« 文化と文明雑感(寝言老人が幼少の頃):ラジオ少年がノーベル賞 | メイン | 日々農天気(愛しきもの 植物):赤蕪と聖護院ダイコン試し収穫 »

2012年12月 8日 (土)

ツルよ 飛んでおくれ(愛しき古里):富岡製糸場と絹産業遺産群から見えるもの

2012年12月8日土曜日
昨日は晴れ。最低気温(℃) 0.4 23:17。ざっそう句:天高し 朴の大木 地に落ち葉。朝方落ち葉掃き。朴の大きな葉も大方散った。乾燥してカラカラになった落ち葉は掃きにくい。降霜の水分が落ち葉をしっとりさせる。回覧板と雑用で出たついで。富岡製糸場と絹産業遺産群のユネスコ世界遺産登録作業も進んでいるようだ。元養蚕農家の倅としても、かつて日本を支えた重要産業の記憶が残されるのはうれしいが、過去の光栄にしがみつかざるを得ない現実が何となく寂しくもある。
WEB検索で出会った論文で、「製糸産業が衰退した主な要因は、化学繊維の出現と技術移転を伴う海外投資である。」としていた。絹、綿・繊維、穀物、自動車、カラーテレビ、半導体等々は国際商品である。これらの商品の生産、流通は国際規模になり、国家間の摩擦も生じた。生産国も技術も移動した。現役時代、カラーテレビ、半導体関係の仕事に従事し、その栄枯盛衰の一端を見た。目下の最大関心事はTPPだろうが、日本の将来をどうするのか真剣に考える必要がある。拙速・失策では国がもたない。

2012年12月7日の天気(AMEDAS)

TAVE= 6.1
TMAX= 12.7 最高気温(℃) 13.0 13:34
TMIN= 0.9 最低気温(℃) 0.4 23:17
DIFF= 11.8
WMAX= 6.2 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 10.2(北西) 03:48
SUNS= 8.9
RAIN= 0

WEB検索で「春合宿研究論文『日本の製糸産業の発展要因と衰退要因』(http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~hjm_kwmr/9/spring/opi.pdf)」に出会った。著者は「河邑肇ゼミ 9期生 おぴと愉快な仲間たち~空だって飛べちゃうんだぞ~班 相賀康平・鍵和田亮・菊地詩織・佐藤礼・難波亮」とある。中央大学の学生なのか。この論文は、「富岡製糸場と絹産業遺産群」を理解する上でも大変参考になりそうだ。「桑園:いとしきもの(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/04/post-8c94.html。2010/4/2)」に記憶の一端を書いた。「桑園に資本の威力おもはせてレイヨン大工場またたくまに建つ」という短歌が化学繊維普及の勢いを伝えている。

Q
Q

ツルよ 飛んでおくれ(愛しき古里):富岡製糸場と絹産業遺産群から見えるもの

群馬県は、「富岡製糸場と絹産業遺産群」のユネスコ歴史的資産への登録に向かって邁進している。今は無い、我が家の古い藁葺きの家には馬小屋が付属しており、馬を飼ってきたようだ。終戦時、父が復員するとき軍馬を一頭連れてきたという話を聞いた。その経緯は聞かなかったが、終戦時のごたごたで、家に連れてくれば、馬小屋があるので何とか飼えるだろうと思ったのかもしれない。という事は、戦時中は既に馬はいなかったのではないか。自分が物心付いたときはその馬は既にいなかった。

群馬県の古墳から出土する埴輪で特に優れているのは、馬、武人などだそうだ。WIKIPEDIAによると馬の日本在来種の系統はモンゴルから導入されたらしい。それが、古墳時代の事で、人類の歴史から見ればそれほど古いことではない。古墳時代は既に、社会が安定し始めているので、武器の性格は隠れているが、前古墳時代は今日の戦車以上の武器であったかも知れない。古墳から出土する馬、武人の埴輪は、古墳時代までの戦乱の記憶なのだろうか。

「日本在来馬。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9C%A8%E6%9D%A5%E9%A6%AC。(最終更新 2012年9月17日 (月) 03:26 )」『フリー百科事典ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に「歴史的経緯 [編集] :北海道和種(道産子)日本在来馬の原郷は、モンゴル高原であるとされる。現存する東アジア在来馬について、血液蛋白を指標とする遺伝学的解析を行った野沢謙によれば、日本在来馬の起源は、古墳時代に家畜馬として、モンゴルから朝鮮半島を経由して九州に導入された体高(地面からき甲までの高さ)130cm程の蒙古系馬にあるという。また、古墳時代には馬骨や馬具が考古遺跡から出土しており、日本在来馬の存在が確認される。 古墳時代では小形馬が主流であり、一部中形馬が存在し、奈良時代になると平城京を中心に中形馬が増加するが、小形馬も地方を中心に依然として残る分布状況であったとみられる[1](したがって、古代では近畿圏の方が馬の体格は大きい[2])。」とある。

ヨーロッパの産業革命を先導したのが蒸気機関の発明。その背景になったのが科学という合理的な物の見方。宗教という世俗権威との戦いもあった。動力機関の能力が馬力(HORSE POWER)で表されるようになったのも興味深い。残念ながら、アジアや他の地域も動力革命では欧米に出遅れた。遅れていたのは、科学だけでなく、合理主義や経済社会文化の面も同様であった。明治政府が採用した和魂洋才という政策はそれを端的に物語っている。

富岡製糸場は国家主導の官営。技術も外国からの導入。一方、絹産業遺産群を形成する、荒船風穴、高山社跡、田島弥平旧宅は民間の技術力を示しているように感じる。官と民のベクトルがうまく合ったことにより、日本は世界に一歩先行できたのではないか。

人類が成し遂げた大きな科学技術的革命は、火の利用(経験)、農耕(経験の集積)、動力機関(意識的な科学技術開発)、原子力(組織的な科学技術開発)と言えるだろう。思うに、この現代という段階は個人や単一の社会組織や単一の国家を越えて、人類全てが関係し、そこから逃れられない構造体になっている事である。

富岡製糸場を見学して、なぜ国が官営工場の建設に邁進したのか分からなかった。江戸末期、幕府や諸藩が最も恐れたのが、日本に開国を迫った交渉力の源であるあの黒船や大砲ではないか。逆に、それをうまく活用して国力を付けるにはどうするべきか。当時の動力といえば、蒸気機関。「日本の鉄道は1872年(明治5年)に開業したが、このとき投入された車両は1号機関車などすべてイギリス製の車両であった。(WIKIPEDIAの記事=「日本の蒸気機関車史」。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%92%B8%E6%B0%97%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%BB%8A%E5%8F%B2#.E9.89.84.E9.81.93.E5.89.B5.E5.A7.8B)。参照。」とある。一方、「富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill )は、群馬県富岡市にあった日本初の機械製糸工場である。敷地および主要な建造物は2011年時点で現存している。官営模範工場の一つであり、明治5年10月4日(1872年11月4日)に操業を開始した。(WIKIPEDIAの記事=「富岡製糸場」。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B2%A1%E8%A3%BD%E7%B3%B8%E5%A0%B4。。参照。」とある。蒸気機関と言えば、産業革命の申し子である。共に明治5年の開業という事で、富岡製糸場が日本の産業史という点からも重要である事が理解できる。富岡製糸場を見学して、機械を動かす動力を生み出すのがあの高い煙突に示される蒸気機関だと想定できるが、工場内部の機械がどのようにして動いたのか興味がある。

「富岡製糸場 世界遺産推進ームページ(http://www.tomioka-silk.jp/hp/index.html)」によれば、「昭和62年(1987年)3月ついにその操業を停止しました。」とあり、工場内の機械類は新旧が混在しているかもしれない。合理化の流れからは、動力が蒸気機関から電動機関(モーター)に代わったと思われるがはっきりしなかった。100年以上の稼働実績があるのだから、この蒸気機関から電気機関という動力革命についても是非学習できるような展示の工夫も望みたいところだ。写真左二枚は2009年、右二枚は2012年見学時のもの。
Tomiokaseisijyou_entotunaibukikai_4
tomiokaseisijyou_entotunaibukikai_4.jpg

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2021  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)