« 老人の寝言:過去最小122万人の新成人に期待 | メイン | 雑木の歌:無用のベンチ »

2012年1月11日 (水)

東北の海よ:3・11東北地方同時発生三大災害より10ヶ月

2012/1/11
昨日は晴れ。恒例の行事は欠席して用事外出。出かけたついでに建物高階で両毛三山や浅間山、男体山等の山々を見た。空が晴れ、空気が澄んでいるので素晴らしい見晴らしだった。デジカメでその風景を写したが、カメラアングルはほぼ水平かやや上向きだったと思い出している。ついつい、カメラのファインダーからあの風景を覗いていたのだが、自分の眼にしっかり焼き付けておいた方がよかったのではなかったのかと思った。風景が心の中にスーット入って来て、ふと思い出すのは、カメラという借り物の眼を通してではなさそうだ。しかし、遠方の山々と自分の眼の位置を重ねて見た風景はそれなりに懐かしい思いがする。数年前そこに呆然として佇んだ事があった。点滴を下げた青年が言った。生きて帰れればいいんだ。だれをもやさしくつつんでくれる故郷の懐かしい風景の有り難さを感じた。

2012/1/10の天気

TAVE= 4.9
TMAX= 10.4 最高気温(℃)  11.1  13:52
TMIN= 0.6 最低気温(℃)  -0.4  06:26
DIFF= 9.8
WMAX= 4.2 最大瞬間風速(m/s)
SUNS= 7.1
RAIN= 0

東北の海よ:3・11東北地方同時発生三大災害より10ヶ月

2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震と津波、それに起因する東京電力福島原発事故と三つの過酷な災害が起きてから10ヶ月になる。2011年3月11日以来、人生や生活が一変してしまった人が多いだろう。その衝撃は日本だけでなく世界にも及んだ。自分の生活パターンにも影響が出ている。そうして自分なりに、このような歴史を見つめて行きたいと思った。しかし、復旧・復興というかけ声と共に自分の意識も変化を始めているようにも感じる。そうして、2012年の新年を迎えて改めて自分の記憶を振り返っている。その記憶のポケットとして「東北の海よ」というカテゴリーを作った。自分の東北地方のイメージとして海が漠然と浮かんできた。そうして、東京電力福島原発事故を通して、原子力発電所が原子炉の冷却水を取り入れ、冷却した温排水を流すために、海に面して立地している事を知った。大学時代までは電気工学とい強電の世界を主に学んだが、卒研はエサキダイオードの応用に関するもので、就職後はエアコン・冷蔵庫等モーターがらみの仕事になるのかと思ったが、半導体部門に配属され、数mAという弱電の世界で仕事をしてきた。残念ながら技術者としては強電(電力)の世界を冷静にみる事が出来なかった。復旧・復興も金を投入してかけ声を掛けただけでは進まない。やはり、その地域にしっかり根をおろした根元的な何かが不可欠だ。その根元的な何かを探求してきたのが哲学者の梅原猛氏だったのかも知れない。東北の海よ:哲学者・梅原猛さんの思い;http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/04/post-6834.htmlに関連記事を書いた。「海」は生命の起源でもあり、母なる胎内でもある。そうして、海に出れば世界はつながっているのだ。あの過酷な3・11東北地方同時発生三大災害も海につながるのだが、海が東北地方復旧・復興のキーワードとして常に思い出されることを願いたい。

平成24年1月10日付けの警察庁緊急災害警備本部の発表「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置;http://www.npa.go.jp/archive/keibi/biki/higaijokyo.pdf」によれば、人的被害では、死者=15844人、行方不明=3450人、負傷者=5891人、建物被害では、全壊=127212戸、半壊=232458戸、全半焼=281戸、床上浸水=12918戸、床下浸水=13964戸となっている。

地震、津波関係ではこのように、被害状況が数字で把握できるが、この地震、津波と同時に起きた東京電力福島原発事故に関しては、被害状況を数値的に把握できるデータがどこにあるのか分からない。自分なりに「3・11東北地方同時発生三大災害」と名付けたが、それは地震、津波、原発の災害・災過を一体的に把握する必要が必要であると痛感しているためである。原子力災害対策特別措置法;http://www.bousai.go.jp/jishin/law/002-1.htmlはあるが、東京電力福島原発事故は災害としてではなく、交通事故と同じような事故と矮小化して捉えられているような印象を受けている。原子力損害賠償法;http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO147.htmlという法律があるが、驚くべき事にこの法律の中で、「事故」という語を検索しても見つからなかった。事故はなくとも損害だけはありうるというのだろうか。立法者の貧困なる精神を疑わざるを得ない。

事故に相当する英語はACCIDENT。WIKIPEDIAでは福島第一原子力発電所事故を「Fukushima Daiichi nuclear disaster」と表現している。

http://dictionary.reference.com/browse/disasterによると「dis?as?ter
   [dih-zas-ter, -zah-ster] Show IPA
noun
1. a calamitous event, especially one occurring suddenly and causing great loss of life, damage, or hardship, as a flood, airplane crash, or business failure. 」と出る。

http://dictionary.reference.com/browse/ACCIDENTによると「ac?ci?dent
   [ak-si-duhnt] Show IPA
noun
1. an undesirable or unfortunate happening that occurs unintentionally and usually results in harm, injury, damage, or loss; casualty; mishap: automobile accidents.
2. Law . such a happening resulting in injury that is in no way the fault of the injured person for which compensation or indemnity is legally sought.
3. any event that happens unexpectedly, without a deliberate plan or cause. 」と出る。

英語ではdisasterとACCIDENTを使い分けているのが分かる。その視点は事態の大きさ・規模のようだ。日本語の場合、「日本航空123便墜落事故(WIKIPEDIA):運輸省航空事故調査委員会による事故調査報告書[1]によると、乗員乗客524名のうち死亡者数は520名、生存者(負傷者)は4名であった。死者数は日本国内で発生した航空機事故では2012年1月の時点で最多であり、単独機の航空事故でも世界最多である[※ 2][※ 3]。」とある。

福島第一原子力発電所事故発生から10ヶ月を迎えて、これを単なる事故と捉えるべきか未だに違和感がある。事故の範囲の広さ、事故に巻き込まれた人数の多さ、与えた被害・損害の大きさ、そのどれをとっても単なる事故と大きく性格が異なるのは確かだ。これを単に福島原発事故と言ってしまうと事態を矮小化してしまうように感じるのだ。福島原発事故の被害者から見れば災過としか言いようがないのではないか。しかし、その衝撃は今も多数の人々の生活に及んでいる。地震、津波、原発も家財や生命に及ぶ経済的・精神的危機の原因になっている事は共通している。その危機を避けるための家屋・防潮堤・格納容器等の構造物の強度設計やマージの取り方も考え方としては共通している。物事も共通・一体的に捉えることにより、より広い視点に立ち、事態の解決も総合的に対応できるようになるのではないか。あらゆる方面に波及している専門化・縦割りの弊害を3・11東北地方同時発生三大災害は警告してくれているのではないか。

東北地方太平洋沖地震に起因する災害は、最初は東北関東大震災と呼ばれたが、政府が東日本大震災と命名した事により、東日本大震災という語が多く使われるようになった。2012/1/9時点でのGoogleキーワード検索ヒット数は、東日本大震災:約 197,000,000 件。東北関東大震災:約 17,200,000 件。かなり接近している。一つの単語としたときのヒット数(”KW”で検索)は、”東日本大震災”:約 140,000,000 件。”東北関東大震災”:約 77,100,000 件。

被害としては、東北地方が圧倒的に大きいのだから、その実態と歴史的意義を含めて東北関東大震災と呼んだ方が良いと思う。そのためには東北関東大震災を使い続ければよいのだ。歴史を作ることの前提には歴史を忘れてはならない。官製の”東日本大震災”が1億4000万ヒット数に対して、東北関東大震災はその半分以上のヒット数を維持している事に注目したい。

この3・11東北地方同時発生三大災害より10ヶ月、「ことば」に関しても色々考えさせられた。人間、言葉という刺激で物事を思い出すことしかできない哀れな機械にすきないようにも思われた。言葉はデジタルなのだ。一つの言葉を選ぶことにより、それ以外の言葉を捨てなければ言語表現は出来ない。従って、言葉と言葉の中間を読みとらなければその言葉の意味さえ掴めない。「直ちに健康に影響を及ぼすものではない」というような言葉を何回聞かされた事か。しかし、ふと漏らされた言葉のなかににきらりと輝くことばもある。そのような言葉に耳を傾けたい。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク