« 日々農天気:三代目小麦が発芽した! | メイン | 日々農天気:もうそろそろ白菜の頭部結束時期か? »

2014年12月 7日 (日)

読みかじりの記:カラー版 妖怪画談(岩波新書(新赤版238)) 水木しげる 著 (1992年 株式会社 岩波書店)

2014年12月7日(日)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 8.4 11:34。最低気温(℃) -1.3 05:23。ざっそう句:お歳暮の 下仁田ネギを 待つ我が家。丹波の黒豆を乾燥。畑から庭へ移した黒豆を処理。天地返しをしていないので乾燥状態が良くない。未熟で表皮が黒くなりかけの物もある。大型寒波が到来し日本海側地方には大雪が降ったようだ。影響が出始めているようだ。キウイフルーツの葉も全部落葉。降霜があったようだ。早めに収穫しなければ。当地も気温が低く、鼻水をすすりながら丹波の黒豆を優先作業。昼宅配。残念だがお歳暮ではなかった。夕方来客。他愛のない雑談。選挙の話は出ず。県のHPによれば期日前投票者数は前回を上回っているようだ。早めに投票するのが正解のようだ。

気象人のホームページ(http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2004-12-07)によると「初霜:(平年比+24日、昨年比+19日) 最晩記録」と初霜の遅さで新記録となったようだ。

2014年12月6日の天気(AMEDAS)

TAVE= 3.9 NO DATA
TMAX= 8.1 最高気温(℃) 8.4 11:34
TMIN= -1 最低気温(℃) -1.3 05:23
DIFF= 9.1
WMAX= 5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.7(北西) 11:33
SUNS= 6.6 NO DATA
RAIN= 0

Q
Q

読みかじりの記:カラー版 妖怪画談(岩波新書(新赤版238)) 水木しげる 著 (1992年 株式会社 岩波書店)

著者の漫画をどれほど読んだかはっきり記憶していない。「ゲゲゲの鬼太郎」はテレビで放映されたのか。WIKIPEDIAによると、アニメが放映された頃が、子供達の少年期と重なり、親子で楽しんだ作品だったようだ。

WIKIPEDIA「ゲゲゲの鬼太郎。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%81%AE%E9%AC%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E)」

岩波書店のホームページ(https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-430238-2)によると現在品切れのようだ。

WIKIPEDIA「水木しげる。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B)」

岩波新書の赤版で読んだ記憶があるのは、「国定忠治 高橋敏 著((2000年8月18日 新赤版 (685))」で、新書のお堅いイメージと異なり、新鮮さを感じた。本書はそれよりもかなり前に出版されているが、その存在は知らなかった。たまたま、古書店で出会った。

本書でも、著者の妖怪との付き合いの長さが述べられている。子供の頃は、妖怪をどのように認識していたかは定かではない。多分、お化けで全てが済んでいたように感じる。「妖怪」とはその文字が理解できないとイメージがつかめないのではないかと思う。

そこで「妖怪」「妖」の意味を漢字源で調べると、なまめかしい、あやしい、不気味というような意味がある。会意兼形声で、女の特徴と絡んでいるので始末が悪い。「妖怪」の「怪」も、あやしい、不思議、化け物というような意味があり、同義反復で、益々怪しく感じる単語ではないかと感じる。

今日の科学的常識からは、妖怪を見たと言うと馬鹿にされたりする心配もある。本書の最後の章「奇想を楽しむ日々」が著者の言いたい事らしいが、そもそも妖怪は感じる対象であり、それを絵にしなければならない漫画家として辛い所かも知れない。あるいは、想像し・感じた妖怪という対象を絵として生み出す創造の楽しみがあるのかも知れない。

実は、「妖怪」という現象は、怖いが見たいという相反する心理的バランスの上に現れるのではないか。科学や理性・合理性を問わず、もう少し原始的な人間性の範疇の現象なのかも知れない。真偽・存否は一時おあずけにして、もう少し精神を癒やそうという狙いもあるのかもしれない。

「老人の寝言:老人の妄想:STAP細胞特許をどうする?:貧相な科学者は皆無と信じたいが(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2014/04/stap-4bf7.html)。(2014年4月19日 (土))」

今年の社会現象としては、妖怪以上の怪異現象が幾つも発生したのではないか。人間社会に起こる現象も極論すれば、科学現象に過ぎない。だが、人間という存在において、余りにも大脳依存性が巨大化して、思考と行動と意識が分離してしまったようだ。確かに、ある個人が誰にも知られずに反社会的な行為によって自分を利する事も不可能ではないだろう。そのある個人をある集団やグループに置き換えても同じ事が言えるかもしれない。ところが、ある集団やグループメンバーの間で、利害が対立すると、妖怪以上の怪異現象が発生するように見える。妖怪を思いのままに操れれば、これまた楽しい事だろうと思うが、妖怪は庶民に対しては、そんなに親切ではなさそうだ。

妖怪と言葉で思い出すのが、共産党宣言の中の一節だった。PROJECT GUTENBERG:Manifest der Kommunistischen Partei(Karl Marx / Friedrich Engels);「Ein Gespenst geht um in Europa-das Gespenst des Kommunismus. Alle Maechte des alten Europa haben sich zu einer heiligen Hetzjagd gegen dies Gespenst verbundet, der Papst und der Zar, Metternich und Guizot, franzosische Radikale und deutsche Polizisten.(http://gutenberg.spiegel.de/buch/manifest-der-kommunistischen-partei-4975/1)」がそれに相当するようだ。

「Gespenst」は英語の「gohst」のようだ。 Googleでキーワード「Gespenst」を画像検索(https://www.google.co.jp/search?q=Gespenst&hl=en&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。何か可愛らしいお化けが表示される。

Googleでキーワード「ghost」を画像検索(https://www.google.co.jp/search?q=ghost&hl=en&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。

英語のghostは人間と関係した幽霊、亡霊のイメージが強いようだ。

Googleでキーワード「妖怪」を検索(https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A6%96%E6%80%AA&biw=1093&bih=451&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。 日本語の妖怪の方が、バラエティに富んでいるようだ。

ところで、「国際日本文化研究センター (http://www.nichibun.ac.jp/ja/)」に「怪異・妖怪画像データベース(http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouMenu/)」というのがあった。データベース検索画面のキーワードをクリックすると画像が閲覧できる。日本人の想像力に驚嘆しないでもない。著者も、日本の伝統を受け継いだ戦後の怪異・妖怪画家と言えるのだろうか。

奇想・空想上の妖怪なら何か愛嬌があり、無害かも知れないが、普通の顔をした妖怪の本物と偽物を見分ける事は困難を極める。今後は、本格的な妖怪解剖学が必要になるかも知れない。

「魑魅魍魎」という言葉:これは凄い。全部「鬼」偏。旁の方が怪異・妖怪を表すようだ。漢字源によると山川草木という自然の驚異・脅威が背景にあるようだ。広辞苑によると、魑魅は史記にも現れるようだ。その自然が科学により暴かれて、魑魅魍魎が住む場所を失ったのが現代か。人間の方がますます、魑魅魍魎化しつつあるようだ。

ページ先頭へ飛ぶ

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)