« 愛しき古里:地域の教育力:明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る(10):矢島昇と矢島保治郎は小学校の師弟だったか?;煤払い 左右入れ替え はい終わり。171207。 | メイン | 愛しき古里:地域の教育力:明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る(12):明治中頃の国家教育;南無阿弥陀 小春の庭で 土いじり。171210。 »

2017年12月 9日 (土)

愛しき古里:地域の教育力:明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る(11):地域の教育力;新聞と 無縁に咲くや 山茶花よ。171209。

2017年12月9日(土)
昨日は曇り一時晴れ。ざっそう句;新聞と 無縁に咲くや 山茶花よ。落ち葉を踏んで新聞を取りに行く。山茶花が咲いているのを何となく見ているのだが通り過ぎるだけだ。それでも、庭先には冬が訪れているのが知れる。もう、落葉樹の落ち葉も進み最終段階だ。そろそろ、落ち葉掃きをして新年の準備をしようと漠然と思う。宅内閑居。物置状態の部屋を見て呆然とする。短期的に見ればその数%しか使っていない。残りの90%は無用だから捨てられるかと考えると、自分の手垢が残っている物こそ本当の記憶再生装置なのかも知れない。しばらく使っていない、VHSビデオテープ、音楽CD、カセットテープを鎮座している部屋の一等地から撤去。多分、3TバイトのHDDにすっぽり入りそうな情報量だろう。だが、使わない情報をHDDにため込んでも何の役に立つのか。市販メディアはラックから取り出して段ボール箱に詰め込んだ。埃を被っているパソコンがあちこちを占拠している。とりあえず、結線を外して本体と周辺機を分離して整然と並べた。これでパソコンは機能を捨てて室内のオブジェになった。思うに、これらのハードソフトに注ぎ込んだ金と時間は無駄だったのか。現在では、画像も音楽も写真もビデオも電話もスマホ一台で間に合う。最近の若者は物欲が小さくなっているようだ。必要な物があっても借りて間に合えば良い。逆に、手元には自分の手垢が染みついた物が残らない。耐久消費財の家、車にもこだわらない。そういう高価な物を持つのは所詮夢なのだとあきらめているのだろうか。物不足時代を経験した世代とは価値観が様変わりしているのかも知れない。父が植えたシュロが見上げるほど高く伸びて、家の陽当たりを悪くしていた。母は、そのシュロの木を見上げながら昔話をした。オレもそのシュロの手入れをしてきたが、ついに脚立に昇っても手が届かない高さになってからは放任している。そろそろ、あのシュロも役目を終えたかなとつぶやく。どっこい、そのシュロの木は切り倒しても処分が難しい。

CEEK.JPでキーワード「開戦」を検索

CEEK.JPでキーワード「真珠湾攻撃」を検索

過去記事再読:
10年未だし生垣作り、半端道楽:懸案だったシュロを切る(改題):庭木に何を植えるか、植える時に悩め!?120124。

*************************

愛しき古里:地域の教育力:明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る(11):地域の教育力

地域の教育力とは何か。そんな物は無いと言うのが正解かも知れない。力学的な力も抽象的な力も、間接的にしか把握できないのが、力の本質ではないか。自治体の教育方針等には、■■力と考えられる能力のほとんどに力で例えた能力が列挙されているのを知ると驚いてしまう。要するに、教育とは戦いで、あらゆる力を獲得し、物事が支配できれば良いというような価値観が潜んでいるように感じる。

Iob_2017_yajima_noboru_no11_
原ファイル名=「IOB_2017_YAJIMA_NOBORU_NO11_地域の教育力の源泉を探る.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

そのような、教育観を徹底すると、教育とは国家が国民を支配する道具に成り下がってしまう恐れも無きにしも非ずではないか。最近、当BLOGでは「我が闘争(改題):老人の寝言:ハイルヒットラーはもうご免!091022。」という記事がランキング1位になった。明治は遠くなりにけりと言われたのいつ頃だったか。調べて見ると、「昭和40年代、明治100年にあたるころに流行したようだ。その元は、「降る雪や明治は遠くなりにけり」と言う、中村草田男の第一句集『長子(ちょうし)』(昭和11年)に収められているそうだ。

明治以来の日本の時代の風潮は、明るいときも、暗いときもあったようだ。やはり、力、力、力とう言葉が氾濫するとき、世相は徐々に暗くなるのでは無いか。「海を渡った 幕末明治の上州人」の中の、須藤元吉は軍隊を経て旅行作家のような活動に従事したので、まだ世相の明るさはあったのだろう。

「身辺雑記:田舎老人徒然草:炬燵で聞いた遠い遠い昔話(23):広島の女と群馬の男;重力波 捕らえた如し 猫の髭。1602。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2016/02/23-7311.html)。(2016年2月23日 (火))」(この記事へのリンク)の記事に書き出した「海を渡った 幕末明治の上州人」は、「相川之賀(探検家、実業家?);新井領一郎(実業家?);磯貝雲峰(作家?);内村鑑三(宗教家?);小栗忠順と同行者達(幕府の役人?);久米民之助(実業家?);佐波喜六(実業家?);斎藤大之進(幕府の役人?);世界一周を志した須藤元吉(世界紀行家?);鈴木勇次郎(幕府の役人?);田島武平(実業家?);田島弥平(実業家?);角田柳作(学者?);飛行機王中島知久平の渡米(実業家?);新島襄(宗教家?);原口鶴子(学者?);伏島近蔵(実業家?);星野あい(教育家?);チベット王矢島保治郎(探検家?);湯浅一郎(実業家?);湯浅半月(宗教家?)。」であった。

人間を肩書きや職業で安易に割り切ることはできないだろう。ここにリストアップされた、「海を渡った 幕末明治の上州人」達は、やはり大きな足跡を残しているようだ。

愛しき古里:地域の教育力:明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る(10):矢島昇と矢島保治郎は小学校の師弟だったか?;煤払い 左右入れ替え はい終わり。171207。を読む

*************************

2017年12月08日 伊勢崎(イセサキ)
TAVE= 5.7 毎正時のアメダス観測値(気温)の平均値
TMAX= 10.8 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値
TMIN= 1.2 毎正時のアメダス観測値(気温)の最小値
DIFF= 9.6 毎正時のアメダス観測値(気温)の最大値と最小値の差
WMAX= 7.4 毎正時のアメダス観測値(風速)の最大値
SUNS= 3.2 毎正時のアメダス観測値(日射)の合計値
RAIN= 0 毎正時のアメダス観測値(雨量)の合計値
1日の極値 データ 時刻
最低気温(℃) 0.9 4:38
最高気温(℃) 12.6 10:51
出典=気象庁 参照⇒ AMEDASへのリンク
最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 14.2(西北西) 21:17


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2017-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク