« 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;スーパージャンボ機日本号の機長はどうした;半袖の 腕ボコボコと 蚊が騒ぐ。20200727。 | メイン | 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;福島原発事故汚染水の海洋投棄と嘘の時限爆弾の炸裂;国道の 騒音荒れて コロナ梅雨。20200729。 »

2020年7月28日 (火)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;医者の生き方;長梅雨や 遊べ悪友 晴れぬ間に。20200728。

2020年7月28(火)
昨日は曇り一時雨。ざっそう句;長梅雨や 遊べ悪友 晴れぬ間に。今も新型コロナウイルス感染症・COVID-19禁足令が出ているような気分でしばらく外出していなかった。いくつか用事が溜まったので用事外出した。予約時間の前に雑用処理をする積もりで昼飯は早めに済ませる。最初にコンビニプリント。次にウォッチングを兼ねてスーパー1へ。種用ニンニクを購入。段ボール箱をもらう。百均店で百均店で買ったウォッチ用の電池LR41等を購入。ここでも箱を貰う。リサイクル店1で一点。スーパー2で串団子等。久しぶりに給油。@131円/Lだった。汚れた車の窓ふき。若い店員に場所を聞く。良く知らない。先輩が教えてくれた。そうかあれで有名だと言ったら先輩も知らなかった。所詮古い事を調べる馬鹿は少数派だ。目的地に向かうが慣れない道筋に入り込み何とかスーパー3。レジ袋有料のアナウンスを聞いて車に戻り二枚ポケットに入れた。半額の魚の切り身等。次が目的地。体温チェックでパス。用事は無事済んで関連の店。店頭駐車を確認&用事もOK。次にリサイクル店2で電池動作LED照明。リサイクル店3でSDカード等3点。帰宅予定時間を過ぎてしまった。車庫の中で安否メールを受けた。何とか無事帰宅。久しぶりの運動でぐっすり眠れた。

Iob_2020_jakucyuu_rl_322pxfish_from
原ファイル名=「IOB_2020_JAKUCYUU_R&L_伊藤若冲=『動植綵絵』の内「群魚図+左右反転画=322px-'Fish'_from_the_'Colorful_Realm_of_Living_Beings'_by_Ito_Jakuchu.jpg」
WIKIPEDIAより引用
IOB=IMAGES ON Beloved Ones
右利きだと左右反転画は画きにくいと感じる。魚の動きと筆の動きが合わない?

************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;医者の生き方

表2 施設の種別・年齢階級別にみた医療施設に従事する医師数(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/06/kekka1-2-2.html)
平成18(2006)年12月31日現在

上記資料によれば、医師数(人)=263 540、平均年齢=48.1 歳との事である。我々が日常接する医師も、各医師にはそれぞれ、ドラマがあると思われる。そのドラマも、所詮人間である以上、我々俗人と変わらない筈だ。

「読みかじりの記:歌集 老爺われ 菊野亨 著 (2010年 北冬社)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/07/post-38a3-1.html)。(2011年7月28日 (木))」で、「以上は本書のほぼ前半を駆け足で観賞したところ。著者は妻の死を契機に歌の会に入会し、医業の合間に歌作りに励んだようだ。その間約10年間。享年90才で他界。長男氏が本書を出版した。本書の前半は著者80才台後半の作と思われるが、年老いても現役として医業に勤しむ姿が詠まれており、色々な面で参考になり元気付けにもなる歌が多いと思った。数が多い学会に出るという歌の中には、医学の進歩に追いつくという執念と共に地域医療も念頭にあったように思われる。医療においては中央と地方の格差は大きいであろう。学会活動は学ぶ意欲を基本に情報格差を縮める努力でもあったように思われた。また学会に出るために並々ならない努力をしている姿はそれが生き甲斐の一つのようにも見えた。老後の生き甲斐はこれ一つという例もあるが、本書の場合歌は生き甲斐でもあり、自己を客観視・相対化する道具のようでもあり、なんとなもないユーモアもある云々と不思議な印象を受けた。そこには医師としてかくあるべしという信念があるのではないか。後半には、高齢となりいよいよ廃業して、自らが患者として入院する場面があり、そこに「老爺われ」が多く登場する。」と書いた。

医者なら、自分の事(当然自分の生老病死も含む)が良く分かるだろうと思って、医師が書いた通俗書を読んで、後から検索すると、病死をしている医師も居て、生老病死も自分で解決できないものだと感じた記憶がある。

最近も、かみさんと雑談していて、医師の話になった。紺屋の白袴の例えのように、医師としての力を自分に回すのが難しいという実情もあるらしい。それなら理想的な患者にならなれそうだと思うが、それも意外に難しそうだ。

読売新聞は、「【独自】女性患者「金を払ってでも死にたい」、医師に金額提示…ALS嘱託殺人 。;url=https://www.yomiuri.co.jp/national/20200727-OYT1T50094/。(2020/07/27 08:16)」というタイトルで、「難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に対する嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、医師側に支払われた金銭について、女性から金額を提示していたことが捜査関係者への取材でわかった。削除された女性のパソコンのデータを復元し、詳細なやりとりが判明した。」と報じた。

読売新聞がタイトルに【独自】を付けている意味は、女性患者の死にたいという意志が確認されたという事か。

現役時代、開発契約の仕事で、知的財産部門の先輩から契約自由の原則を教えて貰った。ともかく、この世では、どういう内容の契約でも、基本的には自由に締結できると言う内容だった。しかし、普通の契約は、公序良俗に反しないという付加条件があると見なされる。更に、自由意志は、人間の行為・行動の原則でもある。

契約は、個々に自由意志を持つ個人の間でも成立する。今回の嘱託殺人と言われる事件の契約当事者は、二名の医師と一人の患者との間で交わされているようだ。一人の患者にはもう一人または複数の難病主治医がいるのだろう。この治療の契約は生かすか苦しみの軽減だったのか。

ともかく、一人の患者が、異なる相反する契約の当事者になっていたというような構図が見える。当然、裁判になると思うが、個人の自由意志という問題にまで踏み込むと、法律以前の生命倫理に関係してくる筈だ。既に、死亡を望んだ患者はその意志が達成されているが、その意志は紛れもなく本人の物か。

オレ様にはSNSはヴァーチャルの基盤の上に成り立っている。本人の代理人が勝手にSNSを使う例もあるだろう。某国首相のアカウント番をしていた政治家がいたのを思い出す。政治がからむといよいよ妄想が湧き上がってくる。ミステリーの世界が大きな口を開けて待っている。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 606.5 155 210 73507.1 25.3 27.3 23.5 3.8 1.3 0.1 2.5 23.4 27.5 3.3(西南西)
時刻等℃ m/s H mm 05:58 13:38 08:28
2020年07月27日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 58% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2020-PART2

00001_アクセスランキング記録2020-PART1

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク