01C_愛しきもの 根っ子 

01C_愛しきもの 根っ子
作物を育てるにも、雑草を退治するにも「根」を忘れては手抜きになる。根に関する単語は、基本的で重要な事を表す場合が多い。基本の本(もと)の更にそのしたが「根」だ。「根」をおさえると、物事の見通しも良くなる。森をみて木を見る事も大切だが、木を見て根も見るのも大切。何もしなければ地表の下の根は見えない。(2011/09)

1.蔓草の根っ子

Photo_5

2006/3:仕事中に掘り出した。四方に伸びた蔓の下が根っ子。やや貧弱に見える。

2.市販のサクランボ苗の根っ子

Photo_6

苗の根っ子の善し悪しは大切だ。この苗は台木の枝に穂木を接いだ物を挿し木した接ぎ木挿しの苗のようだ。接木と挿し木の作業を同時に行うので効率が良い。しかし、接木部の活着と挿し木部の発根が両方成功しないと苗ができない。それなりの技術が必要だ。

3.ムラサキツユクサ(2011/4/22)
コンクリートの隙間に根を伸ばして花まで付けた。一体根はどこまで伸びているのか。あうんの気持で誰もこれを引き抜かないでいる。
Murasaki_tuyukusa

4.つくし
Tsukusinbo
畑に沢山ツクシが出ていた。小さなスギナの芽が見える。地中深くまで伸びている根がくせ者。

5.ヤエムグラ
雑草の根が地中でどんな張り方をしているのか知りたいと思っていた。細根が付いたまま堀上げて、水を入れた透明なプラスティックコップに根を広げさせた。葉茎に比べると根は貧弱で弱そうに見えた。ということは、除草の時は細根を残しやすいのかもしれない。(2011/5/8)
Yaemugura_2

6.カラスウリ
Karasuuri_r
カラスウリの根。まだ小さい方。目が出かけている。宿根なので根を堀上げないと退治できない。(PHOTO:06/09/2011)

7.アメリカセンダングサ
Amerikasendangusa
草丈15㎝程度で発育中。この10倍位高くなる。根は細根が多く地面を確実にとらえ、この大きさでも引き抜くには力が要る。(PHOTO:06/09/2011)

Amerikasendangusa_kikon
成長したアメリカセンダングサの気根(DSC=2011/10/29)。倒れたり、抜かれても再起する馬力がある。

8.メヒシバ
Mehisiba
7.アメリカセンダングサと一緒に生えていたメヒシバ。大きさも同じ程度で群生。引き抜いたが切れた細根を含めると根の長さは草丈と同程度はありそう。成長すると根が引き抜き難くなるのはアメリカセンダングサと同様。害草度はメヒシバ<アメリカセンダングサ。(PHOTO:06/09/2011)

8.サツマのツル
Satuma_mizusasi

サツマのツルを水挿し(DSC=2011年8月9日)。発根したらこれを苗として畑に植える。つるは親株から採取するので時期的には遅れてしまう。例年、芋が肥大しすぎるので親株からツルを採るのは過剰肥大防止になるかもしれない。

Satuma_syuukaku_2nd
買った苗から採取したツル(二番ツル)になった芋(芋が最高であった株:2011/11/9)

9.二段型の根をもったアカザ
Double_root_s
抜去力がかなり強かったアカザの根を掘りだしてみたら二段に根が出ていた。こんな根は初めて見た。(2011/9/15)

10.野ブドウの根
Nobudou_roots
地表に出ている茎の部分は何度か掻き切られて目立たないがたまたま堀上げて見てその太さにびっくり。これほど太くなると容易に根絶できない。注意深く堀上げる以外に良い対策はなさそう。放置すると根はどんどん太る。(20011/9/27)

Nobudou_root2
アケビの木の下でちゃっかり大きくなっていた。アケビの木の下に潜り込んで発見。(20011/11/27)

11.カナムグラの根
Kanamugura_root_1109
蔓草退治ではついつい根の方を忘れてしまう。放置すると一夏でこの太さになる。(2011/09)

Kanamugura_1111
ムベの木に這い上がったカナムグラ。退治したので生き残りそう。日光が当たらないのでムベの実が熟さずに落果もせずに残っていた。(20011/11/27)

Kanamugura_ring
茎の太さ:根本が太いと思うのは思い違い。ツルは上部が太い場合もある。(20011/11/27)

12.花水木の根
Hanamizuki_root
2008年に地上20~30㎝で切った根を2011年に堀上げ。カケヤで叩き出した。まだ3年で腐らない根もある。後方は切らずに残した同じ樹齢の花水木。幹を切り残すと刈払機使用のじゃまになる。

13.巨大な根
Big_root
たまたま目に入った巨根。下の板は運搬用のパレットらしい。樹種不明。

14.イノコヅチ
Inokoduchi_s
根の細根は少ないが張りはかなり強い。引き抜くと根本で切れてしまう事もある。宿根草のようなので引き抜いた方が無難。ヒナタ~、ヒカゲ~と種が違うらしい。どちらか不明。(2011/11/10)

15.ナツミカンの枯れ木
Natumikan_kareki
記事:http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/01/post-1f78.html

16.黒竹の根
Kurochiku_roots
記事:http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/01/post-d5ad.html

17.スカンポの根
Sukanpo_roots
子供の頃の記憶でスカンポと思っている。その根を引き抜いてみた。宿根でこれほど長いと容易に退治できない。(DSC=2011/11/10)

18.シュロ
(1)シュロ幹の断面写真
Syuro_danmen
節、年輪が無く、維管束?が幹全面に密集している。このような構造を採用しているので強度が保て、樹高も高くなれるものと思われる。(2012/2/11)

(2)シュロの根と幹と根の接合部
Syuro_nae
シュロの幼苗(下は影)
Syuro_roots_2p
シュロの根。左は茎と根の接合部。右は根をむしり取った後。構造は単子葉植物と同じようだ。シュロの成木根は相当の強さを持っている。根の張りが良く強いのだろう。(2012/2/20)

19.チューリップの水栽培
Tulip_mizusaibai_1203_ren
DSC左(撮影日時,2012/03/24 13:44:50)
DSC右:半端道楽:子供にもさせたいチューリップの水栽培http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/11/post-30e8.html(2011/11/17)
2011~2012年の寒波を屋外の縁側で乗り切った水栽培のチューリップ。
容器の水は氷結と溶解をくり返し自然の過酷な「ストレステスト」を受けてきた。葉は伸びてきたが、根はほとんど伸びない。しかし、球根の根の部分が水に浸かっているので必要最小限の水分は吸収しているようだ。手前の板の間に転がっている球根は、植えた所を猫が掻き回して出てきた球根をそのまま放置している。栽培容器の球根は少し傷んで痩せているが依然元気だ。空中に寒ザラしになった球根は水分を失いスカスカ状態だが、まだ踏ん張っているようだ。球根の根の役割は何か。花が咲くまでは鱗片に蓄えたエネルギーが主役のようだ。花の後に本体を支え、養分を吸収し球根を太らせる縁の下の力持ちのというのが役のようだ。(2012/3/27)

雑木の歌:パイプをくわえたマッカーサー(2012年4月25日 (水))
http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/04/post-3f47.html

20.アメリカフウロ
Amerika_fuuro
ポットに生えて越冬したロゼット状のアメリカフウロ。葉の部分は皿のように薄く、根がその数倍長い。逆立ち状態で撮影。デジカメのレンズカバーが、埃つまりで半開きになっていたので珍しい写真となった。(2012/4/9)

21.ヤブガラシ
日々農天気:ヤブガラシの根を追跡してみた(2012年4月10日 (火)。http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/04/post-dcca.html。)

22.ハルジオンの根と東京スカイツリー
愛しきもの 根っ子(文化と文明雑感):ウッソー!東京スカイツリーの基礎杭は大木の根っ子に学んでいる?(2012年4月11日 (水)。http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/04/post-df53.html。)

22.ツキミソウの根っ子
DSC:http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/04/post-4212.html

23.クサノオウ

詳細(クサノオウについて)

 ラベル(FF用:おまけに追加)

Kusanoou_3pix
放置した鉢に生えてきたクサノオウ。根は赤茶色で細根が多い。茎には羽毛のようなものが生えている。茎が切れると黄色い汁が出る。
WIKIPEDIA:クサノオウhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA%E3%82%A6

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク