01B_愛しきもの 生き物

1.キリギリス

Photo

2006/3:仕事中に発見。枯葉の中にいたキリギリス。成虫で越冬したようだ。

2.サナギ

Photo_2

2006/3:仕事中に発見。何のサナギか不明。サナギで越冬した。

Ageha_sanagi

2010/11/13:アゲハのさなぎ?
色がミカンの葉や枝と同じ緑色で非常に紛らわしい。サナギなので逃げないが、目印をして置かないと見失う。さなぎの胴体の両側から白い糸のような物が出ていてミカンの枝に繋がっている。どうもサナギが落下しないように保持するベルトのような働きをしているようだ。あの、アゲハの幼虫がどのようにしてこのようなサナギになるのか不思議だ。

3.テントウムシ

Photo_4

2006/3:仕事中に発見。枯葉の中にいたテントウムシ。成虫で越冬したようだ。ピンぼけ。

4.ガマガエル

Gama_s

畑の除草中、草むらに鎌を入れたら飛び出してきたのでびっくりした。幸いデジカメを取りに行く間、じっとしていてくれた。戻った時にはどこかへ消えていた。ガマガエルに会えたのは4~5年ぶり位で、前回とは違う個体だと思う。前回のガマガエルは玄関に出たところにいたので更にびっくり。ともかく餌は十分あるようで体格が良いようだ。無事冬眠をして来年も再会したい。鎌は大きさの比較用に置いた。(2010 /09/12(日)撮影)

5.野良猫の国境紛争
Neko_kenka_s
自分の領土に侵入した野良猫(右の黒)とにらみ合いをする野良猫。野良猫どうしでもでも縄張りがある。とっくみあいで二匹がジャンプしてにらみ合いに入った。縄張りを持つ左の白黒猫の方が優勢にみえる。逃げるにも攻撃するのににも微妙な1m位の距離で緊張状態に入っている。デジカメを持って近づいても目を離せず両方固まっている。(2011/5/26)

6.シモツケに飛んできたクマバチ
Shimotuke_kumabachi
シモツケの写真を撮っている時にクマバチが飛んできた。シャッタースピードが遅いのかピンぼけ。ほとんど羽を休めずに動き回っていたので写っただけでも収穫か。(PHOTO=06/08/2011 )

7.野鳥の巣
Kojyukei_ran_ba_s_2
気付かずに野鳥の巣の周辺の草をかってしまった(左)。2日後、巣は荒らされていた(PHOTO:06/07/2011 :右)。親鳥は巣を放棄してしまった可能性がある。カラス、ノラ猫、ノラ犬等周辺に外敵が多い。道路に近い場所であった。雑草があれば、外敵が近づかない場所だったのかもしれない。

8.向日葵の花にカマキリ
Himarari_kamakiri

向日葵の花を撮影したつもりだったが、ひょっこりカマキリが写っていた。(DSC=2011年8月7日)

9.カマキリと柿の実
Kamakiri

首をかしげたカマキリ(09/29/2011 )。

10.ヘビ
Hebi_12
恐る恐るDSC撮影(左)。実際は死んでいた(右)。頭部に傷らしいものが見えた。カラスか他の動物の攻撃を受けたのか。顎の後ろ辺りに傷があった。カラスの攻撃を受けた可能性が大きいと思われる。ペットボトルは約20㎝。その二倍くらいあり、40㎝程度と見られる。種類は不明。じもぐりかもしれない。(DSC:2011/10/11)

11.野鳥の巣
Torino_su_ttl
家の前の柿木の枝にあった。注意しないと気付かない。落葉で見えるようになった。柿の葉が巣の上に積もっており使用済みのもの。材料はシュロの網、小枝の他に、ポリヒモ?、飴の包装紙?のような人工物も使っている。鳥の種類は不明。形は小さめ。右は柿の枯葉を除去後。(DSC:10/11/2011 )

12.アマガエル
Amagaeru
ポポーの葉に跳んだアマガエル:http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/10/post-4c3f.html(DSC:10/17/2011)。冬眠前。10月中頃では未だ鳴き声が聞こえる。

13.オナガ
Onaga_tori
キウイフルーツの落ち葉の上にあった死骸。乾燥しており重さは感じなかった。外傷はなかったようだ。鳥インフルエンザの情報はほとんど聞かなかったが直接触れないようにした。下は割り箸。畑の中には犬や猫等動物に襲われた野鳥の羽毛を見かけることも多い。(DSC=2012/1/13)

14.モズのハヤニエ
Mozu_hayanie
カラタチの枝に何かあると気付いてみるとモズのハヤニエだった。どうも魚類(泥鰌)のようだ。モズの行動を想像するとどこかでこの魚の狩りをした筈だ。生きた泥鰌を捕るのも相当な技術が要りそうだ。ハヤニエを作った場所まで運ぶのも考えると不思議だ。このように枝に刺すのも上手だ。鳥類進化の不思議さを感じる。(DSC=2012/1/7)

15.カミキリムシとその幼虫
Kamikirimushi_youcyuu
左端:無花果の枝への進入(小枝の付け根から斜め上方へ)。中央:食害の程度大(中にミイラ状のカミキリムシ幼虫がいた。)(DSC=2012/4/25)

Ichijiku_cut_down
無花果の枝の上部から株へ切り進み、断面を観察。穴は上部の樹皮を経て、随の部分を通り、下部までは届いていない。(DSC=2012/4/25)

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク