222_ツルよ 飛んでおくれ

Feed

2018年6月 1日 (金)

愛しき古里:ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:旧前橋赤十字病院の移転2018年6月1日;菜園の 麦秋なんて 無粋だよ。180601。

2018年6月1(金)
昨日は曇り時々晴れ一時雨。ざっそう句;菜園の 麦秋なんて 無粋だよ。不安定の天気で宅内閑居。日頃使っている安物てんがの刃がグラグラしているので修理した。少しは使い勝手が良くなったと思う。以前は耕耘機・管理機(故障中)を使用したが、最近は機械より道具を使うようにしている。機械には使われるという感覚が伴う。機械の使い方に従うという事は、使われるという意識になってしまうのだろう。道具は、使い手が使い方を決めるので、使われるという感覚は受けにくい。構造は単純だが奥が深い。自分の体力が動力になるので、疲労というフィードバックもかかる。道具と気楽に付き合おうと思うが、ついつい敬遠してしまう。鍬等の農具の原型は弥生時代には使われていたのでその歴史は長い。百均店の暦を見ると6月1日は、電波の日、気象記念日、国際放送記念日。アナログテレビの地デジ移行により、アナログテレビ電波の700MHz帯の空き地に携帯電話が入り、同じ周波数帯を使うブースターでテレビ視聴を行う場合、電波障害が発生する可能性がある云々というチラシが、最近配られた。空間を飛び交う電波は国民が保有する有限だが無限の利用価値がある資源である。国民のために公平・公正な電波利用が徹底される必要がある。   

電波の日(WIKIPEDIA)によると、歴史:1950年(昭和25年)6月1日に電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法 )が施行されたことにちなみ、国民に対して電波利用に関する知識を普及啓発させる目的で、 1951年(昭和26年)に電波監理委員会が電波記念日として制定した。

*************************

電波の日 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/電波の日

電波の日(でんぱのひ)とは、電波の利用が日本国民一般に開放されたことを記念する日本の記念日。6月1日。 歴史[編集]. 1950年(昭和25年)6月1日に電波三法(電波法・放送法・電波監理委員会設置法 )が施行されたことにちなみ、国民に対して電波利用 ...

*************************

愛しき古里:ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:旧前橋赤十字病院の移転2018年6月1日

以前の記事で、前橋赤十字病院が2018年6月1日に移転・開院されるという事を書いた。その記事には、両毛線から撮影した旧前橋赤十字病院の姿を掲載した。高崎行きの列車が、前橋駅に到着する少し前にこの風景が見える。両毛線からは、何回も見ている筈なのだが、覚えている風景が漠然としているのである。

Iob_2018_kyuu_nisseki_hosp__2018012
原ファイル名=「IOB_2018_KYUU_NISSEKI_HOSP_両毛線から見た移転前の前橋日本赤十字病院_20180128.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

「身辺雑記:田舎老人徒然草:愛しき古里:上毛カルタ誕生70周年記念イベントへ;新発見、我が心のふるさと;白無垢の 衣装の下に 黒いハラ。180203。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2018/02/70-e15c.html)。(2018年2月 3日 (土))」(この記事へのリンク

車内から、NIKON-E7600という旧式のデジカメで撮影した画像である。病院が見える間に撮影できた画像はたった3枚。だが、いずれこの病院が移転するのだと知ってあえて古いデジカメを向けた。今回、傾いた画像をソフトで修正した。ともかく、ある場所、ある時刻の風景は、その時その場所に記録装置と記録する人が居ないと残らない。ポンコツデジカメでピンぼけでも残そう。

コンパクトデジカメのみのカシオはデジカメ市場から撤退を発表した。昨年、ニコンは「ニコンは(2017/11)30日、デジタルカメラを製造する中国江蘇省無錫市の工場を閉鎖すると発表した。 」ようだ。

日本経済新聞は、「キヤノン、フィルムカメラ販売終了。;url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3118128031052018EAF000/。(2018/5/31 1:06)」(このサイトへのリンク)というタイトルで、「キヤノンは30日、フィルムカメラの販売を終了すると発表した。デジタルカメラの普及で販売数量が減少していたためで、約80年間続いたフィルムカメラ販売の歴史に幕を閉じる。既に2010年に生産は終えており、今後は修理に対応する。」と報じた。

上毛新聞は、「前橋日赤が大引っ越し 1600人態勢で入院患者搬送 新病院はあす開院。;url=https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/55951。([2018/05/31])」(このサイトへのリンク)というタイトルで、「前橋赤十字病院(群馬県前橋市朝日町)が1日、同市朝倉町の新拠点で開院する。開院初日は入院患者約300人を、職員や警察、消防など1600人態勢で約3キロ離れた新病院に搬送する。これまでにない大規模な“引っ越し”に、病院関係者は「一人一人の患者に寄り添い、無事に全員を送り届けたい」と最終準備に追われている。」と報じた。

画像や音声は、それを扱える装置があれば、記録もデータ処理も出来てしまう。都合が悪いデータを捏造だと決めつける輩も出て来る。時代の変化や科学技術の進歩も早い。理想を追求すれば、高度医療・緊急医療のコストは際限なく増大してしまうだろう。最近では、手術ロボットも実用化されているようだ。医療は、ハイテクに頼るだけで患者の要求を満たす事が出来るのか。

相当前に、自動車にひかれ、救急車で旧前橋赤十字病院へ搬入された女性を見舞った事があるが、意識を回復する事も無く帰らぬ人となった。所で、前橋赤十字病院と何らかのつながり・関係・記憶があった人数はどれくらいいるのであろうか。自分の場合、これと言うほどの関係はなかったが、そこで働いていた人や入院した人を介して、間接的な関係はいくつかあった。また、近くに焼き饅頭屋があり、これをお土産に買った記憶もある。

移転後の新前橋赤十字病院は、利用者にとってどのような存在になるのか。オレ的には、デカければデカい程よいという時代は、既に限界に達したように感じる。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 458.0 213 152 40039.2 19.1 22.1 16.5 5.6 6.1 3 4 16.2 22.6 11.8(北西)
時刻等℃   D m/s H mm 21:51 13:11 20:47
2018年05月31日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2017年1月28日 (土)

ハトよ 鳴いておくれ:ツルよ 飛んでおくれ:伊勢崎宮郷工業団地の入居状況を見た!;豆まいて 追い出したいは 疫病か。170128。

2017年1月28日 (土)
昨 日は晴れ。ざっそう句;豆まいて 追い出したいは 疫病か。午前、宅内閑居。午後、野暮用で地区内関係者に配布物。 その足で用事外出。運動を兼ねて超老人モードで。何と、前方から散歩に出たかみさんグループが歩いて来る。とっさのあいさつが、出てこない。あっちから来たよ。よろしく。先方からは、信号に気をつけてと先を読まれた。少し気温が上がり、散歩もしやすい。散歩専門なら気楽だろう。ものぐさな自分は、なかなかエンジンがかからない。エンジンがかかれば、止まらないように進む。昔の自動車運転の雰囲気だ。今年の節分は2月3日との事。その翌日が立春。もうすぐ、季節もギアチェンジする。昔は、勧善懲悪が凡人教化の指導原理だったのか。赤鬼、青鬼も悪人の濡れ衣を期せられていたのだろうか。物語では、正義の身方に倒されて、その門下に降る重要な役割を負っている。だが、この世の実相は、正義が悪の権化であり、鬼は無実の凡人だったりと予断を許さないのかも知れない。酉年だが、鳥インフルエンザが発生し、多数の鶏が殺処分にされた。ヒト間で感染する現代のウィルス病や細菌病は、昔は疫病と呼ばれて恐れられていたのだろう。現代でも、大規模流行の恐れがある病気が根絶されずに潜んでいる。赤鬼、青鬼も今では、絶滅危惧種か。

*************************

ハトよ 鳴いておくれ:ツルよ 飛んでおくれ:伊勢崎宮郷工業団地の入居状況を見た!

先日用事で、「東毛広域幹線道路」を走行した。少し、時間があったので脇道に入り、伊勢崎宮郷工業団地の入居状況を見た。かつての、水田地帯は、平坦な工業団地への造成が終わり、建物が幾つか現れていた。まだ、遠方の山々が見えていた。いつしか、ここから、あの山々も見えにくくなるのかと感慨を覚える。

Iob_miyagoukdanchi2017
群馬県ホームページの「東毛広域幹線道路」のページ(http://www.pref.gunma.jp/06/h3400040.html)。(このサイトへのリンク

「ハトよ 鳴いておくれ:ツルよ 飛んでおくれ:伊勢崎宮郷工業団地造成状況を見た!;白昼夢 無惨な姿 大阪都。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2015/05/post-293b.html)。(2015年5月18日 (月))」(この記事へのリンク

ワークマンの建物には、大きな看板が上がり、現在は入居の準備が着々と進んでいるようだ。

ロジスティクニュースは、「ワークマン/38億円投じ、伊勢崎市に1万坪の流通センター新設;2015年04月17日、物流施設;ワークマンは4月16日、群馬県伊勢崎市に床面積1万坪の流通センターを新設するため、群馬県と用地の売買予約契約を結んだと発表した。」と報じている。

製造工場では無く、物流拠点のようだ。その観点から、「東毛広域幹線道路」に接する立地は最高なのかもしれない。そのワークマンの西側の幅の広い道路脇に、巨大な空間があった。その周囲は、傾斜したコンクリートの堰堤のように見えた。ため池にでもなるのだろうか。今後、注目したい区域だ。農業用のため池は、各所でみられるが、工業団地に付属する貯水池は、工業廃水の沈殿・浄化の役割が与えられているのかも知れない。

たまたま、工業団地から外れた農地で、冬の日差しを浴びて黙々と仕事をしていたおばさんに出会って立ち話をした。この辺は、工業団地から外れてしまったノ。農地を維持するのも大変な時代になったので、工業団地に売れれば良かった?

おばさんは、ちょっと考えて、近くに勤め先ができて助かるんじゃネエカイと言って色々な話をした。後になって、申し訳ない質問をしてしまったのを恥じたくなる気分になった。

*************************

2017年01月27日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 6.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 14.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= -0.5 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 15.3 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 5.8 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 5.4 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) -1.3 06:44
最高気温(℃) 15.4 15:48
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 14.2(西北西) 15:59


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking



2016年4月12日 (火)

ツルよ 飛んでおくれ:音の風景:この鳥何の鳥?;鶯よ その鳴き時が 憎いぞよ。1604。

2016年4月12日(火)
昨日は晴れ。ざっそう句;鶯よ その鳴き時が 憎いぞよ。宅内閑居。WEB調査。空振り。見方を変えれば、どんな検索エンジンも他人の褌を使っているだけ。自分の褌は自分で探せか。かなりの強風が吹いた。外に出ないのに、鼻がムズムズ。隙間風に杉花粉が乗っているのか。まだ、時々鶯の鳴き声が聞こえてくる。鳴くタイミングが、丁度気分がウキウキしてきそうな時なのが罪だ。姿は見えない。

*************************

ツルよ 飛んでおくれ:音の風景:この鳥何の鳥?

もうかなり前の事だが、伊香保神社周辺を散策した。時刻は、旅館等が稼働を始める前後で、車は少なかった。沢沿いを通りかかると、綺麗な鳴き声で野鳥が鳴いていた。一度、通り過ぎたが、デジカメで録音できるのではないかと思い、引き返した。

その鳥の名前は、調べたがまだはっきり分からない。地鳴きというより、さえずりの声だと思う。沢の水音が入っている。バックに他の野鳥の声も入っているが、比較にならない。WEBで調べると、三鳴鳥として、ウグイス、オオルリ、コマドリが上げられていた。消去法で、オオルリではないかとも思うが、その姿は見えなかった。

もう、忘れそうになっていたのだが、とりあえず、鳴き声の綺麗な鳥Xとしてここに、そのデータを残しておこう。時は3月の初め。朝の空気は引き締まり、さえずり声が一層良く響いていたように感じた。さえずり声にも個性があるのか。鳴き上手の鳥に出会えたので、朝の散歩は無駄ではなかった。

SOB_OORUIKA-Q-201603.mp3をダウンロード(約286KB)

*************************

2016年04月11日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 9.9 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 13.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 5.6 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 7.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 9.8 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 10 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 5.3 22:38
最高気温(℃) 13.8 10:38
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 19.0(北西) 16:23


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2016年1月13日 (水)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:前橋地方合同庁舎;庭の隅 盆梅咲くも 主無し。1601。

2016年1月13日(水)
昨日は曇り。ざっそう句;庭の隅 盆梅咲くも 主無し。四人で用事外出。帰宅後、来宅で空振りした人へ電話。正月気分でDVD鑑賞を続行。塞翁が馬という故事がある。人生万事塞翁が馬。禍福は糾える縄の如しという類句もある。たとえ落馬して健常者の扱いを受けない不幸に遭遇しても、戦争に召集されずに生き残った方が幸福だ。だが、その後人知が発達したのか、色々な兵役逃れの方法が考案されたようだ。正月の飾り縄を外した。おめでたい時に使う縄は、逆向きに綯うと聞いたが、逆向きの縄は綯った事が無い。

Iob_nawakazari2016
今年の飾り縄は、稲藁が貰えなかったので、田圃の畦に生えているチガヤを使った。昨年、展示会に出品していた人からチガヤを使うと聞いたので試した。代用品として使える。昨日テレビを見ていたら、細く切った麺で注連縄を編んでいた。残念ながら、この麺縄の向きを観察するゆとりも無かった。ファイルのアイコンとタスクバー上に表示される開かれたファイルを示すプログラムのアイコンが一致しなくなった。PDFを開いても別の画像ソフトのアイコンが表示されてしまい非常に気分が悪い。そこで、余り使わないので画像ソフトをアンインストールしてみたら、対応が一致した。結果としては、画像ソフトのアイコンがPDFのアイコンを乗っ取っていたように見える。別の画像ソフトを再インストールするとどうなるか気になる。父が残した盆梅に花が数輪咲いていた。根は鉢を破り、枝は勝手に延びている。昨年は、落葉後の剪定もさぼっているが、花が咲けばそれなりに嬉しい。

Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:前橋地方合同庁舎

昨年末、県庁前通りを歩いていると、ちょっとしゃれているビルに出会った。看板を見ると前橋地方合同庁舎とあった。県のいくつかの出先機関が入っている合同庁舎もあるので、その類いかなと思った。

Iob_maebasicyousya
だが、県庁の隣りにあるので、考え直した。前橋地方を管轄する国の出先機関が入っている合同庁舎を前橋地方合同庁舎と言っているようだ。その看板の最上部に、前橋地方気象台が出ている。

先日、旧前橋地方気象台を見たが、新前橋地方気象台はこの前橋地方合同庁舎へ新設移転したらしい。それにしても、国の機関とは何となくややこしく感じる。看板には九つの部署名があるようだが、お馴染みなのは気象台程度だ。

2016年01月12日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 3.1 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 5.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 1 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 4.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 3.7 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 0.1 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 0.3 19:49
最高気温(℃) 6 12:45
NO DATA NO DATA NO DATA
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.8(西) 7:38

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2016年1月 6日 (水)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:変わりゆく郷土(鯉沼とその周辺);燃え切らぬ 花の余燼も 日々冷める。1601。

2016年1月6日(水)
昨日は晴れ。ざっそう句;燃え切らぬ 花の余燼も 日々冷める。宅内閑居。パソコンに向かうが集中しない。超老人モードで年賀はがきを追加投函。今年は無駄が減らせそうだ。正月気分もまだ残っている。そこで、一昨日に続いて、小津安二郎監督の1936年制作映画「一人息子」をDVDで見た。フィルムの劣化で画質は良くないが、時代を感じさせる風景が随所に見られる。また、本作品が同監督が最初に手がけたトーキー映画だそうだ。一人息子を育てたのが、現代風に言えば、シングルマザー。父親については何も語られていない。戦死したという想定なのか。聞いた話では、戦前に戦死者が出た家には「名誉(ほまれ)の家」という表札が掛けられたとか。一人息子とその母、先生、妻を通して人生と時代の葛藤を描いた作品だろう。この時代は、語らずに語る事を余儀なくされつつあったのだろう。今、現在もそういう風向きを感じつつある。

WIKIPEDIA「一人息子 (映画)。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E6%81%AF%E5%AD%90_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29)」(このサイトへのリンク

Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:変わりゆく郷土(鯉沼とその周辺)

昨年の12月末頃、外出のついでに鯉沼を見た。風が強かったが晴天であった。年末で護岸工事は休工中途思っていたが、風の当たらない沼底で数人が、昼休み中であった。遠方から、カメラを向けたら、立ち上がって自分の持ち場に向かったようだ。ご苦労様。迷惑を掛けたかな。

西岸は現在工事中である。北岸は2014年度で主要工事が完了している。上毛新聞印刷所の隣りにTOUGUNグループの新社屋が建設中で、鄙びた風景に近代的な建物が並び、新しい風景が生まれつつある。北東から東側には、コンクリート石積みの堰堤が続いている。これは、取り壊された南岸の堰堤と同じ頃に作られた物らしく、古さを感じさせている。ただ、南岸と東岸の堰堤は強度的にはまだ十分使えるように思えた。

Iob_koinuma2016
西岸は、地形的に高いので、意識的に作られた堰堤は無かった。それゆえ、波の浸食で沼が畑に食い込みつつあった。地域の市議、県議等も、ため池の多面的な重要性の観点から、鯉沼の整備を当局に働きかけ、ようやくその要望が現実化してきた。

鯉沼では、数年前まで鯉の養殖が行われていた。国道462号東側の八幡沼(通称新沼)でも鯉の養殖が行われていた。だが、コイヘルペスや鯉の需要、嗜好の変化等で鯉の養殖も不可能になってしまったようだ。北側の護岸工事が行われる前に、北側の取水口付近を覗いたら大量の鯉が集まっていた。養殖していた鯉の稚魚が育ったのか、上流・下流から沼に入った鯉が産卵して増えたのか定かで無いが、鯉沼の鯉を思い出させてくれる。この鯉も、護岸工事が始まる前には姿を消した。その経緯は知る由もないが、多分餌も与えずに、これだけの鯉が育つのだろう。

Googleにてキーワード「鯉沼」で本サイト内を検索(https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#hl=ja&q=%E5%BC%81%E5%A4%A9%E5%B3%B6%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)(このキーワードで検索

鯉沼の南側の堰堤には大きな古木が二本立っていた。この木の下で、シルバーカーを押してきた老人達が休憩している姿も、平成の農村風景であったが、今やその風景も見る事ができない。八幡沼のような東屋でも作れば、老人達の憩いの場所になるだろう。時には、車の運転手が、この沼を見ながら、昼飯を食べ、休憩している姿も見かける。

沼の中に、建設用土を積み上げた土山ができていた。あっ、あれは弁天島ではないかと一瞬嬉しくなった。

Googleにてキーワード「弁天島」で本サイト内を検索(https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#hl=ja&q=%E5%BC%81%E5%A4%A9%E5%B3%B6%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)(このキーワードで検索

2016年01月05日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 10.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 15.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 6.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 8.4 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 3.5 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 6.4 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 6.3 7:44
最高気温(℃) 16.4 13:35
NO DATA NO DATA NO DATA
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.4(北北西) 1:27

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2015年12月23日 (水)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:老人の寝言:「次世代型路面電車」は前橋再生の突破口になるか?;ドサクサも 冬至カボチャで 一息だ。1512。

2015年12月23日(水)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 13.1 13:07。最低気温(℃) 1.6 23:52。ざっそう句;ドサクサも 冬至カボチャで 一息だ。行く方角が同じなので同乗者と用事外出。同乗者と分かれて最初の買い物。次に以前寄ったイートインのあるスーパーで昼食。お茶があるのが有り難い。次の目的地に向かおうとしたがエンジンが不調。一瞬、前途が暗くなった。だが、目の先に、バス停があった。仏滅にしては運が良い。待つこと数分でバスが来た。お陰で、主要用事も無事済んだ。次は同乗者関係の用事。これも無事済んだ。帰りは同乗者とバスと電車。最後は、冬至の月明かりで徒歩にて帰宅。予定より少し遅れたが想定内の時間だった。改めてバスと電車という公共交通機関の有り難さを痛感。普段ほとんど使わない携帯も役立った。行きはヨイヨイ帰りは超老人モードの徒歩であったが、代用・補完手段があると途方に暮れずに済む。冬至かぼちゃを食べて一息ついた。今後は日も長くなる。

2015年12月22日の天気(AMEDAS)

TAVE= 8.9 NO DATA
TMAX= 12.8 最高気温(℃) 13.1 13:07
TMIN= 1.7 最低気温(℃) 1.6 23:52
DIFF= 11.1 NO DATA
WMAX= 7.5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 14.2(北) 14:14
SUNS= 7.6 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA

Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:老人の寝言:「次世代型路面電車」は前橋再生の突破口になるか?

用事外出で、想定外のトラブルに遭遇したが、改めてバスと電車という公共交通機関の有り難さを痛感した。このような利便性に与れるのも、地方公共団体の実力に依存するのが現実だ。実は、最後に乗ったのは、伊勢崎のコミュニティバス、青空号だ。夕方の最終便なので、ほとんどが、高校生のように見えた。昼間は、高齢者が多いのかも知れない。変なコースを走っているなと思ったが、病院の玄関まで乗り付けてくれたのには、びっくりした。

本日の上毛新聞記事には、少し明るさを感じた。何事も構想から実現までは長い道のりがある。地方存立の基盤となるインフラだ。ぜひ、実現して県都前橋の意地を見せて欲しい。それが成功すれば、県内主要都市がLRTで繋がる突破口にもなる。

各自治体は、私営のバスが営業撤退した地域の公共交通を補う独自の市営公共交通システムを運用している。無料もあれば低料金もある。それを利用しているのは主に交通弱者である。残念だが、そのネットワークは自治体内で閉じていて、となり街にも行けない現実がある。こういう問題は、県が率先して解決すべきではないか。

上毛新聞は、「次世代型路面電車研究に本腰 前橋市。;http://www.jomo-news.co.jp/ns/4514507984446571/news.html。(更新日時:2015年12月23日(水) AM 06:00)」というタイトルで、「前橋市は、次世代型路面電車(LRT)の研究に本格的に乗り出す。高齢化に対応した公共交通ネットワーク整備の一環で、ルートや需要を調査した上で導入を検討。2017年度末をめどに新交通網の概略をまとめ、計画を具体化させた上で整備に財政支援が受けられる国土交通相の認定を目指す。 」と報じた。(このサイトへのリンク)

当BLOGでは、移動手段を超老人モード:徒歩、老人モード:自転車、と想定しているが、このモードで外出すると相当な危険を伴う。家族から、自動車の運転を差し止められ嘆いている高齢者は多い。自分の事は自分でしたいと思っても足が無いからできないという嘆きだ。そういう、健常だが、移動手段に事欠く高齢者に救いはあるのか。

「ライトレール。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB。(最終更新 2015年10月12日 (月) 05:46 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)」『ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に、「ライトレール (Light rail) とは、北米の「輸送力が軽量級な」都市旅客鉄道を指す。公共交通機関の意である「トランジット」を付記し、ライトレールトランジット (Light rail transit, LRT) とも呼ばれる。和訳として「軽量軌道交通」がある。また、ライトレールの車両 (vehicle) はライトレール車両 (Light rail vehicle, LRV) とも呼ばれる[注 1][注 2]。なお、本項では北米以外でのライトレールの特徴を持つ都市鉄道についても説明を行う。」とある。(このサイトへのリンク)

Googleでキーワード「前橋 路面電車」を検索(https://www.google.co.jp/?hl=ja&gws_rd=ssl#hl=ja&q=%E5%89%8D%E6%A9%8B%E3%80%80%E8%B7%AF%E9%9D%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A)。(Googleで検索)

実は、前橋にもかつては路面電車が走っていたようだ。それが、新しい形で復活すれば、前橋の再生につながる期待も持てる。前橋にLRTができたら、それを全県に展開して欲しい。

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2015年12月 8日 (火)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:紳士服のコナカ前橋岩神店が完全閉店か?;小春日に 掘れて嬉しい メイクィーン。1512。

2015年12月8日(火)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 12.9 13:56。最低気温(℃) 2.7 22:53。ざっそう句;小春日に 掘れて嬉しい メイクィーン。やや遅い朝食。畑に出て秋ジャガのメイクィーンを掘る準備。雑菜、ホトケノザ、ナズナ等の雑草が育っている。これらを軽く除去して畝が見えるようにする。昼前に空腹感を覚える。早めの昼食。惚けたのか二度食いに近い。午後から堀上げを開始。圃場の気温は最高15℃まで上がった。天気は上々。春ジャガの残りを植えたので、発芽が遅れた。芋もそれなり。休眠していた芋は、発芽の準備が進んでいる。タイミング良く発芽した芋は白い新芋を付けている。小さな新芋や発芽中の茶色の旧芋は、来年の種芋にするため、ネットに入れて、地中保存とした。デジマを薄切りにしてトースターで焼きジャガにして食べた。取り立てで水分が多くジャガイモの香りが出なかった。焼きジャガはたき火で強めに丸焼きにして香ばしいジャガイモの香りを楽しむが最高のようだ。

2015年12月7日の天気(AMEDAS)

TAVE= 6.9 NO DATA
TMAX= 12.4 最高気温(℃) 12.9 13:56
TMIN= 3.2 最低気温(℃) 2.7 22:53
DIFF= 9.2 NO DATA
WMAX= 3.3 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.9(西北西) 03:17
SUNS= 9.1 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA


Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:紳士服のコナカ前橋岩神店が完全閉店か?

先日、ある用件のついでに前橋市内を散策。結構、西風が強い日であった。その風にはためく完全閉店の幟旗を見て、店舗に入りたい気持ちになり、ついつい入店。

Iob_konakamaebasiiwagami
店員が親切に対応してくれた。ずらりと並んだ高級紳士服のほぼすべてに半額の値札が付いていた。実は、伊勢崎でも完全閉店へ移転した紳士服のお店があり、なんとなく寂しいと話すと、対応してくれた店員が、伊勢崎店もありますと紹介してくれた。館林店から応援に来ている店員が名刺をくれた。こちらへ、お出かけの時は是非ご来店をと丁寧に話した。

我が人生を振り返ると、紳士服を着たのは、会社の出張の時等がほとんどだ。社服で通勤するのも当たり前の時代もあった。もう礼服も余り着ないだろう。ネクタイは、退職後何回締めたろうか。色々な、イメージが浮かんでは消えた。

それ故今でも、きちんと紳士服に身を包んだ姿には、何となくあこがれるのである。紳士服を着るにもTPOがある。紳士服の店舗が地域から消えて行くのは、そのTPOが減少しつつある事の反映なのか。

株式会社コナカ  KONAKA CO.,LTD.のホームページを見ると、創業:昭和27年9月;設立:昭和48年11月、本社所在地:神奈川県横浜市戸塚区、資本金:53億5百万、円、売上高(個別):374億4百万円(平成26年9月期)と堂々たる企業である。

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2015年11月29日 (日)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:巨岩に畏敬を感じたのは古代も現代も同じか?石山観音と岩上稲荷神社;毎夜見る 夢のお告げで 行くトイレ。1511。

2015年11月29日(日)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 16.0 13:29。最低気温(℃) 2.6 04:15。ざっそう句;毎夜見る 夢のお告げで 行くトイレ。強風で冬のような天気が一変して穏やかな晴天になった。庭の手入れと畑で切ったナツメも枝の処分をした。大実キンカンと白菜を収穫。キンカンは水分不足か皮と身が分離している。種が入っているが丸ごと口に放り込めるのが良い。昼間は気温が上がり上着を脱いで作業。少し発汗した。トイレが少なかったのはそのためか。今年は生姜を作り、収穫できそうだ。尿意をもようす前に夢を見ているようだが、はっきり思い出せない。意識と無意識の中間状態もそれなりに必要なのかも知れない。

2015年11月28日の天気(AMEDAS)

TAVE= 9.3 NO DATA
TMAX= 15.5 最高気温(℃) 16.0 13:29
TMIN= 3.2 最低気温(℃) 2.6 04:15
DIFF= 12.3 NO DATA
WMAX= 3.7 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.8(北西) 15:53
SUNS= 9.1 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA


Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:巨岩に畏敬を感じたのは古代も現代も同じか?石山観音と岩上稲荷神社

先日、前橋市内を散歩していたら岩上稲荷神社に遭遇した。北側から巨大な岩が見えたので何かと思った。南側に回ると、鳥居があり、その奥に社殿があった。巨岩の下には石祠もあり、日本人の色々な信仰形態がみえてくるように感じた。

Iob_iwagamiinariisiyamakannon
岩上稲荷神社から出たのか、周辺に岩神云々という地名もあるようだ。やはり、そのキーワードは巨岩にありそうだ。利根川の東にあり、巨岩の説明板も設置されていたが、文字が摩滅してデジカメで撮影しても判読できそうにもなかったので、撮影はしなかった。WEB情報によれば、「岩神の飛石」と呼ばれる国指定天然記念物との事だ。このような巨岩や巨木等は神の依り代と考えられ信仰の対象になったのだろう。

この前橋にある巨岩を見て、伊勢崎にも石山という山があり同じように信仰の対象になっているのを思い出した。訪問したのは、相当前になるが石山の巨岩もデジカメ画像が残っていた。こちらは、仏教寺院で石山観音と呼ばれているようだ。こちらも、本堂の裏側に巨石がある。その奥まった所に、記念碑らしい物が立っている。WEB情報やデジカメデータから切り出した画像によると、月山、湯殿山、羽黒山と読めそうだ。この三山をキーワードにしてWEB検索すると出羽三山がヒットする。

石山観音は出羽三山と何らかの関係があるのかも知れない。明治時代以前は、神仏習合で神と仏の関係は相当近かったのだろう。やはり、このような巨岩を見ると人間の能力を超える自然の大きさを感じてしまう。

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2015年11月28日 (土)

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:前橋から見た鍋割山の綿帽子は禿げだった?;濡れ落ち葉 空っ風吹き 踊り出す。1511。

2015年11月28日(土)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 13.3 11:50。最低気温(℃) 4.2 24:00。ざっそう句;濡れ落ち葉 空っ風吹き 踊り出す。落ち葉の季節になった。カラカラの落ち葉を掃くのは意外に効率が悪い。雨後で濡れ落ち葉になると動きが鈍くなり、掃き掃除がしやすくなる。そこで、掃き掃除を始めたが、強風が吹き始めて、落ち葉も乾き出した。仕方がないので、庭木の手入れに変更した。アオギリの日陰になり枯れた真柏の枝切り。アオギリの枝も切る。イヌマキの剪定。ダイコンとホウレンソウの収穫。とう立ちを始めたホウレンソウがあった。だが、霜が降りると本格的な冬になる。その時期が迫っている。

前橋地方気象台によると、今年の赤城山の初冠雪は11/26だったようだ。前橋地方気象台:「霜・氷・雪の初終日及び初冠雪の観測(平成27年10月26日現在)(http://www.jma-net.go.jp/maebashi/contents/chishiki/kisetsu.html)」。(このサイトへのリンク

今朝見たら、東部には雪が見えたが、西部の鍋割山の雪は早々に消えたのかはっきりしなかった。


2015年11月27日の天気(AMEDAS)

TAVE= 9.3 NO DATA
TMAX= 13 最高気温(℃) 13.3 11:50
TMIN= 4.2 最低気温(℃) 4.2 24:00
DIFF= 8.8 NO DATA
WMAX= 7.9 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 15.0(西) 11:53
SUNS= 9.2 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA


Q
Q

ツル(鶴)よ 飛んでおくれ:前橋から見た鍋割山の綿帽子は禿げだった?

「愛しき古里:半端道楽:写真俳句LING:赤城 鍋割 象の鼻(綿帽子 古木無ければ また寂びし)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2014/01/ling-cdbf.html)。(2014年1月 6日 (月))」(このページへのリンク

先日、前橋から赤城山を見た。その裾野の長さを、象の鼻で喩えると、象の頭の辺りが鍋割山になる。冬に雪が降ると、その辺が最初に白くなるので、象の綿帽子に見立てていた。冬の風物詩と言えるだろう。

Iob_akaginabewarizou
なぜ綿帽子のようにその部分が白くなるのか、現場を見ないので断定できないが、樹木が生えていない、いわゆるはげ山に近いのではないかと推測している。先日撮影した画像を切り出して、拡大してみた。場所を変えたり、デジカメを変えたりして色々な推測をして楽しんでいる。現地で、直接確かめるのが、科学的には最も確実だと思うが、想像を楽しむにはそこまでは不要かも知れない。赤城に初雪が降ると又象が出現するのだろう。

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

2015年10月 8日 (木)

ツルよ 飛んでおくれ:前橋リリカの屋上から市内と赤城山を展望!;今回は 女の園は 夢の外。1510。

2015年10月8日(木)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 23.4 14:06。最低気温(℃) 11.5 05:12。ざっそう句;今回は 女の園は 夢の外。作物苗に灌水。京菜が発芽開始。アカザ、ヒユの大株をシャベルで引き抜く。畑が広く感じる。時なし小かぶの播種。京菜区画の一部にカンレイシャを掛けたが、その部分の発芽が良好だった。水分の蒸発が少なく、遮光で地温が上がりにくかったためではないか。小かぶはサニーレタスの後作。種子が小さいので乾いた畑土で増量。一種の水増しだ。液体なら水を加えても増量がバレにくい。昼と夕方来客。東電の料金資料を貰ったので見せに来た。人員構成が変わったので、契約電流を切り下げて電気料の節約を検討するとの事。我が家も検討しようか。畑を見たいと言うので案内。うれしはずかし。多分、もう一度見たいと言わないのでは。第三次安倍内閣組閣。前回の記念写真を見ると、両手だけでなく背中にも花。五つの名花に囲まれて夢現の姿が組閣記念写真に残っている。ガードウーマンに囲まれて盤石な女の園のようだったが、とんでもない食わせ物だった。もうその夢は捨てたようだ。一事が万事、相変わらずのモグラ叩き戦略だけは健在のようだ。この先の日本が案じられる。

2015年10月7日の天気(AMEDAS)

TAVE= 17.5 NO DATA
TMAX= 23.4 最高気温(℃) 23.4 14:06
TMIN= 12.4 最低気温(℃) 11.5 05:12
DIFF= 11 NO DATA
WMAX= 7.7 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 12.3(北西) 15:04
SUNS= 10.7 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA


Q
Q

ツルよ 飛んでおくれ:前橋リリカの屋上から市内と赤城山を展望!

前橋の中心街の衰退が進んでいるが、過去の栄華だけを追っていては、改善は進まない。大型店が撤退すると、衰退を強く意識してしまう。そのような動きが連鎖反応を引き起こすと、負のスパイラルに落ち込んでしまう。

前橋のサティが撤退した時、買い物難民が発生するのでは気になったが、その跡にリリカが入る事になった。やはり、白塗りの巨大看板は気になる。先日、リリカをタウンウォッチングした。その看板を屋上で撮影した。LIRICAとKASUMIという大きな文字が目に入った。

Iob_liricatenbou
「02A2_目に留まった風景(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/02A2_FUUKEI_ATG.html)。」(この記事へのリンク

駐車が出来るのは4階までで、屋上駐車場は一般客は駐車できないようだ。ビルの設計上は、屋上駐車場も整備しているが、通常はそれを解放するだけの来客が無いということだろうか。ただ、屋上までのエレベーターは稼働しているので、屋上から市内や赤城山等を展望できる。粋な計らいかもしれない。かみさんは、裾野が長い赤城山を見て、前橋から見える赤城山も気に入ったようだ。

前橋市内のランドマークとして、群馬県庁とNTT東日本前橋支店国領ビルのアンテナ塔がある。ついでに、県庁展望台からNTTのアンテナ塔を撮影した写真を加えた。以前聞いた話では、伊勢崎のNTTビルでは既に黒電話関係の事務は行っていないらしい。前橋NTTビルではどうか。パラボラアンテナだけは現役で働いているように見えるが、人間の職場も時代と共に変わっているのかも知れない。

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク