« 2011年8月22日 | メイン | 2011年8月24日 »

2011年8月23日

2011年8月23日 (火)

読みかじりの記:千利休 無言の前衛 赤瀬川原平 著 (1990年 株式会社岩波書店)

2011/8/23
昨日は雨後曇り。機嫌が悪いXP機をだましだまし使っている。おかげで、電源を入れてからWINDOWSが立ち上がるまでの様子がおぼろげながら分かってきた。起動の不調はイベントビューアに記録されていない。パソコンをいじるツールはドライバーとテスター程度しかないのでお手上げだ。

2011/8/22の天気

TAVE= 21.9
TMAX= 25
TMIN= 19.3
DIFF= 5.7
WMAX= 2.7
SUNS= 0.1
RAIN= 17

YOMIURI ONLINEは、「34億年前の岩石から最古の化石?硫黄えさに;url=http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110822-OYT1T00959.htm?from=main7(2011年8月22日22時17分  読売新聞)」というタイトルで、「西オーストラリアの約34億年前の岩石から、地球最古の微生物化石が見つかったと、西オーストラリア大と英オックスフォード大の研究チームが発表した。」、「当時の地球は、酸素がほとんどなく、表面の多くは水温40~50度の海で覆われていた。発見された微生物は、直径約10マイクロ・メートル。グループを作って生息していたとみられる。」と報じた。

生命の起源には謎が多い。その謎解も証拠がなければ科学にならない。地球上の生物が地球上の環境から生まれてきたとする説の他に宇宙から飛来したという説もある。後者は隕石に含まれる有機物質を根拠としている。海で生まれた生命が陸に上がってきたというのが進化の筋道である。海水温が40~50℃とすれば、陸上の温度は更に高いだろう。WIKIPEDIA地球史年表によると地球の誕生が46億年前との事。それから12億年後には初期の生命が生まれたことになりそうだ。40億年前に原始海ができた。意外に速いピッチで生命が現れているように感じる。

読みかじりの記:千利休 無言の前衛 赤瀬川原平 著 (1990年 株式会社岩波書店)

もうふた昔前の本である。お茶などとは生涯関係ないだろう思っていたがとっさの時にどう対応するのだろうとふと考えて手にした。茶と言えば、「茶の本」BOOK OF TEAを高校時代の先生が紹介していたのを思い出す。こちらは岡倉天心の著作。WIKIPEDIAによれば、「岡倉 天心(おかくら てんしん、1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、明治期に活躍した思想家で文人、哲学者。本名は覚三(かくぞう)。幼名は角蔵。」、「人物:横浜生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)の設立に大きく貢献し、日本美術院の創設者としても著名。近代日本における美学研究の開拓者で、英文著作での美術史、美術評論家としての活動、美術家養成といった多岐に渡る啓蒙活動を行い、明治以降に於ける日本美術概念の成立に寄与した。」とあり、美術との関係が深い。

赤瀬川原平も最近「老人力」で知ったが、かつての前衛芸術家とは知らなかった。そのような著者が「利休」という映画のシナリオを書いたのが本書執筆の契機になったようだ。今日の茶道はその名の通り稽古事になっている。田舎物は素性がばれないように作法で身を隠せれば上々だと言う程度の積もりで読み流した。利休と秀吉等は別世界の人物だ。そんの事を思いつつ読むと面白く読めた。特にⅢの「利休の沈黙」が本書の山のようだ。そこには著者が辿ってきた視点が生きているようだ。人間がやること全てに表現者・パフォーマーとしての要素があるだろう。能力を一つの事に集中してパフォーマンスの質を高めるのが表現者の手段の一つだろう。ところが、著者はそのような方式で突っ張っても全然面白くなくなって、色々な方面に活路を求めたのだろうか。利休は魚問屋との事でまさに商人、こちらが本業だったのか。色々な仕事をこなすマルチタレントはなかなか評価が難しそうだ。芸術も文芸も表現も目的とする対象者がいるだろう。そう言う分野は饒舌性は付き物ではないか。無言は一種のパラドックスになる。阿吽の見えないルールが支配する世界。広いようで狭い。「ディーテールへの愛」、「縮小のベクトル」という項も面白い。日本人の縮嗜好を指摘した外国人もいたと思う。茶室をどんどん小さくする。そうすると収容人数も少なくなる。その処理のためパラレルからシリアルに変換する。誰が先に入るのか、誰がどこに座るのか。そこに必然的に序列が生じる。本書もWIKIPEDIAも利休はがっしりとした大男として描いている。また利休は禅にも関係があるらしい。それが小さな茶室で茶事を阿吽の呼吸でやるのだから、茶室はまさにパフォーマンスの式場に見える。自分も集積回路というミクロな世界を相手に仕事をした。回路を結ぶ配線を鉛筆の線に喩えればまさにミクロンの世界だ。しかし、現実に作業しているのは、紙やモニターの上に表されたバーチャルなシンボルを使っていた。数㎜角の集積回路チップの中の世界まで入り込む機会は少ない。不良解析の時は顕微鏡下にミクロンの針先を立てて探った。実はこれも本当の世界ではなさそうだ。回路の動きは電子の動きを見なければ掴めない。でも現実にはそんな暇なことはできない。いま、同じ事を外国人もやっているだろう。物理的に入れ物を小さくすれば入る量も少なくなる。入れる物の大きさが一定ならば。砂や水等を容器に入れる場合は、誰が入れても同じように入るだろう。形が異なる物を一定の容器に入れるのは工夫が要る。こんなところにも個性が出てしまう。部屋という容器、枠に人間を閉じこめてそこでお互いを観察するような事をチンパンジーが見たら本当に驚くだろうか。否、チンパンジーもその程度の事はやっているのかもしれない。茶道や茶の作法にはそれなりの仕来りやルールがあるのだろうが、残念ながらそのような世界にはほとんど馴染んでいない。茶室も見方を変えればバーチャルな空間なのかもしれない。近代文明により日常がバーチャルになりきっている。禅には不立文字、以心伝心という言葉があるという。以心伝心は使い古されて新鮮みを失っているようだ。不立文字は意味を伝えにくく敬遠されてほとんど使われいないのが実状だろう。「不肖の弟子」という項も参考になる。沈黙。この語も矛盾と危険性を含む。その例は至る所に満ちているだろう。本書の中に「貧乏性」という言葉が度々出てきた。SMALL IS BEAUTIFULという言葉もある。ユトリをもってこの「貧乏性」を堪能したいところだが、それがむずかしい。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク