« 技術 回顧と展望(会社生活断面記):CCD デジタルカメラ | メイン | 老人の寝言:無投票当選とは何じゃ 政治意識沈滞から脱却を »

2013年1月20日 (日)

老人の寝言:社会から見捨てられ浮かばれない貧老の嘆きの声が聞こえてこないか。;玉響(たまゆら)の 霊魂叫ぶ 枯れ白州。20130120。

2013年1月20日日曜日
昨日は晴れ。最低気温(℃) -1.0 00:37 。ざっそう句;玉響(たまゆら)の 霊魂叫ぶ 枯れ白州。宅内閑居。ザクザクと霜柱を踏んで朝刊を取りに行く。上毛新聞の一面には、「元理事長に有罪判決 予見可能性認める 禁固2年 猶予4年 元理事は無罪」と大きな活字が踊っていた。かみさんと話した。あの爺さん良いことをしたのではないか。本日1月20日は大寒。寒さが極まるが、暖かい春へのスタートでもある。平成25年度センター試験の期日は、1月19日(土),20日(日)である。前橋地裁の判決を読むと貧老に対する荒涼たる心象風景が目に浮かんでくる。

2013年1月19日の天気(AMEDAS)

TAVE= 4.3  
TMAX= 9.6 最高気温(℃) 10.3 14:55
TMIN= -0.2 最低気温(℃) -1.0 00:37
DIFF= 9.8  
WMAX= 5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.0(西北西) 20:01
SUNS= 9.2  
RAIN= 0  

Q
Q

老人の寝言:社会から見捨てられ浮かばれない貧老の嘆きの声が聞こえてこないか

4年ほど前に起こった「たまゆら」火災で、「たまゆら」という言葉が古風だが新鮮に感じた。その意味は下記WIKIPEDIAの記事にある。それが、老い先が長くない人生の最後半を過ごす施設の名前であったのでその感慨はなおさらだ。

「たまゆら。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%86%E3%82%89。(最終更新 2012年10月18日 (木) 06:14 )」『ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に、「たまゆら(玉響)は、勾玉同士が触れ合ってたてる微かな音のこと。転じて、「ほんのしばらくの間」「一瞬」(瞬間)、あるいは「かすか」を意味する古語。ただし『日葡辞書』には「草などに露の置く様」とある。~群馬県渋川市にあった老人ホーム。2009年3月に起こった火災で入所者10名が死亡しその後閉鎖された。」とある。

「火災で入所者10名が死亡」したのは、事実であり、火災事故である事には疑いがないだろう。それが、業務上過失致死罪という容疑で立件され刑事裁判事件となった。

上毛新聞記事によれば、「出火した部屋の男性を除く死亡した9人のうち自力歩行が可能な3人を含む5人が避難可能だった」と認定したとある。記事には、出火原因を特定しなかったと記されている。記事から、素人で確信は持てないが事実関係を要約すると以下のようになるのではないかと思う。

事実:入所者10名が死亡。
検察:出火した部屋の焼死した男性を除く9人に対して罪を求めた。
裁判官:自力歩行が可能な3人を含む5人に対する罪を認定した。

素人ながら、疑問に思うのが、各レベルで人数がちぐはぐな事だ。また、出火した部屋の焼死した男性に出火責任があったか不問のママ判決がでているようで、これも謎だ。因果関係は自然界の大原則であり、仮に出火した部屋の焼死した男性に出火責任があれば、被告に罪が及ぶのかどうか気になるところだ。更に、判決を裏返しに読むと、自力歩行が不可能な人が焼死するのを容認するような内容にもとれるのではないか。

「姨捨山。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%A8%E6%8D%A8%E5%B1%B1#.E6.A3.84.E8.80.81.E4.BC.9D.E8.AA.AC。(最終更新 2013年1月9日 (水) 09:31 )」『ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に、「棄老伝説 [編集]:「姨捨」の名は、姨をこの山に捨てた男性が名月を見て後悔に耐えられず、翌日連れ帰ったという説話(『大和物語』など)によるともされる。日本各地(世界各地にも)には様々な棄老の風習が民話や伝説の形で残っており、『今昔物語集』にも棄老にまつわる話がある。しかし棄老伝説は古代インド(紀元前200年頃)の仏教経典『雑宝蔵経』の説話に原点があると柳田国男の著書『村と学童』の「親棄山」に指摘されている[5]。7世紀に始まる日本の古代法制度下では20歳以下の若年者、60歳以上の老齢者や障害者には税の軽減など保護がされていて、法制にも棄老はない。このため、個人的な犯罪行為ということになるが、村落という狭い共同体における掟であったのか歴史研究家によって見解が分かれる。なおいくつかある棄老伝説における姨捨山は長楽寺境内の姨岩のこととして語られている話(学説ではない)もあって[要出典]、姨捨駅ホームの案内板でも姨捨山への所要時間が5分と表示されていることから冠着山ではなく姨岩のことになっている。 姨捨伝説については深沢七郎の『楢山節考』(1956年)にも取り上げられている。また柳田國男の『遠野物語』(111話)にはデンデラ野へ棄老するという風習が紹介されている。 『大和物語』(950年頃成立、156段)[6]が姨捨説話の初見であり、世阿弥の謡曲(1363年)にも取り上げられているほか『更級日記』(1059年頃)、『今昔物語集』(1120年頃以降)、『更科紀行』(1688年)でも言及されている。 このように往古から全国に知られた山であったが、更級郡に位置するという記述があるなど、特定された山ではなく、長野県北部にある山々の総称という見解もある。」とある。

WIKIPEDIA「うばすてやま(うばすてやま(姥捨て山)は、棄老伝説に材をとった民話。)(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%B0%E3%81%99%E3%81%A6%E3%82%84%E3%81%BE)」

加齢により、寝言老人もやがて寝言すら言えなくなる時が来る。刑事責任が認定されてその後に、損害賠償という民事裁判が起こされる場合がある。今回の裁判には遺族の傍聴も無いようだ。焼死した10人の被害者は、家族に見放され、行政に見放され、裁判で見放されたようにも感じてしまう。貧老はまさに社会の弱者だが、無用者、邪魔者と扱われては人間としての尊厳を否定されてしまうのではないか。自力歩行が不可能な人が焼死するのを容認する事は、人権の基本に関する差別ではないか。10名の焼死者全員が生きていれば納得できる解決法はなかったのか。

追記(2019/07/31):タイトルに投稿期日を追加。
追記(2019/09/17):タイトル文字スタイル修正、ざっそう句;を追加。

**********************************
CEEK.JPでの「たまゆら 判決」の検索結果(〈2013年1月20日日曜日〉)を以下に記す。

26 件の記事の 1 件目 ~ 26 件目 (重複1件は非表示です)  
行き場のない低所得高齢者 受け皿いまだ整わず (社会) 19日 08:10 東京新聞
たまゆら火災判決 「弱者の受け皿」課題残す ... (地方・地域) 19日 07:35 東京新聞
「たまゆら」火災 高桑被告に猶予付き判決 群馬 (地方・地域) 19日 02:19 産経新聞
「たまゆら」判決:無届け施設、防火に課題 (社会) 18日 23:58 毎日新聞
たまゆら10人死亡火事 元理事長「寛大な裁きをいた... (社会) 18日 18:57 フジテレビ
元理事長に有罪判決、元理事は無罪 「たまゆら」火災 (社会) 18日 16:44 朝日新聞
高齢者施設で10人死亡の火災 元理事長に有罪判決 (社会) 18日 14:28 テレビ朝日
たまゆら火災、元理事長に有罪・元施設長は無罪 (社会) 18日 14:01 読売新聞
たまゆら元理事長に有罪 老人施設火災10人死亡 前橋地裁判決 (社会) 18日 13:41 日本経済新聞
たまゆら火災 元理事長に有罪~前橋地裁 (社会) 18日 13:32 日本テレビ
「改めておわび」=元理事長が会見-たまゆら火災 (社会) 18日 13:28 時事通信
元理事長に有罪、元理事は無罪…「たまゆら」10人死亡火災 (社会) 18日 13:18 スポーツ報知
群馬・高齢者施設火事 元理事長に禁錮2年執行猶予4年の判決 (社会) 18日 13:04 フジテレビ
元理事長に有罪判決=元施設長は無罪-たまゆら10人... (社会) 18日 13:04 時事通信
前橋地裁が元理事長に有罪判決 たまゆら火災... (地方・地域) 18日 12:54 北海道新聞
「たまゆら」火災、元理事長に有罪判決 (社会) 18日 12:39 TBSテレビ
前橋地裁が元理事長に有罪判決 たまゆら火災、予見... (社会) 18日 12:29 共同通信
元理事長に有罪、元施設長は無罪 たまゆら10... (地方・地域) 18日 11:46 産経新聞
たまゆら火災:元理事長に有罪判決 元施設長は無罪 (社会) 18日 11:21 毎日新聞
前橋地裁、元理事長に有罪判決 10人死亡の老... (地方・地域) 18日 11:17 琉球新報
10人死亡の施設火災 元理事長に有罪判決 (社会) 18日 10:58 NHK
元理事長らに判決へ=たまゆら10人死亡火災-前橋地裁 (社会) 18日 06:01 時事通信
たまゆら火災:前橋地裁で18日判決 高齢者の住居確保は (社会) 17日 21:37 毎日新聞
「たまゆら」元理事長、判決前に心境告白 (社会) 17日 18:01 TBSテレビ
元理事長ら、18日に判決 10人死亡の「たまゆら」火災 (社会) 17日 10:38 日本経済新聞
26 件の記事の 1 件目 ~ 26 件目 (重複1件は非表示です)  

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク