« 2019年2月15日 | メイン | 2019年2月17日 »

2019年2月16日

2019年2月16日 (土)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:ポイントカードでポイントをためる楽しみも卒業しようか;赤っ恥 図書券出したが 中が空。20190216。

2019年2月16日(土)
昨日は晴れ一時曇り。ざっそう句;赤っ恥 図書券出したが 中が空。少し早起きをする。朝焼けを見た。外気温は-4~5℃で寒い。容器の水は完全凍結。予定の用事外出。無事終了。部屋の整理をしているときに図書券を発見。これで新本が買えると書店へ。アウトレット・投げ売りの安い本を見つけてホクホク。太っ腹になり3冊レジに出した。店員が機械に通すと図書カードの残金ゼロ。仕方なく財布の金で払う。相変わらず安物買いの銭失いから脱却できない。リサイクル店でUSB-FDD。これで、中身が分からないFDが読めれば儲けもの...。スーパーで買い物。チョコレート売り場を見たが、投げ売り品は無さそうだった。キャベツは一個130円程度だった。先日145円の物を買ったので見送り。我が家の家庭菜園のキャベツは収穫が期待できるか不明だ。

************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:ポイントカードでポイントをためる楽しみも卒業しようか

現役時代、毎月25日が給料日で、残業ゼロの日であった。給料振り込み制度が無かったときは、給料日に現金で給料を受け取った。残業をしたとき、その残業代も上積みになったので、かみさんに渡す給料袋は、日々の労働に直結していた。就職直後は、給料日の帰宅途中で肉屋によってトンカツを買って帰った。現金で給料を貰えた頃の楽しい記憶である。

給料が振り込みになると、給料袋の中には薄っぺらの紙一枚しか入っていないので、これをかみさんに渡しても、全然有り難さを感じてくれなくなったように感じた。やはり、現金と紙ぺっらとは、重さの実感が違うのだ。亭主の株・権威は、給料の振込制でがた落ちしたように感じた。

多分、給料日に給料袋に金を入れる作業も大変で、給料振り込み制度は経理の合理化に寄与したと思う。現金で貰った給料と口座に入った数字を比較するとどうしても数字の軽さを意識してしまい、労働の価値も軽くなったと感じてしまう。

特に、残業料金の支払いが現金の場合は、働いて金を貰うという感覚があった。上司の指示で残業をする場合はその残業代も有り難い。その後、自己申告で残業をするようになったが、記帳があいまいになり、サービス残業になってしまった場合も多々あった。極論すると、日本の繁栄もサービス残業に支えられていたのかも知れない。結局、サービス残業は実質賃金の引き下げの要因になっていたのが、日本の実情であったのではないか。

実は、某家電量販店も売上金額に応じてポイント還元をするというのでカードを持っていたが、ポイントをためるのが目的で不要不急の買い物をしそうになるので所持を止めた。買い物はしても、ポイントは捨てているのが実情だ。実は、この家電量販店は書物も扱っており、書物を買ってもポイントが付くと聞いたような気がする。書物は再販制度に該当するので、ポイントを付けると実質売価の値引きのように感じた。先日、図書券は使えるか聞いたが、既に書物は扱っていないとの事だ。

安倍政権は消費税の還元をポイントカードで行う方針だそうだ。増税による消費の低減策らしいが、オレ的にはポイントカードとは縁を切ろうとしている。やはり、ポイントで積み上げた金額の正体がはっきりしない。あまり買い物をしていないと、たまったポイントが使用期限切れになっている場合がある。オレ様が、図書券で赤っ恥を掻いたのも、持っていても期限切れになるだろうと潔く使ってしまった結果だった。

マァ、二度あることは三度あると言うのが、この世の格言ではある。オオカミ老人のオオカミ度を予想しても何の役にも立たない。オレ的にはポイントカードでポイントを集める趣味もそろそろ卒業したい。使用済みの図書券は勿体ないので財布のお守りにでもしよう。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 39.2 319 46 110.3 1.6 6.9 -3.4 10.3 4.4 6.3 0 -3.7 7.5 8.3(西)
時刻等℃   D m/s H mm 06:50 14:30 00:51
2019年02月15日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク