« 環境雑録;愛しきもの 植物:一粒の麦もし死なずば・・・芽が出て種ができる! | メイン | 老人の寝言;寝言老人が幼少の頃(田舎老人徒然草):殖蓮小学校の二宮金次郎像の謎 »

2013年7月19日 (金)

老人の寝言;半端道楽;ちょっとした旅のおもいで:奥只見湖の旅と送電鉄塔只見幹線

2013年7月19日(金)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 33.9 15:46。最低気温(℃) 21.8 03:15。ざっそう句:一日後 記念硬貨は もう終わり。昼をはさんで町内行事。その後新規に導入した液晶カラーテレビと周辺装置との接続確認。うまく行った。17日から富岡製糸場の500円記念硬貨の交換が始まった。翌日まだあるかもと期待して郵便局に行ったら当日で終わったとか。何も損した訳ではないが損したような気持ちがする。でもコレクションはだれも振り向かないガラクタが最適。

2013年7月18日の天気(AMEDAS)

TAVE= 27.2 NO DATA
TMAX= 32.6 最高気温(℃) 33.9 15:46
TMIN= 21.9 最低気温(℃) 21.8 03:15
DIFF= 10.7  
WMAX= 3.5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 7.4(北西) 21:35
SUNS= 8.9 NO DATA
RAIN= 0.5 NO DATA

Q
Q

老人の寝言;半端道楽;ちょっとした旅のおもいで:奥只見湖の旅と送電鉄塔只見幹線

先月、太田方面に出かけた。太田と伊勢崎の間の田園地帯を南北に巨大な送電線が走っている。この送電線は、何度となく見ているのだが、どこからどこまで繋がっているのか気にしていなかった。このさい、写真でもとろうと近くに駐車してその送電鉄塔をデジカメに収めた。その鉄塔には「塔只見幹線NO.317」というプレートが掲示されていた。これで、ようやく具体的なイメージが湧いてきた。

以前、地域の団体旅行で奥只見湖へ行った。団体は養蚕関係者で、稚蚕飼育所で一緒に仕事をした事がある人が元気なうちは旅行をしようという企画であった。当時の参加者は一人欠け、二人欠けと減少し、現在は旅行も大変だと言うことで、食事会をしている。

「奥只見ダム。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%8F%AA%E8%A6%8B%E3%83%80%E3%83%A0。(最終更新 2013年4月9日 (火) 18:54 )」『ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に、「奥只見ダム(おくただみダム)は、福島県南会津郡檜枝岐村と新潟県魚沼市に跨る、一級河川・阿賀野川水系只見川最上流部に建設されたダムである。 電源開発株式会社が管理する発電用ダム。型式は重力式コンクリートダム、堤高は157.0mでダム堤高では日本で第5位(2009年現在)の高さであり日本一高い重力式コンクリートダムでもある。ダムによって出来た人造湖・奥只見湖(銀山湖)は湛水面積 (1,150ha) が日本では3番目に広く(2009年現在)、総貯水容量 (601,000,000m3) は第2位(2009年現在)の人造湖である(総貯水容量第1位は2007年に完成した揖斐川の徳山ダム (660,000,000m3) )。越後三山只見国定公園に指定されている。」とある。

奥只見湖への旅行は観光が目当てなので、発電所の記憶は薄れている。残っているデジカメ画像を探すと送電線の鉄塔が写っているものがあった。WEB上には送電線の鉄塔を紹介した記事もあり、多分、只見幹線の鉄塔もNO.1から500番台まであるようだ。そうすると、今回撮影した「塔只見幹線NO.317」という鉄塔は、全行程の半ばを少し過ぎた位置にあるのだろうと推測した。

福島原発事故を契機に、日本の電力体制が気になった。地域独占という戦後体制が電力エネルギーの流通を阻害している。それがエネルギー供給不安定・非効率にも繋がっているように感じている。「技術 回顧と展望:新しいエネルギー政策は新しいコンセプトで取り組め(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/05/post-c397.html)。(2011/5/19)」

更に、「只見幹線」を調べるとそれが電源開発株式会社の物だとわかった。地方毎の電力会社の名前は馴染みがあるが電源開発株式会社はほとんど馴染みがなかった。

Googleによる「電源開発株式会社」の検索(http://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&output=search&sclient=psy-ab&q=%E9%9B%BB%E6%BA%90%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE)。

「電源開発株式会社」のホームページを見ると、厳しいリンク条件を設定している。同社の事業には「送変電事業」があり、この分野はまさに、今後のエネルギー政策の目玉になる分野だと思われる。この幹線から周辺地域に支線を張り巡らせれば地方毎の電力会社に対抗できる!

WIKIPEDIA「電源開発。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%BA%90%E9%96%8B%E7%99%BA)」

( 平成21年4月1日より、ATOMICAは一般財団法人 高度情報科学技術研究機構(RIST)が運営しています。)以下は「ATOMICA」の関連記事(<タイトル>電源開発株式会社(J-POWER) (13-02-02-14))。この記事によれば、「2003年10月「電源開発促進法」の廃止が施行され、2004年10月には完全民営化(http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=13-02-02-14)」。

まさに、電気に色は付いておらず、需要家は安くて信頼性のある電力を求めている筈だ。上記ホームページを見て、もうすこし、一般向けにも自社の存在と事業をアピールしてもよさそうに思われた。

旅行で見た奥只見湖と見慣れていたが実体が分からなかった「只見幹線」の巨大な鉄塔が何となくイメージとして融合してきた。脱原発も容易ではないだろうが、電力網はまさに高度なネットワークである。電力を消費する端末は電力を作る発電端末にもなりうるわけだ。末端に小さな発電機を無数に設置し電力を融通し合えば脱原発も可能ではないか。

Iob_tadamidam_soudentadamikansen_3x
IOB_TADAMIDAM_SOUDEN-TADAMIKANSEN_3X2_PIX.jpgをダウンロード

IOB=IMAGES ON Beloved Ones

ページ先頭へ飛ぶ

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク