« 雑草句録:忠治忌(没後160年) | メイン | 雑草句録:火燃し番 »

2010年12月22日 (水)

読みかじりの記:(高山)彦九郎 歌と生涯(6)

2010/12/22

昨日は国定忠次没後160年の命日という事で自分なりにこの年月の重みを考えた。寿命が80や90歳は当たり前という時代になっても人間その日暮らししかできないように感じている。しかし、よくよく歴史をたどると、ある歴史事象が起こるのにも、親、その親と二代や三代まで遡る因縁があるようだ。国定忠次というイメージもそういう歴史の流れの中で現在も生きているのではないか。今朝の上毛新聞の一面に前小寺群馬県知事死去の記事が載り、まさかと思った。国定忠次の死を振り返っているその日の出来事なのだ。死といえば、高山彦九郎は47歳の時(寛政5年/1793)自刃しており、その覚悟の重さを感じる。

以下本題。

読みかじりの記:(高山)彦九郎 歌と生涯(6)

○「親子の絆を切々と」の章

歌人須永義夫は彦九郎の子供達(幼い末子を除く)の以下の歌を掲げ、「上の三人はそれぞれ歌を記して父を慰めている。」と記している。

■しぐれして濡れにぞぬれし紅葉ばの 訪ふ人もなしあはれ世の中  せい(12歳)
■喪屋に居て越すへを見ればあはれさに 涙こぼるるおくつきのまへ  さと(10歳)
■待つといふその言の葉のちぎりもて 千代もかはらぬ敷島の友  義助(8歳)

かっこの中の年齢は彦九郎の祖母の服喪が終わる年のもので、「これらの歌にはそれぞれ子の立場から父を見つめる眼が働いている。せいは年長だけに彦九郎の志を入れ難い『世の中』にまで言及しているのが注目される」と著者は記す。

「敷島の道」は狭義には和歌の道で、義助の歌では「敷島の友」を学問の友ととり、「その大切な勉学の友をひたぶるに待つ歌である。」と解説している。これらの歌の出典や詠まれた場面については具体的に記されていないが、十歳前後の年齢でこれほどの歌を詠んだことに驚嘆する。しかし、彦九郎が三年の喪に服したという事は、この三年間は子供達と一緒に過ごしたのであり、子供達の勉学や人格形成という点では非常に貴重な期間であったと思われる。彦九郎の喪屋での行動は対社会的な面が多かったかも知れないが、家庭での夕食の団欒時等、子供達に歌の手ほどきをしたり、自分の理想を語ったりしていたかもしれないとつい想像してしまう。

せいの歌を自分なりに解釈してみたい。その前にさとの歌を理解する必要がある。父彦九郎とさと自身の位置関係である。「越すへ」とはこちらのあたり即ちせいの方へ、喪屋にいる彦九郎が視線を投げかけているその父の姿をみるとあわれさに涙がこぼれる。さとはどこにいるのだろうか。先祖代々の墓の前にいるようだ。彦九郎が喪屋から呆然と墓所に視線を投げかけて喪に服している様は子供ながらに、さとの涙を誘った。彦九郎が祖母を崇める姿勢がさとにも強烈に伝わっていたと理解できるだろう。しぐれしてとは雨が降ったり止んだりして天気が落ち着かない様を表し、紅葉ばは濡れにぬれてしまった。従って、その美しい紅葉ばを見るために訪問する人さえいない。しかし、視点を変えると時雨れるには涙をこぼして泣く意味もあり、紅葉は血の涙にも例えられる。そうすると、せいは紅葉ばにたとえて、父を訪問する人もいないような世の中を心底からつれないものと嘆いてその気持ちを歌で表現したととれる。喪に服しているので弔問に訪れた人は多かったようだ。それなのに、訪ふ人もなしと詠むのは彦九郎の志に共鳴して訪れる人もないと著者の指摘に通じる。従って、せいも父彦九郎の境遇を直情的な表現ではなく自然の姿に託して泣いているのである。せいとさとは異母姉妹である。その二人が同じように父の境遇に涙している。彦九郎は自分の娘達には気を許してなにか本当の事を言い残していたのではないかと思えてしまう。そうなると、義助の歌も単に待っているととらずに、ずっと昔から変わらない大和心を持つ同志が現れるのを待っているととれるのかもしれない。

「だがこれらの親子の絆もはかなかった。」と著者は記す。詳細の事情は記されていないが彦九郎と妻子との別離が訪れた。妻子は生家や親類に託される。著者はその原因に内縁という浅さと兄専蔵の迫害を挙げる。高山彦九郎は家族を不幸な目に遭わせて自分勝手な行動をしたので評価できないという人の話を聞いた事がある。公私、忠孝等人倫規範とバランスをとる事は難しい。親子の場合でも極限に至れば親子の縁を切るということもあり得る。見方を変えれば親子の縁を切っても命を落とすよりましである。共倒れは最悪の事態になる。彦九郎が一人行動を起こそうとする時妻子を生家や親類に託した意味を考えてしまう。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク