« TEST:20180922:Googleでキーワード「安倍晋三 自民党総裁 三選 課題」をニュース検索 | メイン | 身辺雑記:田舎老人徒然草:庭先お茶会;中日や 程々に過ぎ 十五夜だ。20180924。 »

2018年9月23日 (日)

つるかめ算(改題):寝言老人が幼少の頃:丸暗記も便利な時がある;マルチ床 そこそこできた 落花生。20180923。


2018年9月23日(日)
昨日は晴れ。ざっそう句;マルチ床 そこそこできた 落花生。暑さ寒さは彼岸までと言われるように、これからの暑さは貴重になる。今年は、一部試験的にマルチ床に落花生を播種した。苗が大きくなり、適当な時期にマルチを剥ぐのが正規の方法のようだ。花の先端が地面に侵入して、地中に実を付けるので、マルチが邪魔になるのだ。マルチがあれば、地上で実を付けて収穫が楽だろうと考えたが、甘い考えだった。マルチを突き破って地中に実を付けた物が少数あったが、ほとんどが食害を受けていた。しかし、株が生えているマルチ穴に侵入した実は正常に育っていた。マルチ穴が大きければ、ある程度増収が出来そうだ。直一粒蒔きなので、欠株が出来た。スペースを有効利用するには、ポットで苗作りをして、良苗だけを移植するのが良さそうだ。ともかく雑草との戦いに勝たねば豊作にならない。雑草を除去して、百均店の時なし小カブをマルチ床に蒔いて昼過ぎに畑から撤収。今回も、草むらの中にスイカ一個を発見。品種は大玉の筈だが、小玉スイカ並の大きさだ。真夏日となり本格的に汗を掻いた。収穫したスイカを食す。なんとか食べられた。ついでに、貰い物のカボチャを切る。

*************************

Googleでキーワード「安倍晋三 安倍昭恵 ニュース」を検索
CEEK.JPでキーワード「森友学園」を検索
CEEK.JPでキーワード「加計学園」を検索
CEEK.JPでキーワード「安倍晋三」を検索
CEEK.JPでキーワード「トランプ大統領」を検索
Googleでキーワード「加計学園」をニュース検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三」を検索
Googleでキーワード「セクハラORヨガ」を検索
CEEK.JPでキーワード「金正恩」を検索
Googleでキーワード「米朝首脳会談」をニュース検索
Googleでキーワード「日大」を検索
Googleでキーワード「G7サミット」を検索
bingでキーワード「自民党総裁選挙」を検索
Googleでキーワード「加計孝太郎」を検索
CEEK.JPでキーワード「プーチン大統領」を検索
CEEK.JPでキーワード「麻生太郎」を検索
Googleでキーワード「党首討論」を検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三 加計孝太郎」を検索
Googleでキーワード「点滴殺人」を検索
Googleでキーワード「自民党総裁選挙」を検索
bingでキーワード「西日本豪雨被害」を検索
Googleでキーワード「カジノ 法律 国会」を検索
Googleでキーワード「IR整備法案 貸金業」を検索
CEEK.JPでキーワード「米ロ首脳会談」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 西日本豪雨被害 総裁選挙」を検索
Googleでキーワード「ヒートアイランド 地表温度分布」を検索
Googleでキーワード「岸田文雄 総裁選挙」を検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三VS石破茂」を検索
Googleでキーワード「宮本武蔵OR佐々木小次郎 巌流島の決闘 安倍晋三」を検索
Googleでキーワード「世論調査 安倍晋三 忖度」を検索
Googleでキーワード「”首相動静”OR”首相日々”OR”安倍首相の一日”OR”安倍日誌”OR”首相の一日”OR”首相官邸”」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 閣議中止 病気」を検索
Googleでキーワード「小池百合子 築地 豊洲」を検索
Googleでキーワード「水道法 水道民営化」を検索
Googleでキーワード「アベノミクス 金融緩和 失敗」を検索
Googleでキーワード「日朝首脳会談 誤報」を検索
Googleでキーワード「原爆 広島 長崎 ノーベル賞」を検索
Googleでキーワード「日本 プルトニウム 核兵器開発 安倍晋三」を検索
Googleでキーワード「フェイクニュース トランプ米大統領」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 長崎原爆の日」を検索
Googleで石破茂 総裁選挙」を検索
Googleでキーワード「ヘリコプター 墜落 群馬県」を検索
duckduckgoでキーワード「自民党総裁選挙」を検索
Googleでキーワード「種子法 廃止」を検索
Googleでキーワード「全国戦没者追悼式 天皇陛下 安倍晋三」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 拉致 嘘」を検索
Googleでキーワード「沖縄県知事 県民葬」を検索
Googleでキーワード「NHK 事業縮小」を検索
duckduckgoでキーワード「福島原発事故 汚染水処理 残留放射性物質」を検索
Googleでキーワード「国の有識者会議 トリチウム水 処分方法 公聴会」を検索
Googleでキーワード「安倍一強 虚像」を検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三 玉砕」を検索
bingでキーワード「安倍晋三 石破茂」を検索
Googleでキーワード「自民党総裁選」をNEWS検索
Googleでキーワード「トランプ米大統領」をニュース検索
BBCでキーワード「PM Shinzo Abe」を検索
Googleでキーワード「大物政治家」を検索
duckduckgoでキーワード「トリチウム水 公聴会」を検索
Googleでキーワード「みなかみ町 町議会解散」を検索
Googleでキーワード「貧乏人は麦を食え」を検索
duckduckgoでキーワード「小泉進次郎」を検索
Googleでキーワード「安倍外交 トランプ米大統領 プーチン大統領 習近平主席」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 岸信介」を検索
Googleでキーワード「9.11同時多発テロ 陰謀説」を検索
Googleでキーワード「トランプ米大統領 中間選挙 劣勢」を検索
Googleでキーワード「安倍晋三 訪米」を検索

*************************

2008/10/31

つるかめ算(改題):寝言老人が幼少の頃:丸暗記も便利な時がある

「追記(2018/09/22):この過去記事は、ほぼ10年前に書いたが、読みにくさがあるので、読み易く整形、再読して、印象・コメント等を追記して再利用。母は、丸暗記が得意だったのか、学芸会の語りや歴代天皇の名前等をすらすら言う事が出来た。それに反発したのか、学生の頃から暗記が嫌いになった。今、振り返ると、若い時に暗記した事は、年を取っても覚えているので、暗記していると便利な事もあると思う。

つるかめ算等は、主に父が出題した。暗算で解くのだが、出題する時も、暗算をしていたはずだ。振り返ると、自分が父とした遊びと、自分が子供とした遊びが異なっている。得意、不得意等も幼少時の体験で変わってくるのかも知れない。それでは、以下改造。

幼少時の冬の団らんとなると、みんなで切りごたつに足をつっこんでラジオを聞いたり言葉遊びをした事を覚えている。時には、父が出題者になり鶴亀算をやった。鶴と亀を合わせると何匹で、鶴と亀の足をあわせるの何本である。鶴と亀は何匹かというような問題である。

出題者の方も最初に、鶴が何匹、亀が何匹だから足は何本と計算して出題していたようで、数は暗算でも、直ぐに出せる範囲であった。後々、これが連立方程式で解けるものだと分かるのだがそれよりも早くから、こういう遊びで基礎的なことを学んでいたようだ。

同じような問題で、植木算というものがあった。10mの距離に2m毎に植木を植えるのに植木は何本必要かというような問題であった。両端に植えるので10÷2に1を足さねばならないところがミソである。

目の子算 :いとしきもの:2010年5月 6日 (木)記事へのリンク

昔の農家の父親は冬は俵編み、縄ないなどをやっており、余り遊んでもらった記憶はないのだが、こういうコタツでの団らんの一時もあった。米を入れる俵には規格があったようなので、俵編みは一度もした経験は無い。縄ないは、綺麗にした藁を、二つの受け口に順々に入れて、足踏み式で、入れた藁をねじり、それが交互に巻き付いて縄になる仕組みであった。足踏み式は、その後モーター駆動式になったと思うがはっきり覚えていない。

ともかく、当時は藁縄の用途も多く、冬の農閑期に作りだめして、俵の結束などに使っていた。その後、俵に代わって、麻袋や紙袋が使われるようになっているようだ。現在は、出荷用は紙袋、販売用は厚めのポリ袋が中心だと思う。

当時は、就職した時使えると算盤塾へ通うが小中学生かなりいた。学校でも算盤を教えたが、かけ算・割り算は全然出来なかった。勿論、算盤塾とも無縁であった。高校、大学の頃は、算盤は無く、計算尺へ移行した。まだ、大学では手回しの計算機が使われていた。コンピュータも、机上の空論で、FORTRANをカードに書いた程度であった。

会社に入ってから、ようやくトランジスタの安定度等をIBMの大型コンピュータで計算できるようになった。手入力のバッチ処理で、計算を依頼してから、プリント結果が来るまで、1~2日位かかった。

機械と頭脳の間に横たわっている溝は昔から変わっていないようだ。

*************************

2008/10/31

つるかめ算

幼少時の冬の団らんとなると、みんなで切りごたつに足をつっこんでラジオを聞いたり言葉遊

びをした事を覚えている。時に、父が出題者になり鶴亀算をやった。鶴と亀を合わせると何

匹で、鶴と亀の足をあわせるの何本である。鶴と亀は何匹かというような問題である。出題者

の方も最初に、鶴が何匹、亀が何匹だから足は何本と計算して出題していたようで、数は暗

算でも、直ぐに出せる範囲であった。後々、これが連立方程式で解けるものだと分かるのだ

がそれよりも早くから、こういう遊びで基礎的なことを学んでいたようだ。同じような問題で、植

木算というものがあった。10mの距離に2m毎に植木を植えるのに植木は何本必要かという

ような問題であった。両端に植えるので10÷2に1を足さねばならないところがミソである。昔

の農家の父親は冬は俵編み、縄ないなどをやっており、余り遊んでもらった記憶はないのだ

が、こういうコタツでの団らんの一時もあった。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 567.3 99 266 111947.6 23.6 31.5 19.2 12.3 5.6 4.8 0 19.2 31.7 11.6(北西)
時刻等℃   D m/s H mm 03:11 14:11 15:06
2018年09月22日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク