« ツルよ 飛んでおくれ(愛しき古里):伊勢崎駅の駐輪場はどうなるか | メイン | がんばれ! ふくしま:福島県双葉町の未来は日本の未来を照らす »

2012年12月27日 (木)

読みかじりの記:超「超」整理法 野口悠雄 著 (2008年 株式会社講談社)

2012年12月27日木曜日
昨日は晴れ。最高気温(℃) 5.1 00:02。最低気温(℃) -1.9 23:54 。寒い一日だった。ざっそう句:捻れても 計算通り 出る総理。厚着して物置兼車庫の周辺整理。何とか終了。宅内退散して国会中継を見る。野田内閣が総辞職して第二次安倍内閣が発足した。似たもの同士は相嫌悪し合う傾向が強いとか。「日本国憲法」の中で「政党」や「党」を検索しても、該当部分がなかった。「日本国憲法」は良識ある議員を想定しているのか。国政は難問山積みである。国会議員は党派を超えてこの難問解決に立ち向かって貰いたい。

2012年12月26日の天気(AMEDAS)

TAVE= 2.0
TMAX= 4.9 最高気温(℃) 5.1 00:02
TMIN= -1.5 最低気温(℃) -1.9 23:54
DIFF= 6.4
WMAX= 8.9 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 16.5(北北西) 12:15
SUNS= 9.2
RAIN= 0

Q
Q

**********************************
「日本国憲法(昭和二十一年十一月三日憲法)(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html)」の規定。

第四十三条  両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
○2  両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

第四十四条  両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。

第六十六条  内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
○2  内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
○3  内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。

第六十七条  内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。
○2  衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて十日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

第七十条  内閣総理大臣が欠けたとき、又は衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があつたときは、内閣は、総辞職をしなければならない。
**********************************

読みかじりの記:超「超」整理法 野口悠雄 著 (2008年 株式会社講談社)

著者には、「超」整理法」という本もあるようだ。念のため、WIKIPEDIA「野口悠紀雄(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%8F%A3%E6%82%A0%E7%B4%80%E9%9B%84)」を見ると、類似の「超XXX」という著書がずらり。マーケッティングの本に「柳の下に二匹目のドジョウ」がいるという名言があったが、その好例を見るような感じだ。見方によれば、専門分野を一般人向けに解説して商売できるのはそれだけの能力・努力・ノウハウが必要なような事を示しているようだ。ざっと著書数を数えると50冊以上あった。「超」売れっ子のようだ。

自分が「整理」に興味があるのは、万人に共通で究極的な整理法などないだろうと否定的な見方をしつつ、著者の蘊蓄から何かを得たいという気持ちがあるためだろう。読書は、余り期待はせずに、参考になる所は試してみる程度でよいのではないかと思う。逆に、予想外のヒントに出会うと得した感じになれる。著者の、「ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)」という著者の本を読んだ時は、ITが輝いた時代の作品で、HPの活用法は参考になると思った。再度、著者のホームページを覗いたが新鮮さは感じなかった。

本書も、メール、PDF、検索等々IT技術の活用法が述べられており、あえて「整理法」と名乗る必要もなかったのではないかと感じさせられた。要は、IT技術もあくまで、ある目的のための手段に過ぎないが、その発展が早すぎて、あれもこれもと手を出す必要はなさそうだ。時流に乗っているつもりが、いつの間にか時流に押し流されてきたというのが自分のつまらないIT物語だ。

著者は「Gメール革命」の章で、Gメールの活用法を述べている。Googleのビジネススタイルについても述べている。自分は、なぜ無料のサービスが可能なのか完全に理解できないでいる。世間知としては「タダより高いものはない」という金言もあるのだが。どうも、ただ乗りの怖さを気にしつつ、無料サービスを使っているのが実状だ。どんなメールシステムでも、少なくともメールサーバー管理者の立場なら、完全に読み放題ではないかという悪夢がある。2012年のGoogleの大改革は、Googleの各種サービス契約(プライバシーと利用規約)を一本化した事ではないか。こうなると、裸で公道を歩くような勇気が必要になるのではと危機感を覚える。著者は、本書出版時点で、Gメールで失う物より得る物がはるかに大きいので、Gメールを利用しているようだ。コンピュータはWEB接続で何をしているかを考えると、WEB検索さえも心配になってしまう。

「第Ⅱ部 IT時代の知の技法」、「第Ⅲ部 知の産業革命」は、『超「超」整理法』という本書の題名から想像する以上の内容を含んでいた。現代は情報化社会となり、新しいビジネスも生まれた。膨大な情報が生産され、消費されている。その情報の鮮度も極短い。後書きに、IT技術の進歩の早さが述べられている。

最近、コンピュータは当たり前の道具になった。情報蓄積装置であるメモリーやHDD、光学ディスクの価格も低下した。1TバイトのHDDの価格が数千円程度のものもある。個人が使うコンピュータもGoogleが使うコンピュータも基本は同じ。個人は、コンピュータの能力を使いきれなくなっている。「知」とは頭脳の働きの体系化だと思うが、コンピュータが一番苦手の分野かもしれない。

かつて、今となっては大昔だが、コンピュータに問題を入れれば、答えが自動的に出てくるのかと聞かれた事があった。単純だが、本質的な問題を秘めている質問だろう。Google検索をすると、基本的なキーワードの場合、億単位のヒット件数を示す。試しにGoogleで「愛」を検索すると「約 164,000,000 件 (0.17 秒) 」と表示された(2012年12月26日)。しかし、リンク先が示されるのはその上位に過ぎない。足切りされている情報が多い。この件数自体が不可解な数字だ。ともかく、整理という仕事は扱う物事が多くなりすぎて、管理の限界が心配になる頃現れる現象のようだ。本書では著者の信条か、手頃な索引が付いている。「検索」に関しては、多くの項目がリストアップされていて読み直すのには便利そうだ。一方、情報を関連づける「ハイパーリンク」という概念もIT技術としては重要ではないか。「ハイパーリンク」という技術こそ検索を支えているのではないか。索引を見ると「リンク」や「ハイパーリンク」はなかった。リンクは自分の頭脳を使って張るべしなのかも知れない。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク