« 食べて生きる:ヒユのお浸し | メイン | 東北の海よ:東北の女性歌人。20110905。 »

2011年9月 4日 (日)

技術 回顧と展望:リスク対策には二社購買という米国メーカーの戦略。20110904。

2011/9/4
昨日の天気は曇り。台風12号の影響で風が強い。雨がパラパラと降ったり晴れ間が出たりと不安定な天気だった。屋内でパソコンのデータ整理等。

2011/9/3の天気

TAVE= 27.1
TMAX= 29.8
TMIN= 24.6
DIFF= 5.2
WMAX= 7.7
SUNS= 0.2
RAIN= 2.5


最高気温(℃) = 30.1  (13:32)

IDE⇒USB変換ケースに3.5インチHDDを入れて6GのUSB HDDにした。最近は8GのUSBメモリーも1000円以下の物があり、6GのUSB HDDにどんなメリットがあるのか。弁当箱くらいの大きさがあり紛失する事はないだろう。手で触るとぬくもりと振動がありちょっと動物的だ。大容量の記憶を実現するための構造をそれなりに表現している道具だ。できあがったUSB HDDに変な癖があった。USB HUBにぶら下げると認識しない。パソコンのUSBコネクタにつなぐと動く。パソコンを独占しようとしているようでこれも人間的で不器用でにくめない。実用になるだろうか。実は、ME機でCD-ROMを焼くときHDDにイメージを作るのだが、パソコン本体のHDD容量が少なくて、容量の大きなCD-ROMが焼けなかった。その穴埋めを外付けHDDでしようと考えていた。新聞広告を見ると2TバイトのHDDが1万円になるのも間近のようだ。何か人間の頭脳のようで、膨大な能力があっても、それを使い切れない時代になったのかもしれない。

47NEWSは、「西日本北上し日本海へ 台風12号、大雨に注意;url=http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090301000112.html(2011/09/04 01:12   【共同通信】)」というタイトルで、「大型の台風12号は3日、高知県東部に上陸後、四国を北上して瀬戸内海を横断、午後6時ごろに岡山県南部に再上陸した。気象庁によると、やや勢力を弱めながら、4日は日本海を北寄りに進む見込み。」と報じた。

台風で心配なのが福島原発事故による放射能。地表面に蓄積された放射性物質が雨水で流されて思わぬ所にホットスポット出来てしまう事はないのか。空気中を微粒子状に拡散するときは比較的均質になり、単位面積当たりの放射線量は下がるが、雨水の泥土が集まるような地理的条件の場所の単位面積当たりの放射線量が上昇する場所が出来るのではないか。水処理場の汚泥、側溝の除洗等がこの例だが、台風の大雨がそのような現象を拡大させるという心配である。環境に放出された放射性物質は最早、完全に回収できない。除洗してもまた出てくる。それが、延々と永遠に続くとなると放射性物質による汚染の恐ろしさを痛感する。東北地方を台風が直撃した場合が心配だ。

台風12号2011/9/3の気象庁データ図面を一覧出来るようにまとめた。衛星写真は赤外写真。図面を並べて見ると相互の関連が分かりやすい。
Taifuu12_110903

技術 回顧と展望:リスク対策には二社購買という米国メーカーの戦略

当時開発したレギュレータICを調べてみるとまだ現役で残っている機種がある。汎用品なので寿命が長い。それでも、時代の流れの中で生き残る機種はそれ相当の理由があるようだ。タイマーICの555もロングセラーの汎用ICだ。昨年だが、「2010年12月号の景気のいい555号(Go!Go!Go!)にあやかって,五つの企画を用意しました.url=http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/394/Default.aspx」というCG出版社のトラ技555号はつい買ってしまった。

汎用品は、それを供給するメーカーが複数存在するので、ユーザ側にとっては、価格競争させてコストを下げたり、納期や在庫のリスクを軽減できるメリットがある。米国では二社購買が原則だったようだ。トランジスタは似たような置き換えの可能な機種が多く存在するので、ユーザの扱いは抵抗器やコンデンサーと同じ程度になってきた。しかし、集積回路は置き換えの自由度が少なくなるので、設計段階で二社以上の汎用品を使う例が多かったようだ。当時の事なので、歩留まり等でデリバリー確保の心配もあって二社購買というシステムが生まれたのかもしれない。

新規にICを開発する場合も、仕様を複数の半導体メーカーに出して汎用品としてセットメーカーが開発させる場合がある。自社のカラーTV部門がその方式を採用した事がある。互換品を他者半導体メーカーと自社半導体部門に開発させた。開発条件は定かではなかったが、セット部門としてはリスク分散になったと思う。一応、社内での生産立ち上げ後に外販活動を開始したら、国内の客先で互換品メーカーとの競争になった。こちらは相手側が先勝。しかし、その後のビジネスでは売り込み先の顧客とは良好の関係となった。次ぎに海外のTVセットメーカーでも鉢合わせ。この時は米国流で、二社購買で両社品を購入決定した。聞くところによると自社ICはセカンドソース扱いであるとの事であった。開発担当としては相手方に先行して開発完了、生産導入できたので自社がファーストサプライヤーだと歯ぎしりしたが、これは購買側が総合的に判断して決める事で、その後の勝負は実績が決めることになる。

東北関東大震災で、地震の影響で部品の調達が不可能になり、自動車メーカーの生産が止まった事は記憶に新しい。基幹部品にはノウハウや企業秘密が多く含まれるので系列会社で生産させるのであろうが、汎用部品ならば二社購買という選択もあると思われる。ただ、自動車の場合、部品の耐久性、信頼性で品質に差があるようでは、管理やアフターサービスを考えるとどちらがよいのかという部分もあるだろうが。

*************************

追記(2019/12/18):ランキング8位。タイトルに投稿期日記を追加。再読。製造メーカーから部品調達を見ると二社購買なる。日本の自動車メーカーは技術情報の流出防止のためか系列メーカーから優先して部品調達しているようだ。そのため、災害等で部品納入メーカーが操業停止になると親会社も操業停止に追い込まれる例があるようだ。リスク防止の為には在庫を持つ必要があるのか。操業停止した方が安く付くのかは分からない。自動車は世界の戦略商品だ。品質もコストも納期も顧客の要求に合わせなければ生き残れなくなる時代が来るのだろう。一般消費者としての二社購買にジェネリック薬品がある。処方箋を持って薬局へ行くと薬剤師にジェネリック薬品の説明を聞く事が良くある。ジェネリック薬品は同じ性能と思い込んでいたが、明らかに性能差がある薬品もあると聞いてショックを受けた事がある。特許が切れても、全く同じ性能の薬を先発メーカー並に製造するのは難しい場合もあるのだろう。ジェネリック薬品にも品質もコストも納期等の課題が潜んでいるようだ。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク