« 2018年3月22日 | メイン | 2018年3月24日 »

2018年3月23日

2018年3月23日 (金)

蛍が飛び交った頃(改題):雑木の歌:愛しき古里:記憶に残る古里農村の原風景;赤く咲き 棘ある惚けに 民が泣く。180323。

2018年3月23日(金)
昨日は曇り一時晴れ。ざっそう句;赤く咲き 棘ある惚けに 民が泣く。配り物の束から分別した回覧資料を回すのを忘れていた。少し遅れたが隣家に届ける。一昨日から昨日の朝にかけて合計約27mmの降雨があった。午後は晴れ間があったので畑に出た。スーパーで買ったジャガイモを種芋として植える事にした。土は重く、鈍った体に応える。品種は忘れかけているがメイクィーンとキタアカリではないかと思う。レジ袋に入れて放置していたので、少し芽が出ていた。買った食品はそのまま食べるのが一番確実だが、それを少しでも増やそうとする魂胆なのだが、リスクもある。何かの本で読んだ芋文化と米文化の違いを思い出す。要するに芋は、交換・保存・蓄財に向かないのだ。米はそれが可能なので、米文化地帯には貧富の差が出来、権力集中が進むとか。日本では長らく米が通貨として経済の中心に位置していた。民は税として米をお上に差し出さねばならない。飢饉の時は、苗に使う種籾まで食べざるを得なかった。それでも、食べられれば良かったが、餓死者が多数出た。ジャガイモ数個を植えずに残した。四月に遊びに来る連中が植えるためだ。税は昔も今も民に重くのしかかる。庭先の木瓜の蕾が膨らんでいる。この木瓜には棘があるので剪定もやりにくい。昔は実が成ったが、最近は見ていない。木瓜で思い出すのが、国会で罷り通っている、知らぬ存ぜぬという口裏合わせの惚けである。赤く咲く木瓜を不用意に掴むとその棘に反撃される。政治家や官僚がグルになって国民の血税を、濡れ手に粟のように特定の個人に流して俺は知らぬ存ぜぬと白を切る。これじゃあ、江戸時代の悪徳役人以上の悪質振りではないか。いつになったら東山の金さんが動き出すのか。東山の金さんは江戸町奉行という設定だそうだ。江戸時代の勘定奉行は、現代の財務大臣相当職か。江戸時代なら、将軍様からお奉行さま、更には末端の小役人まで巻き込んだ壮大な不祥事が現在この文明国日本で進行中なのだ。それがテレビドラマで終わっては日本の将来に禍根を残すのは明白では無いか。いつから、日本はこんな国になったのか。

*************************
以下は刑法の一部である。

第十七章 文書偽造の罪
(詔書偽造等)
第百五十四条 行使の目的で、御璽、国璽若しくは御名を使用して詔書その他の文書を偽造し、又は偽造した御璽、国璽若しくは御名を使用して詔書その他の文書を偽造した者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2 御璽若しくは国璽を押し又は御名を署した詔書その他の文書を変造した者も、前項と同様とする。

公文書偽造等
第百五十五条 行使の目的で、公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した公務所若しくは公務員の印章若しくは署名を使用して公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造した者は、一年以上十年以下の懲役に処する。
2 公務所又は公務員が押印し又は署名した文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3 前二項に規定するもののほか、公務所若しくは公務員の作成すべき文書若しくは図画を偽造し、又は公務所若しくは公務員が作成した文書若しくは図画を変造した者は、三年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。

(虚偽公文書作成等)
第百五十六条 公務員が、その職務に関し、行使の目的で、虚偽の文書若しくは図画を作成し、又は文書若しくは図画を変造したときは、印章又は署名の有無により区別して、前二条の例による。

(公正証書原本不実記載等)
第百五十七条 公務員に対し虚偽の申立てをして、登記簿、戸籍簿その他の権利若しくは義務に関する公正証書の原本に不実の記載をさせ、又は権利若しくは義務に関する公正証書の原本として用いられる電磁的記録に不実の記録をさせた者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 公務員に対し虚偽の申立てをして、免状、鑑札又は旅券に不実の記載をさせた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

偽造公文書行使等
第百五十八条 第百五十四条から前条までの文書若しくは図画を行使し、又は前条第一項の電磁的記録を公正証書の原本としての用に供した者は、その文書若しくは図画を偽造し、若しくは変造し、虚偽の文書若しくは図画を作成し、又は不実の記載若しくは記録をさせた者と同一の刑に処する。
2 前項の罪の未遂は、罰する。

*************************

Googleでキーワード「法の支配 安倍晋三」を検索

*************************

2008/9/22

蛍が飛び交った頃(改題):雑木の歌:愛しき古里:記憶に残る古里農村の原風景

追記(2018/03/19):この過去記事は、ほぼ10年前に書いたが、読みにくさがあるので、読み易く整形、再読して、印象・コメント等を追記して再利用。この記事の後半に父の少年時代の話がチョットだけ出てくる。のどかな、大正時代後半の子供達の遊びの風景だった。自分の少年時代は、終戦後10年間前後だったろう。まだ、田畑や自然の風景は、父の少年時代とさほど変わっていなかったと思う。

そんな、のどかな風景を詠んだ歌からこの記事を書き始めた。書いたのは、夏から秋に季節が移ろうとしていた時のようだ。

うねうねと 小川流れる 田植え時 夕日落ちれば 蛍飛び交う

外ではしきりにコオロギが鳴いている。それなのに何か蛍の事を思い出す。ほのかに光る物に対する憧憬があるためか。

当地区は、従来より数日繰り上げて種籾消毒を5月1日に行うようになった。これで、稲作の行程が、繰り上がった分だけ早まる。種籾を蒔いてほぼ一か月後の6月中前後頃からだったのだろうか。

昔の田は何となく曲線が多かった。川もその田に沿って流れてうねうねしていた。コンクリートが使われていたのは、水路調整の関の部分だけであった。所々に、ネコヤナギやシドメ(くさぼけ)等の小さな雑木も生えていた。夕方頃になるとそれが一枚の絵になった。

今日、土地改良事業等で田は大体広い矩形をしている。水路は直線の三面コンクリートになり、水は勢い良く流れる。蛍の幼虫と餌のカワニナが生育するには流れが早すぎるのか。

反対にうねうねした川の水流にはあちこち淀みが生じる。やはり、蛍が生息しやすい環境がうねうねした小川にあったのだろう。

昨年、稲の刈り取りが終わった頃の用水路に小さな魚を発見した。だが、その水路の水源の沼の水は堰き止められており、最終的には水路も干上がってしまったようだ。多様な生物が生息していた昔の水田地帯に、魚が戻って来たようだが、まだまだ昔まで戻れないのが実情のようだ。

半端道楽:環境雑録:田圃の用水路に魚が戻って来た!;心怯え 言勇ましく やけっぱち。170920。 :この記事へのリンク

八幡沼水系の蛍の保護をしている友人がいるが、沼で養鯉をしていて、農薬の使用が控えられていたので、蛍の幼虫が生存できたらしい。その水路が断水すると、幼虫の生存が脅かされる。現在も蛍を観賞できているのか。

Go!伊勢崎 ほたるが舞う地( http://www.go-isesaki.com/hotaru.htm)(このサイトへのリンク)


これは、父から聞いた話だ。蛍を沢山とって、川端で野糞をたれて、その上に蛍を放つ。誰かが、蛍の下の物をつかむと皆で喝采する。他愛のない子供の遊びだったがそれも昔話になってしまった。

昔の水田地帯や小川・水路は子供の遊び場でもあった。魚捕りも、その水路に沿って移動するのである。一番多く通った水路は、庚申塚~鯉沼、次は庚申塚~男井戸池のルートであった。庚申塚には、コンクリートの洗濯場があった。この洗濯場が当時の女衆の社交場でもあった。

記憶の中の風景は、現在の風景から大きく変わってしまった。だが、まだ地形的な大きな構造は昔のまま残っている部分もある。

残照雑記:身辺雑記:田舎老人徒然草:今は無い男井戸池はどこ?;ライオンも 吠え続ければ くたびれる。170119。:この記事へのリンク

残照雑記:身辺雑記:田舎老人徒然草:今は無い男井戸池はどこ(PART2)?過去の航空写真から探す;トランプの 札読みきれぬ 占い師。170120。:この記事へのリンク

米軍が撮影した航空写真と国土地理院航空写真を比較するとその変化が見て取れる。自分の記憶に中に残る古里の農村の原風景をどれだけ伝える事ができるのだろうか。ともかく、変化が早すぎる。そういう環境で生活を続けると、どうしても刹那的・浮き草的なムードに流れてしまいそうだ。

やはり、人間たる物は、何かしっかりした原点を持つ事が必要では無いかと感じるのだが、それが叶わないのが現代なのか。

*************************

2008/9/22

蛍が飛び交った頃

うねうねと 小川流れる 田植え時 夕日落ちれば 蛍飛び交う

外ではしきりにコオロギが鳴いている。

それなのに何か蛍の事を思い出す。

ほのかに光る物に対する憧憬があるためか。

昔の田は何となく曲線が多かった。

川もその田に沿って流れてうねうねしていた。

夕方頃になるとそれが一枚の絵になった。

今日、土地改良事業等で田は大体広い矩形をしている。

水路は直線の三面コンクリートになり、水は勢い良く流れる。

蛍の幼虫と餌のカワニナが生育するには流れが早すぎるのか。

反対にうねうねした川の水流にはあちこち淀みが生じる。

やはり、蛍が生息しやすい環境がうねうねした小川にあったのだろう。

父から聞いた話だ。

蛍を沢山とって、川端で野糞をたれて、その上に蛍を放つ。

誰かが、蛍の下の物をつかむと皆で喝采する。

他愛のない子供の遊びだったがそれも昔話になってしまった。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 217.9 283 82 10554.4 9.1 15.1 3.1 12 5.2 2.8 12.5 2.9 16.1 10.2(北北西)
時刻等℃   D m/s H mm 00:51 14:12 16:16
2018年03月22日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)