« 雑草句録:霜柱 | メイン | 雑草句録:あんか »

2011年2月19日 (土)

読みかじりの記:環境ホルモン きちんと理解したい人のために(1698年 筏 義人 著)

2011/2/19
冬の天気と春の天気がせめぎ合い、雨と強風で嵐のような天気であった。東京ではスギ花粉の飛散が始まったというニュースもあった。花粉症対策に決定打はなさそうだ。なぜこれほど花粉症に悩む人が多くなったのか。花粉が増えたのも一因だろうが、それでけではなさそうだ。経済の高度成長で衣食住が変わり、それに伴い人間の体質や生活習慣が変わったという見方もあるようだ。ところで、花粉も以下の環境ホルモンも人間にとっては眼に見えない異物。花粉症は免疫反応でその異物に対抗して現れる症状だ。しかし、環境ホルモンは免疫系を素通りして人体に作用するとなると人体に防御機構がないだけ怖い。環境ホルモン以外にも人工的な有害物質は多いがその挙動は十分解明されていないようだ。この自然界においてあらゆる現象は物質の動きの連鎖でもある。ウイルスや細菌は自分を守るため変異したり、耐薬剤性を強めたりする。環境ホルモンは生物の食物連鎖で人間の口に入る時に濃縮されるという。人間が作り出した極微量な物質Xに対抗した成分をスギ花粉が集めたり合成したりしてまき散らしているような事はないのだろうかとつい変な連想してしまう。スギ花粉は動物的表現を使えば、スギの精子である。スギの枝を見たら、雌花と雄花が別々に着いていた。雌雄同株雌雄異花。雌花は小さな松ぼっくりのようであった。子供の頃スギ鉄砲の弾に使っていたのがスギの雄花であった。

昨日の天気

TAVE= 7.2
TMAX= 12.1
TMIN= 3.4
DIFF= 8.7
WMAX= 12
SUNS= 8.3
RAIN= 3.5

以下本題。

読みかじりの記:環境ホルモン きちんと理解したい人のために(1698年 筏 義人 著)

講談社のブルーバック双書の一冊である。出版当時は環境ホルモンが社会の関心を集めていた。この書物もそのような社会状況を背景に出版されたのではないかと思う。著者は今日の問題は多方面から解明する必要があるとして、高分子化学という自分の専門分野を基礎に据えて、環境ホルモンの理解を進めるべく本書を書いたようだ。十数年、書棚に隠れていたがひょっこり出てきた。一昔前と現在では状況はどう変わったのか。読み直しや過去のレビューは将来を考えるときの参考になる。

WIKIPEDIAでは「内分泌攪乱物質」(最終更新 2010年12月22日 (水) 13:34 )と学術的な記述になっている。WIKIPEDIAの研究の起源の項では「日本では1998年5月に環境庁(当時)が発表した「環境ホルモン戦略計画 SPEED '98」にて、「内分泌攪乱作用を有すると疑われる化学物質」67物質をリストしたことにより、強い不安感が高まり、一気にメディアに「環境ホルモン」の言葉が登場するようになった。 ただし、その後に検証実験事実が蓄積されるに従い、ほとんどの物質は哺乳動物に対する有意の作用を示さないことが一部に報告されている。その知見等を踏まえ、環境省は上記リストを取り下げた。現在では、リストは単に調査研究の対象物質であり、このリストに掲載されていたことをもって環境ホルモン物質もしくは環境ホルモン疑惑物質などと言うことは根拠がなくなったとされている。定義をそのまま解釈すればホルモン類似物質である医薬品をも含むことになるが、実際には、より狭義に、環境中に意図せず存在する化学物質が体内へ取り込まれる危険性が予想される場合にのみこう呼ばれている(#環境ホルモン以外の内分泌攪乱物質を参照)。本来のホルモンと同様、非常に低濃度でも生体に悪影響を及ぼす可能性があるため、有害物質が高濃度に蓄積されて初めて問題になりうることを前提とした従来型の環境汚染の濃度基準では規制できないのではと危惧され、社会問題化した。」と述べている。

著者も色々な物質が生体に悪影響を及ぼす可能性を述べているが、まだ十分解明が為されていない事も率直に述べている。そのような執筆態度には好感が持てた。特に、第5章:環境ホルモンの発生源では、問題の大きいダイオキシンに関しては、家庭の一般ゴミと産業廃棄物の焼却が発生源であるとして、その発生メカニズムを推定している。また、ダイオキシンは高温での焼却により、完全分解させれば、発生を押さえられると高温焼却の重要性を述べている。

今日では、ゴミ焼却も高温焼却炉を使用するので、ダイオキシン等の有害物質の生成は問題ないというような議論もあるようだが、ダイオキシンが生成される条件やダイオキシンが生成される素材等の組み合わせ等が十分解明され、その条件に適合した処理が確実に行えるか断言できないのが実状と思う。技術的にも高温焼却は、炉の高温損傷も激しく、焼却炉の維持経費や安全確保体制もより高度・高コストになるであろう。従って、焼却処理が万能であるとという判断は難しいのではないか。

WIKIPEDIAの「内分泌攪乱物質」の項にはダイオキシンは関連項目に記載されているだけである。出版当時は環境ホルモンという時代を反映したキーワードで、ダイオキシンの発ガン性等も
視野に入れて本書が書かれていると思う。また、生物の雌性化という本来的な微量化学物質が生体に与える効果に関しては、この十余年でどれほど科学的に解明されたのだろうか。対象物質が微量で容易にその作用機序が解明できないからその不安を放置して良いかという点も改めて考えさせられた。特に、少子化という問題が、男性の精子の減少、ホルモン作用による男性の女性化等と関係するのか、極論すると国家存亡の人口問題にまで環境ホルモンが関係するのかは、疑問はかえって増大した。環境ホルモン云々と議論する気力も失い、草食系男性とかが流行語になる時代の行く末をつい考えてしまう。人間の知識もどんどん細分化して科学的な証拠があるものだけが真実だとう事になるととんでもないしっぺ返しが待っている事もありうる。

ともかく、あらゆる生産物は、その機能が発揮されているうちは、資源・資産として各家庭や社会・産業施設内に留まっているが、その機能が不要・無用になれば廃棄物として環境に排出される運命にある。その廃棄物の処理は、リサイクル・リユースと焼却・埋め立て等のに分類されるが、焼却・埋め立てで問題が大きい。要するに、生産物でその関係者が利益を得ても、その最終処分は後世の負担として先送りしているのが現状である。著者は、第7章環境ホルモン問題解決への提言の中の⑥大量消費型から資源循環型へ社会が移行していることを確認することが重要であると本書を締めくくっている。①~⑤までは公的機関等が重たい腰を上げるよう促した課題で、本書の未解明・未解決な部分に相当する。赤字国債等は数値で負の遺産としての大きさを感じる事が出来るが、日々の快適な生活の見えないつけが廃棄物の処理量・蓄積量とともに増大し、それが知らぬ間に自分たちの生命にまで及んでくるとなると、多少の贅沢は控えようとも思う気になる。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク