« 技術 回顧と展望(老人の寝言):日の丸半導体は親方日の丸が救うのか | メイン | 技術 回顧と展望(会社生活断面記):ついに見付けた幻のタイピン »

2013年2月 2日 (土)

技術 回顧と展望(老人の寝言):半導体のリストラ再編に日本の将来はあるのか

2013年2月2日土曜日
昨日は晴れ。最低気温(℃) -4.4 06:42。ざっそう句:囃された 末に捨てられ 身は哀れ。宅内閑居。テレビにかじりついていたかみさんが、なにやら富士通やパナソニックが云々と声をかけてきた。半導体について、中身は知らないが、言葉は知っているので関連ニュースが流れた事を教えてくれた。2月1日にルネサス半導体の事を書いたので、その流れだろうと推測した。既にエルピーダメモリーはかつての宿敵マイクロンの軍門に下っている。

2013年2月1日の天気(AMEDAS)

TAVE= 4.0
TMAX= 9.7 最高気温(℃) 10.3 14:37
TMIN= -3 最低気温(℃) -4.4 06:42
DIFF= 12.7
WMAX= 2.8 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.1(南東) 13:54
SUNS= 7.5
RAIN= 0

Q
Q

技術 回顧と展望(老人の寝言):半導体のリストラ再編に日本の将来はあるのか

ところで、エルピーダは現在どうなのか気になった。エルピーダメモリ株式会社のホームページを見ると、「会社更生手続開始決定のお知らせとご挨拶(http://www.elpida.com/pdfs/pr/2012-03-23aj.pdf)(平成24年3月23日)」で平成24年3月23日に「、東京地方裁判所より会社更生手続開始決定を受けました。」とある。その記事によると平成24年2月27日に会社更生手続開始の申立てを行った。「マイクロン及びエルピーダ、 公正取引委員会の審査終了について(2012年12月21日)」の記事に「公正取引委員会の審査が終了したことをお知らせいたします。これにより、本件取引について日本の独占禁止法における調査が終了したこととなります。日本についても競争法上の調査を終了したことで、本件取引の実行の前提条件の一つを充足したことになります。」と、手続きは順調に進んでいるようだ。

エルピーダの場合、法的な手続きに従って破綻処理を行っており、前社長は「更生会社 エルピーダメモリ株式会社 管財人 坂 本 幸 雄」として残っている。かつての経営の最高責任者としてはつらい立場ではあろうが、これもつきつめれば生き方の問題であろう。沈みかけている船から率先して逃げる船長を見るようでは示しがつかないだろう。

一方、富士通とパナソニックの半導体に関する動きはどうなのか。WEB情報によると、お荷物になった社内の道楽息子や道楽娘を社外に追い出して、お家安全を図る作戦のようだ。その道楽息子や道楽娘が「システムLSI」で、両社のシステムLSIは別々の得意分野があるので、見かけは相性がよさそうだ。新家庭ならぬ、新会社の創立には外部資金(日本政策投資銀行)を頼るようだ。まだ、統合の全容が明らかにされておらず、今回の発表は打ち上げ花火のように見える。ルネサスも「システムLSI」を持っているが、まだ本体に留めさせるような未練があるようだが、合体に含みのあるような意味にとれる情報もあった。二者ならまとまる取引も三者ではまとまりにくいのが世の常。先々は外国の半導体メーカーとの合体もありそう云々とまだまだ、波乱がありそうだ。

「日本政策投資銀行。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%94%BF%E7%AD%96%E6%8A%95%E8%B3%87%E9%8A%80%E8%A1%8C。(最終更新 2013年1月11日 (金) 10:30 )」『ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。の記事に、「概要 [編集]経済社会の活力の向上及び持続的発展、豊かな国民生活の実現並びに地域経済の自立的発展に資するため、一般の金融機関が行う金融等を補完し、又は奨励することを旨とし、長期資金の供給等を行い、もって日本の経済社会政策に金融上の寄与をすることを目的に設立された。 資金の流れを「官から民」に移し経済を活性化する政策金融改革の一環で、2008年(平成20年)10月1日に、特殊法人で特殊銀行の日本政策投資銀行(旧DBJ)を解散し、特殊会社たる株式会社日本政策投資銀行(新DBJ)として新たに発足した(旧DBJの全財産の出資により新DBJが設立され、新DBJ設立と同時に旧DBJは割当を受けた新DBJ全株式を政府に無償譲渡し、旧DBJは解散)。 政府による100%出資の株式会社であり、特殊会社化により2012年~2014年を目途に政府保有株式の全てを処分し完全民営化する予定であったが、2009年7月3日に公布・即日施行された平成21年法律第67号による改正において、2011年度末を目途に、株式の政府保有の在り方を含む日本政策投資銀行の組織の在り方について検討を加え、その検討結果に基づく措置が講じられるまでは政府保有株式の処分は行われないことになった。」とある。

現役時代、カスタムLSIの開発支援をした。自社から開発仕様を出す。詳細設計は海外のベンチャー設計会社。生産は海外のファウンドリー。このような設計から生産までの流れが丸抱えではなく、専門会社の分業体制になっていた。料理の方式としてはホテルのバイキングと同じだが、料亭の会席料理ほどの贅沢は期待できないが、適切なコースを選べばほとんど我慢できる段階まで達していたようだ。ベンチャー設計会社は身軽で分裂、統合の動きも早く、うかうかすると委託した成果物が無断で流用される心配もあった程だ。ともかく、日本のシステムLSIも箱入り娘として自社製品の聖域として残されてきたのではないか。その聖域を切り離して外部に出し本体の無事を図る。弱者連合で創立した新会社も再建の切り札がない、やる気のある経営者がいない云々で、最後には資金を食いつぶし破綻し、その先は海外メーカーの軍門に下る。そのために、親方日の丸を頼りにするとは何となく釈然としない。悪夢だが、そちらの方が現実的に見えてしまう。


**********************************
以下は.CEEKJPで「富士通 パナソニック 半導体」でニュース検索した結果(2013/2/2)

26 件の記事の 1 件目 ~ 26 件目 (重複4件は非表示です)
システムLSI:富士通とパナソニック先行統合へ (経済) 00:48 毎日新聞
富士通とパナソニック、システムLSI統合へ新会社 (経済) 01日 20:38 日本経済新聞
パナソニック、第3四半期は346億円の営業黒字に改善 (電脳) 01日 20:07 impress
富士通:パナソニックとシステムLSI事業を統合との報... (経済) 01日 14:48 SFN
富士通とパナソニック、事業統合で最終調整 (経済) 01日 12:20 読売新聞
富士通・パナソニック先行、半導体統合 ルネサスは交渉継続 (経済) 01日 11:57 日本経済新聞
パナと富士通、LSIで新会社 事業統合、不採算立て直し (地方・地域) 01日 11:51 北海道新聞
富士通とパナソニック、システムLSI統合で新会社=関係筋 (電脳) 01日 11:14 ロイター
富士通<6702.T>とパナソニック<6752.T>... (経済) 01日 11:07 ロイター
パナソニックと富士通、システムLSI事業を統合へ 新... (経済) 01日 10:41 産経新聞
富士通とパナソニック 半導体で新会社 (経済) 01日 06:15 NHK
ルネサス・富士通・パナソニック、LSI事業統合ͨ... (経済) 30日 05:45 日刊工業新聞
パナソニック:富士通・ルネサスとシステムLSI事業統... (経済) 29日 14:49 SFN
システムLSI:富士通、パナ、ルネサスが統合で大筋合意 (経済) 29日 02:30 毎日新聞
十大新製品賞にみる、モノづくり産業を牽引する注目製品 (経済) 28日 11:30 EconomicNews
【個別銘柄】ファナックと島津製急落、ソニー大幅高... (経済) 28日 10:04 Bloomberg.co.jp
十大新製品賞にみる、モノづくり産業を牽引する注目製品 (経済) 26日 16:55 サーチナ
[法林岳之の「週刊モバイルCATCH UP」]超高速&フル... (電脳) 24日 14:23 impress
ドコモ、フルHD・高速処理で勝負 春の最新機種発表 (経済) 22日 20:28 朝日新聞
パナソニック、社員数削減や事業売却を模索する可能性=社長 (経済) 09日 18:27 IBTimes
UPDATE3: パナソニック<6752.T>、社員数削減... (経済) 09日 17:56 ロイター
国内半導体メーカー「選択と集中」の年に ルネサスの今後は (経済) 09日 09:15 産経新聞
26 件の記事の 1 件目 ~ 26 件目 (重複4件は非表示です)

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)