« 老人の寝言:メルトダウンは起こっていないとうような情報は嘘だったのか | メイン | 老人の寝言:カラスの恩返しは期待していないが鳥達とも仲良く暮らしたい »

2011年5月14日 (土)

読みかじりの記:会社人間だった父と偽装請負だった僕 赤澤 竜也 著 (ダイヤモンド社 2009年)

2011/5/14
地面が湿っているので苗を定植。堀上げた苗から土が落ちにくいので、灌水無しで活着すると思う。これも手抜き手法の一つ。一昨夜の夜8時頃、カラスが泣き叫んだ。翌朝、庭にカラスの死骸があった。鳥インフルかと思って届けをしようと後で見たら姿がない。40~50m離れたところにカラスの翼があり、蟻が群がっていた。野良犬か猫の仕業か。これは埋葬。もう一羽子カラスを保護した。こちらは、今朝野鳥保護施設に引き取ってもらった。東京電力の損害賠償を補う政府の原発事故補償の支援策が決定されと報道されている。最終的には原発事故の損害事故に対して何の責任もない電気利用者に尻拭いさせる図式である。電気利用者には税金と同じように総額で多分数兆円単位の追加負担が生じるだろう。こんな理不尽な事はない。東電社長は参議院予算委員会の参考人として従業員の年金には手を着けないと証言している。東電幹部役員の責任も明確にされていない段階でなぜ、気前よく支援策なのか。結局利権の先取りにすぎないのか。上毛新聞によると追加徴収額も10年間では10~20万円程度になりそうだ。これほどの額をただ取りするのか。対価として株式を交付する事等を考えるべきではないか。

昨日の天気

TAVE= 19.3
TMAX= 26.4
TMIN= 14.4
DIFF= 12
WMAX= 5.8
SUNS= 9.1
RAIN= 0

読みかじりの記:会社人間だった父と偽装請負だった僕 赤澤 竜也 著 (ダイヤモンド社 2009年)

この本のタイトルの見出しには「さようならニッポン株式会社」と書かれている。自分をとらえたのは「会社人間だった父」と「さようならニッポン株式会社」であった。この部分に自分の社会人であった時期が重なるためだ。男にとって父を乗り越える作業は困難であり、そう簡単に済ませる事は不可能だ。そんな事を通読して改めて感じる。父も息子も時代も刻々と変わる。お互いに本当の姿を見せ合うのは両者の人生の一瞬にすぎないのかもしれない。そんな事はもともと無理なのかもしれない。父も息子もその生まれた時代の宿命を背負う。更に、家庭と社会における役割も背負う。現代においては、ほとんどの父が自分の仕事や働きぶりを息子に見せられるような仕組みがない。本書は著者の父が倒れるところから始まる。これは著者にとって人生を振り返るビッグバンのような位置付けになるようだ。そうして、父を理解するためには祖父も知らねばならない。三代を振り返ることによりようやく自分の位置が定まる。時代が時代ならばとつい甘えてしまい勝ちだが、その時代の変化の影響を受ける程度も人さまざまではあろう。著者も父に反発して出奔するが、父と同じような職業にも就いた。父を理解する事は自分を理解する事でもあろう。そのような気持がつのる頃には父はいない場合が多い。この本は、著者の家族のありさまを通して時代に迫ろうとするノンフィクション作品であると思う。そこには、心理的ハードルだけではく、克服しなければならない多くのハードルがあったようだ。そのような流れから、後半の「偽装請負だった僕」に繋がってくる。この部分は一種の潜入レポートのように感じる。時代の歯車に巻き込まれていないように感じたのは幸せだったかもしれない。むしろその冷酷さに迫ろうとした様子が窺われる。「二〇〇五年夏、僕はトラック運転手に転職した。どうしても肉体労働をしたかった。」ここでは、実態は派遣だが扱いは請負とされて、過酷な条件がトラック運転手に課せられている様子を自分の体験を通して描いている。「会社人間だった父」と「偽装請負だった僕」は社会体制や価値観でも断絶している。社会体制や価値観さえゆらいでいるのが現代社会ではある。「さようならニッポン株式会社」の後に情報化社会が到来している。甘い言葉で財布の紐はこじ開けられ、中身は知らぬ間に吸い取られる。報道は正社員、派遣社員、パート社員、アルバイト等身分差別的用語を堂々と使っている。流動化は金どころか文化や価値観や人格にまで及んでいるようではある。アイデンティティ、自己同一性を喪失するなかれと教えてくれる一書ではないかと感じた。父に逆らい、世に逆らうのも自己同一性確立の第一歩ではなかろうか。

以下本題。

かみつけ女流歌人 雅:石榴花コース

歌題=石榴花コース:

■手をつなぎ 二歳の孫も 登りゆく 初秋の風の 清し白根山 50 島田 みより

二歳の孫と手をつないで白根山を登った様子がリズム感よく詠われている。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク