« 食べて生きる:市場で声を交わしながら買い物をするのも良いものだ(伊勢崎地方卸売市場の新鮮市)PART2;行列の 長蛇の先は 詰め放題。171119。 | メイン | 半端道楽:写真で俳句る(写真+凡句):あの世界には風情があるのか?(永田町 どの顔見ても 枯れ芒。);猫が来て 布団の上で 懐炉役。171121。 »

2017年11月20日 (月)

半端道楽:環境雑録:科学ニュースに独り言:テントウムやカブトムシが採用していた折りたたみの技術が面白い!;芋の葉が とろけて無惨 霜の跡。171120。

2017年11月20日(月)
昨日は晴れ一時曇り。ざっそう句;芋の葉が とろけて無惨 霜の跡。午前、天気が良かったので畑に出る。漠然と畑の様子を見る。未明に強風が吹いてけやきの葉の吹き溜まりが出来ていた。あの憎らしい雑草・アメリカセンダングサが枯れて黒っぽい色に変わっていた。イチジクの葉も落ちた。ここ数日の間に霜が降った結果であろう(気温と風速が低くかった、11月17日頃降霜があったか?:下記グラフ)。二号特区のニンニクがまばらに発芽してきた。雑菜も同時に発芽。雑菜退治をした。シシトウの葉や茎が萎れてきたので引き抜いた片付けた。これが最後の収穫になった。夏に収穫しそびれて倒れたミニトマトから発芽して元気に育っていた二世の株もすっかり枯れた。結局今年のミニトマトの収穫はゼロ。葉が落ちて百均店の中玉トマトの実が良く見えてきた。時々、実を取って口に放り込んでいたが、昨日株を引き抜いて全部収穫した。未熟果3:熟果1程度の割合だ。他に腐った過熟果もある。今回が最初で最後の本格的な収穫だった。一か月ほど栽培を早め支柱を立てて管理を徹底すれば十分収穫出来ただろう。中玉トマトが病気や雨天に絶える事は確認出来た。茎が倒れても地面に接しなければ綺麗な果実が収穫出来そうだ。ネギ特区の雑菜引き抜きと土寄せ。散乱したポット、セルトレー、苗箱を整理整頓。P社ノートパソコンからインターネット接続ができなくなった。NASに置いているファイルは使える。ルーターのデータが蒸発したのか。時々起こる症状だが、電源を切って再起動する(パワーオンリセット)以外の対策がない。ルーターも一種のパソコンと考えると、暴走に近い症状なのかも知れない。リセットのおまじないを掛けてインターネット接続は復元出来た。実は現役時代、パワーオンリセット機能が付いたレギュレータICを開発した事があった。そのセールストークがマイコンの誤動作防止というキーワードだった。リセットで思い出すのが小池都知事のリセット発言。どこかのメモリーに書き込まれてしまったデータを初期値に戻す作業だ。政治家の発言はリセットで済むほど軽い物では無いだろう。降霜が家庭菜園のモードを切り替える臨界点だ。これからは家庭菜園は冬モード中心の対応になる。

Iob_2017_amedas_isesaki_20171117

原ファイル名=「IOB_2017_AMEDAS_ISESAKI_20171117の伊勢崎のアメダスデータ.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

半端道楽:環境雑録:科学ニュースに独り言:テントウムやカブトムシが採用していた折りたたみの技術が面白い!

テントウムシは益虫と言われているが、どのような虫類を捕食しているのか。夏は、野菜も雑草も豊富にある。秋の菜園シーズンは、その雑草を退治しながら、野菜栽培面積を拡大してゆく。

Iob_2017_tentoumusi_2017
この時、浮塵子のような小さな虫が、退治される雑草から逃げ出して安全地帯に大移動する。晩秋になると、小さな虫類は、畑の隅の雑草やゴミ山に逃げ込んで、冬を過ごすのかも知れない。成虫のままか、卵かは知らないが。

WIKIPEDIA「テントウムシ。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7)」(この記事へのリンク)によると、「成虫は春から秋までよく見られる。トホシテントウなどは幼虫で越冬するが、多くのテントウムシは成虫で越冬する。越冬の際は石や倒木などの物かげで、数匹 - 数十匹の集団を作る。」との事だ。

最近の話題では、テントウムシが空を飛ぶときは、外側の厚い羽の下にある、飛翔用の折りたたんだ薄い羽を開いて飛ぶらし。大きさを小さくする工夫は、傘などでも見られる。従来の傘は、骨を閉じたり開いたりでその機能を実現しているが、骨と膜をを折りたたんで小型化をするこうもり傘は、まだ発明されてからそれほど経っていないように思う。

東京大学は、「テントウムシのはねを折り畳むメカニズムを解明。;http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/unfolding-the-folding-mechanism-of-ladybug-wings.html。( 情報理工学系研究科:2017/09/08 )」(このサイトへのリンク)というタイトルで、「東京大学生産技術研究所の斉藤一哉助教(当時、現:情報理工学系研究科特任講師)らの研究グループは、テントウムシがはねをどのように折り畳んでいるのかを、透明な人口ばねをテントウムシに移植し、その基礎となる折り畳みのメカニズムを観察することで解明しました。本研究成果は、はねがいかにして飛行時には強度と剛性を保ち、地上ではコンパクトに折り畳み収納ができる柔軟性を持つのかを明らかにし、人工衛星用アンテナからミクロな医療機器、傘や扇子などの日用品まで、形状変化構造を持つ製品の先進的なデザインへの幅広い応用が期待されます。」と報じた。

「折りたたみ傘の歴史」()によると、「折りたたみ傘は、1928年にドイツのハンス・ハウプト氏の考案により世に出ました。同氏が1932年に特許を取得し、製造、量産が行われ、世界的に広まっていきます。日本に折りたたみ傘が普及し始めたのは1950年代に開発が行われ、ドイツ製の骨部分を手本にして真鍮製の大小の異形パイプがスライドして短くなる中棒を商品化したのが始まりです。」との事だ。

更に、折りたたみというメカニズムは、カブトムシの幼虫から成虫ができる過程でも使われているという研究が発表されている。

名古屋大学は、「なぜカブトムシの角は蛹で突然出現できるのか。;http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20171027_agr_1.pdf。(20171027)」(このサイトへのリンク)というタイトルで、『カブトムシは角を「小さく折り畳んだ状態」で形成しておき、~』と、折りたたみのメカニズムを解明したと報じた。

テントウムやカブトムシが身につけていた、折りたたみという技術が解明され、ようやくその技術を人間が使える基礎が解明されたのが、つい今年だったというニュースは注目に値するだろう。思うに、生物の外形だけでも無限の可能性がありそうだ。なぜ、その生物が、その外形を獲得したのかという問題には、単純だが語り尽くせない歴史が潜んでいるのだろう。

*************************

2017年11月19日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 7.7 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 13.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 4.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 9 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 6.7 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 7.9 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 3.3 6:14
最高気温(℃) 13.6 14:45
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 14.7(北西) 0:02


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク