« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

伊勢崎駅旧駅舎の保存:いとしきもの

2010/5/31

愛しき古里:伊勢崎駅旧駅舎の保存

■ふるさとの 山に向かて 言うことなし ふるさとの山はありがたきかな
■ふるさとの なまりなつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きに行く

石川啄木の歌集『一握の砂』(明治43年)に納められた歌である。

ふるさとを詠んだ歌の中でも忘れがたい歌であろう。百年以上前の歌であるが古さを感じさ

せない。ふるさととは母親が子供を愛おしむ如くにその地を愛おしむ者を無条件に受け入れ

てくれる。両毛線が開通したのが明治22年で、啄木の『一握の砂』より更に二十年ほど遡

る。開通当時の駅の様子は皆目分からない。多分、質素な駅舎であったと思われる。現存す

る木造二階建ての洋風駅舎が建てられたのが昭和9年との事である。母が若い頃の話をす

ると必ず出てきたのが兵隊さん送りの光景であった。この伊勢崎駅から多くの兵隊さんが戦

地へ旅立ったのだ。時期的には新築された木造駅舎が供用された頃の前後に当たると思わ

れる。この立派な駅から、万歳の声に送られた兵隊さんの気持ちを聞くことも今では難しくな

った。一方、終戦後は伊勢崎駅から新婚旅行に旅立ったカップルもいるだろう。自分も、学

生時代とサラリーマン時代はこの伊勢崎駅にお世話になった。産業・生産品・物資の輸送、

通勤、通学、観光、所用等でこの駅舎も伊勢崎の顔になってきたのである。伊勢崎駅の高架

化工事も完成して、平成22年5月30日に駅で式典が行われ供用開始となった。長い歴史の

中で鉄道の駅の果たす役割は変わっていない。むしろ、今後の環境と高齢化の時代になる

と再度鉄道とそれを取り巻く地域とのつながりの重要性が見直されるに違いない。伊勢崎駅

の開業から今日までの、のべ利用者数は概算で数千万人から一億人程度にはなるであろ

う。この駅にまつわる記憶はその何倍になるか計り知れない。かつて、伊勢崎市は華蔵寺公

園内に退役した蒸気機関車を展示・保管してきた。これだけでも産業や鉄道の歴史と交通の

重要性を市民に訴えて、子供達に夢を与えてきた事であろう。今年になって、この蒸気機関

車が修復され現役に復帰する為JRに返還された。これにより、伊勢崎市により展示・保管さ

れてきた蒸気機関車は更に大きな役割を担うことになる。伊勢崎市民はこの事に大きな誇り

を持ってよいだろう。ところで、このように多くの人々の記憶に残り、伊勢崎の繁栄を支えてき

た旧駅舎が解体されると言う情報がある。保存を訴えて活動している人もいる。自分も旧伊

勢崎駅駅舎の解体処分は絶対に避けるべきだと思う。たとえ解体しても、いずれの日か再び

往時の姿を取り戻せるように保管する必要があるのではないか。旧伊勢崎駅駅舎はかつて

の伊勢崎市の顔として、また将来の伊勢崎市の顔としても保存する価値が十分にある。理想

を言えば駅と同じ様な機能を持つ公共の施設として利用しつつ保存するのが最適であろう。

いずれの日か、今後現役復帰するあの蒸気機関車が再度退役した時、この旧駅舎と一緒に

並んで伊勢崎市のシンボルになって欲しいと夢見ている。気の長い話ではあるが人生寿命

百年の時代を迎えている現在、少なくとも百年先の夢を見ても罪はなかろう。自分たちの次

世代はその時代を生きるのである。旧伊勢崎駅駅舎の保存は現世代から次世代へ引き継

ぐ贈り物でありメッセージでもある。歴史的遺産は捨てたが最後である。それを取り戻すのは

永久に不可能になる。

2010年5月30日 (日)

食べる喜び:いとしきもの

2010/5/30

雑草句録:食べる喜び

■又食べて食べる喜び最後まで

食べて叉食べる。人生そんな事の連続である。食べることにも礼儀や作法があが、最後はそ

れも超越する。人間おいしく食べられるのが最高の幸せ。なのに叱ってしまった。旧句改作。

2010年5月29日 (土)

失敗:いとしきもの

2010/5/29

アナログいろはカルタ:失敗

る :

■類を持って集まる失敗

失敗の5W1Hにはある種の法則があるようです。いろはカルタには○ るりもはりも照らせば

光る ○類を持って集まる等があるようだ。始末に負えないのが同じ失敗を繰り返すにも傾向

がある事。しかし、謝罪で頭を下げている経営幹部を見ていると皆同類に見えてしまう。技術

の分野にも起こりやすい失敗はあるようだ。要領の良い技術者は失敗があっても内密に処

理してしまう場合もある。要領の悪い技術者は自分の失敗もあなた任せという場合もある。

失敗の本質は奥が深いが、皮相な部分にも多く発生する。傾向のはっきりした失敗は対策

の可能性があるのだろう。

2010年5月28日 (金)

ケアプラン:いとしきもの

2010/5/28

雑草句録:ケアプラン

■ケアマネの話しつつ練るケアプラン

介護度は進級しない方が良い。しかし、老いは確実に進む。ケアマネは利用者の介護度を

冷静に判断しなければならない。話の中にケアマネの心遣いを感じる時もある。旧句改作。

2010年5月27日 (木)

ヤエムグラ:いとしきもの

2010/5/27

ヤエムグラ

小さなトゲがある蔓草。葎(むぐら)とは雑草の総称と辞書にあった。自分だけではなく、農業

には雑草との戦いが延々と続いている。従って、雑草への対処も際限なくある。雑草に名前

があると知っていたが、これがヤエムグラだと知ったのはいつの事であろうか。つい最近の

ようでもある。葎(むぐら)とは雑草の総称であると知ったのはたった今の辞書を引いての事

だ。雑草というコトバに比べるとなんとなく親しみを感じる。百人一首に「八重むぐら しげれる

宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり」という一首があるが、やはり、ここは雑草で

は歌の風情が伝わらない。葎はいやな物かもしれないがなるに任せているという一面が見え

る。ヤエムグラは小さい時はついつい見過ごしてしまうが、成長を始めると作物の上にはい

上がろうと急速に成長する。これが、蔓草のDNAなのかもしれない。普通、植物は日光に向

かって伸びるが蔓草は日陰に向かって伸びる時期がある。日陰を作るもの即ちはい上がれ

る土台を求める習性なのかも知れない。首尾良く土台にたどり着けるとようやく我が世の春と

なる。トゲがあるので軍手などにへばりついて始末が悪い。そういう時はゴム手袋が便利だ。

根本を探ってそこを引き抜くのが基本なのだが、ついつい上の方を相手にしてしまう。つる草

としては、トゲも葉も小さく、あまり強勢ではないので実害は少なく素性は良い方だ。一~二

年草で確実に駆除すれば絶滅する筈だが、そこまで手が回らない。最近は引き抜いた雑草

は他の雑草の上に敷いて雑草マルチに流用している。雑草は見方を変えれば有機資材でも

ある。雑草とも適当に共存しなければやりきれないのが実状だ。

2010年5月26日 (水)

通所介護:いとしきもの

雑草句録:通所介護

■これ最後通所介護の帰り際

デイサービスの出迎え時に開口一番にでる言葉がこれだ。ひょっとしたら、知らない所に置き

去りにされるのではないかという直感。やはり、老人にとって一番安らぐのは自宅のようだ。

2010年5月25日 (火)

祝い:いとしきもの

2010/5/25

雑草句録:祝い

■娘のみ○○祝いくれにけり

○○はかならずやってくるが。祝いがくるとは限らない。ありがたい。耄碌してこの○○は何

だったけと記憶が衰える時が来るだろう。耄碌という言葉には何か味わい深さがある。

**************************************MEMO:HDD残り125Mbでディスククリ-ンアップが起動。実行して300M台になった。時々システムがビジーとなりフリーズ。HDDのダイエットが必要だ。

2010年5月24日 (月)

名人:いとしきもの

2010/5/24

アナログいろはカルタ:名人

ぬ:

■糠に釘、名人に説法

ある分野の名人には他分野のアドバイスもなかなか受け入れてもらえない場合がある。いろ

はカルタには○ 盗人の昼寝○ 糠に釘等がある。技術の分野にも時には名人クラスの人が

いる。糠に釘と名人に説法とは同じように「きかない」のであるが、本当の名人ならば文句は

ないだろう。始末にこまるのが、ちょっとした名人気取り。名人に聞いてもらいたいなら、名人

気取りをくすぐりながら人心操縦する以外になさそうだ。

2010年5月23日 (日)

こじゅけい:いとしきもの

2010/5/23

雑木歌録:こじゅけい

■こじゅけいの長き一鳴き響きたり歌集開けし未明の床へ

一番鳥の声だ。最近は鶏の声は聞かないが、早朝の野鳥の声は人間の活動に先行して聞

こえてくる。そうして、パソコンのファンの音等生活雑音の中に埋もれて行く。元気で何より。

2010年5月22日 (土)

律儀者:いとしきもの

2010/5/22

アナログいろはカルタ:律儀者

り:

■ 律儀者の部品沢山

融通の利かない(初心者等)者はコストを考えず定石通りせっせと部品を使うが見えない部

品を省略して失敗することがある。 いろはカルタには○律儀者の子沢山○ 綸言汗のごと

し 等があるようだ。回路図や実際の回路を読むのも回路技術者には勉強になる。意味の分

からない部品があったり、回路図にない部品が実際の回路にあったりする。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク