« 人形浄瑠璃の思い出 | メイン | 古屋の風呂炊き »

2008年11月25日 (火)

八幡沼開鑿と川端宇兵衛翁

2008/11/25

八幡沼開鑿と川端宇兵衛翁

華蔵寺公園の北東県道462の東側に八幡沼(新沼)がある。沼の南岸にこの沼の由来を刻んだかなり大きな石碑が建っている。八幡沼の開鑿開始から51年後の大正2年に建立された「八幡沼の碑」がそれである。八幡沼は粕川から取水した灌漑用水を貯水する人工沼であり、まさに一銭たりとも出費をしたくない文久二年の大旱魃の年に、村民の心の拠り所である八幡宮、村社大明神さえも潰して、農民125名が大刑覚悟のうえ連印して藩主に陳情し、発起人・世話人等は総額500両以上の資金を投じ、3年間の期間をかけてこの大工事をやりとげた事が記録に残っている。

大工事を先頭に立ってやり遂げたのが川端宇兵衛翁であった。奇しくも川端宇兵衛は国定忠次の隣村で同じような境遇に生まれ同じような事をして同じ時代を生きていた。国定忠次より1年先輩であったが、国定忠次が大戸の関で磔で処刑されて12年後即ち忠次の13回忌の文久2年(1862)に八幡沼の開鑿を始めたのである。

村民の藩主への陳情が藩主のお気に召さなければ、打ち首等の極刑を賜う事もあり得た時代の決断であったのだ。来年の2009年が川端宇兵衛生誕200年になる。三軒屋遺跡は千数百年前も稲作が地域の重要な産業であった事を示している。八幡沼の開鑿は水利基盤の創設、維持、改良が絶え間なく続けられていた事を証明している。川端宇兵衛誕生200年を機会に地域の歴史と先人達の偉業を振り返るのも意義有ることであろう。

以下に元殖蓮公民館館長川端門太郎先生が「うえはす史談 第二号」に紹介した碑文を現代語に意訳したものを掲載する。

以下碑文:
**************************************
上植木の郷(さと)は素(もと)から水利に乏しく灌漑に不便な地域であった。旱魃に遭遇すれば稲田の苗は枯死して、飢えて青菜のように血色がわるくなるような苦境に陥ることが屡々(しばしば)あった。従って、昔から志のある者は心身を粉にして種々救済策の考案に努めたが、それが実現する時期が到来せず一人として成功する者はいなかった。

ところが、そんな時、村に川端宇兵衛翁という者がいた。人柄は気宇壮大・気性が強く衆にすぐれており細事を気にすることもなく、いつもこう言っていた、

「男子に生まれ芳名(名声)を百世に流すことができないようでは、まさに臭名(汚名)を万年に残して当然なのだ(男子生まれて芳(かんばし)を百世に流す能(あたわ)わずずんば、またまさに臭を万年に遺(のこす)すべきなり)」

どうして小石のようにごろごろとして平凡でツバメやスズメのようなものの尻につき従おか。まさにあの鯤(こん)という魚が翼長3千里の鵬(ほう)という大鳥になって9万里の高空を飛ぶように人間界の鵬になるべきなのだ(あに碌々として燕雀と相(あい)随(したがわん)や。よろしく化して鵬となるべし)

毀誉褒貶は自分には無関係である。何事も公平無私を第一とするならば成功しないことがあろうか。特に役に立つ事業を興し大衆の福利をもたらそうとするならば自然の摂理を利用するにこしたことはない。

郷里の農民は水利に苦しんでいるときであり将に新沼を開鑿(かいさく)して灌漑のために活用すべきであると決意し密かにこの土木工事の設計をして、地盤を調査し水路を通すため自ら技師となってこれを測量し同じ考えの人々を求めて土木工事への賛同を頼んだ。

文久二壬戌(みずのえいぬ)年三月藩主に請願書を添えて工事の許可を願い出た。かくて、事前に調査した土地、小字(こあざ)関組の七本杉の大木を皆伐採して、八幡社境内とその他の山林八千五百六十五坪を開鑿し隧道を掘って粕川の水を引き込むという困難な工事を思い起こすべきである。

同年十月十九日天地が和合する吉日を選んで鍬入れ式を挙行し工事を開始した。翁自ら鍬を取りこの役を勤めた。村の役人や役員等数十人がこれに連なった。元治元年甲子十二月に工事が落成した。此の間の三年間雨に打たれ風にさらされ寝食を忘れ日々この大工事に従事する事一日の如しであり実によく勤めたものだと言うべきである。

ああ、これは村が豊に繁栄する基礎であって、それのみでない(已と己の相違:すでは意味が通じない:おのれにとる)。更にその他百数町歩の及ぼす其の恩恵たるや実に偉大である。すなわち農家はこの事業によって灌漑しまさに旱魃の被害を免れることが可能になる。

伊勢崎藩主の酒井侯はこの業績を賞して帯刀と名字を許された者は数十人にのぼる。本年有志の人々が相談して碑を建て永く翁の功労に感謝しその大きな恩恵を心に刻みつけるために其の事跡を石に書き込むことを要請された。当職は文につたなく翁の偉功の万分の一すらもしるすことができない。よって、詩を作り以て後世に伝えたい。

其の辞に曰く、

赤城之水流成粕川   赤城の水は流れて粕川となる
鑿沼而蓄百姓頼全   沼を穿ちて百姓頼全を蓄える
父老感涙稲苗色鮮   父老感涙して稲苗色あざやかなり
数邑抃舞将漑民田   数邑抃舞(べんぶ)す将に民田漑(みち)たり
宇兵衛翁徳後子孫傳  宇兵衛翁の徳後の子孫に傳う

大正二年十月吉日

正五位 子爵 酒井忠一 篆額 

丘林山    瑞庵祐願 謹撰 併書

       井上澹泉 刻
**************************************
:以上碑文。
注記:酒井 忠彰(さかい ただあきら)は、江戸時代の大名。上野伊勢崎藩の第9代(最後)の藩主。酒井忠一は忠彰の次男。丘林山は伊勢崎の名刹華蔵寺の山号。

八幡沼の完成が元治 元年 (西暦1864 年)であり、2014年に開鑿150年を迎える。

明治 元年 (西暦1868年)の4年前である。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク