« 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;日本人は太陽崇拝の心を忘れてしまったのか;切るべきか 雑木芽吹く 春の畑。20210122。 | メイン | 身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;思い出の風景:墓地の大木;はな垂らし お茶かけ飯で 息を吐く。20210124。 »

2021年1月23日 (土)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;バイデン米大統領は駐日アメリカ大使に誰を派遣してくるか;日向ボコ 口が疲れて 話し止む。20210123。

2021年1月23日(土)
昨日は晴れ一時曇り。ざっそう句;日向ボコ 口が疲れて 話し止む。昼前、気心の知れた田舎の四首脳が庭先に集まって予定のランチ会談。天気は良し、お茶、お茶菓子、鶏重とご馳走も十分、時間も十分と最高の会談日和になった。日射があり、無風に近かったので、ホカホカと暖かい。小春日和と言いたいが、小春日和は陰暦十月(初冬)の穏やかな春のような天気を言うらしいのでそれとも異なる。話すのは色々と心身の健康に良いらしい。XXの文句を言うのもストレス発散になる。大いにストレス発散も出来た。今後は、ゴム人形を悪徳政治家連中に見立てて叩いてやろうか。叩き甲斐のありそうなぬいぐるみでも製造して売り出せば大ヒットするかも知れない。昔だが、だっこちゃん人形が大流行したことがある。連想だが、ボッコちゃん人形という商品名はどうか。先に、悪用されないようここで先行使用しておこう。余り使ったことが無い言葉だが、フルボッコ(ふるぼっこ)という言葉を耳にする。調べると、「フルボッコ(ふるぼっこ)とは「フルパワーでボッコボコ」の略である。すなわち、「一方的な展開で打ちのめすこと、あるいはされること」である。」らしい。時代は変わってしまった。アメリカでは、国民が大統領からフルボッコ(ふるぼっこ)されるような時代になってなってしまった。ツイッターがフルボッコ(ふるぼっこ)の道具であったが、ツイッター運営会社からその道具を取り上げられてしまった。ツイッターというマスメディアはまさに自殺してしまい、民主主義の敵・言論統制という醜態を見せた。

ロイターは、「トランプ氏の使用停止は正しい判断だが悪しき前例=ツイッターCEO。;url=https://jp.reuters.com/article/usa-trump-twitter-idJPKBN29J0BO。(2021年1月14日12:22 午後9日前更新)」というタイトルで、「[13日 ロイター] - 米短文投稿サイト、ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は13日、トランプ大統領のアカウントを永久停止したことは「正しい判断」だったが、危険な前例を作ってしまったと述べた。 ツイッターは8日、暴力を扇動するリスクがあるとしてトランプ大統領のアカウントを永久停止した。大統領のフォロワー数は8800万人だった。 ドーシー氏はツイッターで「これらの措置を取ることには賛否両論があり、大衆を賛成派と反対派に分断する」と指摘。明確に説明することや学びの可能性などを制限すると述べた。~。ドイツのメルケル首相も、表現の自由を制限するのは一民間企業ではなく法的機関であるべきとの認識を示した。」と報じた。

************************

6745 回視聴 10 か月前
 

************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;バイデン米大統領は駐日アメリカ大使に誰を派遣してくるか

アメリカ政府が日米関係をどれほど重視しているかは日本に派遣する駐日アメリカ大使の選任を通して知ることが出来るようだ。その最適例が元駐日アメリカ大使 エドウィン・O・ライシャワーであったと思われる。

「読みかじりの記(歴史の転換):「The Meaning of the Showa Era  昭和を貫く 一本の糸(日本語訳)」 元駐日アメリカ大使 エドウィン・O・ライシャワー 著。(1989年1月15日 Vol4 No3(通巻150号)ニューズウィーク日本版-臨時増刊号 発行所 株式会社ティービーエス・ブリタニカ)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2013/01/the-meaning-of--35c8.html)。(2013年1月23日 (水))」で、「元駐日アメリカ大使 エドウィン・O・ライシャワーの特別寄稿を読んで、日本の歴史は、自らが選び取ってきたものであり、その中には成功も失敗もあるが、世界史的な広い視野からその失敗と成功を見直すことにより、日本は世界の指導者として、世界と共存できる継続的な発展が可能であるという、日本国民へのメッセージのように感じた。」と書いた。

初期の日米貿易に多大な貢献をした群馬県人新井領一郎の長女美代は松方正義の息子の松方正熊に嫁いだ。孫の松方春子は、駐日本アメリカ合衆国大使エドウィン・O・ライシャワーの妻ハル・松方・ライシャワーとなった。かくて、群馬県と日米外交の関係にも因縁浅からぬ物があるようだ。

「駐日アメリカ合衆国大使」(WIKIPEDIA)によれば、「30代 ウィリアム・F・ハガティ;2019年(令和元年)7月22日 (退任)」以来、任命されていないとの事である。改めて、アベ欠陥外交のボロを見せつけられた思いがする。バイデン米大統領が就任して、日米外交の仕切り直しを行うチャンスであろうが、菅義偉新内閣の寿命も短命な予感がする。そこで、バイデン米大統領が新駐日アメリカ合衆国大使を任命するという外交カードを切ると決断する事は当面無さそうだ。

極論だが、米国が駐日アメリカ合衆国大使を送り込んでくるのか、送り込んでくる場合はどんな人物かで日本側内閣の軽重が計られてしまうだろう。日本が、世界に誇れる独立国になるには終戦後100年の2045年頃か。二十年後にはアジアの国家バランスは激変しているかも知れない。アジアの最貧国になっているかも知れない。今年は、新年から明るい夢は見られなかった。

時事通信は、「新型コロナワクチン供給に不透明感 契約変更、出遅れ響く。;url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012201115&g=pol。(2021年01月23日07時20分)」というタイトルで、「新型コロナワクチンが日本国内でいつごろまでに確保できるのか不透明感が増してきた。当初は米製薬大手から6月末までに一定量が届くことになっていたが、正式契約で「年内」に変更となったためだ。各国とのワクチン開発競争での出遅れも響いている。」と報じた。

Yahoo!ニュースは、「東京オリンピック開催に懐疑的な声、海外で続々。菅政権「コロナに打ち勝った証」としての開催を強調するも「ワクチン接種」は前提とせず。;url=https://news.yahoo.co.jp/articles/82fbe327ff3e8fd6276fc7602bdfe580a4f70707。(1/20(水) 14:46配信)」というタイトルで、「新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えない中、2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催は今後どうなるのか。 菅義偉首相大臣は1月18日に開会した通常国会での施政方針演説で「新型コロナウィルスに打ち勝った証」としての五輪の開催に改めて意欲を示したが、海外では中止に言及する声や懐疑的な報道が活発になっている。」と報じた。

外交の名人か音痴か知らないが、菅義偉新内閣総理大臣が最初に切った外交カードは無難にもベトナム訪問であった。その次に繰り出すカードは何か。ともかく、めぼしいカードは新型コロナウイルス感染症・COVID-19対策とオリンピックしか無いだろう。今、「新型コロナウィルスに打ち勝った証」と言うのは、狂気の沙汰に近くなってきたように感じる。トランプ前米大統領が歴史の舞台から消えていったのはまさに新型コロナウイルス感染症・COVID-19との戦いで負けたからでもあろう。

WEB情報によると、「厚労省は「薬事承認などの手続きもあるため、現時点で接種時期は示せない」と説明した上で、高齢者への接種は3月下旬、一般の人へは5月までに「接種を実施できる体制を整える方針」(厚労省担当者)としている。」との事だ。

更に、ワクチン情報は錯綜してきたので、いつ接種が始まるか誰も知らないのが実相のようだ。まさに、これから先は混沌としているのだろう。かくて、今年の前半はあらゆる物が混沌としてくるかも知れない。丑年なので、急がずゆっくり、最後の方を選ぼうか。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高t 瞬風
DATA 147.7 343 22 1620.3 6.2 14.9 -1.8 16.7 1.6 6.7 0 -2.6 14.9 3.9(東南東)
時刻等℃ m/s H mm 05:17 15:24 15:40
2021年01月22日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 6% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2021  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)