« 環境雑録:COP17以後の日本はどうなるか | メイン | 老人の寝言:政府が示す国民の幸福度とはなんだろうか »

2011年12月14日 (水)

読みかじりの記:「胎児の世界 人類の生命記憶」 三木成夫 著 (1983年 中央公論新社)

2011/12/14
昨日は晴れ。澄んだ空。赤城山が綺麗に見えた。用事外出。麦茶をコーヒーミルで粉末にして飲んでみた。マアマアの感触だ。当地の放射線量のデータを市のホームページで調べた。ばらつきはあるが、大雑把には0.1マイクロシーベルト程度であった。気になるのが落ち葉掃き。どうも落ち葉には放射性物質が多く吸着しているのではないかと心配している。掃いた落ち葉を集めるとそこの放射性物質濃度が高くならないか。落ち葉は可燃ごみとして焼却炉で焼却されている筈。焼却灰の放射線量はどうなっているか調べてみた。

以下は伊勢崎市ホームページのデータ
*******************************************清掃リサイクルセンター21の焼却灰の放射性物質(url=http://www.city.isesaki.lg.jp/data/seisou/sokutei.pdf)
※採取日 平成23年7月1日
(単位:ベクレル/kg)
試料:ごみ焼却灰(飛 灰)
測定値
セシウム134    セシウム137       セシウム合計      暫定規制値
837         973            1810           8000以下
※飛灰とは、排ガス中に含まれるダストをろ過式集塵機などで捕集したものです。
※測定結果は、国の埋め立て暫定規制値以下でした。
*******************************************

2011/12/13の天気

TAVE= 8.0
TMAX= 12.4
TMIN= 5
DIFF= 7.4
WMAX= 4.9
SUNS= 9.1
RAIN= 0

最低気温(℃)  5.0  24:00
最高気温(℃)  12.5  12:48

読みかじりの記:「胎児の世界 人類の生命記憶」 三木成夫 著 (1983年 中央公論新社)

本書を手にしたのは本書の著者が、高崎哲学堂の講演会の講師かもと思ったことによる。本書の冒頭に「ある地方都市で講演を依頼された。」とあり、本書の備考と以前に引用した高崎哲学堂講演リスト(第84回. 1978年 三木成夫 東京芸術大学教授 「生命記憶と回想」)が一致し予感通りであった。本書が出来る経緯を見ると、高崎哲学堂講演の講演が出版のきっかけになったようにも思われる。

asahi.comは、「井上工業元社長室長ら起訴 見せかけ増資事件で東京地検;url=http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY201112130718.html(2011年12月14日0時42分)」というタイトルで、「東証2部に上場していた群馬県高崎市の中堅ゼネコン「井上工業」(破産手続き中)の見せかけ増資事件で、東京地検は13日、元社長室長の前田敬之容疑者(41)ら同社関係者2人、増資を引き受けた「アップル有限責任事業組合」代表の奥村英容疑者(61)、証券ブローカーの高橋利典容疑者(63)の計4人を金融商品取引法違反(偽計)などの罪で起訴した。 同法違反容疑などで逮捕された井上工業元社長ら3人について、地検は「関与が薄い」として処分保留で釈放した。 」と報じた。

高崎という地方都市で生まれ育った文化(メセナ)活動がこのような事件と共に消えて行くのは残念である。本書の出版が高崎哲学堂講演がきっかけとなっているとすれば、成書として著者の思想を残す役割も果たしているのではないかと思う。

「三木成夫;http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%9C%A8%E6%88%90%E5%A4%AB;(最終更新 2011年7月27日 (水) 01:30 )」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に「三木 成夫(みき しげお、1925年12月24日 - 1987年8月13日)は、香川県丸亀市出身の解剖学者、発生学者である。 丸亀中学から六高、九州帝国大学航空工学科、東大医学部と進み、東大助手を経て、東京医科歯科大学助教授、東京芸術大学教授となり教鞭をとった。 生前に出版された本は二冊(『胎児の世界』中公新書、『内臓のはたらきと子どものこころ』築地書館)にすぎないが、死後続々と遺稿が出版され、解剖学者・発生学者としてよりも、むしろ特異な思想家・自然哲学者として注目されている。 三木が思想的影響を受けた人物としては、冨永半次郎、ゲーテ、クラーゲス、宝井其角などを挙げることができる。自然科学者としての三木は、西欧近代の硬直化した機械論的、実証主義的立場から距離を置き、人間と自然との生きた自然感覚とでもいえるものを取り戻そうと試みた。そのことが、自然界の中で持っていた固有のリズムを喪失した現代人に、強く訴えかけるものを持っていると考えられる。 死後、ほぼ毎年、「三木成夫記念シンポジウム」が開催されている。」とある。

一読して、本題が「胎児の世界」だが、副題の「人類の生命記憶」の方に重点があるように感じた。そう言う意味では、高崎哲学堂の講演会のタイトル「生命記憶と回想」がよりふさわしかったのかも知れない。ともかく、単に「記憶と回想」では扱う範囲が非常に狭くなるが、「生命記憶と回想」というように、生命のたどってきた歴史を含めると時間の流れが数億年と広がり、その人類の歴史を胎児がたどって生まれる個体発生の中に、「生命記憶と回想」が現れるというような捉えがたいが、否定もし難い何かを訴えている。ここには、つかみがたさと、科学では永久に解けないミッシングリングがあるように思われる。本書は、科学の領域をはみだしているような印象を受ける部分もあったが、科学的事実の上に独自の発想や主観的解釈を加え、我々人間に、時空を超えた原体験とおもわれる曰く言い難い記憶や回想に類似した現象があること解説しているようにも思えた。

動物も植物も進化を考えると全く同じ原理が適用できると思うのだが、どうも動物である人間は動物の進化の方に自己を投影しやすいようだ。西田治文 著「植物のたどってきた道 化石が語る<緑>の過去」と進化の年代では重なる部分があるが、印象は異なる。著者の関心が異なるのだろう。本書でも最後の方で植物を扱っているが、植物と動物の対応関係も追求すれば面白そうだ。性と食という問題も動植物共通である。羊水⇒太古の(母なる)海という連想もかなり一般的だが、植物の場合どのような類推が働くのか。「生命記憶と回想」というテーマの取り扱いも人間の知識や学問の蓄積があって可能になるように思う。胎児⇒種子という連想は働くが、羊水⇒太古の海という類推で植物の羊水に相当するのは何かとつまらない詮索をしている。ともかく植物に向かう視線は動物に向かう視線と異なってしまう。著者はゲーテの「植物メタモルフォーゼ」についても書いている。

現代は余りにも専門化が進んで、科学の知識を統一的に捉える事が困難になっている。一歩間違えば科学という美名の元にあらぬ方向に誘導されるおそれもある。本書では遺伝子工学、バイオテクノロジーに関してはほとんど言及されていない。ヒト遺伝子の数が確定され、ヒトの発生から死滅までの遺伝子の働きが解明されつつある。著者が述べる奇形も遺伝子の発現誤りと解釈できるのではないか。生体が世代間というマクロなレベルで恒常性を保つために遺伝子ができたのではないか。遺伝子も生命体も単純な物質の複合体に過ぎない。動物の身体はタンパク質等からできている。動物の体内では無数の化学反応が起こっている。その化学反応をコントロールする物質の一つが酵素との事。ところがその酵素が効率よく働く温度は、人体で言えば体温の前後らしい。ヒトが暖を求めるのはヒトの祖先を遡って恒温性獲得する前後の記憶が体内に残っているからなのか。

色々連想を重ねると際限が無くなる。連想、類推は楽しい。思考の連立方程式のようでそれを解いてみると意外な解がある時がある。「胎児の世界」は我々一般人には直接見ることが出来ない。著者は学者という立場からそれを見て、標本を作り、解剖して、学者人生の後半に「胎児の世界」に潜む謎を解き明かし、その驚異を一般人に解説するために本書を書いたようだ。読み方により色々な刺激を受ける本だろう。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)