« 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:ワクチンに特許はあるのか;ワクチン戦争が怖い;人並みの 運勢愛でる 年賀くじ。20210119。 | メイン | 老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;嗚呼、無投票当選のやるせなさ;尻隠し 鬼神消えて 山動く。20210121。 »

2021年1月20日 (水)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;玉響(たまゆら)の霊魂;世界中 火の気舞台に 目を見張る。20210120。

2021年1月20日(水)
昨日は晴れ。ざっそう句;世界中 火の気舞台に 目を見張る。明日は大寒だと相変わらず丸くなって宅内閑居。データのUP-LOADを何度も試みたが途中で停止してしまう。そこでサポートに電話して相談。別のサイトを紹介されて試したら一発でUP-LOADが終了。これで気分が晴れた。先日は、軒下の洗濯機が故障して、かみさんが新品を購入した。今回は洗面所に設置。10年位使ったので寿命も長い方だと店員が言っていた。今日は大寒。気温も下がっている。米国ではバイデン次期大統領の就任式が行われるとの事である。だが、今年の就任式はお祭りムードでは無く、軍隊がホワイトハウスを包囲して、戒厳令のような厳重な体制の中で行われるようだ。長期的・世界史的視点から見ればアメリカ合衆国という組織体も崩壊変質の過程にあるのかも知れない。数世紀後には各州が分離独立しているかも知れない。既にソビエト連邦は崩壊消滅している。中国も米国も、巨大化を追求しても、全ての国民が等しく満足する国家にはならないのは自明だ。恐竜が滅びたのとどこか似ている。政権の引き継ぎが混乱して、その間まともな連邦行政が機能しなかった。まさに恐竜は死に損なったのだ。国家を軍隊がまとめたが、その軍隊も百年程度で解体するだろう。中国も反面教師として米国を研究しているだろう。それなら日本は大丈夫か。もはや国家の重要な機能が腐ってしまって処置無しの段階に至っているのかも知れない。

Iob_2021_white_house_by_harsh_lig_2
原ファイル名=「IOB_2021_White House by Harsh Light_20210120.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

YOUTUBEで「BIDEN INAUGULATION CEREMONY LIVE」を検索(https://www.youtube.com/results?search_query=BIDEN+INAUGULATION+CEREMONY+LIVE)

YouTubeでも就任式の中継がありそうだが、世界中からアクセスが集中するとパンクしてしまうか?

*************************

BLOOMBERGは、「ワシントン去るトランプ氏に不名誉の烙印-分断とコロナ失策。;url=https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-01-19/QN631MDWLU6N01。(Jordan Fabian;2021年1月19日 18:04 JST;更新日時 2021年1月20日 0:37 JST )」というタイトルで、「トランプ米大統領は20日、就任時よりも鮮明になった政治的分断と高い失業リスクの中に国民を残し、首都ワシントンを後にする。自身は2回目の弾劾裁判を控え、米国の歴史を振り返っても特に波乱に富んでいたトランプ政権は不名誉な終わりを迎える。  トランプ氏は同日午前に出発し、バイデン次期大統領の就任式前にフロリダ州パームビーチにある自身の別荘マールアラーゴに到着する計画だ。肩書きが前大統領となっても、少なくとも一時的に元ホワイトハウススタッフに囲まれて新生活を開始することになる。」と報じた。

************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:田舎老人徒然草:過去記事を読む;玉響(たまゆら)の霊魂

「静養ホーム たまゆら - 2009年3月に起こった火災で入所者10名が死亡した老人ホーム(群馬県渋川市)[1]。」(WIKIPEDIA)

たまゆらの火災事故からもうじき12年なるのかと思う。死亡者は13回忌を迎えることになる。何事も金が最初だという風潮の中、このたまゆら火災事故は何とも割り切れない切なさを感じた。その気持ちを「社会から見捨てられ浮かばれない貧老の嘆きの声」と表現したのだろう。以来、この貧老層は確実に増大していることだろう。

「老人の寝言:社会から見捨てられ浮かばれない貧老の嘆きの声が聞こえてこないか。;玉響(たまゆら)の 霊魂叫ぶ 枯れ白州。20130120。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2013/01/post-0062.html)。(2013年1月20日 (日))」で、「素人ながら、疑問に思うのが、各レベルで人数がちぐはぐな事だ。また、出火した部屋の焼死した男性に出火責任があったか不問のママ判決がでているようで、これも謎だ。因果関係は自然界の大原則であり、仮に出火した部屋の焼死した男性に出火責任があれば、被告に罪が及ぶのかどうか気になるところだ。更に、判決を裏返しに読むと、自力歩行が不可能な人が焼死するのを容認するような内容にもとれるのではないか。」と書いた。

そもそも、お前のようなデクノボーが霊魂云々という資格があるのかと糾弾されそうだがやはり、温情は氷河のような世間にも必要なのだろう。枯れ白州とは、温情の一つも見せなかった裁判所のことか。

そもそも論が続くが、法曹人は、その資格を取るのに国家の補助を受けられる。また、公務員になれば、同等階級並以上の給料も保証される。それは、役人として冷や飯を食っても、自己の信念を貫けるだけは国家が保証するという事では無いか。法曹人として国家から期待されるのはご本人が自己の信念を貫くというのが唯一絶対の条件では無いか。その法曹人が、上司や上官に上目を使い・下手な忖度をして更なる地位や給料の増大を望んだ行動をする現象は弾劾裁判に値するだろう。そういう事をしたいなら、法曹人を止めてからすべきなのは常識だろう。

だが、職業に貴賎無しだ。法曹人を優遇するのは古い建前論で憲法違反では無いか。法曹界も日々劣化が進んで、もはや期待されている機能の数割しかこなしていないように見える。たまゆら(玉響)とは、勾玉同士が触れ合ってたてる微かな音のことらしい。今時、そのような微かな叫び声は誰の耳にも届かないのであろうか。次は老人の幻聴が迫って来そうだ。

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高t 瞬風
DATA 54.9 346 19 1391.2 2.3 5.3 -1.2 6.5 9.6 9.6 0 -1.7 6.1 18.1(北北西)
時刻等℃ m/s H mm 02:14 09:38 14:01
2021年01月19日 伊勢崎(イセサキ) 1年の 5% 経過       AMEDASへのリンク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2021  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)