« 科学ニュースに独り言:巨大科学のリーダーに邪心は無用か | メイン | 心象の足跡:子供の頃育てたおじぎそう »

2012年4月18日 (水)

読みかじりの記:「わが 半導体 経営哲学 意志ある所、道あり」 川西 剛 著 (1997年 株式会社 工業調査会)。120418。

2012/4/18(水)
昨日は晴れ時々曇り。午後、短時間だが雷鳴がして雨がパラパラ降った。用事外出。買い物。イチゴのポット苗1つ買ってみた。セルフスタンドで給油。150円台の下/㍑。前回の給油時に、店員が満タンですかと聞いたので、うっかり「満タン」と言いそうになってしまった。ガソリン価格は上昇中。「満タン」とはしばらくご無沙汰している。夕方打合せ。WIN VISTAでパワーポイントを操作。両方、ほとんど使っていないので、思うように動かせない。

2012/4/17(火)の天気

TAVE= 13.4  
TMAX= 19.2 最高気温(℃)  20.5  14:07
TMIN= 9 最低気温(℃)  8.9  05:27
DIFF= 10.2  
WMAX= 3.3 最大瞬間風速(m/s)  8.3(北北西)  15:12
SUNS= 5.4  
RAIN= 0  

Q
Q

読みかじりの記:「わが 半導体 経営哲学 意志ある所、道あり」 川西 剛 著 (1997年 株式会社 工業調査会)

日本の半導体業界の中で飯を食ってきたので、最近の日本半導体の凋落ぶりに耐え難い悲哀を感じている。以前、会社更生法適用申請をしたエルピーダメモリに関して記事を書いた(技術 回顧と展望:日本の産業劣化に経営者の品質劣化は無関係か?2012/2/29(水)http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/02/post-994c.html)。

企業としての半導体事業は、まさに常在戦場というビジネス環境の中で、淘汰をかけた総力戦を戦ってきたといえるだろう。たかが、産業のコメ、産業のねじ・釘に過ぎない部品事業が、企業の中で最も金遣いの荒い部門になり、投資と戦略を誤れば、経営者本人だけでなく、企業母胎も、立ち上がれないほどの損失を被る。

エルピーダメモリ株式会社のホームページを見ると、「企業情報 当社及び当社子会社の会社更生手続開始決定に関するお知らせ(2012年3月23日)」以後の新しい、告示事項は無かった。東芝が、エルピーダメモリの再建支援に乗り出すのか。支援が取りざたされた背景として、東芝の半導体部門は、健全性を保っているという見方があるのだろう。

本書の著者は、東芝の半導体の草創期から半導体事業が最も輝いていた1995年頃まで、一貫して東芝の半導体の現場や最後には半導体部門の経営に従事されて、本書は著者の半導体人生前半の総集編として書かれているように思われる。

著者は「第8章 わが半導体人生 4 私の現在から未来」で、1994年東芝役員退任後、「何か仕事を与えられた時の原則」を掲げている。
①四十年間余お世話になった東芝にプラスになること。
②長い間お世話になった、半導体、液晶業界に少しでも寄与できること。
③長年携わった国際関係に貢献できること。

著者はこの三原則を掲げて、第二の人生に乗り出したようだが、その節目に書かれた本書は、著者と一回りほど遅れて、一兵卒として半導体業界で暮らしてきた自分にとっても、大変参考になった。

仕事、生活、人生等々語れば際限がないテーマだ。それを、色々な支点から見直して、整理する事により哲学が生まれてくるのだろう。本書の川西式経営哲学は、かつての半導体業界を乗り切った哲学でもあろう。出版後15年ほどになるが、本書はまだ価値を失っていないと思う。

現役の半導体経営者はどんな哲学を以て経営に臨んでいるのか。現在現役の半導体経営者は最早自分の哲学を語るチャンスすら無いのだろうか。自分も半導体業界は日々疎くなっている。それでも、人生の大半を過ごした体験や知識は捨て難く感じている。職が変わり、相手が変わっても生き続けて活用できる知恵が哲学と言うのに相応しいような気もする。

「東芝:設立 1904年(明治37年)6月25日(株式会社芝浦製作所)」ref/WIKIPEDIA/⇒:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8A%9D#.E6.B2.BF.E9.9D.A9。とある。後2年で設立110年となる総合企業である。その長い歴史の中で、半導体事業は、明らかに新規の起業に匹敵するだろう。WIKIPEDIAのリンクから、創業者「田中久重」へ跳ぶとその語録が目に入った。

「田中久重;。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E4%B9%85%E9%87%8D。」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。(最終更新 2011年11月12日 (土) 15:29)(http://ja.wikipedia.org/)の一部引用=「語録 [編集]:高い志を持ち、創造のためには自らに妥協を許さなかった久重は以下の言葉を残している。

「知識は失敗より学ぶ。事を成就するには、志があり、忍耐があり、勇気があり、失敗があり、その後に、成就があるのである」」。何と本書の内容の大半を要約するような言葉が並んでいる。先人の知恵はそれを感得した人に受け継がれて行くのか。

「第7章 明日を見る眼 9 忍耐と創造」で、桃栗三年柿八年の喩えで、メモリーは柿だったと述べている。忍耐の必要性を説いている。

本書を読みかじって、意外に失敗事の記事が少ないように感じたが、「田中久重」の語録の通り、失敗は次なる挑戦の踏み台であり、語らずもがなの事なのだろう。

多趣味のテニス、将棋、園芸等々も、経営の視野拡大に役立てている姿には著者の人生に向かう哲学が見えるようでもある。本書は著者が第二の人生に出発する時の本でもあり、とりわけその部分に共感を覚えた。また末尾の謝辞も印象に残る。特に母への謝辞が。

*************************

追記:ひょっとしたらと思い、「半導体シニア協会」のホームページを覗いてみた。その会報に掲載された記事を拾い読みしていた時があった。会社時代は仕事を通して人に接することが多いが、退職後の先輩・上司の活躍を見ると、また意外な側面があったのだと思う楽しさがあった。

「半導体シニア協会」は「半導体産業人協会」に変わっていた。なんと、そのホームページに掲載されていた最新号であるEncore74号の読者の広場の欄に、「私の半導体人生」というタイトルで、TEK コンサルティング代表 川西 剛氏が執筆していた。著者は「半導体シニア協会」の会長も歴任されている。

この記事から、本書出版以後の様子を知ることができた。この記事で、失敗例としては、「アメリカでのFAB、ザイログ社との提携等であった。」という内容は本書の補足としても興味深い。

著者は学生時代は「無線工学で著名な森田清教授についてアンテナ工学を専攻した」とのことだが、配属されたのは通信関係の職場ではなく、受信菅の現場であったと述べている。いわば、半導体や真空管は想定外の仕事だったが、半導体がライフワークとなったらしい。

自分の場合も、電気工学科に入って、卒研は電子工学的な内容であった。入社したら、モーター関係の仕事をさせられるだろうと予想していたが、半導体部門に配属された。半導体ビジネスは好況不況という山と谷が大きい業界だが、マクロ的には成長産業だと上司から言われ、部下にもそう言ってきた。

現在、その産業の未来を占うことが難しくなってきた。しかし、半導体の誕生から今日まで蓄積してきた技術・ノウハウ等々は一夜に消滅する事はないだろう。問題は、そのような蓄積を使い果たす前に、次の飯の種を探して育てることが可能かどうかだろう。著者はアンコール74号の「グランドシニアーの一言」で、その辺を示唆しているように見える。

*************************
追記(2017/11/16):記事整形、過去BLOG再読、印象・コメント等
東芝のテレビ事業部門売却のニュースに接して、東芝関係の過去記事を再読した。半導体事業は、日本の超優良企業の中でも鬼っ子だったようだ。そんななかで、東芝元副社長まで上り詰めた川西 剛氏のインタビュー記事が下記サイトの(「週刊ダイヤモンド」委嘱記者 村井令二)による記事。企業の優良成長部門を育てた経営トップが、その現状を、「それで皆で育てた半導体事業を売りに出さなければいけなくなるなんて、本当に信じられないミスとしか言いようがなくて、残念です。」と語って、身につまされる。


東芝はなぜ経営危機に陥ったのか? 元副社長が語る最大の原因(http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/01/diamond-online-toshiba_n_16906432.html)。(2017年06月01日 20時18分 JST)」(ハフィントンポストの記事へのリンク)(このサイトへのリンク

道具あれこれ記:半端道楽:デジカメで撮影したノートパソコンの異音?;爺婆の 迷子が絶えぬ バス旅行。171116。(この記事へのリンク)

*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2019  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク