« 老人の寝言:原発事故根本収束破綻の危機は時間の二乗で迫っている | メイン | 読みかじりの記:The BUG  すずきひろのぶ、かとうみつあき 共著 (1995年 オーム社) »

2011年6月 6日 (月)

読みかじりの記:指揮官 -人間掌握の秘訣- 源田実 著 (時事新書 1968年)

2011/6/6
昨日は薄日がさしたが、蒸し暑さを感じた。夕方、雨蛙が鳴いた。直近の雨蛙の鳴き声もも天気予報に役立つが、外れる事もある。鳴き出す条件は、気圧か湿度か。アメダス(前橋)のデータでは、湿度60%、気圧990hPa程度であった。総理大臣の早期退陣が現実的になって、政界が色めき立ってきた。節操のない行為...漢文で習った「手を翻せば~」まで思い出したが、それ以上は出てこない。WEBで探すと貧交行に出てくると分かった。それを以下に引用。

杜甫の雑言古詩「貧交の行」

  翻手作雲覆手雨    手を翻せば雲と作(な)り手を覆せば雨と作(な)る 
  紛紛輕薄何須數    紛紛たる輕薄 何ぞ數ふるを須(もち)ひん
  君不見管鮑貧時交  君見ずや 管鮑貧時の交
  此道今人棄如土    此の道 今人棄てて土の如し

まさに、昨日は政敵に内閣不信任案を投げつけた敵が、今日はお互いに友となり手を結び大連立政権を作ろうというその節操の無さに、杜甫もびっくり仰天するのではないか。事は人と人というレベルの問題ではない。公約を掲げて政権運用を使命とする公党間の問題だ。与党も野党もまさに個人商店のレベルでしかない。紛紛たる輕薄を率先する指揮官に日本の将来が託せるのか。

昨日の天気

TAVE= 21.6
TMAX= 25.9
TMIN= 17.4
DIFF= 8.5
WMAX= 3.6
SUNS= 2.6
RAIN= 0.5

読みかじりの記:指揮官 -人間掌握の秘訣- 源田実 著 (時事新書 1968年)

この本も福島原発事故を契機に本棚から探し出した一冊。出版時期は丁度自分が社会人になるころ。いつ読んだか不明だ。「源田実;url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%94%B0%E5%AE%9F;(最終更新 2011年6月3日 (金) 10:19 )」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に「源田 実(げんだ みのる、源田 實、1904年(明治37年)8月16日 - 1989年(平成元年)8月15日)は日本の広島県山県郡出身の大日本帝国海軍軍人、航空自衛官、政治家である。海軍における最終階級は大佐、航空参謀を務めたこともある。神風特別攻撃隊の考案者の一人。戦後は初代航空総隊司令、第3代航空幕僚長、参議院議員等を務める。」とある。著者の全貌を知るにはWIKIPEDIAの記事等を参考にする必要がある。

本書の背景としては、戦前が軍人が跋扈した時代なら、戦後は経営者が軍人に代わって世間をリードしたという人物観の切り替わりがあったと思う。本書は始末記物の本の次ぎに書かれている。参謀としては優秀な人物なのかも知れないが、参謀と指揮官という関係についての記述は余り印象に残らなかった。孫子の兵法の解釈に関しては軍人らしい読み方をしているように感じた。歴史に学べという教訓は遅きに失したと思う。著者が大本営参謀だったときの年齢が40才前頃だろうか。本当の仕事をするときに歴史が役だって欲しい所だ。将は参謀をいかに使うべきかを参謀が論じるのも難しい立場に違いない。戦争とは一面政治の特殊形態という説もある。著者は戦争を遂行した参謀という立場の人物なので、その現場の見聞は余人に代えられないだろう。

いわば、平時以外の緊急事態を取り仕切る指導者像はどうあるべきかという問題を、平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震のTV報道に釘付けになりつつ漠然と感じていた。何故か。東北地方太平洋沖地震発生:2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒。その一時間以内に東北地方東岸各地に津波が到来している。それをほとんどの国民が注視しているなか、日本の最高指揮官の動きが全く見えなかった。総理大臣がTVに現れたのは17時頃ではないかと記憶している。これでは、いかにも遅すぎる。原稿など不要。大至急、一言だけでも国民に対する緊急アピールをすべきではないかと感じた。

本書では、第3章 将の人格構造で、将たる者の内面の問題について論じている。非常に興味ある事項であるが、脳内の事なので総理大臣の内面にまで迫る事は至難な業だ。しかし、結果からみると内面の乱れや葛藤が緊急事態対応の遅れを招いたと感じる人が多いのではないか。それを示す最大の総理大臣の行動が福島原発の唐突な視察である。見方によれば、功をあせり、時間を空費した。戦時においては、権謀術数、正奇虚実の諸方策は当然だが、平時においては信に基づくべしと著者は本書で述べている。傾聴に値する事であろう。第4章 近代組織における統率の章では、近代では、しっかりした目的を持った組織が出来上がっているのだから、それを有効に活用すべきだと述べている。将は参謀と兵を使いこなして目的を達成する責任がある。将が統括する組織数は、多くて5組織で、2組織が望ましいという事も述べている。この指摘も、雨後の竹の子のように新規に林立した各種対策本部等を見ると、東日本大震災震災対策の組織論としては傾聴に値するだろう。

ともかく、各界で将たらんと欲する人物は日頃から自己研鑽に励まなくては人生一回だけの大勝負に臨めないということなのだろう。本書は大本営参謀の失敗学の成果なのか。功は求めなくても向こうからやってくる。功を求めると離れて行く。そんなパラドックスも見えなくもない。陸軍参謀辻正信の名前やその讃え難い功績は聞いたが覚えがあるが、海軍参謀源田実は今まであまり馴染みではなかった。軍とはモデル化しやすい組織である。その軍さえ統率が非常に難しい。まして、国家を率いる事の困難さは筆舌に尽きないだろう。将たらんとする者には参考になる一書だろう。

追記:本書の奥付には、初版6000冊、9刷までで8000冊とある。

以下本題。

かみつけ女流歌人 雅:秋虫のこゑ

歌題=秋虫のこゑ:

■うかららの 集いて祝ふ 吾が米寿 ピアノひく曾孫に 眼のうるむ 101 柳澤 文子

元気で、曾孫がピアノを弾いてくれた米寿祝いを歌に出来るほどの幸せは他にないだろう。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)