技術が使われていたらしく、測定も安定して再現性も向上した。しかし、当時の回路設計にはSパラメータよりYパラメータ等が使用されていた。SパラメータからYパラメータへの変換はデスクトップのミニコンピュータを使用した。

今、考えると、会社の現場にベクトルボルトメーターが導入されたのは、小さい事ながら相当な技術革新と思える。

ベクトルボルトメーターとデスクトップコンピュータのメーカーはヒューレットパッカード社であった。下記URLでヒューレットパッカード社はデビッド・パッカードとビル・ヒューレットという二人の技術者が立ち上げたシリコンバレーの最も息の長いIT企業の1つであると紹介されている。http://diamond.jp/series/bizmanager/10036/(リンク切れ)

実験室で最初の頃からお世話になったのがHP社のバルボルとSGであった。S.Jobsの伝記に、HP社から便宜を受けて、コンピュータの世界に足を踏み入れたと知ったのも、まだ数年前の事だ。ソニーもその前進の時代にバルボルを作った事もあるようだ。

HP社には、米国企業の良い面が色々あったようだ。やはり、創業の精神が失われずに受け渡されているのだろう。測定器部門は、HP本体から分離したと思うが、測定器は産業の基礎であり、その基礎を忘れない事が、次なる産業の発展の基礎になるのだと思う。

上司のT氏はコンピュータ事業に移り、自分も集積回路の開発に移り、ディスクリートデバイスの開発から離れた。しかし、Sパラメータからトランジスタのパラメータを抽出するという技術は集積回路のCADで特性をシミュレーションする素子のモデリングに活用されていった。

ともかく、最初にまかれた小さな種もそれを大切に育て次のランナーに引き継ぐことにより大きな事業に成長することに例外は無いであろう。

最近になって、重力波の観測が脚光を浴びている。その原理は単純であるが、測定精度を究極レベルに高める事が必要なようだ。地味だが、測定するという基本の重要性は忘れまい。

*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

*************************

2009/2/1

ベクトルボルトメーター

交流理論を学習すると電圧が振幅と位相で表現されるのが理解できる。一般の交流電圧計

はこの信号の振幅部だけを測定する。しかし、ベクトルボルトメーターというのは位相も測定

できる。従ってメーターが振幅用と位相用の2つあった。実はこういう物を買ったよと上司が

にこにこしながらこの測定器の説明をしてくれた。このベクトルボルトメーターにSパラメータ

テストセットを接続するとSパラメータが測定できた。データの測定がメータで読みとれたのは

大きな進歩であった。PLL(PHASE LOCK LOOP)という最新の技術が使われていたらしく、

測定も安定して再現性も向上した。しかし、当時の回路設計にはSパラメータよりYパラメータ

等が使用されていた。SパラメータからYパラメータへの変換はデスクトップのミニコンピュー

タを使用した。ベクトルボルトメーターとデスクトップコンピュータのメーカーはヒューレットパッ

カード社であった。下記URLでヒューレットパッカード社はデビッド・パッカードとビル・ヒューレ

ットという二人の技術者が立ち上げたシリコンバレーの最も息の長いIT企業の1つであると紹

介されている。http://diamond.jp/series/bizmanager/10036/

実験室で最初の頃からお世話になったのがHP社のバルボルとSGであった。

上司はコンピュータ事業に移り、自分も集積回路の開発に移り、ディスクリートデバイスの開

発から離れた。しかし、Sパラメータからトランジスタのパラメータを抽出するという技術は集

積回路のCADで特性をシミュレーションする素子のモデリングに活用されていった。ともか

く、最初にまかれた小さな種もそれを大切に育て次のランナーに引き継ぐことにより大きな事

業に成長することに例外は無いであろう。

2017年11月 1日 (水)

スープ皿の底(改題):会社生活断面記:一緒に仕事をしたカナダの青年技術者の心意気を思う;ススキ呉れ 饅頭貰う 十三夜。171101。

2017年11月1日(水)
昨日は晴れ。ざっそう句;ススキ呉れ 饅頭貰う 十三夜。午前、午後とも畑に出た。農作業には最適な天気だった。シシトウを収穫。前回、コレガ最後かと思ったが、葉っぱがやや黄ばんできても実が太っていた。まだ小さな実が付いている。もう一回収穫できそうだと期待を掛けてしまう。午後は、先ず茎葉が小さくなり葉の色もあせてきた落花生株の堀上げ。もう実も熟した頃だろうと判断。最初に蒔いた市販種子特区の株は実付きが悪い。品種は千葉半立(ちばはんだち)だったと思う。次が、スーパーで買った品種不明の食用生落花生特区の株。こちらはやや実付きが良い。水を入れたバケツに実が付いた部分を入れて、かき回して土を水洗除去した。落花生は過湿にすると種が腐ったりして発芽不良になるようだ。種子も結構高いので、今年収穫した実を来年の種子に使う予定だ。次に百均店の花の種子4種類を蒔いた。デージー(砂粒ほどで極小さい種子)、キンセンカ(茶色で半弧状の数㎜の種子)、スターチス(黒く光沢がある2㎜前後の銃弾状種子)、ツリガネソウ(白と茶色で砂粒ほどの極小さい種子)。16時過ぎ頃、東の空に白い月が昇っていた。外気温は17~15℃程度だったようだ。寒さを感じたので畑から撤退。畑のお土産は、大根とサニーレタス。十五夜(2017年は10月4日)のほぼ一月後に、第二の名月十三夜(2017年は11月1日)が来るとの事だ。我が家のススキは一度途絶えたがかみさんが買い求めた。今日、十三夜の月を観賞しつつ饅頭を頂くか。木枯らし1号が吹いたようで、冬も近づいた。

Iob_2017_p_nuts20171031
原ファイル名=「IOB_2017_P_NUTS落花生食用種子特区20171031.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

NHKは、「東京 近畿で「木枯らし1号」 31日朝は各地で冷え込み;http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011204421000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001(10月30日 18時00分)」というタイトルで、「~北寄りの風が強まったことなどを受けて、気象庁は30日午前、東京や近畿で「木枯らし1号が吹いた」と発表しました。「木枯らし1号」の発表は、去年と比べて東京で10日早く、近畿で1日遅くなっています。~」と報じた。

*************************

2009/1/2

スープ皿の底(改題):会社生活断面記:一緒に仕事をしたカナダの青年技術者の心意気を思う

会社勤めをしていても、外国人と食事をする機会は少ない。既に四半世紀も前の事で日本も豊かさを実感できた頃である。製品の開発担当をしているカナダの若いエンジニアが来社して、仕事が終わってから夕食という事になった。

無難にレストランで洋食ということになった。さて、くだんの青年が食事を終わる段階で、パンの切れ端でスープ皿の底をきれいに拭いそれを口に入れ食べ終わった。我々もそれを見て同じようにした。

きっとあの青年は普段と同じようにしたのであろう。思うに、あの広いカナダで、小麦等の農産物は余るほどとれるであろう。しかし、なんと食物を大切にしているか、頭が下がり、恥ずかしい気持ちがしたのであった。

聞くところによると、欧米では技術者と技能者は格付けが完全に異なり、技術者は技能者の仕事はしないらしい。処遇から言えば技術者の方が数段優遇されているのである。その技術者の青年が本当に質素な仕草をしたのに感銘を覚えた。

きっと、生活、信仰、教育、文化等のしっかりした背景がなければあのような事は出来ないであろうと思う。開発が成功して、その青年から、満足できる製品が出来た事に感謝するというレターを頂いて、自分も良い経験をさせて頂いたことを誇りに思っている。

なにしろ、その製品は-50~+150℃まで動作する途方もない製品であった。誰もやったことの無い仕事。この仕事を上司から命じられたときは雑煮も喉に通らないほど悩みに悩んだ。

若さと退路を断った尻まくり。しかし、なんとかなった。その仕事を成し遂げた達成感は本人と同僚しか分からなかっただろう。今、思うと上司とは部下の責任をとるためにいたのであろう。チャレンジする機会を与えてくれたのだ。きっとあのカナダの青年技術者も重いミッションを背負って日本にやってきたのであろう。

*************************
追記(2017/10/26):整形、再読、印象等

この記事は「スープ皿の底」というタイトルで書いたが、少し飛躍しすぎていたように感じる。既に30年以上も前の体験である。集積回路の開発で来社した青年と仕事が一段落してレストランで食事をした。当時の職位は、まだ世間で言う係長クラスであり、部下は二人だけであった。当時の開発部門の組織構成は、セット指向であり、大きく分けると集積回路化の進展の歴史順に、音響・ラジオ、テレビ、VTR(ビデオ)、その他(産機)であった。その他の部門にトランジスタ部門の製品をサポートする小さな部署があった。

ある日、突然人事異動で、テレビ部門からその他(産機)部門への異動を命じられた。配属されたのが、トランジスタ部門の製品をサポートする小さな部署であった。与えられた仕事がラジオ付きウオッチの設計サポート。

「ラジオ付きウオッチ(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/05/post-1209.html)。(2009年5月 5日 (火))」(この記事へのリンク)

この仕事が、終わらぬうちに別の「途方もない製品」の開発命令が下された。その仕事で来社したのが、カナダの青年技術者であった。今でも、彼の名前を思い出せるが、WEB検索によると技術者として活躍しているようである。ここで述べた技術者本人と特定出来ないが。

思うに、会ったのは長くても数日だったが、長い開発期間を通して、FAXやTELEXの付き合いがあった。一緒に飯を食べた時の彼の仕草に何か信頼できる雰囲気を感じ、それが間違っていなかったと今でも思っている。

*************************

2017年10月31日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 12.6 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 18.5 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 8.5 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 10 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 4.7 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 10.2 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 8 23:32
最高気温(℃) 19 14:13
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.7(北西) 12:36


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

2017年10月31日 (火)

会社生活断面記:ベンチャー(改題):半導体ベンチャー企業と付き合って得た事;オレオレと オレ先主義の 真っ盛り。171031。

2017年10月31日(火)
昨日は晴れ。ざっそう句;オレオレと オレ先主義の 真っ盛り。午前、畑に出てラッキョウ特区、シュンギク特区の草むしり。秋の雑草でやや弱々しく感じるが、太陽光や熱を奪う心配がある。次にサツマ芋を数株掘る。大根二本収穫。サツマ芋はトースターで焼いて食べたり、味噌汁に入れた。昨日来、ノートパソコンP号から異音が出ている。最初は、軽い連続音であったが、つい今までゴツン、ゴツンというような振動を伴ったやや大きな音が出ていた。現在は軽い連続音に戻った。原因は冷却ファンの疑いがある。夏の暑さでファンが過労死寸前なのか。イヤナ予感がする。2007年11月に発売の機種なので丁度10年選手となる。長生きしていると言えるのか。午後は宅内閑居で宿題モドキで別のノートパソコンT号で作業。2009/11頃の発売で、こちらも何時死んでもおかしくない。フラリと近所のオバサンが来た。お茶を飲み雑談しつつ用件を聞く。

************************

2010/1/9

会社生活断面記:ベンチャー(改題):半導体ベンチャー企業と付き合って得た事

半導体産業は裾野が広い。その生産設備も高度な設備が必要だ。しかも、技術の進歩が早い。生産設備の陳腐化も早い。従って、分業体制は不可欠である。各業種毎に技術と人材と設備が必要になる。そこで、設備や資金を余り要しない開発設計分野に、技術とノウハウを持つベンチャーが参入するチャンスがある。

自分も半導体関連の仕事を続ける中で、ベンチャー企業とのつき合いがいくつか生じた。開発・設計・生産もベンチャー企業との交渉で詳細が決まる。従って、つき合いを始める段階から最後の製品の販売までが検討の対象になる。

そのベンチャー企業が今どうなっているのかは定かではない。アメリカではベンチャー精神が旺盛で、ベンチャー企業家を支援するベンチャー資本家もいるようだ。

しかし、日本でも脱サラして会社を興した技術者とつき合った事もある。やはり、自分が信じた事業を立ち上げて成功に導くのがベンチャーの醍醐味であろう。逆に会社の一員として、そのような仕事に関係する場合は立場は異なるが、自分としても新しい仕事をさせてもらう機会になり、その仕事がうまくいった事例は強く記憶に残っている。

契約交渉も本音を探り、本音を言う事から始まる。こちらから提示する条件に魅力が無ければベンチャーは次の相手を捜して去ってしまう。しかし、得体のしれないベンチャーとつきあい始めると悔いを残す可能性もある。

ベンチャーにはリスクが付き物ではあるが、自分とベンチャーのつき合いは概ね順調であったと思う。ある時は、資金がショートしてしまうと苦境を訴えられた事もある。相手方が出張で来社して、そんな話を聞く時は、旅費・食費等ポケットマネーを持ち出していたのかもしれないと思ったりした。

そういう話を聞くと絶対に成功させねばと思った事もある。ベンチャーとの仕事がうまく行った基本は技術者として、人間として信頼しあえる人物に巡り会えたからではないかと思っている。

*************************

追記(2017/10/29):整形、再読、印象等

ブログの原文:
「ベンチャー(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/01/post-a59e.html)。(2010年1月 9日 (土))」(この記事へのリンク

現役時代は主に半導体製品の開発関係の仕事に従事した。開発する製品の仕様により、汎用品、カスタム品等の区別があった。カスタム品の仕様変更品を、顧客の承認を得て汎用品として市場に出した例もあった。現役時代にベンチャー企業とのつき合って得た体験をこの記事に書いた。カスタム品の場合、その詳細・具体的顧客名の記載は差し控えるが、貴重な体験をさせて頂いた事に感謝している。顧客の許可を得てカスタム品の仕様変更品を汎用品Optical Sensor Switch IC LV9005Mとして発売させてもらった事も思い出した。バイポーラとCMOSという二つのプロセスを混載したBi-CMOSというプロセスの先頭を切った製品であった。

「試作回数チャンピョン(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/01/post-a277.html)。(2009年1月25日 (日))」(この記事へのリンク)という記事は前記機種の親機種の例だ。

「読みかじりの記:失敗学のすすめ 畑村洋太郎 著 (2000年 株式会社講談社)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2014/04/2000-ed07.html)。(2014年4月 5日 (土))」(この記事へのリンク

「たった一個の良品(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/05/post-04e2.html)。(2009年5月17日 (日))」この記事もカスタム品開発時の体験。(この記事へのリンク

*************************

2017年10月30日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 14.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 19.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 9.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 9.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 10.9 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 10.1 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 9.2 23:18
最高気温(℃) 19.5 1:22
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 20.3(西北西) 13:26


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

2017年10月30日 (月)

会社生活断面記:マネージメントゲーム(改題):マネージメントがマネーゲームに堕す危うさ;一狂が 拗ねるこの世は パラダイス。171030。

2017年10月30日(月)
昨日は台風22号の影響で終日雨。ざっそう句;一狂が 拗ねるこの世は パラダイス。午前、宅内閑居。早めの昼食を済ませて愛車P号で用事外出。予定が済み後片付けをして直帰。早めの夕食。焼きサツマ、焼きニンニクが出た。焼きサツマは色が黄色でベニアズマのようだった。先日植えた中国産ニンニク片で小振りな物を食用に回した。それが焼きニンニクになった。その、中国産ニンニク販売業者の名前が分かったのでWEB検索してみた。そのホームページを見ると、扱っているニンニクもいろいろ種類があるようだ。特別栽培のニンニクでは、除草剤の作用機構分類で微小管重合阻ジニトロアニリングループのペンディメタリン(ウェイアップ,グリーンケア,ゴーゴーサン)という農薬が使われている模様。一般栽培のニンニクでの使用農薬は表示無し。農薬使用も規格により管理されているようだが、使うのが原則らしい。減農薬栽培はそれなりに高価格なのか。ともかく、日本の食品も中国産が無ければ、困る時代になった。業務用に使われて、知らずに食べている中国産食品の種類・量も相当多いのだろう。

*************************

2010/1/8

マネージメントゲーム(改題):会社生活断面記:マネージメントがマネーゲームに堕す危うさ

会社生活で何か役が付きそうになった頃に行われた研修にマネージメントゲームというのがあった。平社員の場合は自分の仕事をつつがなくこなす事が第一優先である。

しかし、何かの役職に就くと、人、物、金、組織等の全体的な活用が課せられることになる。それを一種の製造業のシュミレーションのようなゲームに仕立てて経営管理のトレーニングをさせたのがマネージメントゲームであったと思う。

ゲームのメンバーは数人で、各人が経営者になり、市場から資材を購入して、生産した物を市場で売る。市場や各経営者の動きを観察して自分の手を決める。利益の高い順位でゲームの勝者が決まる。ゲームの成績はいつも下位であったが、市場経済を理解する手頃なゲームではあったと思う。

作れば売れるという経済の高度成長期にはふさわしいゲームであったかもしれない。しかし、会社組織が余りにも大きくなりすぎると、組織と意志決定が細かく分断されて人・物・金が勝手に動き出し統制がとれなくなる。

高度成長期に水膨れした体質を強化するという目的で選択と集中とか本業への復帰等が叫ばれたがそれは一面現実のマネージメントの対応の遅れを示していたのではないかと思われる。

残念ながらマネージメントゲームには物はあったが、人(サービス業)、金(金融業)、組織(事業創出)という要素が欠けていたようだ。体力のあった企業は一斉に本業以外の未経験な事業に進出しようと試みた。退職する頃は経営においてリスクマネージメントという言葉がますます真実味を帯びる経済状況となった。

しかし、どうもリスクマネージメントゲームは経営にはなじまないようだ。リスクは例外で非定常な事が多い。従ってリスクは本業の中のコストの一部に過ぎないという考えも成り立つかもしれない。おりこみ済みのリスクの類である。まさかの、想定外のリスクもある。

ゲームは仮想だが、リスクは仮想ではなく現実だというのが実状かもしれない。双六遊びでも何歩か下がるという場所があった。それがリスクなら、その場所に当たらないようにサイコロを振ったことがあったろうか。どうも上がる事に頭が一杯で、何が最高のサイコロの目の出方か考えるゆとりが無いのが人の常であるようだ。

*************************

追記(2017/10/26):整形、再読、印象等

ブログの原文:
「マネージメントゲーム(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/01/post-0b8b.html)。(2010年1月 8日 (金))」(この記事へのリンク

世の中の暗黙のルールの中にゲームの要素が多々あるようだ。そのようなゲームに勝ち負けというルールを持ち込むとゲームに緊張感が生まれる。だが、この世界の運動は緊張が全てではない。緊張があれば弛緩もある。

勝ち負けというルールに序列や金銭・景品を付けると更に緊張が高まり、プロゲーマーが生まれる。世間では、プロとアマの区別も云々されるが、ゲームの動機付けの基本はプロもアマも変わらないだろう。

子供の頃、メンコやビー玉で遊んで、勝ち負けで、その遊び道具をやりとりするのを見て、そう言うゲームには余り関心を持たなくなった。成人してから、ゴルフやマージャンという遊びもあったが、そういう遊びにも関心が湧かなかった。

振り返ると、ゲームには適性もあるようで、自分には、スポーツやゲームの適性が無かったようだ。人付き合いのためにゲームをするという発想も生まれなかった。そもそも、そんなゲームで人生の貴重な時間を浪費するのは勿体ないという気持ちもあった。

世界的大規模のゲームはオリンピックやワールドカップ等だろうが、このようなゲームは組織化され、一種の経済活動になってしまったように見える。表の金、裏金が国境を越えて動いている。見方によれば、まさに人類の非肉体的ガンかも知れない。

最近の、日本の政治・経済状況をゲーム感覚に見ると、各界の指導者は自分がルールメーカーだという具合に実力を振り回しているようだ。それが、公知の健全なルールに叶っていればどこからも、不平不満は生じないだろう。だが、独裁を正当化するような自前のルールの下で幅をきかせる指導者の末期は注目に値するのではないか。

組織や経営が傾いたり、変な方向に向かうのには、それなりの原因があるに違いない。やはり、指導者たる者、人生の真剣勝負は一回だけしかできないという自覚が必要だろう。不祥事・失敗時毎に、頭を下げるだけではルールは要らないだろう。

*************************

2017年10月29日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 14.9 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 17.5 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 13.1 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 4.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 6.4 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 0 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 43 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 13 4:23
最高気温(℃) 17.8 23:56
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 11.1(西) 23:54


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

 



最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク