« 半端道楽:花と実を楽しむ:万年青の実を採取して実生苗を作る(夢);万年青の実 俺と野鳥の 奪い合い。20200114。 | メイン | 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:2020年;今年はめでたさもチュー以上をねだらない事にしようか...。;赤城山 雪雲寒く にわか雨。20200116。 »

2020年1月15日 (水)

半端道楽:我が家の庭の手入れをして思うこと(要約、反省、教訓等);鏡餅 汁粉に泳ぎ 小石咬む。20200115。

2020年1月15日(水)
昨日は晴れ時々曇り。ざっそう句;鏡餅 汁粉に泳ぎ 小石咬む。朝方、散歩のついでに知人が来宅。貰い物あり。お返しに樹上にある夏みかんやキンカンを取って渡す。朝露が乾いた昼前から庭の手入れを続行。グランドカバーに日が当たるのが庭木が落葉している季節だ。落葉の中に沈んでいるとそれも日光を受ける障害になる。地面をグランドカバーが覆えば雑草を抑圧する筈だとその前提は明快だが、理屈通りにならないのが現実だ。陽当たりが悪いとグランドカバーの成長も遅く、相変わらず斑のままだ。最初から密植する必要がある。タマリュウは日陰では余り増殖は期待できない。リュウノヒゲは増殖が緩慢になる。ヤブランならリュウノヒゲ以上の増殖を期待できそうだ。自生しているヤブランを掘り上げて株分けして移植した。キウイフルーツの棚の下に繁殖しているヤブランを別途庭に移植する予定だ。由来不明のリュウゼツランがあったが、葉先に棘があり手入れに手間がかかるので処分した。自然に育っているアオキは残す。ともかく、現在の環境に育っている植物が、その環境に最適と考えられる。これが実を付ければ面白そうだと柿の苗を植えたが成長も遅く、樹形も惨めなままだ。夕方頃、終了して宅内に戻る。かみさんが神仏に供えた餅で汁粉を作り食した。石のように固い部分もあるがゆっくり咬んで食す。ダイソーの運勢暦を見ると、今日は小正月である。昔は、繭玉を作って客間に飾ったような記憶がある。その行事も生活の合理化で消失した。

Iob_2020_natumikan_hanayu__20200114
原ファイル名=「IOB_2020_NATUMIKAN_HANAYU_柑橘の実_20200114.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

************************

半端道楽:我が家の庭の手入れをして思うこと(要約、反省、教訓等)

当BLOGでは、庭について色々な事を書いてきた。かなり、気まぐれに書いてきているので全体的な様子が把握しにくい。その庭が理想的な庭かと言えば、全く手に負えない代物でもあるので、頭を抱えているのが実情だ。それでも、その庭のある家で生まれ、そこで生活しているので、何となく愛着があり、少しでも理想的な庭にしようと心がけてきた...。

「箱庭療法:いとしきもの(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/04/post-2f8d.html)。(2010年4月15日 (木))」:湯川秀樹は幼少の頃箱庭遊びを好んだらしい。それが彼の人格形成や業績とどのような関係があったか興味を覚えた。

Googleでキーワード「湯川秀樹 箱庭遊び」を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&lr=lang_ja&q=%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E7%A7%80%E6%A8%B9%E3%80%80%E7%AE%B1%E5%BA%AD%E9%81%8A%E3%81%B3)。

桜を見る会は、東京都新宿区と渋谷区に跨がる環境省所管の庭園である新宿御苑(しんじゅくぎょえん)で行われていた。庭の機能は、小はアパートの一角や住宅の一部から、大は国家の大庭園まで、広範囲に及んでいる。

我が家にとっては、庭は作業場であり、遊びの場でもあり、団欒の場でもある。そこで過ごしてきた記憶は消し去ることが出来ない。多分、数世代先の祖先も、位置や形が変わっているが、日々の生活を庭と共に過ごした事だろう。

************************

桜を見る会 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org › wiki › 桜を見る会
会場 に移動 - 会場[編集]. 新宿御苑において開催される。新宿御苑は日本さくら名所100選に選定されており、65種・約1300本の桜が ... の多品種のヤエザクラが見ごろを迎える4月中旬から下旬を御苑の桜のベストシーズンと位置付けており、桜を見る会 ...
会場所在地‎: ‎東京都新宿区内藤町・渋谷区千駄ヶ谷 ...
初回開催‎: ‎1952年
主催‎: ‎内閣総理大臣
開催国‎: ‎日本
‎概要 · ‎招待客 · ‎歴史

************************

庭作りの道楽の限界・問題・課題等を拾い出してみた。

(1)あれもこれもと手当たり次第植え込んだり庭石を並べても失敗する
   趣味、センス、知識の問題でもある
(2)道楽する本人には楽しみで生き甲斐であっても、他人には苦痛・負担になる
   代替わりで直面する問題でもある
(3)庭の維持管理には費用や手間暇がかかる
   道楽で金や手間暇を掛けても文句は言えないが、その役が回ってくると大変
(4)道楽の庭作りは日本庭園の流儀とは別物
   石灯籠等趣味が合わないと面白く無い
(5)自力・自費・ポケットマネーで楽しめても、業者を入れれば多大な出費になる
   美観・価値観が問題
(6)庭の改造や用地変更も困難になる(高齢化、代替わり)
(7)庭にも時代毎に流行がある(家の新築等)
   住宅と庭の機能のマッチング
(8)貴重な庭園木の保全
 家庭のシンボルツリーが分からなくなり処分されてしまう危険がある
(9)庭作りのコンセプト・我が家の庭の良い点等の世代を超えた引き継ぎ
(10)家庭における庭の機能と価値の再評価

親父は親父なりの考えで庭作りをしてきたのは、現在の庭を見ていると良く分かる。だが、庭木は手入れをしない限り、勝手に動き出す。樹勢が強い黒松を庭に植えて、門かぶりの松に仕立てていた。それが、狭い庭に二本もあった。手入れが大変になり、オレ様がその一本を処分した。ともかく、陽当たりや風通しが悪くなった庭を少しずつ改造して行こう。

「半端道楽:縮伐カット&トライ(植木の寸詰め):門かぶりの松を切る!;行くべきか 雪の予報に 迷う朝。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2015/01/post-3b3e.html)。(2015年1月31日 (土))」

「縮伐カット&トライ(植木の寸詰め):門かぶりの枝を切って、待つこと三年で押し倒す!;この国が 平和に成れと 祈るかな。171224。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2017/12/post-938a.html)。(2017年12月24日 (日))」

父が庭に植えて実用性で頑張っているのが一才柚・ハナユだろう。自分が植えたスダチも実を収穫出来ているが陽当たりが悪く心配だ。大実キンカンは通路脇に植えたので気付いた時に収穫出来る。オレ様にも、まだ改造のチャンスはありそうだ。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 172.7 351 14 2013.0 7.2 11.9 1.9 10 3.1 6.4 0 1.4 12.7 6.2(東)
時刻等℃ m/s H mm 07:25 13:04 14:45
2020年01月14日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 4% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2020-PART1

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク