« 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;笑うな・怒れ!;猿回し 猿が過労で 失業だ。20200523。 | メイン | 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;政治家の「失敗学」は最初から不要だ。大失敗したら厳罰に処せ。;お祭りが 済んで彷徨う 獄の門。20200525。 »

2020年5月24日 (日)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;どこか似ている 「原子力緊急事態宣言」と「コロナウイルス緊急事態宣言」;崖っぷち 追い詰められて 最後っ屁。20200524。

2020年5月24日(日)
昨日は曇り一時晴れ。ざっそう句;崖っぷち 追い詰められて 最後っ屁。相変わらず冴えない天気だ。五月晴れはどこへ行ったのか。そこで、アメダス天気図を見ると太平洋上に停滞前線が鎮座している。寒冷前線と温暖前線が激闘中なのか。宅内閑居。メールに返信。その後、古いアルバムを開く。その中から数枚をデジカメ撮影。オヤジの軍服姿の写真は沢山あるが平服の写真が少ない。戦前は、毎日が戦争で、戦争以外の事を考えると国賊だと思い込まされていたのか。むしろ戦争をするだけで精一杯が日本の実力だったのだろう。戦前のような閉塞感が現在の新型コロナウイルス感染症・COVID-19パンデミック便乗大政翼賛会現象なのだろう。もはや、新型コロナウイルス等いなくなってもそれにしがみつかないと生きて行けない黒いウイルスモドキの悪徳政治家連中が当分跋扈するだろう。だが、その虚構性は日毎に暴露され最後は崖っぷちに追い詰められて自爆するのでは無いか。その時に放つ最後っ屁の分析が楽しみだ。司馬遷のような歴史家が、世界の人物史を書けば、それこそ世界的大ベストセラーになる事疑い無しだ。だが、司馬遷を虜にするような個性豊かな人物が現代の世界にいるのか疑問だ。

Iob_2020_suiren_3_20200524
原ファイル名=「IOB_2020_SUIREN_スイレンの花3_20200524.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

Iob_2020_amedasu_tenkizu__20052312
原ファイル名=「IOB_2020_AMEDASU_TENKIZU_アメダス天気図_20052312.png」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

「老人の寝言:日々迷想:世界の指導者よ、もう一度史記を読んだらいかがか;建国日 道理で店は 人だかり。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2015/02/2015-a08f-1.html)。(2015年2月12日 (木))」で、「司馬遷は生き恥をさらす宮刑を受けてでも、その事実を後世に伝えるために史記を書いたのだろう。司馬遷が伝えようとしたのは李陵の事だけでは無い。人間とは何かを考えよと重い自問を投げかけているようにも感じる。史記130巻を膨大な竹簡で綴ったそうだ。司馬遷が今に生きていたらこの世界を見てどんな史記を書くだろうか。」と書いた。

************************

https://www.youtube.com/watch?v=UXTfHiaAppk

6:02 再生中
15 回視聴 3 か月前
 

1881年(明治14年)に発表された、スコットランド民謡の日本語版です。 「別れのワルツ」っぽく3拍子でアレンジしました。 日本語訳詞:稲垣 ...

************************

https://www.j-cast.com/tv/syukanshi/

元木昌彦の深読み週刊誌 一覧

朝日新聞・産経新聞記者は懲戒免職もの!これまでの黒川検事長がらみ記事ヨイショしてないか検証しろ

"黒川定年延長法案"一夜でつぶした週刊文春「賭け麻雀」スクープ!卓囲んでた産経新聞記者の関係者たれ込み

安倍首相の「新しい生活様式」こんなもの本気でやったら暮らしも経済もペシャンコ

「黒川弘務検事総長」に安倍首相が期待する2つの汚職つぶし「森友再捜査」「河井夫婦逮捕」

************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;どこか似ている
「原子力緊急事態宣言」と「コロナウイルス緊急事態宣言」

緊急事態宣言も食傷気味になって来た。ともかく、この二つの緊急事態宣言をじっくり比較すれば、緊急事態宣言の主役の国民の惨めさが分かるだろう。国民は、あの朝三暮四の猿のように、早く金をくれと騒ぐだけ。一時金を貰ったツケは数十年も税金として国民に押しつけられる。まさに、日本人とはお目出度い国民だ。

「老人の寝言:恐るべき本末転倒の論理を世界があざ笑う(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/05/post-fa42.html)。(2011年5月24日 (火))」で、「この発表を振り返ると、「原子力緊急事態宣言」を出すべき事態が「本日16時36分」に発生しして、政府の原発事故対策体制が起動した事が分かる。原発事故対策の本当の初動対応は、地震発生から原子力緊急事態宣言発令までであろう。ともかく、、「原子力緊急事態宣言」の発令は電源喪失が確認され、重大な事故が発生する事は完全に予想された処置である。しかし、その後の初動対応が闇の中なのだ。その闇は、もはや最高権力者の胸の中を推測する以外にないのか。津波が来る映像も公開されている。原発データも早期公開が望まれる。ともかく全てが、東北地方太平洋沖地震が発生した「2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒(WIKIPEDIA)」が起点になる。東京電力が上記記事のように、実は福島第一原子力発電所の2号機、3号機もメルトダウンを起こしていたという報告を今更出す目的はなにかとかんぐってしまう。当局が一番信用しないと言っていたシミュレーションで出した結果ではないか。今更嘘はつけまい。シミュレーションはあくまでも判断の材料に過ぎない。放射能の拡散は現象として刻々と進んでいるのである。刻々と進んでいる現象を口先だけで対処しようとしたツケが原発事故の損害賠償なのだ。大問題は原子炉の5重の壁を破って、危険なレベルの放射性物質物質が外部に流出した事である。当局の最大の責任は、事故対策の真のミッションを放棄し、目先の局限された情報に目を向けさせ、被災者、現場作業者や国民を放射能にさらした事だ。当局は組織や仲間を守ることに汲々として国民は危険にさらされたと国民はうすうす知り始めた。恐るべき本末転倒ではないか。」と書いた。

最早、老人力が付きすぎて、KBを叩きBLOGを書くのも億劫になってきた。過去記事のコピペが増大中だ。でも、過去の資産は実態が伴っている。未来の夢を食って生きる事は出来ないのだ。ドンドン過去記事を掘り起こして徹底的にこき使いたい物だ。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 472.5 220 145 36682.8 19.7 24.1 14.8 9.3 2.7 1.8 0 14.8 25.2 5.6(南東)
時刻等℃ m/s H mm 05:13 13:09 18:50
2020年05月23日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 40% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2020-PART1

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク