« 土偶:いとしきもの | メイン | 炭坑:いとしきもの »

2010年4月10日 (土)

虫の音:いとしきもの

2010/4/10

虫の音

虫の音の波分くるごとさらさらと庭木の葉おと闇をわたりぬ

昭和萬葉集16巻。自然の姿 日月風雨の区分にあった短歌である本巻には昭和44年と45

年の歌が納められているが、どうしてもその時代のトピックスに目が向いてしまう。そうして、

胸が締め付けられる思いをする。社会は激動の中にあった。そんな中、自然を詠った歌に

は、どんな歌があるのかとページをめくっているとこの歌に出合った。自分も虫の音には、そ

の時々に感興を覚えるがそれをうまく表現できないでいる。多くの虫が一斉に鳴いている頃

はその音を聞く人間にもゆとりがある。最後の一匹が弱々しく鳴く虫の音には尽きせぬ悲哀

を感じる。そういえば、母は耳鳴りがすると言って久しかったが、ついに自分もその耳鳴りが

する年齢になってしまった。その耳鳴りの音を蝉のように感じる人といるようだ。いま、冒頭の

歌を読んでいると自分の耳鳴りは秋の虫の大合唱のように聞こえてくる。多くの虫が精一杯

鳴いていると雑踏のような雑音に感じてもよさそうなのだが、全体の流れの中に波のような強

弱が生じて来る。それを作者は虫の音の波くると波のようにとらえたようだ。その波が押し寄

せまた引いて行く。そんな、夜の情景の中にさらに耳を澄ませたのか、庭木の葉おとがわた

ってきたと詠った。それも虫の音のように強弱を伴って。凡人はついつい虫の音を主題にし

てしまうが、この歌の作者はその虫の音をバックに据えて、庭木の葉おとまで詠ってしまう。

当然、虫の音に全神経を集中していたから庭木の葉おともキャッチできたのではないか。波

分くるごとは如しという喩えなのか、繰り返しのリズムなのか。やはり、観賞上は波が押し寄

せまた引いて行くというようなリズム感にとりたい。当然作者は真っ暗の闇の中に自分を置い

ている。激動の時代にあっても、このような自然の中に身を委ねて至福の時を送れることを

この作者は教えてくれる。電気屋は波と来ればつい電波を思い出してしまう。そうして理想的

な通信システムを思い出す。アンテナはしっかり対象に向ける。自分からは極力雑音を出さ

ない。信号のS/N比を上げる。拾い上げた信号は解析器にかける。それを加工して表現す

る。こういう一連の作業の結果、この歌が生まれたのかもしれない。歌を詠むという行為を通

信システムになぞらえてしまったが、こういう一つ一つに作者(読者)のこだわりがあるのであ

ろう。通信は送信と受信が一体となって成立するのだろう。

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク