« 老人の寝言:あきれたNHKの現状に未来はあるか | メイン | 老人の寝言:東京電力福島第一原子力発電所1号機の放射能漏れはベント以前に起こっていたのではないか。 »

2011年12月 6日 (火)

読みかじりの記:「句集 続 雑草」 志塚政男 著 (2006年 非売品)

2011/12/6
昨日は晴れ。ケヤキの落葉はほぼ終了。庭のモミジ等が色付いている。ポット灌水。種を播いた菜を一掴み収穫。昨年の菜のこぼれ種も同じ程度に育ち区別がつかない。

2011/12/5の天気

TAVE= 8.7
TMAX= 13.1
TMIN= 6
DIFF= 7.1
WMAX= 7
SUNS= 8.8
RAIN= 0

最低気温(℃)  5.2  04:40
最高気温(℃)  13.4  12:44

読みかじりの記:「句集 続 雑草」 志塚政男 著 (2006年 非売品)

本書を手にしたのは「雑草」というタイトルと著者が前橋生まれという事。前著「句集 雑草」の続編として、著者一周忌に際して、非売品として発行されたようである。主要日刊紙の俳壇に採用された句の集成のようで、本書掲載句は全て秀作と言うことだろう。以下の句は、本書の性格から講評の無い句を特に選んだ。講評の無い句に雑草の雰囲気を感じとりたい。一般読者として観賞させていただいた。

■あの世ともこの世ともなく日向ぼこ

日向ぼこの心地よさをとらえて見事

■寒釣りの向ふも手持無沙汰かな

魚心あれば水心という風情

■晩年の反抗期あり懐手

懐手となにやら奥が深そう

■派出所の机に置かれ福寿草

交番勤務を詠ったのか

■大雷雨衝きパトカーの突つ走る

これも仕事がらみの一句のようだ

■刑事たる過ぎし日思う木の葉髪

自然と年輪を感じさせる一句

■村バスに乗客二人走り梅雨

昔の村バスの乗客も懐かしい風景。今はその村バスもないのでは。

■減反は我が意にあらず耕せり

この減反の句に日本農業の現状の一面が見えるようだ。

■電飾に己を捨てし枯木立

説明不要の一句。

■考えることありもぐる鳰(にお)

鳰(にお)はカイツブリという水鳥の古語。この句は定型ではなく、ちょっと考えさせられた句だ。カイツブリの甲高い鳴き声と水面下へ逆立ちして潜る姿を思い出した。考えることありとは作者の方か。自分を鳰に投影しているようにも感じる。こういうユトリ、あそびも時には面白い。「鳰」と言う字は馴染みが薄く、辞書を引き、又忘れ又引くという事を何回か繰り返した。漢字入力にも手間取る。

■ここかつて鐘の鳴る丘緑たつ

「鐘の鳴る丘少年の家;url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%90%98%E3%81%AE%E9%B3%B4%E3%82%8B%E4%B8%98%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%AE%B6;(最終更新 2009年5月10日 (日) 10:33)」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に「品川の活動が菊田らによって紹介されることにより、ようやく資金も集まり、1948年9月、晴れて養護施設として認可され、群馬県前橋市に「少年の家」がスタートした。はじめは8畳2間だったという。」とある。「ここかつて」とは初期の頃の鐘の鳴る丘なのだろうか。

■廃坑の入り口塞ぎ葛の花

説明不要の一句。

■おじいちゃんとやんわりいはれ桜餅

ひらがなと漢字と句調が微妙にバランスしている。

■さやさやと麦になごめり風の神

ふと俵屋宗達の風神雷神図を思い出した。風を捉えるのは難しい。

■ただ一途さくらになりて観ていたり

「さくら」とは木のさくらか人のさくらか。不思議な句。

■秋の蠅打ち損ねしは齢かな

説明不要の一句。

■霜柱踏む童心をなほもてり
■夜桜の闇の向ふにある昔

説明不要の一句。

■稲妻の使ひきれざる空のあり

稲妻を空間的に見事に捉えている。

■すいっちょのかるく地球儀跳び越せり

発想の飛躍を感じる。

■秋の蚊の生命線を刺しにけり

難解。秋まで続く人と蚊の攻防。

■仁王の眼さけるでもなく鳥交じる

人界と鳥界の交叉。

■狸罠かけて古老の寡黙かな

難解の句。古老とともに寡黙の意味が深そうだ。

著者は警察界の人のようで、読む前に強面の警察官を連想したが、その期待は見事に外れた。本書の序で金沢義一氏が著者の「鴻毛の兵今生きて冬ごもり」という句を紹介している。また、「左遷され玄人はだし岩魚釣」という句から著者の人間性を振り返っている。著者の出征や社会の中の姿を知る。後書きには「父は厳しい気性を持っていた反面、ふだんは優しく繊細なところがありました。」と記されている。著者は本書の出版の作業を進める途上で死亡された。それ故遺稿集としてでなく、「句集 続 雑草」として著者の供養として出版されたらしい。一般書でなく非売品なので、供養としてじっくり読まれた事だろう。著者は全ての職から退き夫婦二人の生活に戻ったときが一番幸せであったようだ。それが、本書の冒頭から三首目の「あの世ともこの世ともなく日向ぼこ」に代表されているように感じられた。印象に残った句:「この村のたったの一戸蚕飼ふ」。俳句は四季、生活、自然等を写真のように写し、固定してくれる。作者の視点を通して。再び戻らない昔の面影を伝えるタイムカプセルでもある。一句一句が貴重だ。ともかく故人の意志がこうのように引き継つがれ実現されたことに敬意を表したい。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)