« 半端道楽:写真で俳句る:ネコヤナギの毛色が分かるのはいつ頃か?(殻破り 雛が顔出す ネコヤナギ。) | メイン | 日々農天気:一面の菜の花は実現できるか?:菜の株を移植後の様子 »

2014年2月14日 (金)

老人の寝言:ああ、文明の悲劇:人命優先というタテマエの企業優先はいつまで続くのか?

2014年2月14日(金)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 9.3 12:17。最低気温(℃) 1.3 05:20。ざっそう句:着膨れて 背中を丸め パソコンだ。宅内閑居。最近はパソコンに面倒をみてもらっているような状態。老人がパソコンをいじっているだけなら大して実害はないだろう。WEB情報によると、トヨタのプリウスに大量リコールがあったとの事だ。トヨタのリコールに関しては、数年前に、前米国で起きたトヨタ車の例を思い出した。丁度3年前に下記の記事を書いていた。

「技術断想:米運輸省によるトヨタ車急加速問題の調査結果(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/02/post-28c0.html)。(2011/2/12)」

トヨタとしては、創業家の御曹司を経営トップに立てて、信頼性問題からの回復・立ち上がりに没頭し、ようやく経営に明るさが出てきたのがつい最近の事である。

日本経済新聞は、「経常最高益、7社に1社 製造業の収益力戻る ;http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD0406O_U4A200C1MM8000/(2014/2/5 0:48 )」というタイトルで、「日本を代表する製造業の収益力が復活してきた。トヨタ自動車は4日、2014年3月期の連結営業および税引き前利益が過去最高になる見通しだと発表した。6年ぶりに最高益を更新する。日立製作所も23年ぶりに営業利益が最高になりそうだと発表。金融危機以降、各社が懸命に重ねてきた改革が実を結び、円安の追い風も受けて大きく利益を出せる体質に変わっている。製造業で今期に経常最高益を見込むのは7社に1社。株価は不安定な動きになっているものの、企業自身の稼ぐ力は着実に向上している。 」と報じた。

しかし、今回のトヨタのリコール発表が、「平成26年2月12日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。」とあるのが、何となく不思議に感じた。トヨタが「平成26年3月期 第3四半期決算発表(平成26年2月4日)」を発表したのが「2014/02/04」である。この二件の企業活動を照合すると、リコール発表がある意図をもって行われているように感じるのだ。憶測だが、リコール発表のタイミングをうかがった結果ではないかと感じざるを得ない。

2014年2月13日の天気(AMEDAS)

TAVE= 4.4 NO DATA
TMAX= 8.7 最高気温(℃) 9.3 12:17
TMIN= 1.5 最低気温(℃) 1.3 05:20
DIFF= 7.2
WMAX= 6.2 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 11.0(北西) 10:18
SUNS= 9.4 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA

Q
Q

老人の寝言:ああ、文明の悲劇:人命優先というタテマエの企業優先はいつまで続くのか?

現役時代、自動車用の半導体開発に関係した事がある。今日の車には多数の半導体素子が使われている。その素子の品質は、一般民生用に比較すると格段高い信頼性が要求された。特に、走る、曲がる、止まるという走行系に使う半導体は自動車メーカーでないと容易に理解できない分野だった。民生用中心の半導体メーカーは、車載用電子機器に参入するだけでもてこずった。当時在職した該当する半導体部門でも車載メーカーへ参入する体制作りとしてQS9000という規格認証を受けた。その頃、トヨタの品質要求はQS9000より厳しいから、トヨタはQS9000を余り評価していないという話を品質部門の人から聞いた事がある。しかし、QS9000はISO9001に米国BIG3の自動車メーカーの要求を追加した規格であり、特に経営層を含んだ品質マネージメントや外部監査という点で優れた部分があったと思われる。

サイト内でキーワード「リコール」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)。

本日、トヨタのホームページを見ると、そのトップページ中央部の広範囲が真っ白に見えるようになっており、その下にカーソルを合わせるリンク(多分平常時の画面だろう)が現れるようになっていた。リコールページへのリンクは最上部に小さく正規に表示されていた。リコールページへの誘導を図ったのだろうか。それにしても、不親切でそっけないと感じた。完全に顧客を無視したり軽くあしらっているように見えてしまった。

トヨタホームページのリコールページには、「ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。  対象となるお客様には、お手数をおかけして誠に申し訳ございませんが、最寄りのトヨタ販売店へご来店日時をご相談いただき、修理をお受けいただきますよう、お願い申し上げます。」とあり、「プリウス(ZVW30)のリコールについて (2009年から2014年2月生産車の一部) 2月 12日届出 」と対象を指定している。更に次の深い階層に以下の記事があった。

サイトの詳細情報(http://toyota.jp/recall/2014/0212.html)は、以下の通り=「 1.不具合の状況:ハイブリッドシステムにおいて、制御ソフトが不適切なため、加速時などの高負荷走行時に、昇圧回路の素子に想定外の熱応力が加わることがあります。そのため、使用過程で当該素子が損傷し、警告灯が点灯して、フェールセーフのモータ走行となります。また、素子損傷時に電気ノイズが発生した場合、ハイブリッドシステムが停止し、走行不能となるおそれがあります。 」

このトヨタのリコールページもある意図をもって作成されているようだ。本気に知ろうとすると相当労力がかかる。できるだけ、詳細は知らせまいとしていると感じるのは下種の勘繰りか。

現役時代を振り返ると、今回のトヨタのリコールはまさに車の基本機能の「走る」に関係する欠陥のようだ。「不具合の状況」から推測すると熱設計ミスの可能性がある。発表の内容から「昇圧回路の素子」が損傷しなければ次の段階に進む事はないだろう。「昇圧回路の素子」の損傷を防ぐには加速時のストレスに耐える破壊定格に余裕がある素子を採用し、放熱設計を強化すればよいと思われる。その両方ともコストアップに繋がる。「制御ソフトが不適切なため」とは、素子を破壊限界近くまで酷使し、破壊をソフト制御で防止するのだろうか。設計の基本思想を知りたいものだ。

大きな問題は、対象車が「2009年から2014年2月」の5年もの長期期間に及ぶ事だ。この期間には、米国でトヨタ車の急加速問題も発生し、大問題になっていたと思う。トヨタ発表の発生する状況によれば、その原因は「加速時など」だから人的要因が多く、症状・クレームはランダムに発生したと推定される。設計思想と症状を照らし合わせると、技術者は不具合の原因にピント来る物を感じた可能性が大きいと思われる。従って、もっと早期にリコール対策がとられるべきではなかったか。確かに、経営的には存亡の危機にあり、非常に発表をためらう時期であった事は想像に難くないのは、門外漢にも明らかだ。それを逆説的に言えば、自社の顧客の人命以上に自社の利益を優先したという事にならないか。これは企業倫理・ひいては企業存亡に関わる重大な問題ではないか。あまつさえ、裁判事情が厳しい米国で従順な対応姿勢を示しながら、国内顧客・同胞を裏切っているようで日本の経営はここまで落ちぶれたかと憤慨せざるをえない思いである。

「法務(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/02/post-cf89.html)。(2010/2/1)」。 「欠陥の妙薬はFMEA?(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/07/fmeafailure-mod.html)。(2009/7/5)」 「自動車の規格QS9000(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/05/post-2df1.html)。(2009/5/4)」 「0019_「技術 回顧と展望」の目次(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/0019_G_KAIKO_TO_TENBOU_MOKUJI.html)。」 WIKIPEDIA「ISO 16949。(http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_16949)」

************************

CEEK_JPでキーワード「トヨタ リコール」のニュース検索ケンサク(ゼンケン検索ケンサク=20140214)
89 件の記事の   1 件目 ~ 89 件目 (重複10件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
【日経平均】上昇一服どころかボロボロ売られて265円安 (経済) 13日 20:32 EconomicNews
トヨタがプリウス約100万台を国交省にリコール届出 (経済) 13日 16:49 J-CAST
トヨタがプリウスを190万台リコール、システ...   (中国・朝鮮) 13日 14:22 人民網
トヨタ、北米でも百万台をリコール プリウスやSUV (経済) 13日 13:28 産経新聞
トヨタ北米で100万台リコール (スポーツ) 13日 13:25 デイリースポーツ
トヨタ北米で100万台リコール SUVも (経済) 13日 13:21 共同通信
東証前引け、利益確定売りで反落 ソフトバンクなど... (経済) 13日 11:44 日本経済新聞
東証10時、安い水準でもみ合い トヨタなど主力株の...   (経済) 13日 10:10 日本経済新聞
プリウス99万台リコール ハイブリッド制御に不具合 ...   (経済) 13日 07:45 東京新聞
レクサス3年連続首位=2位ベンツに大差-米耐久品質調査 (国際) 13日 06:28 時事通信
トヨタ、3代目「プリウス」99万7000台リコール (経済) 13日 05:45 日刊工業新聞
最新型プリウス99万7000台をリコール (社会) 13日 03:35 日本テレビ
HVソフト品質管理に課題 プリウスのリコール (経済) 12日 21:19 日本経済新聞
プリウスのリコール、国内外で190万台 トヨタ (社会) 12日 21:12 日本経済新聞
【日経平均】イエレン新議長も味方して81円高で3日続伸 (経済) 12日 20:27 EconomicNews
プリウス、100万台リコール…走行不能の恐れ (社会) 12日 19:54 読売新聞
プリウス100万台リコール 現行モデルの全車対象 (経済) 12日 18:59 朝日新聞
トヨタ、最新型「プリウス」をリコール (社会) 12日 18:54 日本テレビ
プリウス99万台リコール (社会) 12日 17:40 デイリースポーツ
リコール:プリウス99万台 ハイブリッド制御に不具合 (経済) 12日 17:39 毎日新聞
プリウス99万台リコール ハイブリッドに不具合 (地方・地域) 12日 17:37 沖縄タイムス
トヨタ、「プリウス(ZVW30)」約99万7000台をリ...   (その他) 12日 17:11 impress
プリウス100万台リコール=単一車種で最多-HV不具...   (経済) 12日 16:45 時事通信
プリウス最新モデル 99万台リコール (社会) 12日 16:29 NHK
トヨタ「プリウス」99万台リコール 走行不能の... (社会) 12日 16:20 テレビ東京
トヨタのプリウス、99万台リコール ハイブリッドに不具合 (経済) 12日 15:39 産経新聞
プリウス99万台リコール、ハイブリッ... (エンターテイメント) 12日 15:36 サンケイスポーツ
UPDATE 1-トヨタがプリウス約190万台リコール、ハイ... (経済) 12日 15:35 ロイター
トヨタ、世界で「プリウス」190万台をリコール (経済) 12日 15:35 WSJ
東証大引け、3日続伸 米国で低金利継続の期待、中国...   (経済) 12日 15:35 日経QUICK
トヨタ・プリウス99万台リコール (社会) 12日 15:18 スポーツ報知
プリウス99万台リコール (社会) 12日 15:07 日刊スポーツ
トヨタ、「プリウス」約100万台をリコール (経済) 12日 15:00 TBSテレビ
プリウス99万台リコール ハイブリッドに不具合 (スポーツ) 12日 14:52 スポニチ
トヨタ、プリウス国内外約190万台リコール 制御ソフト不具合   (経済) 12日 14:49 日本経済新聞
プリウス99万台リコール トヨタ、走行不能の恐れ (社会) 12日 14:40 日本経済新聞
トヨタ:世界でプリウス190万台リコール、ソフトウ...   (経済) 12日 14:21 Bloomberg.co.jp
トヨタ、世界で「プリウス」を約190万台リコールへ (経済) 12日 14:20 ロイター
東証大引け、大幅続伸 1万4700円台回復、買い戻しで...   (経済) 10日 15:28 日本経済新聞
和解金支払い1000億円超か トヨタ、急加速問題 (国際) 08日 13:02 日本経済新聞
トヨタ、当局と1千億円超和解も (スポーツ) 08日 12:20 デイリースポーツ
トヨタ、当局と1千億円超和解も 米、急加速の報告で (経済) 08日 12:15 共同通信
トヨタ、1000億円支払いか=リコール問題で米検察当局に (経済) 08日 12:11 時事通信
座席の問題による一部車種の販売停止、売上への影響... (経済) 07日 12:59 ロイター
座席素材の問題による一部車種の販売停止、売上への... (経済) 07日 12:54 ロイター
【コラム】トリプルアクセルの秘密:日本経済... (中国・朝鮮) 07日 09:51 中央日報
アストンマーチンが大規模リコール、中国製部品に不具合 (経済) 06日 17:00 CNN.co.jp
ダイジェストニュース(2月5日) (その他) 05日 19:08 impress
トヨタ:「最も厳しい時期」越えて最高益へ、創業家... (経済) 05日 00:01 Bloomberg.co.jp
カイゼンで過去の栄光取り戻したトヨタ自動車(2) (中国・朝鮮) 04日 13:09 中央日報
カイゼンで過去の栄光取り戻したトヨタ自動車(1) (中国・朝鮮) 04日 13:07 中央日報
米でトヨタ車一部販売停止 シート安全基準満たさず (経済) 31日 14:20 東京新聞
トヨタ一部車種の座席素材、北米安全基準に未達の可能性 (経済) 31日 10:46 ロイター
UPDATE 1-トヨタ、一部車種の座席素材が北米基準満...   (経済) 31日 10:43 ロイター
トヨタ 北米で6車種の一部販売停止、防火基準満たさず (国際) 31日 10:18 TBSテレビ
トヨタ、米で主力車一部販売停止=シート部品の難燃... (経済) 31日 09:13 時事通信
トヨタ、一部車種の座席素材が北米基準満たしていない可能性 (経済) 31日 03:57 ロイター
トヨタ、一部車種の座席素材が北米基準満たしていな... (経済) 31日 03:46 ロイター
トヨタ、昨年の世界生産が1000万万台突破 (経済) 30日 12:29 WSJ
ダイジェストニュース(1月29日) (その他) 29日 19:06 impress
韓国政府、トヨタカムリ2600台リコール検討 (中国・朝鮮) 29日 16:25 中央日報
トヨタ車をブレーキ苦情で予備調査 米高速道路交通安全局 (経済) 28日 18:51 日本経済新聞
トヨタ:米安全当局が予備調査 ブレーキ欠陥の可能性 (経済) 28日 10:35 毎日新聞
トヨタ車を予備調査 米安全当局がブレーキ苦情で (経済) 28日 10:06 産経新聞
米安全当局、トヨタ車を予備調査 (スポーツ) 28日 09:30 デイリースポーツ
米安全当局、トヨタ車を予備調査 ブレーキ欠陥の可能性 (経済) 28日 09:25 共同通信
トヨタ、真紅のスポーツクーペ「FT1」公開 海外メデ...   (経済) 25日 14:00 J-CAST
不安定なサムスン電子・現代車株価、それでも... (中国・朝鮮) 24日 16:24 中央日報
売上高過去最高の現代自、営業利益は減益 (中国・朝鮮) 24日 09:00 朝鮮日報
トヨタ:今年世界販売で初の1000万台超え目指す-昨...   (経済) 23日 17:03 Bloomberg.co.jp
【レポート】2013年ベストCEOはAmazonのJeff   Bezos... (電脳) 22日 11:00 マイナビ
トヨタが完全復活した3つの理由 (中国・朝鮮) 22日 08:53 朝鮮日報
世界一のトヨタも中国では5位圏外、原因は「... (中国・朝鮮) 22日 06:30 レコードチャイナ
2013年、中国市場で最も強い挫折感を味わったトヨタ (中国・朝鮮) 21日 18:01 中国網
トヨタの中国事業、現地化の遅れで低迷 (中国・朝鮮) 21日 09:17 人民網
ダイジェストニュース(1月17日) (その他) 17日 19:24 impress
ダイジェストニュース(1月16日) (その他) 16日 20:22 impress
マツダの自動ブレーキ試乗会事故、「車両に異常なし... (社会) 09日 11:36 J-CAST
現代・起亜自が最も警戒すべき相手はトヨタ (中国・朝鮮) 06日 10:13 朝鮮日報
89 件の記事の 1 件目 ~ 89 件目 (重複10件は非表示です)    


************************

ページ先頭へ飛ぶ

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク