« 身辺雑記:東京電力の意志決定遅れの理由はなにか | メイン | 技術 回顧と展望:原子力発電と津波に関する技術 »

2011年4月13日 (水)

老人の寝言:三段重ねの大嘘では誰も見向かなくなるのでは

2011/4/13
昨日の夕焼けはきれいであった。東北関東大震災、東電福島原発事故の被災地の人々は夕焼けを見るゆとりも無いと思う。東京都知事に石原氏が再選された。節電という御旗をかかげ、パチンコと自販機をたたいていた。もう少し老人力を発揮して見境もなくその範囲を広げて欲しい。最近老人力という素晴らしい言葉があったと再認識した。もう古語の部類かもしれない。「老人の寝言」というカテゴリーを作った。グチはここに封印しよう。

昨日の天気

TAVE= 9.5
TMAX= 14.2
TMIN= 5
DIFF= 9.2
WMAX= 7.6
SUNS= 12.1
RAIN= 0

老人の寝言:三段重ねの大嘘では誰も見向かなくなるのでは

2011/4/12に福島原発事故の危険レベルがINESのレベル7に相当すると報道された。今までINES=5がなぜいきなりINES=7なのか。国民誰もが、福島原発事故が、チェルノブイリやスリーマイル島の原発事故より規模が小さいことを願っている。しかし、当局は国民の願いでINESを決めるようであっては世界中の笑い物になる。現実は笑い所ではない、顰蹙をかい不信感を増大させているのではないか。日本は世界唯一の原爆被爆国、また非核武装国、原子力の平和利用と原子力に関しては他国にない国是を一貫して守ってきた。このような背景から、IAEA(International Atomic Energy Agency)の総裁に選ばれた天野氏への世界中からの期待は大きい物があった。INESとはThe International Nuclear and radiological Event Scaleの略語であり、原子力及び放射能事故の国際評価尺度である。同じ尺度で測ることにより、比較が出来るのである。振り返ると、当局は原発事故の翌日(3/12)に暫定でINES=4を表明していたようだ。そうして、3/18にINES=5に引き上げてIAEA(国際原子力機関)に報告したという記事があった。最後にINES=7を発表したのが4/12であった。福島原発のINESに関してはもはやINES=7以外にあり得ない。

IAEAの資料はINESを以下のように説明している。その資料によれば、INESとは「原子力及び放射能事故事故の安全上の重要性(言い換えれば危険性)について公衆と矛盾せず一貫的に意志疎通させるための国際的な尺度である」
「The INES Scale is a worldwide tool for communicating to the public in a consistent
way the safety significance of nuclear and radiological events.

Just like information on earthquakes or temperature would be difficult to understand
without the Richter or Celsius scales, the INES Scale explains the significance of
events from a range of activities, including industrial and medical use of radiation
sources, operations at nuclear facilities and transport of radioactive material.
Events are classified on the scale at seven levels: Levels 1・ are called "incidents"
and Levels 4・ "accidents". The scale is designed so that the severity of an event is
about ten times greater for each increase in level on the scale. Events without safety
significance are called ・deviations・and are classified Below Scale / Level 0.」

要するにINESを使えば、世界中の誰とでも原子力や放射能事故に関して正確な情報交換が可能になるように想定されているのである。

以下にINESのレベルをIAEAの資料から引用する。三角形でレベルを表現しているが、危険度は当然逆三角形になる。従って、INES=5からいきなりINES=7へ変更するのがいかに手前勝手かはっきりする。INESという国際標準を使うにはこのINES=6を飛び越したのは何故かという国際的な説明責任を負う。IAEAや外国の調査団が福島原発に入り、もはや隠し通せない、言い換えれば、完全に尻まくりした結果が今回のINES=7の発表ではなかったか。
Ines_s

問題は数週間の間INES=5のままで通した影響である。INESが公共に対する危険度の共有という意味を持っている点から考えると、国民だけでなく世界もだまし続けたのではないかと言われても弁解の余地はないだろう。原発事故現場で働く人々、放射能被曝を覚悟しつつ救済に従事している人々、被災民及びその家族達等々はだまされて長期間放射能被曝をさせられたと当局への怨念は深まる一方ではないか。まさに当局は公衆と危険度を共有するのではなく、自分たちは危険を知りつつ安全なところに留まり、公衆を見殺しにするような戦中の大本営的な動きしかしていなかったのではないか。嘘に嘘を重ねても、何の解決もできない。福島原発の原子炉は辛うじて暴走を抑えられているに過ぎない。INES=7の発表が次なる尻まくり、責任逃れの予兆で無いことを願うばかりである。

追記:朝のニュースは政府はINES=7を公表するにあたり、事前に関係国へ通知したとの事。これだけ、危険性の大きな原発事故の大きさのレベルを変更するのである、各国政府は国民への説明が必要になる。当然この危機の重大性という認識を共有する事により被害の拡大を未然に防止でき、また連帯意識を広げることが出来るのである。意識的に低く設定されたINESはINESの精神を損ない被害を増大させ、連帯の妨げになるのである。透明性が重要なのである。

以下本題。

かみつけ女流歌人 雅:桜守

歌題=桜守:

■花満つる さくらを見つつ 母思ふ この爛漫の季を 母も見にけり 14 井汲 美也子

母の心象は変わらないが、今の自分に重ねてみるとまた新しい発見をする。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)