« 身辺雑記:5Sも断捨離も程々が良いのか | メイン | かみつけ女流歌人 雅:長の娘 »

2011年6月 1日 (水)

老人の寝言:時間切れという最悪の玉砕シナリオに突き進む愚挙を避けよ

2011/6/1
昨日は晴れ間があり、ラジオで国会中継を危機ながら外で仕事。福島原発事故の原因解明も今ひとつ迫力に欠ける感じだ。忍冬の香りがしてきた。蚊も出てきた。

昨日の天気

TAVE= 16.7
TMAX= 20.6
TMIN= 12.3
DIFF= 8.3
WMAX= 5.7
SUNS= 5.8
RAIN= 0

老人の寝言:時間切れという最悪の玉砕シナリオに突き進む愚挙を避けよ

電卓にプログラム機能を付けるとその用途が格段に広がる。特に、計算尺を使ってきた技術者としてはプログラム機能付き関数電卓は羨望の的であった。とうとうhp社の磁気カードメモリーが使えるきのプログラム機能付き関数電卓を買った。その磁気カードに宇宙船ゲームのようなものが入っていて、そのゲームで遊んでいた事を思い出した。宇宙船は有限の燃料しか運べないので、その燃料が尽きない内にミッションを遂行しなければならない。そんな状況をゲームに仕立てたので、かなり具体的なイメージを描けた。要するに、無駄に燃料を使わずにという条件で、ミッションを果たし、地球に帰還しなければならない。そんな、場面を想像すると、当時のLED表示の電卓でも意外な現実感を味わえた。そのような宇宙船ゲームと同じような構造を持つのが福島原発事故の収束というミッションではないか。当然、福島原発事故の収束というミッションにも宇宙船ゲームの船長に相当する指揮官がいるはずだ。しかし、それが霧の中で見えない。船長がミッションを忘れて、別の目標を追求しているのではないかと疑うような状況が見えかくれしてしまう。その行き着く先はタイムオーバーという玉砕ではないか。

毎日JPは、「東日本大震災:東電2社員・250ミリシーベルト超 甘い対策、現場悲鳴;url=http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110531ddm041040136000c.html(毎日新聞 2011年5月31日 東京朝刊))」というタイトルで、「東京電力福島第1原子力発電所で復旧作業にあたっている東電社員2人が、緊急時の上限250ミリシーベルトを超える被ばくをしていた疑いが強まった。しかも、放射性物質を体内に取り込む「内部被ばく」が大半とされる。取材に応じた作業員らの証言からは、現場の汚染がひどく、対策が追いついていない実態が浮かぶ。労災問題の専門家は「このままでは健康被害が深刻化する」と警告している。」と報じた。

福島原発事故で、地震発生からベントの実施までの放射能強度データが意識的に隠蔽されていたのではないかという疑惑を感じる人が多いのではないか。しかし、福島原発事故現場は放射能というカーテンで隠されている。原子炉が五重の壁で守られているというのが原子炉の安全性を一般人を納得させるための口上であったが、メルトダウンが公になってからその口上が聞かれない。原子力発電所の煙突は何の役割をするのか常々疑問であったが、ベントを実施した時に放射能を含んだ高圧蒸気を逃がすための装置なのだろうと最近思っている。東京電力のホームページを見ると「ふくいちライブカメラ」がその煙突を写している。ライブカメラの映像は余り変わっていないように見えるが、原発内部で何が進んでいるのか。

原子力発電所で働いていた大量の内部被曝を受けた作業員はマスクの着用をしていなかったと言われている。放射能が放出されるベント後はマスク着用は当然であろう。ベント以前に内部被曝を受けていたとすると、既に地震で五重の壁が破られ、放射能がプラント内に拡散していた事にならないか。地震だけで、津波は無くても放射能漏れを起こす危険を無視できない。このような条件は全ての原発に共通する事だが、全原発への飛び火を怖れてか、問題として浮上していないのが気になる。

原子力発電所で一人前の仕事が出来るまでには、10年程度の経験が必要であるようだ。福島原発事故現場で働く要員には、被曝の上限がある。その上限を越えて、現場の作業を続行させる事は人道上も出来ない。事故の収束作業に手間取ると、技術や経験を持つ要員が次々に欠けてくる。そうなれば、仕事の精度もスピードも落ちてくる。その行き着く先は、要員不足による玉砕にならないか。同時に、濃度の高い放射能汚染水も、その循環処理がや収容設備がうまく進まないと時間切れとなる。原発事故の収束にはいくつものクリティカルパスがある。何が最短のクリティカルパスか不明であるが、最短のクリティカルパスから、事態は急変するだろう。やはり、原発事故の収束には、全体が見える司令官が必要なのではないか。

以下本題。

かみつけ女流歌人 雅:夫逝きて

歌題=夫逝きて:

■入彼岸に 迷ひ来し猫は 他界より 夫の送れる 遣ひなるらむ 95 宮澤 奈加枝

生死は分かち難く、迷い猫さえ何かの縁でつながっているようだ。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)