06C_読みかじりの記

Feed

2018年7月16日 (月)

荘子と混沌(改題):読みかじりの記:老人の寝言:宇宙・物事・人間の究極的理解は可能なのか:そんなのは要らない!;また猛暑 食い倒れるか 欠食爺。180716。

2018年7月16日(月)
昨日は晴れ。ざっそう句;また猛暑 食い倒れるか 欠食爺。朝方は畑に出るがヒユとスベリヒユを一掴み収穫して撤退。今回はスベリヒユも追加。庭先水田も干上がりそうでバケツで給水。古本拾い読み。昼前一風呂浴びて地区恒例行事で用事外出。養蚕農家の先代達のお蔭で出来る食事会だ。腹一杯飲み食い。名酒らしき物を頂いたがその旨さが分からない。帰宅してもしばらくアルコールが抜けない。古本拾い読みを続行。猛暑の中の飲み食いも体力が必要だ。早めに横になったが夜が長い。

Iob_2018_amedas_i_2018_07_12_to_15_
原ファイル名=「IOB_2018_AMEDAS_I_2018_07_12_TO_15_MOUSYO_猛暑日の24H気温変化M.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones
7/12の天気は連続猛暑日の前日で曇り一時晴れであった。猛暑日が続くと、夜も気温が下がらず熱帯夜になりやすく、翌朝も高温から始まる傾向が強い。

Iob_2018_wcspix_18071512
原ファイル名=「IOB_2018_WC&SPIX_アメダス天気図&衛星画像=18071512.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

Googleでキーワード「安倍晋三 安倍昭恵 ニュース」を検索
CEEK.JPでキーワード「森友学園」を検索
CEEK.JPでキーワード「加計学園」を検索
CEEK.JPでキーワード「安倍晋三」を検索
CEEK.JPでキーワード「トランプ大統領」を検索
Googleでキーワード「加計学園」をニュース検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三」を検索
Googleでキーワード「セクハラORヨガ」を検索
CEEK.JPでキーワード「金正恩」を検索
Googleでキーワード「米朝首脳会談」をニュース検索
Googleでキーワード「日大」を検索
Googleでキーワード「G7サミット」を検索
bingでキーワード「自民党総裁選挙」を検索
Googleでキーワード「加計孝太郎」を検索
CEEK.JPでキーワード「プーチン大統領」を検索
CEEK.JPでキーワード「麻生太郎」を検索
Googleでキーワード「党首討論」を検索
duckduckgoでキーワード「安倍晋三 加計孝太郎」を検索
Googleでキーワード「点滴殺人」を検索
Googleでキーワード「自民党総裁選挙」を検索
bingでキーワード「西日本豪雨被害」を検索



*************************

2008/10/19

荘子と混沌(改題):読みかじりの記:老人の寝言:宇宙・物事・人間の究極的理解は可能なのか:そんなのは要らない!

追記(2018/07/14):この過去記事は、ほぼ10年前に書いたが、読みにくさがあるので、読み易く整形、再読して、印象・コメント等を追記して再利用。

この宇宙も、宇宙を構成する物質も、それらの起源や運動を解明しようとする人間も、すべて有限の命しかなく、それ自体が時空の中に囚われている。最近、人間を取り巻くあらゆる現象や実体を理解する、そんな人間の努力はそもそも不遜で、それらの関係を統一的に理解することは、本来不可能なことのように感じるようになった。

日本で初めてのノーベル賞を受賞された湯川秀樹博士が中国思想である荘子に親しんでいた事は広く知られている。荘子の思想が自由な発想を触発させる内容に富んでいたからであろう。

湯川秀樹博士が戦後の日本の平和運動に大きく関わってきたことに感銘を受けてきたが、戦時中は日本の核兵器開発の動きに加わっていたという事実を知り、更に大きな衝撃を受けた。

「田舎のアインシュタインとノーベル賞(改題):技術 回顧と展望:老人の寝言:日本は中流国の下で十分だ 追;春宵の 空に三日月 チャリを漕ぐ。180420。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2018/04/post-d6f6-3.html)。(2018年4月20日 (金))」(この記事へのリンク)

Googleでキーワード「湯川秀樹 核兵器開発」を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&q=%E6%B9%AF%E5%B7%9D%E7%A7%80%E6%A8%B9%E3%80%80%E6%A0%B8%E5%85%B5%E5%99%A8%E9%96%8B%E7%99%BA)。(このKWで検索)

湯川秀樹著作集の読書に関する一冊を読んでみた。博士は荘子の混沌の話を素粒子論の発想と対比して語っていた。物理の基礎理論の混沌と荘子の中の混沌を対応させつつ混沌の中から中間子理論を導いた事を語っているのではないかと思った。

宇宙やそれを構成する物質・エネルギーの関係は、現在でも統一的に解明されていないようだ。

WIKIPEDIA「ブラックホール。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB)」(このサイトへのリンク)

Googleでキーワード「ダークマター」を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&q=%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%83%BC)。(このサイトへのリンク)

そうして博士の究極の目的とした素領域の理論も視野に入れて荘子の混沌を語ったようでもある。時間と空間という入れ物は決まっていても、それを舞台にして演じる役者は本当に大勢いる。偉大な音楽や偉大な彫刻などもその例だろう。天才がそれをつむぎだす。

それなら、その役者の正体は何か。湯川博士は素粒子の種類が多く成りすぎて、それをうまく整理できない状態を混沌という状態に見立てたようだ。多くの素粒子を生み出す更に基本的で究極的な粒子の存在を想定した。それが「クォーク」という基本粒子であり、陽子や中性子、中間子などの粒子はすべて、クォークの組み合わせでできていると考えられるようになった。

本年のノーベル物理学賞の小林・益川理論は湯川博士の研究の流れの中にあったといえるようだ。物理の世界にも実際の世界にも常に混沌がつきまとっている。その混沌の根本をつかむことは永遠の課題かも知れない。しかし、混沌に真正面から向かわない限り混沌の本当の姿さえ見えないのも事実であろう。

混沌とは物事が生まれ育ち始める原点のようなものかも知れない。湯川博士にとって荘子とは自由なアイデアを見つけ、育む場であったようだ。

物質が生まれる様式と崩壊する様式が完全に解明されれば、宇宙の歴史も解明できるのだろうか。物質は質量、電荷、エネルギーを持つが、これらを固定的な粒子像として捉えることは本来不可能なのでは無いか。

核兵器は既に、終戦前後の科学レベルで開発できた。その科学兵器が人類存続の障害物になっている。現代の科学には膨大な資金が投入されている。投入した資金の額に相当する、成果・効果があるのか、最近疑わしく感じるようになった。

歴史的には、世界の著名な科学者が、核兵器の開発に直接・間接的に関与した可能性があるのではないか。人間の頭脳は100年前からそれ程進歩していないだろう。今でも、群盲像を撫でるような段階にあるのかも知れない。

いかなる科学も学問も、一般の常識人の批判作用が働かなければ、暴走する必然性を持っていると思う。オーム真理教殺人事件がその証明の一つと言えよう。

*************************

追記(2014/6/7):「荘子と混沌(2008年10月19日 (日))。」の記事がいきなりランキング7位に入った。アクセスログは無いので何人この記事にアクセスしたのか不明だ。ともかく最低数人の読者がいるのだろう。物事、数字で知ってしまうと興ざめする事が色々ある。数年前の、自分でも忘れかけた記事を読んでくれる読者がいるだけでもありがたい。思うに、終戦直後に湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞した事は、自信を失っていた多くの国民に元気を与えてくれたと思う。特に、当時の青少年が受けた感化も多大だったと思う。残念だが、当今の理化学研究所とそれを取り巻くSTAP細胞論文問題は、まさに混沌状態にある。それも、自然観に関わる深遠な混沌で無く、下世話・世俗的な混沌だ。現代の青少年達が科学に対してどんな夢が持てるのか。

サイト内でキーワード「科学ニュースに独り言」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E7%8B%AC%E3%82%8A%E8%A8%80%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)。(このKWで検索)

追記(2014/6/9):
上記記事がランキング2位に入った。なぜ急上昇したのか不明。Googleで以下のキーワードを検索して当BLOGのヒット状況を調べた。「湯川秀樹博士と混沌」というイメージはまだ健在なのかもしれない。

混沌 湯川:24/約 29,500
混沌 湯川 理化学研究所:69/約 12,200(当BLOG記事)
混沌 理化学研究所:100位以下/約 22,000
湯川 理化学研究所:100位以下/約 36,400
*************************


BLOG TOPの 「アクセスランキング」へ飛ぶ

ページ先頭へ飛ぶ
*************************

2008/10/19

荘子と混沌

日本で初めてのノーベル賞を受賞された湯川秀樹博士が中国思想である荘子に親しんでい

た事は広く知られている。荘子の思想が自由な発想を触発させる内容に富んでいたからであ

ろう。湯川秀樹著作集の読書に関する一冊を読んでみた。博士は荘子の混沌の話を素粒子

論の発想と対比して語っていた。物理の基礎理論の混沌と荘子の中の混沌を対応させつつ

混沌の中から中間子理論を導いた事を語っているのではないかと思った。そうして博士の究

極の目的とした素領域の理論も視野に入れて荘子の混沌を語ったようでもある。

時間と空間という入れ物は決まっていても、それを舞台にして演じる役者は本当に大勢い

る。偉大な音楽や偉大な彫刻などもその例だろう。天才がそれをつむぎだす。

それなら、その役者の正体は何か。湯川博士は素粒子の種類が多く成りすぎて、それをうま

く整理できない状態を混沌という状態に見立てたようだ。多くの素粒子を生み出す更に基本

的で究極的な粒子の存在を想定した。それが「クォーク」という基本粒子であり、陽子や中性

子、中間子などの粒子はすべて、クォークの組み合わせでできていると考えられるようになっ

た。本年のノーベル物理学賞の小林・益川理論は湯川博士の研究の流れの中にあったとい

えるようだ。物理の世界にも実際の世界にも常に混沌がつきまとっている。その混沌の根本

をつかむことは永遠の課題かも知れない。しかし、混沌に真正面から向かわない限り混沌の

本当の姿さえ見えないのも事実であろう。混沌とは物事が生まれ育ち始める原点のようなも

のかも知れない。湯川博士にとって荘子とは自由なアイデアを見つけ、育む場であったよう

だ。

*************************

追記(2014/6/7):「荘子と混沌(2008年10月19日 (日))。」の記事がいきなりランキング7位に入った。アクセスログは無いので何人この記事にアクセスしたのか不明だ。ともかく最低数人の読者がいるのだろう。物事、数字で知ってしまうと興ざめする事が色々ある。数年前の、自分でも忘れかけた記事を読んでくれる読者がいるだけでもありがたい。思うに、終戦直後に湯川秀樹博士がノーベル賞を受賞した事は、自信を失っていた多くの国民に元気を与えてくれたと思う。特に、当時の青少年が受けた感化も多大だったと思う。残念だが、当今の理化学研究所とそれを取り巻くSTAP細胞論文問題は、まさに混沌状態にある。それも、自然観に関わる深遠な混沌で無く、下世話・世俗的な混沌だ。現代の青少年達が科学に対してどんな夢が持てるのか。

サイト内でキーワード「科学ニュースに独り言」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E7%8B%AC%E3%82%8A%E8%A8%80%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)。

追記(2014/6/9):
上記記事がランキング2位に入った。なぜ急上昇したのか不明。Googleで以下のキーワードを検索して当BLOGのヒット状況を調べた。「湯川秀樹博士と混沌」というイメージはまだ健在なのかもしれない。

混沌 湯川:24/約 29,500
混沌 湯川 理化学研究所:69/約 12,200(当BLOG記事)
混沌 理化学研究所:100位以下/約 22,000
湯川 理化学研究所:100位以下/約 36,400
*************************


BLOG TOPの 「アクセスランキング」へ飛ぶ

ページ先頭へ飛ぶ
*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 750.3 168 197 66770.2 31.3 36.7 26.3 10.4 3.9 12 0 26.3 37.2 7.6(南東)
時刻等℃   D m/s H mm 04:55 15:49 17:46
2018年07月15日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2018年1月28日 (日)

読みかじりの記:斎藤喜博 全集 12 斎藤喜博著 (1971年 株式会社 国土社);うっかりと タダにはまって 生き地獄。180128。

2018年1月28日(日)
昨日は晴れ。ざっそう句;うっかりと タダにはまって 生き地獄。まだ寒気は居座ったままだ。29日以降は少し暖かくなりそうだ。宅内閑居。食べて動かないので、メタボに要注意だ。水に浸して再度茹でた勝ち栗を飯に載せて食べて見た。渋皮も混じるので、食感はそれほど良くないが、栗ご飯の気分は出る。昔は、いろいろな保存食が、冬の食卓を賑わせたようだ。現代は、食料の保存に工夫が要らなくなった。冷蔵庫と電子レンジがあれば、何とか食事に不自由しないで済みそうだ。かみさんのガラケーの受信メール一覧が表示されなくなった。WEBでその機種の取扱説明書を探して調べたが、対策のヒントは掴めなかった。要するに、受信メールに割り当てられたメモリー容量を超えたメールが来たので、暴走したような感じである。メールを外部メモリーに転送して、内部メモリーを確保すれば、復帰しそうだが、暗証番号を要求されて、先に進まない。後の祭りだが、古いメールを自動消去する設定に変更した。最近の、携帯ならメール容量にゆとりがあると思うが、10年程前の機種では、メモリー不足が起こるのは当然だったらしい。修理は、携帯会社に依頼する以外になさそうだ。我が、ガラケーもメモリーの整理を一度もしていない。半分以上が、携帯会社からの事務連絡だ。そういうメールから消しておいた方が良さそうだ。

*************************

読みかじりの記:斎藤喜博 全集 12 斎藤喜博著 (1971年 株式会社 国土社)

昨年、地域の教育力という視点から、明治時代、当地域の小学校校長になった矢島昇という人物について書いた。たまたま、矢島昇の墓碑に遭遇したので、調べて見たが、有力な情報は得られなかった。矢島昇は、群馬師範を卒業し、教師になり、自分の住む地域の校長となり、在任中に殉職した。その死を惜しんで、明治時代の書家、松村琴荘が墓碑銘と詩を残している。

06BA_明治中期の地域小学校校長だった矢島昇を知る:記事目次(リンク)

当BLOGでは、「06C1_蚕種で栄えた島村。」(06C1_蚕種で栄えた島村=リンク)という記事がある。島村に関しては、絹遺産としての田島弥平旧宅やそれに関係した歴史は、注目を集め、知る人が多いが、島村小学校の校長をした、斎藤喜博については、知名度は極低いと思われる。

自分も、斎藤喜博という人物の名前は、断片的に聞いていたが、特に調べて見ようという気も起きなかった。たまたま、古書店に、斎藤喜博全集が並んでいた。定価1000だが、@200円という捨て値であった。矢島昇に関しては、墓碑以外めぼしい資料や記録がなかった。その点、全集が出ている教育者・教育家は、そう多くはいないだろうと思って、読んで面白そうな数巻を購入した。全集第12巻は斎藤喜博の自伝の巻だ。読んだのは、その巻頭部の幼少時の記憶に関する部分だけである。

矢島昇と斎藤喜博は群馬師範出身という点が共通しているが、時代背景は異なる。矢島昇が在職時に教育勅語が発布された。斎藤喜博が本格的に活躍したのは、その教育勅語が、否定され、墨で塗りつぶした教科書を使った時代である。そうして、自分が学んだ時代は、学園紛争が華やかであった。群馬師範から発展した群大教育学部も学園紛争で混乱していた。そこで学び、教育の道に進んだ友人もいる。

ざっと、目を通し、自分の幼少時と類似している物事が多々ある。だが、斎藤喜博の幼少時代は、大正時代の初めなのである。父より年配なので、父と似た青年時代を過ごしたと想像するが、どのような経過を辿って、斎藤喜博という人物が育ってきたのかは分からない。と言うより、あえて、そこまで踏み込むゆとりも、気力も無い。

敗戦の時、斎藤喜博は既に30歳台であり、伝記的には一番興味のある部分だ。終戦前後を、いかに生きてきたのか。何を考えたのか。実は、自分も、万一飯が食えなくなったら、教員でもしようと、教員免許を取った。当時、デモシカ先生とか揶揄されたが、教員になる人材も多種多様なのだと思う。現在でも、その考えは変わらない。オレ的には、一人の秀才より多数の凡才が理想だ。秀才に習えと言えば、最早競争社会だ。自分の胸の中には、まったく無名だが尊敬する先生がいる。それで良いのだと思う。

斎藤喜博にかんしては、WIKIPEDIAを始め、WEB情報もかなり多い。

斎藤喜博 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/斎藤喜博

斎藤 喜博(さいとう きはく、1911年3月20日 - 1981年7月24日)は群馬県出身の日本の教育者。元宮城教育大学教授。群馬師範(現群馬大学教育学部)卒。また、早くからアララギ派の歌人としても活躍し、ケノクニ選者をながく務めた。歌集『職場』などの短歌はすべて彼の師である土屋文明の選を経ている。著書の多くは国土社から刊行されている。斎藤喜博全集は、第25回毎日出版文化賞(全18巻、国土社)を受賞した。

「老人の寝言:日々農天気:レタス苗の成長の差は何が原因か?レタス論が教育論に変貌!;種蒔けど 発芽育ちは 運鈍根。1510。http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2015/10/qq-4df1.html。(2015年10月16日 (金))」(この記事へのリンク

既に、日本の養蚕は壊滅状態なのだが、斎藤喜博が、教育実践を通して、顕著な業績を残した、島小学校が、生徒不足で閉校するというニュースに接して、愕然とした。上記の記事には、世界の初等教育の資料を紹介している。一体、教育改革等と大声で叫ぶ割には、日本という国は教育貧乏国ではないかと思ってしまう。

Googleでキーワード「安倍晋三 教育改革」を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&lr=lang_ja&q=%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%99%8B%E4%B8%89%E3%80%80%E6%95%99%E8%82%B2%E6%94%B9%E9%9D%A9)。(このKWで検索

斎藤喜博は「授業」を教育の重点としていたようだ。WIKIPEDIA:「50年を越える教師生活・研究者生活で一貫して追求したのは「授業」であった。」と述べられている。授業を英訳すれば、TEACHINGだろうか。焦点を授業に絞れば絞るほど、そのビームは鋭くなるだろうが、やはり、技術や方法論で終わっては、教育の究極的な目的は達成できないのではないか。

だが、教育者が自主的に授業の改善・質の向上を目指して活動したという事なら、日本の教育史にも記念すべき事かも知れない。

WIKIPEDIA「ワイルダー・ペンフィールド。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89)」(このサイトへのリンク

今日:平成30年1月26日(金)のGoogleDoodleは「ワイルダー ペンフィールド 生誕 127 周年」であった。斎藤喜博とワイルダー ペンフィールドはほぼ同時代を生きた。斎藤喜博は今年生誕107年になるようだ。脳を電極で刺激するという実験が、今日の科学の発展に大きく寄与し、その輝きは永続しているように感じる。日本の教育とは、世界に対して、何を発信できるのか。

斎藤喜博は、戦前の20歳台から、アララギ派の歌人としても活躍したとの事だ。斎藤喜博の没年は1981年で、既に一般の人からは遠い存在になっていると思う。あの、学園紛争が華やかだった頃ろから少し後に定年退職し、1971年に本書が出版されている。その十年後に70歳で死亡。

実は、あの斎藤喜博が教育史上注目すべき実績を残した島小学校が、児童数の減少で廃校になるというニュースを聞いて、改めて斎藤喜博とはどんな人物だったかが気になってきた。ともかく、教師から校長になれる人数は極少ないだろう。まさに、校長は教育現場のスーパーエリートだ。ほとんどの教師は、生徒の中にわずかな記憶を残す程度の業績を残すのが精一杯だろう。逆に、生徒にとって斎藤喜博という人物はどのように評価されていたのだろうか。

島小学校は、形だけは、粛々とした手続きにより閉校になったようだ。以前、島小学校が閉校になれば、そのホームページも消えてしまうだろうと心配しつつ見ていた。今回、そのホームページを検索すると、「今年度(2016.3.31)をもって閉校となりました。」と記載された旧ホームページが、未更新のまま存続していた。

*************************

Googleでキーワード「伊勢崎市 島小学校 」を検索

*************************

以下は検索結果のTOP

伊勢崎市立境島小学校

www.isesaki-school.ed.jp/sakaishimasyo/

今年度(2016.3.31)をもって閉校となりました。 今までご覧いただきありがとうございました。 閉校に関する記事へ 本日(3/26)の閉校式をもって,HPの更新を終了します。 ☆本HPは,一年後にはすべての閲覧ができなくなる予定です。 最終更新日 2016.3.26 平成27年度 境島小学校 全校児童10名・学級数3(完全複式学級) 教職員16名で スタートしました. 〒370-0134 群馬県伊勢崎市境島村1968-40. Tel. 0270-74-

*************************

実は、あの絹遺産をイメージさせる『桑 繭 蛾』をあしらった校章を持ち、長い文化・伝統の原点にあった島小学校が、あっけなく廃校になった事が最大のショックなのだ。斎藤喜博も島小学校という舞台で活躍した役者の一人に過ぎなかったのだろうか。

もはや、地域の教育力等は不要な時代なのか。良い学校を建て、良い先生を連れてきて、初めて良い生徒が生まれ育つ素地ができるのではないか。斎藤喜博が島小学校に赴任したのは、単に空っ風の吹き回しの結果だったのか。斎藤喜博を引き寄せた何かがあったのか。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 33.1 338 27 2598.0 1.4 6 -2.7 8.7 10.8 9.9 0 -3.2 6.2 19.0(北西)
時刻等℃   D m/s H mm 04:35 13:55 12:52
2018年01月27日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

2015年5月10日 (日)

読みかじりの記:ES細胞 万能細胞への夢と禁忌   大朏博善 著 (2000年 株式会社 文藝春秋);メダカ飼い 夏を楽しも ベビーバス。

2015年5月109日(日
昨日は曇り。最高気温(℃) 21.5 13:55。最低気温(℃) 16.1 22:35。ざっそう句;メダカ飼い 夏を楽しも ベビーバス。パラパラと期待の雨と思ったが雨量にならない程度。P区画のタマリュウ等に灌水。本葉一枚程度の這キュウリの苗を定植。百均のミニトマトとナスの種子をポットと苗箱に蒔いた。用土は腐葉土に微量の鶏糞を混合した物。直播きだと雑草対策と苗の管理が大変なので集中管理にする。ミカンの接ぎ木苗は発芽を始めている。ミカンの若葉にはエカキ虫/ミカンハモグリガが入り被害を受ける。様子を見ながら対策を考えたい。台芽も同時に出る。台芽除去をしないと間借りの穂木の方へ養分が回らなくなるので台芽除去も不可欠。メダカを飼うベビーバスにはスイレンも入れた。以前、もらったメダカを手入れ不足で全滅させてしまった。

2015年5月9日の天気(AMEDAS)

TAVE= 18.4 NO DATA
TMAX= 21.2 最高気温(℃) 21.5 13:55 
TMIN= 16.3 最低気温(℃) 16.1 22:35 
DIFF= 4.9  
WMAX= 3.2 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 6.2(南)   14:21 
SUNS= 0 NO DATA
RAIN= 0  


Q
Q

読みかじりの記:ES細胞 万能細胞への夢と禁忌   大朏博善 著 (2000年 株式会社 文藝春秋)

昨年の一月に、一躍脚光をあびてマスコミを賑わしたSTAP細胞が、予想もつかない方向へ暴走を始めた。先ず、STAP細胞のデビューが本書のタイトルに含まれる「夢」を庶民に与えたからでもあろう。更に、リケジョという言葉が夢・バブルのように膨らみ、ついにバブルのように崩壊してしまった。本書を手にした理由は、STAP細胞事件の背景にあるES細胞を理解して、再度STAP細胞事件を振り返えって見ようと思ったからである。

本書が書かれた時点では、まだiPS細胞も作られておらず、まさに、人間の不老長寿、四苦八苦からの解放等々の夢が、ES細胞で実現されるだろうという願望が高まった時だったかも知れない。STAP細胞事件の現場が、まさに新しくつくられた理化学研究所CDBであったのが、何か因縁のように感じられる。

本書でも、まえがきで、二十一世紀がライフサイエンスの時代、遺伝子革命の時代であると述べているが、庶民が最新の科学技術の実態を正確に知る事は非常に困難だ。理化学研究所としても、最近は、この分野が研究の主力に育っているのだろう。以下に、本書の各章のタイトルを記すと、本書の内容がイメージできるだろう。

第一章 ES細胞の前史---ひっぱりだこの胎児細胞
第二章 ES細胞の発見---あらゆる器官をつくる始原細胞
第三章 ES細胞の利用---トランスジェニック・マウス
第四章 ヒトES細胞の発見---競争・規制・促進
第五章 事業化への発想---クローン動物とES細胞技術
第六章 人工臓器---器官のオーダーメイド承ります 
第七章 ヒトゲノム計画の展開ES細胞---悪夢か福音か
終章 危機感と倫理観と---あとがきにかえて

「理研精神八十八年(2005年3月20日発行)」のPDF版が理化学研究所のホームページに掲載されている。

理化学研究所は、WIKIPEDIA「理化学研究所。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%86%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80)」によれば、「財団法人 理化学研究所[編集]:大正期の理化学研究所1917年(大正6年)に渋沢栄一を設立者総代として皇室・政府からの補助金、民間からの寄付金を基に「財団法人理化学研究所」を東京都文京区駒込に設立。伏見宮貞愛親王が総裁、菊池大麓が所長に就任。」とあり、二年後に理研創設から100年になるが、その輝かしい伝統をSTAP細胞事件が真っ黒に塗りつぶしてしまったように感じる。

上記、「理研精神八十八年」には、「理研に白羽の矢(P352):国の政策遂行の研究機関として、理研に白羽の矢が立てられ、2000年4月、理研は「横浜研究所」を開設し、1998年10月に設置していたゲノム科学総合研究センター(GSC)に加え、新たに植物科学研究センター(PSC)と遺伝子多型研究センター(SRC)を設置する。2000年4月に設置した発生・再生科学総合研究センター(CDB)は、その2年後(2002年4月)に開設した「神戸研究所」の所属となる。また2000年4月には、それまでのライフサイエンス筑波研究センターを「筑波研究所」と改称し、そこに2001年1月、バイオリソースセンター(BRC)を設置した。その後、横浜研究所には、2001年7月に免疫・アレルギー科学総合研究センター(RCAI)が加わり、4研究センター体制となった。」と誇らしげに記述されている。

STAP細胞事件を正確に理解するためには、ES細胞の理解が不可欠だ。理化学研究所が大々的に打ち上げたSTAP細胞が実はES細胞だったと確定した現在、STAP細胞事件はまさに世紀の大捏造事件になったのではないか。本書を読んで、ES細胞も倫理的観点から、種々の問題を抱えていた事が良く分かった。当然、そのような背景があってこそ、iPS細胞の作成が科学上の業績として一層輝くのだ。

昨年(2014年1月)、そのES細胞以上に画期的なSTAP細胞が作られたと発表され、早くもノーベル賞候補と持て囃された。だが、時代は高度に情報通信技術が発達して、誰でもが、その原論文にアクセスできるようになっていた。当然、価値ある情報ほど厳格に評価されるべきなのだ。それを、組織的に行ってきたのが、官報や特許公報ではないか。発表されたSTAP細胞論文の不具合点が続々指摘され、ついに理化学研究所がその問題に介入を始めた。これを言い換えれば、STAP細胞論文は理化学研究所の利害を反映していたのではないかと思われるのだ。

科学雑誌ネイチャーに掲載されたSTAP細胞論文の著者の内、理化学研究所関係者は論文筆頭著者を含めて4名であった。論文筆頭著者を除いた3名の科学者が、理化学研究所でES細胞の研究に従事していたという点が、事件解明の途中ほとんど注目を集めなかったのは、今となっても怪訝に思われるのだ。

理化学研究所の理事長の辞任、論文不正の調査、再発防止と形式的な手順を踏んで、当局は、本事件の終息を宣言し、マスコミ、ジャーナリズムの動きも見えなくなっている。だが、このSTAP細胞事件は、一時的に動きが収まったように見えているだけで、いつマグマが吹き出るか誰も予想できない状況にあるように見える。

この事件で、一番怖いと思ったのは、科学者の倫理意識のありかたであった。素人見には、共著者全員が、一堂に集まって共同記者会見をすれば、矛盾点もはっきりすると思った。だが、STAP細胞が事件の様相を示し始めると、共著者はお互い敵の如く振る舞い、科学という崇高な目的を忘れているかのように振る舞った姿を見るにつけ、科学者の危なさを意識させられたのである。極論すれば、自分の利益の為に科学の精神も売ってしまわないかという疑問だ。

本書でも、多くの需要があり、供給が極めて限られるので、病気の治療の為の臓器売買は必要悪として、行われてきた例が述べられている。タテマエでは人の命は平等だと言われるが、平等になるまでの道のりは遠いのが実状だろう。ES細胞の研究者が、iPS細胞の出現で、研究の傍流に立たされたという見方も、本書によれば、ある程度納得できる仮説かも知れない。

キーワード「STAP細胞」でGoogleサイト内検索(https://www.google.co.jp/webhp?tab=ww#q=STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2F)。

日本経済新聞は、「STAP、謎残し幕引き 理研は特許取り下げへ 。;http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG26H4D_W4A221C1EA1000/。(2014/12/27 1:33 ))」というタイトルで、「 理化学研究所の調査委員会は26日、STAP細胞の存在を否定する報告書をまとめた。別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入した可能性が高いと結論づけた。小保方晴子氏ら関係者への聞き取りはしたものの、なぜ混入を見抜けないまま論文が発表されたのか真相は解明できなかった。1年近く続いたSTAP騒動は、多くの謎が残されたまま幕引きとなった。」と報じた。

本書には、バイオテクノロジーに関する特許等の知的所有権は膨大な利益を生む事を述べている。従って、バイオテクノロジーの特許は国家戦略と言えるだろう。TPP交渉で知的所有権の問題がどのように扱われているのか詳細が報じられていない。iPS細胞細胞に関する特許では、日本は優位性を保っているようだ。尚、特許電子図書館はサービスが終了し、新しい「特許情報プラットフォームサービス」が開始されている。そのサービスにより、「ES細胞」を検索すると「ヒット件数 529件」と表示された。尚、ES細胞AND理化学研究所では「ヒット件数 36件」と表示された。(ヒット件数はデータベース遡及制限があるので少なくても、ヒット件数以上のデータがある場合もあり得るだろう。)

キーワード「iPS細胞 特許」でGoogleサイト内検索(https://www.google.co.jp/webhp?tab=ww#q=iPS%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%80%80%E7%89%B9%E8%A8%B1%E3%80%80site:http://af06.kazelog.jp/&start=0)。

STAP細胞に関しては、国際特許が出願されているが、ネイチャー誌のSTAP細胞論文が取り下げられ、STAP細胞が存在しないと確定した現在、その価値は無いに等しいだろう。ただ、いかなる目的で、国際特許が出願されたかの解明は今後の課題であろう。たった一度だけ、STAP細胞から作られたキメラマウスが生まれたとという事が真実という前提で出願されたのか。

ただ、現在はSTAP細胞から作られたキメラマウスが実は、ES細胞から作られていたとするのが真実であると理化学研究所が公表している以上、最早STAP細胞問題は、捏造事件として扱うべき段階だろう。複雑な科学的操作をしなければ、キメラマウスを作る事は不可能なのだから、それを作った人も必ずいる筈だ。ただ、作った人が、意識して作ったのか、故意で作ったのか、知らずに出来てしまったのか、それとも、誰かES細胞を混入させて実験責任者が気付かぬように操作して、実験責任者はそれを知らずに、キメラマウスが出来てしまったのか、手元を見ない限り神すら分からないのが人間の世界だ。

本来、なぜES細胞の混入が起きたのか、誰がその混入をさせたのかを特定しない限り、真相は明らかにならないのだ。だが、実験室へ入室できる人が制限されていなかったとい後付けの理由で、理化学研究所はその解明責任を放棄してしまった。この禍根は永久に残るだろう。ただ、理化学研究所のような施設に、よそ者が入る事は不可能に近いのではないか。実験室にアクセスできる可能性がある人物は星の数ほどいる筈は無い。要するに、それを解明すると理化学研究所に不都合になるだけで取りやめたと考える人が多いのではないか。

STAP細胞事件が理化学研究所の研究者にどのような影響を与えたかに関しては、具体的な報道が少なくはっきりしない。ただ、CDBは改組され、「発生・再生科学総合研究センター(2000~2014年)は2014年11月の改組に伴い、センター名を「多細胞システム形成研究センター」に変更すると共に、研究組織を再編しました。(http://www.cdb.riken.jp/aboutthis.html)」とある。

「CDBは2014年11月の改組に伴い、研究室の編成と組織を再編しました。運営機能を強化すると共に、研究組織としては4つのプログラム、「細胞環境応答研究プログラム」、「器官創生研究プログラム」、「幹細胞臓器再生研究プログラム」、「発生・数理科学研究プログラム」と、これらのプログラムから得られる成果を臨床研究に展開し、新しい医療技術の創出に導く「網膜再生医療研究開発プロジェクト」を設置しています。(http://www.cdb.riken.jp/about/organization.html)」

組織の単純・軽量化、人材の流出・分散、予算の減少等々で、日本のバイオテクノロジーの総本山の地位は低下したのだろうか。この分野には、ピペット奴隷という言葉もあるようだ。研究所が軍隊のように整備されると、研究の自由も保障されず、研究者も自分が全体の中で何を受け持っているか分からなくなる恐れもあるだろう。

バイオテクノロジー研究機関も一歩間違えば、旧陸軍の731部隊になり下がる危険が皆無とは言えないだろう。ES細胞の研究は、まさに神の領域に人間が手を付ける事に通じる。

WIKIPEDIA「731部隊。(http://ja.wikipedia.org/wiki/731%E9%83%A8%E9%9A%8A)」

STAP細胞事件は、日本の科学界が、危機一髪の所で、壊滅する段階まで到達した、記録すべき事件のように見える。今となっては、理化学研究所100年を大々的に祝える状況にはないのかも知れない。ただ、今回のSTAP細胞事件が、理化学研究所が次の百年の歩みを始めるための試金石になるのは確実ではないか。是非、そうなって貰いたいものだ。

本書を読んで、ES細胞の持つ意味と、その研究の意味もおぼろげながら分かりかけてきた。iPS細胞が作られたのも、ES細胞の長期間の研究が背景にあった筈だ。

「巨人の肩に乗った小人(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2008/12/post-69ad.html)。(2008年12月 9日 (火))」の事を思い出す。

本書を読みかじったのと、特許情報プラットフォームサービスが開始され、そのシステムを初めて使ってみようととして、ネイチャー誌STAP細胞論文の理化学研究所関係著者が関係する特許を調べて見た。故笹井芳樹前CDB副センター長を筆頭に理化学研究所でのES細胞の研究成果が特許という形で具体的に浮かび上がってきた。一方、STAP細胞論文筆頭著者のES細胞に関する特許はヒットしなかった。

STAP細胞を作るにも、一般の人には伝えにくいコツがあると言われてきた。STAP細胞事件の初期には、STAP細胞は明らかにできたとして、それを再現するプロトコルも作られた。今から振り返ると、このプロトコルも捏造だったのではないか。STAP細胞研究の専門家である論文筆頭著者が、何度も実験してもSTAP細胞が出来なかったのも謎めいている。それほど難しいなら、ES細胞をSTAP細胞と偽ってキメラマウスを作るのも相当難しいのではないか。従って、キメラマウスができたという事実の裏側には相当技術レベルの高い謎の人物がいなければならないと素人は予想することしかできないのではないか。

ES細胞とiPS細胞は、STAP細胞事件発生時点で、既に科学・技術的に確立されていたのであり、STAP細胞事件は、それらの基礎の上で演じられた訳である。ここで、思い出すのは、古代史の発掘(旧石器)捏造事件である。

WIKIPEDIA「旧石器捏造事件。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6)」

Googleでキーワード「旧石器捏造事件」を検索(https://www.google.co.jp/webhp?tab=ww#q=%E6%97%A7%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6)。

STAP細胞事件も発掘(旧石器)捏造事件とどこか類似の構造を持つように感じるが、STAP細胞事件の方は、科学的事実で検証が可能であった事や情報化時代という動きの速さにより、急速にフィードバックがかかり、事態の深化・拡大が防止出来たのは不幸中のが幸いだったのかも知れない。

 参考年表(WIKIPEDIA等から引用)

ネン 記事キジ
1865年 メンデルが遺伝の法則を発見(オーストリア)
1953年 ワトソンとクリックがDNA二重らせん構造を解明(米国)
1973年 コーエンとボイヤーが大腸菌を使った初の遺伝子組み換えに成功(米国)
1956 (昭和31)ネン 日本初の腎臓移植
1964 (昭和39)年 日本初の肝臓移植
1962年 ジョン・ガードンは、1962年に分化した体細胞は胚性の状態にリプログラムすることができることを、オタマジャクシの腸上皮細胞を徐核したカエルの卵に移植することで実証した。この業績により、2012年にノーベル賞を受賞した。
1968 (昭和43)年 日本初の心臓移植(和田心臓移植)
1981年 マウスES細胞は1981年に樹立。
1989年 山中ヤマナカ伸弥シンヤ:1989年(平成元年)に大阪市立大学大学院に入学。山本研二郎が教授を務めていた薬理学教室で、三浦克之講師の指導の下、研究を開始。
1981年 1981年、胚性幹細胞(ES細胞)が、マウスの胚から2つの研究グループによって独立に樹立された。ケンブリッジ大学遺伝学部門のマーティン・エヴァンズおよびマシュー・カウフマンが7月に初めて報告し、子宮内のマウス胚を培養し、ES細胞を樹立する新たな技術を明らかにした[3]。カリフォルニア大学サンフランシスコ校解剖学部門のゲイル・R・マーティンは12月に論文を発表し、「胚性幹細胞」という用語を作った[4]。彼女は、胚がin   vitroで培養できること、これらの胚からES細胞を樹立できることを示した。
1990年 ヒトゲノム計画:このプロジェクトは1990年に米国のエネルギー省と厚生省によって30億ドルの予算が組まれて発足し、15年間での完了が計画されていた。
1997年 ドリー(Dolly、1996年7月5日   -   2003年2月14日)は、世界初の哺乳類の体細胞クローンである雌羊。スコットランドのロスリン研究所で生まれ育ち、6歳で亡くなる。ドリーの誕生は1997年2月22日に発表された。
1998年 1998年、ウィスコンシン大学マディソン校のジェームズ・トムソン(英語版)によって率いられた研究者らが、ヒト胚性幹細胞を単離・培養する技術を初めて開発した[5]。
2000年 発足後、プロジェクト(ヒトゲノム計画)は国際的協力の拡大と、ゲノム科学の進歩(特に配列解析技術)、及びコンピュータ関連技術の大幅な進歩により、ゲノムの下書き版(ドラフトとも呼ばれる)を2000年に完成した。
2001年 米国ブッシュ政権が2001年8月に公的研究費による新たなヒトES細胞の樹立を禁止
2002年 理化学研究所:神戸研究所に発生・再生科学総合研究センターが移設
  (2002年4月)
2003年 ヒトゲノム計画:完全・高品質なゲノムの完成に向けて作業が継続されて、2003年4月14日には完成版が公開された。
2006ネン 2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。
2006ネン 2006年にAdvanced   Cell Technology社のRobert   Lanzaらのグループは、マウス[7]およびヒト[8][9]において、胚盤胞期以前の卵割期の胚の単一割球のみを用いて、胚の発生能を損なうことなく、ES細胞を樹立することに成功した。この技術開発により受精卵を破壊せずにES細胞の樹立を行うことが可能になった。   同年、ニューキャッスル大学のMiodrag   Stojkovicらのグループが、発生停止したヒトの胚からES細胞を樹立することに成功した[10]。これにより、不妊治療において廃棄されていた過剰な卵を用いることが可能になった。
2008ネン 国内で唯一3株のヒトES細胞株樹立に成功している京都大学再生医科学研究所において、これまで樹立を行ってきた末盛博文准教授が、今回新たに2株の樹立に成功した。これらの細胞株はKhES-4,   KhES-5と呼ぶことにする。樹立日は2008年12月とする。これによって、合計5株のヒトES細胞株が樹立されたことになり、新規2株も今後使用機関に分配される。(http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2008/081205_1.htm)
2012ネン 「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した[1][2]。
2013ネン STAP細胞国際特許出願日20131031(https://patentscope.wipo.int/search/docservicepdf_pct/id00000022883817.pdf)
2014年 2014年1月に小保方晴子(理化学研究所)らが、チャールズ・バカンティ(ハーバード・メディカルスクール)や若山照彦(山梨大学)と共同で発見したとして、論文2本をネイチャー(1月30日付)に発表した[9][10]。
2014ネン 2014年8月5日   ... 弊所 発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センタ―長(52歳)は、5日 11時03分に死去いたしました。   謹んでお悔やみ申し上げます。 (http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140805_1/)
2014ネン 2014年9月12日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターと先端医療センター病院がiPS細胞から作った網膜の細胞を、「加齢黄斑変性」の患者に移植する臨床研究の手術を行ったと発表[45][46][47]。

以下は、特許情報プラットフォームサービスを使用した研究者別特許検索結果である。

特許情報プラットフォームサービスにより検索ケンサクしたネイチャーSTAP細胞論文ロンブン理研リケン関係カンケイ著者チョシャ特許トッキョ        
 
項番
文献番号 発明の名称 筆頭出願人 発行日 出願番号 出願日 筆頭IPC
  (登録公報・US和抄は権利者を表示)
笹井芳樹
1
特開2013-128477 網膜層特異的神経細胞を製造する方法 住友化学株式会社 他 2013年7月4日 特願2012-043083 2012年2月29日 C12N 5/0797
  2 特開2013-128476 眼杯様構造体の製造方法 住友化学株式会社 他 2013年7月4日 特願2012-043082 2012年2月29日 C12N   5/071
  3 特開2013-128475 網膜組織の製造方法 住友化学株式会社 他 2013年7月4日 特願2012-043081 2012年2月29日 C12N   5/071
  4 特開2013-128474 網膜色素上皮細胞の製造方法 住友化学株式会社 他 2013年7月4日 特願2012-043080 2012年2月29日 C12N   5/071
  5 特開2013-110988 多能性幹細胞由来の組織の凍結保存方法 住友化学株式会社 他 2013年6月10日 特願2011-258208 2011年11月25日 C12N   1/04
  6 特開2013-099345 幹細胞の培地及び培養方法 独立行政法人理化学研究所 2013年5月23日 特願2013-004088 2013年1月11日 C12N   5/0735
  7 特開2012-245007 無血清浮遊培養による胚性幹細胞の神経分化誘導法 独立行政法人理化学研究所 2012年12月13日 特願2012-183508 2012年8月22日 C12N   5/079
  8 特開2010-166901 卵膜由来細胞の細胞外マトリクスを用いた多能性幹細胞の培養方法 独立行政法人理化学研究所 他 2010年8月5日 特願2009-197239 2009年8月27日 C12N   5/07
  9 特開2008-099662 幹細胞の培養方法 独立行政法人理化学研究所 2008年5月1日 特願2007-118183 2007年4月27日 C12N   5/06
  10 特開2005-333904 羊膜由来因子による胚性幹細胞の培養方法 独立行政法人理化学研究所 他 2005年12月8日 特願2004-158421 2004年5月27日 C12N   5/06
  11 特開2004-298108 水晶体細胞の作製方法、およびこの方法によって得られる水晶体細胞 独立行政法人 科学技術振興機構 2004年10月28日 特願2003-096002 2003年3月31日 C12N   5/06
  12 特表2013-509859 幹細胞の分化誘導方法 独立行政法人理化学研究所 2013年3月21日 特願2012-521401   C12N   5/0735
  13 特表2010-504090 幹細胞の培地及び培養方法 独立行政法人理化学研究所 2010年2月12日 特願2009-528790   C12N   5/07
  14 再表2013/065763 幹細胞の培養方法 独立行政法人理化学研究所 2015年4月2日 特願2013-541830   C12N   5/0735
  15 再表2009/148170 幹細胞の培養方法 独立行政法人理化学研究所 2011年11月4日 特願2010-515950   C12N   5/0797
  16 再表2006/004149 神経細胞の製造方法 協和醗酵工業株式会社 他 2008年4月24日 特願2006-528933   C12N   5/06
  17 再表2005/123902 無血清浮遊培養による胚性幹細胞の神経分化誘導法 独立行政法人理化学研究所 2008年4月10日 特願2006-514858   C12N   5/06
  18 再表03/042384 胚性幹細胞から外胚葉系細胞への分化誘導剤、その取得方法及びその用途 協和醗酵工業株式会社 他 2005年3月10日 特願2003-544199   C12N   15/09
  19 再表01/088100 胚性幹細胞の外胚葉系細胞への新規な分化誘導法及びその用途 協和醗酵工業株式会社 他 2003年8月5日 特願2001-585308   C12N   5/06
                 
若山ワカヤマ照彦テルヒコ
1
特開2013-134491 顕微鏡および光透過ユニット 独立行政法人理化学研究所 他 2013年7月8日 特願2011-286996 2011年12月27日 G02B 21/06
  2 特開2009-268423 動物組織からクローン動物ならびにntES細胞を作成するための新規方法 独立行政法人理化学研究所 2009年11月19日 特願2008-123133 2008年5月9日 C12N   5/10
  3 特開2009-159878 非ヒトES動物の新規作成方法 独立行政法人理化学研究所 2009年7月23日 特願2008-000089 2008年1月4日 A01K   67/027
  4 特開2009-005651 精子細胞の保存方法 独立行政法人理化学研究所 2009年1月15日 特願2007-171788 2007年6月29日 C12N   5/06
  5 特開2008-263815 キレート剤を用いた卵子の活性化 独立行政法人理化学研究所 2008年11月6日 特願2007-109238 2007年4月18日 C12N   1/00
  6 特開2007-244271 ES細胞の分化能の改善方法 独立行政法人理化学研究所 2007年9月27日 特願2006-071193 2006年3月15日 C12N   5/10
  7 特開2007-117081 核移植卵子の作製方法 独立行政法人理化学研究所 2007年5月17日 特願2006-208565 2006年7月31日 C12N   5/10
  8 特開2006-223220 トランスジェニック非ヒト動物の作成方法 独立行政法人理化学研究所 2006年8月31日 特願2005-042661 2005年2月18日 A01K   67/027
                 
丹羽ニワ仁史ヒトシ 1 再表2004/039965 多能性幹細胞培養用の組成物とその使用 独立行政法人理化学研究所 他 2006年3月2日 特願2004-548105    
小保方晴子 0              

ページ先頭へ飛ぶ

2014年12月 7日 (日)

読みかじりの記:カラー版 妖怪画談(岩波新書(新赤版238)) 水木しげる 著 (1992年 株式会社 岩波書店)

2014年12月7日(日)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 8.4 11:34。最低気温(℃) -1.3 05:23。ざっそう句:お歳暮の 下仁田ネギを 待つ我が家。丹波の黒豆を乾燥。畑から庭へ移した黒豆を処理。天地返しをしていないので乾燥状態が良くない。未熟で表皮が黒くなりかけの物もある。大型寒波が到来し日本海側地方には大雪が降ったようだ。影響が出始めているようだ。キウイフルーツの葉も全部落葉。降霜があったようだ。早めに収穫しなければ。当地も気温が低く、鼻水をすすりながら丹波の黒豆を優先作業。昼宅配。残念だがお歳暮ではなかった。夕方来客。他愛のない雑談。選挙の話は出ず。県のHPによれば期日前投票者数は前回を上回っているようだ。早めに投票するのが正解のようだ。

気象人のホームページ(http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary_detail.php?date=2004-12-07)によると「初霜:(平年比+24日、昨年比+19日) 最晩記録」と初霜の遅さで新記録となったようだ。

2014年12月6日の天気(AMEDAS)

TAVE= 3.9 NO DATA
TMAX= 8.1 最高気温(℃) 8.4 11:34
TMIN= -1 最低気温(℃) -1.3 05:23
DIFF= 9.1
WMAX= 5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 9.7(北西) 11:33
SUNS= 6.6 NO DATA
RAIN= 0

Q
Q

読みかじりの記:カラー版 妖怪画談(岩波新書(新赤版238)) 水木しげる 著 (1992年 株式会社 岩波書店)

著者の漫画をどれほど読んだかはっきり記憶していない。「ゲゲゲの鬼太郎」はテレビで放映されたのか。WIKIPEDIAによると、アニメが放映された頃が、子供達の少年期と重なり、親子で楽しんだ作品だったようだ。

WIKIPEDIA「ゲゲゲの鬼太郎。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%81%AE%E9%AC%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E)」

岩波書店のホームページ(https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-430238-2)によると現在品切れのようだ。

WIKIPEDIA「水木しげる。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B)」

岩波新書の赤版で読んだ記憶があるのは、「国定忠治 高橋敏 著((2000年8月18日 新赤版 (685))」で、新書のお堅いイメージと異なり、新鮮さを感じた。本書はそれよりもかなり前に出版されているが、その存在は知らなかった。たまたま、古書店で出会った。

本書でも、著者の妖怪との付き合いの長さが述べられている。子供の頃は、妖怪をどのように認識していたかは定かではない。多分、お化けで全てが済んでいたように感じる。「妖怪」とはその文字が理解できないとイメージがつかめないのではないかと思う。

そこで「妖怪」「妖」の意味を漢字源で調べると、なまめかしい、あやしい、不気味というような意味がある。会意兼形声で、女の特徴と絡んでいるので始末が悪い。「妖怪」の「怪」も、あやしい、不思議、化け物というような意味があり、同義反復で、益々怪しく感じる単語ではないかと感じる。

今日の科学的常識からは、妖怪を見たと言うと馬鹿にされたりする心配もある。本書の最後の章「奇想を楽しむ日々」が著者の言いたい事らしいが、そもそも妖怪は感じる対象であり、それを絵にしなければならない漫画家として辛い所かも知れない。あるいは、想像し・感じた妖怪という対象を絵として生み出す創造の楽しみがあるのかも知れない。

実は、「妖怪」という現象は、怖いが見たいという相反する心理的バランスの上に現れるのではないか。科学や理性・合理性を問わず、もう少し原始的な人間性の範疇の現象なのかも知れない。真偽・存否は一時おあずけにして、もう少し精神を癒やそうという狙いもあるのかもしれない。

「老人の寝言:老人の妄想:STAP細胞特許をどうする?:貧相な科学者は皆無と信じたいが(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2014/04/stap-4bf7.html)。(2014年4月19日 (土))」

今年の社会現象としては、妖怪以上の怪異現象が幾つも発生したのではないか。人間社会に起こる現象も極論すれば、科学現象に過ぎない。だが、人間という存在において、余りにも大脳依存性が巨大化して、思考と行動と意識が分離してしまったようだ。確かに、ある個人が誰にも知られずに反社会的な行為によって自分を利する事も不可能ではないだろう。そのある個人をある集団やグループに置き換えても同じ事が言えるかもしれない。ところが、ある集団やグループメンバーの間で、利害が対立すると、妖怪以上の怪異現象が発生するように見える。妖怪を思いのままに操れれば、これまた楽しい事だろうと思うが、妖怪は庶民に対しては、そんなに親切ではなさそうだ。

妖怪と言葉で思い出すのが、共産党宣言の中の一節だった。PROJECT GUTENBERG:Manifest der Kommunistischen Partei(Karl Marx / Friedrich Engels);「Ein Gespenst geht um in Europa-das Gespenst des Kommunismus. Alle Maechte des alten Europa haben sich zu einer heiligen Hetzjagd gegen dies Gespenst verbundet, der Papst und der Zar, Metternich und Guizot, franzosische Radikale und deutsche Polizisten.(http://gutenberg.spiegel.de/buch/manifest-der-kommunistischen-partei-4975/1)」がそれに相当するようだ。

「Gespenst」は英語の「gohst」のようだ。 Googleでキーワード「Gespenst」を画像検索(https://www.google.co.jp/search?q=Gespenst&hl=en&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。何か可愛らしいお化けが表示される。

Googleでキーワード「ghost」を画像検索(https://www.google.co.jp/search?q=ghost&hl=en&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。

英語のghostは人間と関係した幽霊、亡霊のイメージが強いようだ。

Googleでキーワード「妖怪」を検索(https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A6%96%E6%80%AA&biw=1093&bih=451&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei)。 日本語の妖怪の方が、バラエティに富んでいるようだ。

ところで、「国際日本文化研究センター (http://www.nichibun.ac.jp/ja/)」に「怪異・妖怪画像データベース(http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouMenu/)」というのがあった。データベース検索画面のキーワードをクリックすると画像が閲覧できる。日本人の想像力に驚嘆しないでもない。著者も、日本の伝統を受け継いだ戦後の怪異・妖怪画家と言えるのだろうか。

奇想・空想上の妖怪なら何か愛嬌があり、無害かも知れないが、普通の顔をした妖怪の本物と偽物を見分ける事は困難を極める。今後は、本格的な妖怪解剖学が必要になるかも知れない。

「魑魅魍魎」という言葉:これは凄い。全部「鬼」偏。旁の方が怪異・妖怪を表すようだ。漢字源によると山川草木という自然の驚異・脅威が背景にあるようだ。広辞苑によると、魑魅は史記にも現れるようだ。その自然が科学により暴かれて、魑魅魍魎が住む場所を失ったのが現代か。人間の方がますます、魑魅魍魎化しつつあるようだ。

ページ先頭へ飛ぶ

2014年4月 5日 (土)

読みかじりの記:失敗学のすすめ 畑村洋太郎 著 (2000年 株式会社講談社)

2014年4月5日(土)
昨日は曇り時々晴れ一時雨。最高気温(℃) 20.7 13:54。最低気温(℃) 8.2 24:00。ざっそう句:我が思い 適えて咲くや ハナダイコン。不安定な天気。宅内閑居。メール応募。勧誘電話。最近はそれと分かるとすぐに受話器を置いて切れるのを待つ。昔は撃退電話とか相手を退散させる音を発信する機能を持った電話機があったと思う。それに代わったのが番号通知機能か。多機能電話にしようと思うこともあるが、ほとんど昔風のスタイルで電話を使っている。最近はケイタイの比重が高くなり、有線の電話利用は激減している。それでも、黒電話撤去は社会への窓を閉じるような感じもする。公衆電話も同じ傾向だろう。無用の用みたいだが、インフラとしては欠かせない。最近選挙カーの音が聞こえるようになった。上毛新聞を見ていると、新聞の折り線の部分に記事がかからにように配置されていた。これは読み易くする対策か。

2014年4月4日の天気(AMEDAS)

TAVE= 14.0 NO DATA
TMAX= 20.3 最高気温(℃) 20.7 13:54
TMIN= 8.2 最低気温(℃) 8.2 24:00
DIFF= 12.1
WMAX= 8.7 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 17.3(北西) 19:41
SUNS= 4.5 NO DATA
RAIN= 5 NO DATA

Q
Q

読みかじりの記:失敗学のすすめ 畑村洋太郎 著 (2000年 株式会社講談社)

「失敗」が特に気になるには、社会的な大きな事件や問題が起きた時である。それが、単に失敗で片付けられるべき事象か議論のある所だろうが、やはり、失敗は永久に悩ましい問題なのかもしれない。失敗の様相は多様であり、ある失敗は別のチャレンジの動機となり、成功の始まりにもなる。

本書が出版された当時の事故・社会問題(JCOの臨界事故等)も本書で取り上げられている。本書の出版から十数年経ているが、内容の古さは感じない。すでに類似の事件や問題が起きていても、現実には忘れた頃に再発している例が多いように感じる。本書では、「人間が関わって行うひとつの行為が、はじめに定めた目的を達成できないこと」を「失敗」と定義して、失敗の本質に迫り、それを体系化して、失敗を有用な技術・ノウハウに転換しようという試みのように見える。それを推し進めたのが、失敗に賭けるコストを利益に転じるという著者の「潜在失敗」という経済的視点ではないかと感じる。ただ、「失敗」対する評価やリスク評価が客観的に可能にならないとこのアイデアも絵に描いた餅に近いのかもしれない。

本書を手にした背景には、東京電力福島原発事故がある。投げ売り価格の古本を買っておいたが、かみさんからはぼろくそな事を言われていた。また読みもしない古本を買ってきて部屋が狭くなる一方だとクレームを受ける。捨てる神があれば、拾う神もあるのがこの世の慰みだ。最近、STAP細胞という日本の科学界を揺るがす大問題が生じている。もしや、これも失敗の範疇かもしれないと思い、がらくたの中から探し出したのが本書であった。

一読して、本書も玉石混淆という印象もないではなかった。しかし、大学の先生だって、失敗していると知ると大いに元気づけられる。自分も、現役時代、当時の最新鋭のカラーテレビ工場を一時ストップさせると言う失敗をした苦い経験を持っている。新しく開発したVIF集積回路が量産に入り、華々しく市場に出ようとする直前の出来事であった。チャンネルを回すと今まで綺麗に映っていた画像がぱっと消えて、ノイズだけの画面になってしまう現象が起きたのだ。確かに、こういう経験は言いにくいし伝えにくい。現象自体未経験なのだ。その時は、緊急的な対策で市場不良を出さずに済んで、何とか技術者の首はつながった。現在でも、真の原因は確定できないが、集積回路内部の製造パラメータのバラツキが原因だろうと推定している。当然製造現場にも責任はあるが、技術者としても設計責任を感じた。ともかく、量産初期は、工程の管理データも少なく、管理も安定しないのは当たり前なのだが。起こった問題は解決しない限り、生産計画は大きく狂い、多大な損害が生まれるところだった。

東京電力福島原発事故も発生以来すでに三年以上過ぎたが、問題が解決の方に進むかと期待しているが、現実はますます混迷を深めているように感じる。本書では失敗の階層性を三角形のモデルで表示している。三角形の底辺が個々に責任がある失敗、その上に、組織運営不良、企業経営不良、行政・政治の怠慢、社会システム不適合、最上部に未知への遭遇を配置している。失敗は、階層の各レベルで起こるが、社会性を帯びる上位の失敗が大きな影響を持つことを指摘している。

自分も、東京電力福島原発事故の時は、経営論、リーダー論等の本を読んだ記憶がある。改めて、東京電力歴代社長の略歴を調べてみた。東京電力は技術系の企業なのか。技術系の経営者が、トップに立っていれば東京電力福島原発事故は、未然に防げたのか。また、今回の理化学研究所を中心にしたSTAP細胞問題は、組織的な観点から防止出来たのか。現代の、組織・社会レベルの失敗の背景には、専門化、分業化、組織の業績管理と組織の人事管理等々が、現実に追いついていなかったのも一因のように見える。本書でも組織の問題を指摘しているが、現代文明の欠点である、専門化、分業化の弊害に関する指摘は少ないように感じる。一部、「全体を理解することの大切さ」の項で述べているが。また、組織が分業化の象徴でもあるのだが。このような、社会の基層・基盤部分に関係する失敗要因は、単なる失敗とは異なるだろう。そもそも、「人間が関わって行うひとつの行為が、はじめに定めた目的を達成できないこと」を「失敗」と定義する限り、失敗の記述は容易だが、組織等のバーチャルな存在は個人という仮面をかぶって動くのだ。

WIKIPEDIA「歴代の東京電力社長。(http://ja.wikipedia.org/wiki/Template:%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E7%A4%BE%E9%95%B7)」

以下の各代東京電力社長の略歴は上記のリンク先から引用した。

初代 安蔵弥輔 :1912年東京帝国大学電気工学科を卒業、猪苗代水力電気に入社。同社は1923年東京電燈に合併される。戦後日本発送電副総裁を経て1951年に東京電力初代社長。1年で退任後は同社会長、顧問、日本電力調査委員会委員長などを歴任。1955年、電力事業功労者として藍綬褒章をうけた。

2代 高井亮太郎 :新潟県加茂市出身。1920年(大正9年)、東京帝国大学電気工学科を出て猪苗代水力電気入社。東京電燈、関東配電と技術畑で育ち、1946年に関東配電社長[1]。1952年に東京電力社長。1958年、社員が収賄罪で起訴され引責辞任。

3代 青木均一 :旧制京城中学校を経て、 1922年3月東京商科大学高等商業科(現一橋大学)卒業[6]。~1922年4月東京毛織入社、5月日本陶管入社[6]。1926年9月同社取締役[6]。~1951年5月東京電力株式会社取締役[6]。1952年3月国家公安委員会委員長に互選さる(1954年6月廃職)[6]。1954年7月国家公安委員会委員(任期1年)[6]。1957年6月雇用者議会委員(任期2年)[6]。1958年12月東京電力取締役社長[6]。1959年1月品川白煉瓦取締役会長[6]。5月日本電気協会会長[6]。

4代 木川田一隆 :福島県伊達郡梁川町(現伊達市梁川町)生まれ。旧制角田中学(現:宮城県角田高等学校)、旧制山形高校(現:山形大学)を経て、1926年東京帝国大学経済学部を卒業、東京電燈に入社する。東大時代は河合栄治郎の講義を最前列で聴き、河合の唱える理想主義的自由主義に傾倒した。社会に出てからは「電力の鬼」松永安左ヱ門に師事し、民間企業人としての闘魂を学ぶ。戦後の1951年、電力業界再編で誕生した東京電力で常務、1954年副社長となるが、部下の汚職事件の責任を取って1958年常務に降格する。ほどなくして1959年副社長に返り咲き、1961年青木均一の後を継いで社長に就任した。

5代 水野久男 :愛知県名古屋市出身。第八高等学校 (旧制)を経て、東京大学法学部を卒業。1928年(昭和3年)、東京電燈入社。木川田一隆は浅草営業所時代の上司であり以後親交を持つようになる。1971年に社長に就任、5年務めた。ちなみに社長退任時の退職金6億円は当時の経済界史上最高額[1]。

6代 平岩外四 :6歳で父親を亡くし、母親に育てられる。愛知七中入学祝に母親から夏目漱石全集を贈られる。一族から大学進学を反対されるが、母親が反対を押し切り、旧制第八高等学校を経て、東京帝国大学法学部へと進学させた。1939年(昭和14年)に大学を卒業。東京電灯(現在の東京電力)に入社した。1941年(昭和16年)太平洋戦争で陸軍に召集される。配属されたニューギニア戦線でジャングルを敗走し、飢えと熱病のため、平岩のいた隊は107名中、最後には生存者7名という地獄の体験をする。この体験は、平岩に人生を達観させる契機となった。終戦後会社に戻り、そこで木川田一隆の目にとまり、平岩は木川田を「経営についても人生についても終生の師」と尊敬するようになる。1971年(昭和46年)常務、1974年(昭和49年)副社長を経て、1976年(昭和51年)10月東京電力社長に就任する。1984年(昭和59年)6月社長を退き、会長に就任した。1993年(平成5年)に相談役に就く。

7代 那須翔 :1924年(大正13年)、宮城県仙台市出身。旧制仙台第二中学校、旧制第二高等学校を経て1948年東京大学法学部政治学科卒業、関東配電(東京電力の前身)入社[1]。。1984年社長就任。「家庭用時間帯別料金制度」を試験導入するなどの実績を残した。その後は会長や相談役を歴任したが、2002年の原発データ改竄事件を受け、当時の南直哉社長らとともに引責辞任した。

8代 荒木浩:東京都出身。旧制成蹊高校を経て、1954年東京大学法学部卒業、東京電力入社。1993年に社長昇進。1999年から会長。2002年に原発データ改竄事件を受け引責辞任し同社顧問。

9代 南直哉 :三重県出身。三重県立上野高等学校を経て1958年、東京大学法学部を卒業し東京電力入社。取締役を経て1999年に東京電力社長。しかし原子力発電所の点検記録の改竄事件の責任をとって、2002年に辞任した。

10代勝俣恒久:東京府出身。のちに代々木ゼミナール創設者の一人となる勝俣久作の四男である。世田谷区立太子堂中学校[1]、東京都立新宿高等学校、東京大学経済学部卒業。1963年、東京電力入社[2]。企画部・営業部などを経て[1]、1996年6月に取締役企画部長、1998年6月に常務取締役、1999年6月に取締役副社長に就任する。2002年10月、原発データ改竄事件で引責辞任した南直哉の後任として東京電力社長に就任する[3]。

11代 清水正孝:大学は慶應義塾大学経済学部に進んだ。~1995年、資材部長に就任する[6]。取締役副社長就任後は企画・広報を担当した。 2001年、取締役に就任する[5]。

12代 西沢俊夫:長野県大町市出身。1975年京都大学経済学部卒業後、東京電力に入社する。企画部長、常務取締役などを歴任。

13代 廣瀬直己:東京都出身。東京都立新宿高等学校を経て、1976年に一橋大学社会学部を卒業し、東京電力に入社。~2012年5月、次期会長に内定した弁護士の下河辺和彦から東京電力入社の志望理由などを尋ねる面談を受け、勝俣恒久会長及び西沢俊夫社長から次期社長就任を打診され受諾。5月8日の臨時取締役会で第13代表執行役社長に内定し、6月27日の株主総会後の取締役会で代表執行役社長に選出された。

東京電力福島原発事故の時、東京電力が、「ISO9001」を福島原発まで横展開していたら、ひょっとして原発事故が防げていたのではないかと感じた。同様に、理化学研究所には、立派な研究管理規定があると思われる。それは、見方を変えれば危機管理マニュアルでもあるだろう。報道陣の前で、一斉に経営者が頭を下げるパフォーマンスは福島原発事故でいやというほど見させられた。その繰り返しが、今でも延々と行われようとしているのか。

「出番無きマニュアル(老人の寝言):福島原発事故から22ヶ月 大本営は抜け殻だったのか(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2013/01/22-da9f.html)。(2013年1月11日金曜日)」

ともかく、大きな不祥事や失敗に遭遇した経営者が本書を読めば、大いに参考になるだろう。逆に、修羅場を切り抜けるための、隠しマニュアルとしても役立つかもしれない。しかし、インターネット時代になり、世界は狭くなった。今回のSTAP細胞問題も、当局の思うつぼののように進んでいるようにも見える。でも、失敗は失敗として前向きに評価すべきであるという見解も少数ながらある。科学において、仮説を提示して、それを実証するチャレンジ精神が失われたら科学は進まない。技術も同様であろう。ただ、技術の進歩が、偽装・捏造を身近にしているのも事実だ。技術者や科学者はそのような誘惑に勝てるのか。STAP細胞問題に関しては、動機解明が不十分という指摘が多い。動機解明が出来ていないのに、再発防止策が出来るのかという指摘もある。ともかく、現代はNET上の意見の品質レベルも向上しているようだ。理化学研究所が重い尻を動かしたのも、科学的に妥当な意見は無視できないからであろう。やはり、匿名で発言している専門家がいるのだろう。

自分も、かつて技術部門の管理職として、部下に10回近い試作をさせた経験がある。集積回路をマスク変更をして一回試作するだけでも相当大きな費用を要する。その試作を10回近く行ってようやく量産にこぎ着けた。フルカスタムICで、その集積回路の供給にはメーカーとしての責任がかかっていたのだ。試作に失敗すれば多大な損害賠償要求に直面するリスクがあった。上司の査定は赤点評価に近かったが、チャレンジ精神は認めてもらったようで、それでも何とかクビにならなかった。新しいプロセス開発もできて、おまけの効果もあった。時代と上司に恵まれたと思う。退職時、後からゼロスピン大賞とよばれた表彰システムの原型を置き土産にしてきた。ゴルフのホールインワン賞のように一発の試作で量産にこぎ着けた技術チームを表彰しようとするものであった。やはり、成功に対するインセンティブも必要だと認識されるようになったのだと思う。

今日、日本における技術環境も激変しているようだ。半導体や液晶のハイテク分野も活況を失っている。その次の期待がバイオテクノロジーや先進医療の分野だろう。この分野の失敗が、日本の前途を遮らない事を切に願いたいものだ。
*************************
追記(2014/6/3): 「読みかじりの記:失敗学のすすめ 畑村洋太郎 著 (2000年 株式会社講談社)(2014年4月5日(土) )」の記事がランキング10位に入った(6/2)。これを機会に再読してみた。著者の失敗の定義が、「人間が関わって行うひとつの行為が、はじめに定めた目的を達成できないこと」とあるが、「はじめに定めた目的」がふと引っかかった。STAP細胞捏造事件(?:もうそろそろ事件の名前が付く頃か?)の「悪意ある」改竄とかが問題になった。犯罪には動機が問題となる。その前提として、犯罪という罪に対して、その対価としての罰の大きさを定めるという下心が働くためだろう。ともかく、犯罪は行ってはならないという前提が付く。改竄、捏造も同様な範疇にあるだろう。STAP細胞論文問題も、当初の目的が正当なものであれば、それが真実に反しても、捨て石としての価値はある。ところが、事実として無い事をあると主張する事は、特にその影響が広範に及ぶ事象に関してそういう事を行う事は、それこそあってはならない犯罪に近いのではないか。失敗学がいかに無力であるか、今回のSTAP細胞論文問題が明らかにしたのではないか。「悪意ある」という条件を付けると、それこそ論理と倫理が混交して示しが付かなくなる。悪意ある目的もあるし、悪意ある失敗もある。悪意ある目的が失敗することは、その関係者以外にとっては善であり成功だ。悪意ある失敗が成功すると失敗した本人を含むその関係者には者に有利に働くが、それ以外に対しては結果としては有害の作用を及ぼすのではないか。

NHKは、「STAP細胞の新たな疑義「理研は調査を」。;http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140602/k10014919201000.html。(6月2日 19時32分))」というタイトルで、「STAP細胞の論文に見つかった新たな疑義について、理化学研究所は先週、調査しないことを決めましたが、これについて、外部の有識者でつくる改革委員会は2日、研究所に対し、調査を行うよう改めて求めることを決めました。 STAP細胞の論文について理化学研究所は、小保方晴子研究ユニットリーダーが不正行為を行ったと認定して調査を終了し、これを基に関係者の処分の検討を進めています。 こうしたなか、STAP細胞の論文には、画像やグラフに新たな疑義が指摘されていましたが、理化学研究所は先週、一部の著者から論文を取り下げる意向が示されていることを理由に、調査は行わないことを明らかにしました。 これについて、外部の有識者でつくる理化学研究所の改革委員会は2日、都内で開かれた会合で、「内容に区切りがついていない時は、調査は継続しなければならない」として、研究所に対し、調査を行うよう改めて求めることを決めました。」と報じた。

事実が藪の中で、問題の処理だけが独善的に行われれて冤罪につながった例は、過去に無数にあったのではないか。理化学研究所の改革委員会の忠言は、科学の信頼性を維持する最低限の良心だ。理化学研究所は本来率先してそれを行うべきではないか。
*************************

BLOG TOPの 「アクセスランキング」へ飛ぶ

ページ先頭へ飛ぶ

2014年3月 6日 (木)

書き足しの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)

2014年3月6日(木)
昨日は雨後曇り。最高気温(℃) 8.3 21:04。最低気温(℃) 3.2 03:55。ざっそう句:啓蟄や 人もモゾモゾ 雨の中。朝方は定例の仕事。小雨がパラパラと降ったが身を切るような寒さは無くなった。夕方来客。話題のニュースをネタに雑談。ビットコインの問題もありゃ詐欺じゃないと話し合うが、ところでビットコインとは何かという基本的な所で立ち往生。多分、そのシステムの基本部分を十分理解している人は極少ないのではないか。ともかく、ビットコインを規制する法律もないようなので、利益も損害も自己責任で終わるのか。この種の事件では、大きな損害が出て初めて社会的問題となる。消えた金はどこへ行ったのか?

2014年3月5日の天気(AMEDAS)

TAVE= 5.3 NO DATA
TMAX= 8.2 最高気温(℃) 8.3 21:04
TMIN= 3.3 最低気温(℃) 3.2 03:55
DIFF= 4.9  
WMAX= 8.3 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 17.1(西北西) 23:28
SUNS= 0 NO DATA
RAIN= 9 NO DATA

Q
Q

書き足しの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)

以前書いた記事に、「読みかじりの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2011/11/1976-c88c.html)。(2011/11/24)」がある。

すでにこの記事から、3年以上経過している。最近は生涯教育という考えが普及してきた。教育に需要という考えが妥当かは異論があるだろうが、教育はこういうものだと定義した瞬間に、その教育は精彩を失ってしまうのではないか。ただ、教育が発達段階に応じて、受動的で教育したりされたりという段階とお互いに刺激し会う段階と自分で学び自己を教育してゆく段階に区分して考えるのは有効な方法と思われる。

更に、教育が行われる場を考えると、固定した制度の中の教育と更に広い社会や世界という場での教育も性格が異なってくるだろう。自分が前記の記事を書いた理由には、後者の社会や歴史として考えてみようという意図があった。また教育と技術の関係にも興味を持った。実は、自分の子供達が幼少の頃、ファミコンやSPEAK&SPELLやファミリーベーシックを子供達に買い与えていた。

「子供の教育用おもちゃ(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2008/11/post-7fe2.html)。(2008/11/20)」

保育園・幼稚園は受動的で教育したりされたりという段階に相当するだろう。「受動的で」とは外部から指導や情報を与えられると広義の解釈が可能だ。またファミコンは、上記記事で書いたように子供達の付き会いメディアという機能を果たしていたと思う。少年時代になれば、ファミコンを通して子供達はお互い情報交換して、新しい事を学習できるようになる。これが「お互いに刺激し会う段階」と解釈で切るだろう。更に、中学から、高校、大学では、自律的に学習して自分の能力を高める段階になる。これを「自己を教育してゆく段階」ととらえる事が可能だろう。

当ブログでアクセスランキングが利用できるようになったのが昨年の9~10月頃であった。;「00001_BLOGアクセスランキング;http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/00001_BLOG_RANKING.html」。その当時、「読みかじりの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)。(2011/11/24)」の記事が、ランキングの最下位に入っていたのが分かる。つい1週間ほど前まで、同記事はランキングトップを続けてきた。ここへ来て、ランキングが下がり始めた。なぜか?

たまたま、Google検索で「幼稚園真諦」を検索窓に入れると、幾つかのキーワードが現れた。

Googleでキーワード「Google サジェッション機能」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=Google%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%A9%9F%E8%83%BD)。

多分、「幼稚園真諦」を検索窓に入れると、Googleのサーバーがあなたのお探しはこれ?と示してくれる機能のようだ。

表示されたキーワードは、「幼稚園真諦 読み方;幼稚園真諦 まとめ;幼稚園真諦 感想;幼稚園真諦 あらすじ;幼稚園真諦  倉橋惣三(順不同)」であった。このキーワードで何かひらめいた。いままで、なぜ、上記記事が読まれていたのか全然心当たりがなかった。世の中には奇特な人がいるものだと感じていた。実は、何かの手掛かりとして、そのキーワードを検索する需要があるように思われた。

「コピペ(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/01/post-4197.html)。(2010/1/23)」

ここからは推測だが、「幼稚園真諦」が試験やレポートの対象になっているのではないか。アクセスランキングが上がっていたのは丁度学期末等の試験シーズンだったからではないか。更に予想すると、新学期にかけてはアクセスランキングは下がり続けランキングから落ちるのではないか。

Googleでキーワード「井深大 教育者」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E4%BA%95%E6%B7%B1%E5%A4%A7%E3%80%80%E6%95%99%E8%82%B2%E8%80%85%E3%80%80)。

Googleでキーワード「井深大 教育者」を画像検索(https://www.google.com/search?q=%E4%BA%95%E6%B7%B1%E5%A4%A7%E3%80%80%E6%95%99%E8%82%B2%E8%80%85%E3%80%80&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X)。

多分、上記記事の読者は20代前後の年齢ではないか。「幼稚園真諦」は幼児教育の古典のようだ。「温故知新;古きを訪ねて新しきを知る」は昔から変わらない真理なのかもしれない。ふり返ると、「幼稚園真諦」を読みかじってもよく理解できなかった。一方、井深大氏の著書は、ソニーというイメージがあったのか、何となく理解できたような気がした。

WEB情報によると、井深大は『戒名は作らず、墓誌には「井深大」、その上に「自由闊達」と記されている。』そうだ。一方、倉橋 惣三の『墓所の句碑には「自ら育つものを育たせようとする心 それが育ての心である 世の中にこんな楽しい心があろうか」と刻まれている。』そうだ。

Googleでキーワード「自ら育つものを育たせようとする心」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E8%87%AA%E3%82%89%E8%82%B2%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%AE%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%9F%E3%81%9B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E5%BF%83)。

よくよく考えると、「自ら育つもの」とは、児童が本来持っている能力に従って自由に育ってゆく姿をイメージできそうだ。「育たせようとする心」は保育者・教育者の持つべき精神を現しているのかもしれない。この児童と教育者の関係を更に踏み込んで言えば、児童が伸びようとする能力・方向に合わせて教育者は児童を教育してゆく心構えが必要だということだろうか。そこには、児童の自由を最大限認めてその能力を引き出すという教育原理的な発想があるのかも知れない。そう考えると、井深大と倉橋惣三の教育理念には自由という共通項があるように感じる。

老人になると、墓誌や戒名が何となく気になるものだ。しかし、若い教育者の卵でも、自分の墓誌に記すべき言葉を考えつつ、自分の将来の姿を描くのに早すぎる事はないだろう。井深大や倉橋惣三をも乗り越えて進んでもらいたい。

*************************
追記(2014/7/14):「書き足しの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)(2014年3月 6日 (木))。」の記事がランキング9位に入った。これは予想外であった。「読みかじりの記:「幼稚園真諦」 倉橋 惣三 著 (1976年 株式会社フレーベル館)」の記事は相変わらずランキング1位に入っている。自分の予想では、ランキングから消える時期があるだろうとその時期を予想してみたが完全に外れている。それなら、新学期にこれを読めと指示されているのかなと邪推したくなる。自分の青年時代、WIKIPEDIA「斎藤喜博。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E5%96%9C%E5%8D%9A)」という教育者がいたのを思い出す。「富岡製糸場と絹産業遺産群」の田島弥平旧宅がある、旧島村の島小学校で教員をしていたとの事。Googleでキーワード「島小学校 校章」を検索(https://www.google.com/search?hl=ja&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1012&bih=387&q=%E5%B3%B6%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%80%80%E6%A0%A1%E7%AB%A0&oq=%E5%B3%B6%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%80%80%E6%A0%A1%E7%AB%A0)。田島弥平の蚕種を象徴する物はないかねと聞いたら、島小学校の校章があると教えられた。Googleでキーワード「小中一貫教育学校」をニュース検索(https://www.google.com/search?q=%E5%B3%B6%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%80%80%E6%A0%A1%E7%AB%A0&hl=ja&site=imghp&tbm=nws&source=lnms&sa#hl=ja&q=%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E4%B8%80%E8%B2%AB%E6%95%99%E8%82%B2%E5%AD%A6%E6%A0%A1&tbm=nws)。このニュースを聞いて何か変な予感を感じた。思いつきで制度いじりをされたら、教育現場は大混乱になるのではないか。思うに、教育の専門家が必要なのか疑問になる昨今だ。

追記(2014/7/19):現在この記事はランキング4位に入ている。2014/7/18の上毛新聞社会欄(25P)に「島小学校存廃の岐路」という大見出しの記事が掲載された。足で書いたような取材で、本当に時宜を得た良い記事だが、その現実は余りにもさびしい。学校こそ地域の中心である。住民は学校が廃墟となるのを座視するのも忍びないだろう。いっそうの事、高齢者が小学生になって一年生からやり直すことは出来ないのか。田島弥平さんに聞いてみよう。

Iob_shimashougakkou 

追記(2017/09/28):Googleでキーワード「幼稚園真諦」検索入力時の表示画像を追記

Iob_googleskdg20170928
*************************

BLOG TOPの 「アクセスランキング」へ飛ぶ

ページ先頭へ飛ぶ

 

2014年2月16日 (日)

読みかじりの記:新聞社 破綻したビジネスモデル   河内 孝 著 (2007年 株式会社新潮社)

2014年2月16日(日)
昨日も雪後曇り。最高気温(℃) 5.3 21:10。最低気温(℃) -0.5 01:20 。最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 18.0(北西) 16:02。換算雨量=103.5mm。ざっそう句:大雪が 五輪の年に 新記録。宅内閑居。BLOGのメンテをした。朝から雪が降り続く。家族が雪かきを始めたが休業した。パイプハウスの駐車場が危ないので車を外に出した。その後ハウスが潰れたが、何とか人も車も助かった。また、ネムノキの太枝が折れた。電線が地面に垂れ部分停電になった。我が家でも相当な被害が出た。前橋では観測史上最高の積雪54センチを記録したとの事。昼過ぎ通路の雪かき。長靴に雪が入らない程度に雪をかいたがまだ不十分。ともかく歩きやすいようにした。雪はさらさらした粉雪で、吹き溜まりになっている部分があった。この大雪で母の短歌を思い出した。「雪積もる 重さに耐へず 竹割るる 音の響けり 爆竹の如」。まだ、竹の様子はみていない。粉雪で葉に付着しにくかったかもしれない。

2014年2月15日の天気(AMEDAS)

TAVE= 2.4 NO DATA
TMAX= 5 最高気温(℃) 5.3 21:10
TMIN= -0.5 最低気温(℃) -0.5 01:20
DIFF= 5.5
WMAX= 8.9 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 18.0(北西) 16:02
SUNS= 0 NO DATA
RAIN= 103.5 NO DATA

Q
Q

読みかじりの記:新聞社 破綻したビジネスモデル   河内 孝 著 (2007年 株式会社新潮社)

本書を手にしたのは最近の新聞がどうもおかしいのではないのかと感じるようになったからである。著者が本書で意図するビジネスモデルが良く理解できない。新聞の購読契約数至上主義がその一例のように見えたがはたしてそれだけが本書の言うビジネスモデルなのか。

WIKIPEDIA「朝日新聞社。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE)」非上場の株式会社。 朝日新聞社ホームページの会社概要によると、「会社名 =株式会社 朝日新聞社 ;社主 =村山 美知子 、上野 尚一;資本金=6億5,000万円 。  

WIKIPEDIA「読売新聞社。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE)」:株式会社読売新聞東京本社。WIKIPEDIA記事によると、「2002年7月1日付で読売新聞グループの再編が行われてからは、従来の読売新聞社改め持株会社である読売新聞グループ本社傘下となった以下の新聞現業3社の総称として用いられる。」との事。

読売新聞社ホームページによると、「組織体制(読売新聞基幹6社)」とあり、そのトップが「(株)読売新聞グループ本社」であり、「設立=2002年7月1日 ;資本金=6億1320万円 」である。

WIKIPEDIA「毎日新聞社。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8E%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE#.E6.B2.BF.E9.9D.A9)」。それによると、「株式会社毎日新聞社(まいにちしんぶんしゃ、英称:The Mainichi Newspapers Co.,Ltd.)は、日本の大手新聞社の一つである。現在は、持株会社毎日新聞グループホールディングスの子会社となっている。」との事だ。

毎日新聞社のホームページ(http://www.mainichi.co.jp/corporate/co-about.html)によると、「会社名=株式会社 毎日新聞社;資本金=41億5000万円  」

「読みかじりの記:迷いと決断 ソニーと格闘した10年の記録 出井伸之 著 (2006年 株式会社新潮社)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2013/12/102006-346c.html)。(2013年12月25日(水) )」

本書では、新聞の拡張に関しても述べている。現役時代、大阪に単身赴任したが、社宅に落ち着こうとした時、不審者と間違えたのが新聞の拡張員だった。社宅玄関には、暗証番号付きの自動ドアがあったが、彼らには効果がなかったようだ。どの社か聞くと球団を持っている方だった。かつて、幼少時代、あの球団のイニシアルを帽子に縫い付けて夢見心地だったが、お陰でプロ野球嫌いにさせてもらった。

本書を読んで、新聞社間の拡張戦争で印刷されただけで読まれずに葬られる膨大な量の新聞があることに気付かされた。これは本書の功績ではないか。新聞こそまさに情報というナマ物を扱う商品で、旧聞の山は、まさに産業廃棄物の山ように感じる。新聞は、豊作と過剰で廃棄されるキャベツ等に関しては報道してきたが、この押し込み紙を報じたのを読んだ事が無い。そもそも、力の弱い新聞販売店に、店が注文する以上の新聞を押し込むのは、独禁法の優越する地位の乱用に限りなく近い悪徳行為なのではないか。

本書は著者が会社役員を隠退した事を契機に業界の正常化と更なる発展を願って、書かれているようだ。その点、前記「迷いと決断~」の著者と異なるスタンスで書かれていると思う。それが出来たのも、潔く以前の職場から縁を切ったからではないか。なにかしら利害関係があると、言いたい事も言えなくなる。著者が気にしているのが、朝日と読売の二強体制。著者は毎日新聞社の役員だったので、多分自社の状況は知り尽くしているのだろう。

我が家も中央紙を購読していたが、ある縁で、一時毎日新聞を購読した事がある。記事の切れ目が新聞の折り目に重なるような編集をしていたのを評価した事もある。しかし、購読紙を頻繁に変える事はなかった。現在は地方紙だけ。地方紙も止めてWEBだけにしようかと考える事もある。著者が指摘するまでもなく、インターネットが新聞のあり方を大きく変えている。テレビも同様だ。新聞各社もインターネット版を有料紙に変えようとしているようだ。検索でヒットする記事も、ログインしないと見られないのがある。結局、新聞もテレビも広告というおいしいところはインターネットにさらわれて行くのではないか。

本書の後半に、中日と毎日と産経を統合して新聞界の第三極をつくるというアイデアが披露されている。これを読んで、政界の編成を思い出して苦笑してしまった。このままでは毎日も危ないという、母国思いの情が本書執筆の背後にあったのか。日本は小国で、何事も巨大な物を作る事がそもそも不必要な国ではないか。著者が本気でそう思ったのか定かではないが、巨大になれば小回りが利かなくなる。見えない所に金がかかる。情報の流れや判断も遅れる。責任も不明確になる。巨大化で良い所は一つも無いのが実相ではないか。

新聞が再販制度に守られているのは妥当適正か。著者は消費税8%になった場合の負担額を試算している。既に、消費税8%への増税は目前に迫ってきた。新聞に軽減税率を適用すべしという運動が起こる気配もある。それは10%になった時かも知れないが、政権の太鼓持ち役というだけの論功行賞で軽減税率が適用されるようでは、ますます日本は混迷を深めるだろう。

本書では新聞と放送の関係も論じている。新聞と放送というメディアも系列化して巨大に相互依存関係を強めている。そこへインターネットやITを駆使した第三勢力が成長して実力を付けて来たのが現代だろう。著者は最終章でIT時代の新聞像を描いている。やはり、デカイだけでは、今後の情報化時代は生き抜けないのだろう。業界が斜陽になれば真剣に考えるだろう。著者も本書の末尾で、小粒ながらサンショウのように存在感があるメディアの原点としてあった瓦版について述べている。新しい時代が迫っているのは感じるがその全体が見えない。見えた時には既に時遅しなのではないか。メディアの原点はコンテンツの質であり、その質を支えるのは人材である。新しい有能な人材も旧来メディアに近づかなくなると必然的に旧来メディアは没落してゆくのではないか。

ページ先頭へ飛ぶ

2014年2月 2日 (日)

読みかじりの記:原発のウソ  京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章 著 (2011年 株式会社 扶桑社)

2014年2月2日(日)
昨日は晴れ。最低気温(℃) -1.3 07:31。ざっそう句:半巻きの 縮み白菜 お勝手へ。宅内閑居。部屋の整理。食卓へ上がる野菜が少ないように感じた。白菜数個を収穫。その半分が大根と交換になった。まともに巻いた白菜はわずかで、すでに無い。ともかく無いよりましだ。寒さに耐えられない部分は変色し枯れてくる。可食部はそれだけ少なくなる。

Googleでキーワード「都知事選AND(演説OR遊説)AND(渋谷OR銀座)」を画像検索(https://www.google.com/search?hl=ja&site=imghp&tbm=isch&source=hp&biw=1051&bih=434&q=%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8AND(%E6%BC%94%E8%AA%ACOR%E9%81%8A%E8%AA%AC)AND(%E6%B8%8B%E8%B0%B7OR%E9%8A%80%E5%BA%A7)&oq=%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8AND(%E6%BC%94%E8%AA%ACOR%E9%81%8A%E8%AA%AC)AND(%E6%B8%8B%E8%B0%B7OR%E9%8A%80%E5%BA%A7))。

2014年2月1日の天気(AMEDAS)

TAVE= 4.6 NO DATA
TMAX= 10.6 最高気温(℃) 11.0 15:17
TMIN= -0.6 最低気温(℃) -1.3 07:31
DIFF= 11.2
WMAX= 2.7 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 5.5(西北西) 00:09
SUNS= 8.1 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA

Q

読みかじりの記:原発のウソ  京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章 著 (2011年 株式会社 扶桑社)

本書の初版は2011年6月1日である。福島原発事故以来3ヶ月も経たない時に出版された。腰巻きのサブタイトルが「危険を訴え続けて40年”不屈の研究者”が警告する原発の恐怖」とある。原発事故当時の雰囲気が伝わってくる表紙だ。

福島原発事故当時は、それこそ群盲象を撫でるという状況であった。福島原発事故に関しては膨大な情報が流れたと思う。中には情報戦、情報の撹乱・利害の誘導、更には千載一隅の金儲けのチャンスという動きもあったかと思われる。要するに疑心暗鬼と情報不足と情報過多がが同居していたのが福島原発事故直後の状況だったと思う。

その本質的な状況は今でもそれほど大きく変わっていないように思われる。福島原発事故もやがて発生してから3年目になる。原発事故現場は直接観察できない。当局は、原発が直接見えないという特徴を逆手にとって分かっている事も隠蔽しているようにも見える。要するに、当局は事実を隠さなければ、利権も責任も隠蔽できないのだ。

本書は、情報が錯綜している時期に専門家として、一般人の不安・疑問に答えると共に日本の選択としては脱原発しかないと述べていると思われる。その趣旨は「読みかじりの記:高速増殖炉 もんじゅ 巨大核技術の夢と現実  小林圭二 著 (1994年 七つ森書館)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2014/01/1994-5dc0.html)。(2014年1月23日(木) )」と共通する視点であると感じる。

「高速増殖炉 もんじゅ 巨大核技術の夢と現実」はかなり技術的な内容に踏み込んでいるが、本書はもう少し通俗的な内容になっている。「第一章 福島原第一原発はこれからどうなるか。」当時は、これがもっとも知りたい事であったろう。当時、事故で破壊した原子炉からの放射性物質の拡散を防止するため、石棺と水棺の議論があったと思う。当時、格納容器の健全性は保たれているという当局の見解がもっともらしく流れていた。本書では、格納容器から汚染水がジャジャ漏れになっている以上、水棺にも疑義があると述べている。また、閉ループ方式で放射能汚染水の流出を低減する方式も述べている。振り返ってみると、原発の冷却も汚染水の対策も本質的な前進は少なく、依然綱渡りが続いているのが分かる。

「第二章 「放射能」とはどういうものか。」「第三章 放射能汚染から身を守るには。」「第四章 原発の”常識”は非常識。」「第五章 原子力は”未来のエネルギー”か?。」「第六章 地震列島・日本に原発を建ててはいけない。」「第七章 原子力に未来はない。」各章のタイトルを並べたが、本書タイトル「原発のウソ」と並べると「原発のウソ」が当時の雰囲気を伝えようとしているように感じるが、現在ではややセンセーショナル過ぎるような印象を受ける。原発はあくまで人造物件であり、「ウソ」は人間の行為だ。「原発のウソ」で何を訴えたいか何を目的にしたのか。言葉はまかり間違うとすれ違いや誤解生じる心配もあると思う。

「××のウソ」という表現は週刊誌的・通俗的表現だが、問題が問題だ。やはり敵を攻めるにはそれなりの工夫が必要ではないか。そうして敵は原発・原子力なのか。原発事故直後、当局は電力利用者に無差別の計画停電という前代未聞の暴挙をしかけた。本書第七章には、原発が止まっても電力は確保できるだけの能力はあったと述べている。これこそ、当局のウソではなかったか。

豊かな生活には豊かなで安いエネルギーが必要だという宣伝も全部ウソではないだろう。しかし、火力より原子力の方が安くてクリーンだと言われると庶民はそれがウソか本当か判別し難く感じる。原発同様、一度動き出した巨大システムを停止・解体する事は大変だ。ともかく、国家も社会も「カネ本位」主義で突っ走って来たわけだが、何時の間にか多様な価値観を失ってしまったのが現代ではないか。

WIKIPEDIA「国民総幸福量。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%B7%8F%E5%B9%B8%E7%A6%8F%E9%87%8F)」。

WIKIPEDIA「ブータン。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3)」。

本書は「原発のウソ」というタイトルの別案(「××のウソ!」etc)を考えつつ読むとなお一層興味を覚えるのではないか。

************************

CEEK_JPでキーワード「都知事トチジセン」のニュース検索ケンサク(上位ジョウイ200ケン検索ケンサク=20140202)
2026   件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複2件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
舛添氏、余裕?雅山断髪式で対立候補支援の民主・細... (社会) 5:30 スポニチ
「抱きしめたい」舞台あいさつで北川...   (エンターテイメント) 4:22 ニュースウォーカー
都知事候補4氏、ネット動画で討論会   (政治) 1:35 朝日新聞
五輪、子育て支援で舌戦=4候補がネット討論会-都知事選   (政治) 01日 23:55 時事通信
都知事選:原発是非など4候補がネットで議論   (政治) 01日 23:35 毎日新聞
【都知事選】どうする尖閣基金14億円 主要5候補に聞... (政治) 01日 22:57 産経新聞
都知事選、4候補がネット中継討論会に   (社会) 01日 22:32 日本経済新聞
都知事選:小さな声、聞いて   (社会) 01日 20:23 毎日新聞
デヴィ夫人 「貴婦人の平手打ち」し... (エンターテイメント) 01日 18:35 スポニチ
元大関・雅山が断髪式   (スポーツ) 01日 18:13 日本経済新聞
元大関雅山が断髪式…最後は4歳の長男と相撲   (スポーツ) 01日 18:11 サンケイスポーツ
元大関・雅山が断髪式 最後の相撲は4歳の長男と... (スポーツ) 01日 18:07 スポニチ
元大関・雅山が断髪式   (スポーツ) 01日 18:01 スポーツ報知
海老蔵司会「細川家」特番 2月末放送へ   (エンターテイメント) 01日 15:51 J-CAST
公選法発信の壁   広がる市民団体アンケート (社会) 01日 14:25 東京新聞
北川景子、錦戸亮の「抱きしめたい」...   (エンターテイメント) 01日 13:53 シネマトゥデイ
北川景子&錦戸亮「抱きしめたい」初...   (エンターテイメント) 01日 13:52 映画.com
【四季】 (その他) 01日 13:15 日本農業新聞
【今週の甲斐孝輔】(35)尖閣問題で東京都は国を動かした (政治) 01日 12:00 産経新聞
切り刻んだ日の丸送りつけ…田母神陣営への嫌が...   (スポーツ) 01日 11:00 東京スポーツ新聞
【都知事選】菅原文太「仁義ある戦い」だ 細... (地方・地域) 01日 10:28 産経新聞
細川護熙氏を佳代子夫人が語る   (社会) 01日 09:10 日刊スポーツ
「表現の自由」を守ってくれる都知事は誕生しなそう... (電脳) 01日 09:00 おたぽる
夫婦の絆、代償の1票=原発長期避難の女性-「被災...   (社会) 01日 08:33 時事通信
【都知事選】シルエット、肩書き、大物メッセ... (地方・地域) 01日 07:46 産経新聞
福島を忘れていないか 都知事選 ネオン輝く東京に違和感 (社会) 01日 07:40 東京新聞
都知事選   主な候補者アンケート (地方・地域) 01日 07:25 東京新聞
細川氏応援に菅原文太!「仁義ある戦い」を宣言   (社会) 01日 05:30 スポニチ
舛添氏、英語で“口撃”「100人の元... (エンターテイメント) 01日 05:01 サンケイスポーツ
都知事選:候補、有権者取り込み拡大に戦術見直し   (政治) 01日 04:00 毎日新聞
舛添氏リード、宇都宮氏と細川氏追う…都知事選   (政治) 01日 03:04 読売新聞
都知事選:「つぶやき」増減は全国連動 原発など顕著 (政治) 01日 00:07 毎日新聞
衆院予算委:民主は原発政策など追及 首相「依存度低減」 (政治) 31日 23:28 毎日新聞
【都知事選】「五輪」「原発」違い鮮明 防災は耐震... (政治) 31日 21:52 産経新聞
東京五輪のカヌー会場変更、意見分かれる   都知事選 (社会) 31日 21:01 日本経済新聞
都知事選の争点(5)   どうする?尖閣寄付基金 (社会) 31日 18:25 TOKYO MX
相場は底を打ったが、主役銘柄なく日替わり相場の様... (経済) 31日 18:10 サーチナ
来週の日本株は波乱含み、重要イベント控え先物主導... (経済) 31日 17:55 ロイター
波乱含み、重要イベント控え先物主導の荒い値動き=... (経済) 31日 17:48 ロイター
都知事選:イメージ選挙は本当か   中盤戦突入 (政治) 31日 17:29 毎日新聞
猪瀬前知事5000万円問題で地検の捜査続く   (社会) 31日 16:57 日刊スポーツ
【日本株週間展望】安倍相場初の5週続落、新興国懸念飛び火   (経済) 31日 16:28 Bloomberg.co.jp
五輪契機に地域活性化を=主要候補訴え、環境政策も...   (政治) 31日 14:21 時事通信
えらぼーと:都知事選 参加者7万3000人の回答集計 (政治) 31日 12:45 毎日新聞
舛添氏、築地場外を「大事にしないと」   (社会) 31日 11:55 日刊スポーツ
[再考原子力 都知事選を追う]「脱原発」に... (地方・地域) 31日 11:32 新潟日報
東通原発、工事再開「未定」=青森知事と会談-東電社長   (経済) 31日 11:09 時事通信
【ネットろんだん】小泉ツイッター 二転三転「なり... (政治) 31日 10:58 産経新聞
都知事選:ネット選挙初陣 ツイッター軸に多彩に知恵絞り (政治) 31日 10:30 毎日新聞
(もんじゅ君のエネルギーさんぽ)都...   (エンターテイメント) 31日 09:30 朝日新聞
NHKが脱原発テーマ変更で大学教授降板   (社会) 31日 08:48 日刊スポーツ
双葉町長、一定の理解   楢葉の中間貯蔵計画見直し要望 (地方・地域) 31日 08:43 福島民報
【都知事選】「サムライが必要だ」石原氏「永遠の0... (政治) 31日 08:01 産経新聞
25日、75日移動平均線逆カイ離を狙う 売られすぎ銘... (経済) 31日 08:00 日本証券新聞
“小泉チルドレン”杉村太蔵が都知事選後を大胆予測   (社会) 31日 08:00 東京スポーツ新聞
都知事選   主な候補 この色でアピール (地方・地域) 31日 07:25 東京新聞
【都知事選】見直せ!そのまま!新国立で主要4候補真っ二つ (社会) 31日 06:03 スポーツ報知
小泉元首相VS安倍首相!2・2銀座で“師弟対決”も (社会) 31日 05:30 スポニチ
サムライが必要!石原氏「永遠の0号... (エンターテイメント) 31日 05:03 サンケイスポーツ
神奈川知事が舛添氏応援   東京都知事選 (政治) 30日 23:34 産経新聞
中小企業再生に力点 京都府知事選、尾崎氏が1次公約 (地方・地域) 30日 23:06 京都新聞
都知事選の争点(4) 防災対策は?   (社会) 30日 22:00 TOKYO MX
NHK:原発テーマ変更拒否で出演取りやめ 東洋大教授 (社会) 30日 20:23 毎日新聞
【都知事選】「選挙事務所に来て」 細川氏が民主に... (政治) 30日 19:48 産経新聞
「首相」「大臣」「弁護士」=各候補、経験アピール...   (政治) 30日 19:47 時事通信
都知事選4候補討論   その5「政治とカネ」 (社会) 30日 19:47 日本テレビ
都知事選4候補討論 その4「原発」   (社会) 30日 19:43 日本テレビ
都知事選4候補討論 その2「待機児童」   (社会) 30日 19:42 日本テレビ
都知事選4候補討論 その3「東京五輪」   (社会) 30日 19:40 日本テレビ
都知事選4候補討論「他候補とココが違う」   (社会) 30日 19:36 日本テレビ
神奈川・黒岩知事   都知事選で舛添氏応援へ (地方・地域) 30日 19:19 産経新聞
都知事選:4候補が顔合わせ   テレビ番組で訴え (政治) 30日 18:50 毎日新聞
NHKが原発テーマ変更求め、教授が出演拒否   (エンターテイメント) 30日 18:31 産経新聞
【都知事選 主要候補テレビ激論(下)】電気料金の... (政治) 30日 16:58 産経新聞
都知事選4候補、初顔合わせ   告示1週間、ようやく実現 (政治) 30日 16:51 朝日新聞
【都知事選 主要候補テレビ激論(上)】 東京五輪め... (政治) 30日 16:37 産経新聞
舛添氏怒る“小泉ー細川コンビは無責任”   (社会) 30日 16:36 東京スポーツ新聞
都知事選4候補「every.」で初討論   (社会) 30日 15:45 日本テレビ
えらぼーと:都知事選 軽減税率 77%が「導入すべきだ」 (政治) 30日 15:23 毎日新聞
NHKコーナー休止   ラジオ 脱原発の教授拒否番組 (社会) 30日 14:20 東京新聞
被害想定踏まえ、減災急務=首都直下地震に備え-都知事選   (政治) 30日 14:10 時事通信
NHKがテーマ変更を要望、教授が出演を拒否   (社会) 30日 13:11 読売新聞
都知事選4候補が初討論会   五輪などテーマ (社会) 30日 12:51 日本経済新聞
NHK、都知事選を理由に原発テーマ拒む   (社会) 30日 12:44 スポーツ報知
NHKが原発テーマ拒み教授出演取りやめ   (エンターテイメント) 30日 12:34 日刊スポーツ
NHK、脱原発テーマに難色=大学教授がラジオ番組降板   (社会) 30日 12:26 時事通信
NHKが原発テーマ拒む 大学教授が出演取りやめ「納得... (社会) 30日 12:09 スポニチ
NHKラジオが原発テーマ拒む   (スポーツ) 30日 12:00 デイリースポーツ
NHKラジオ:東洋大教授の原発テーマ拒む 都知事選理由 (政治) 30日 11:58 毎日新聞
NHKラジオが原発テーマ拒む   大学教授... (エンターテイメント) 30日 11:54 共同通信
主要候補が初めて直接対決=都知事選で討論会   (政治) 30日 11:18 時事通信
【都知事選】舛添候補HPに自民リンク指示   (政治) 30日 10:45 産経新聞
京都知事選で現職推薦=山口は新人推す-公明   (政治) 30日 10:38 時事通信
都知事選:皆で考えよう! ヒルズに「せんきょCAMP」 (社会) 30日 10:38 毎日新聞
NHK、脱原発論に難色   「都知事選中はやめて」 (社会) 30日 07:45 東京新聞
2014都知事選   著書から見た主な候補者(下) (地方・地域) 30日 07:05 東京新聞
嘉田氏   3選出馬に意欲!? (地方・地域) 30日 07:00 滋賀報知新聞
【都知事選】91歳・寂聴さんが76歳・細川氏応援「まだまだ」 (社会) 30日 06:04 スポーツ報知
2026   件の記事の 1 件目 ~ 100 件目 (重複2件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

2014年1月26日 (日)

読みかじりの記:解説 食品トレーサビリティ 新山陽子 編(2005年 株式会社昭和堂)

2014年1月26日(日)
昨日は曇り一時晴れ。最低気温(℃) -3.0 06:56。ざっそう句:人心は 神さえ読めぬ 深い闇。宅内閑居。一時大々的に報道されていた食品へのマラチオン混入のニュースがぷっつりと途絶えていた。昨日上毛新聞にやや大きな見出しだが短い記事が一面に掲載された。容疑者逮捕を想像させる内容だった。昨日WEBニュース検索したらその動きがあったようだ。

2014年1月25日の天気(AMEDAS)

TAVE= 3.6 NO DATA
TMAX= 9.7 最高気温(℃) 10.2 14:27
TMIN= -2.8 最低気温(℃) -3.0 06:56
DIFF= 12.5
WMAX= 1.8 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 4.8(西) 01:42
SUNS= 2 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA

Q
Q

読みかじりの記:解説 食品トレーサビリティ  新山陽子 編(2005年 株式会社昭和堂)

本書のサブタイトルは「ガイドラインの考え方/コード体系、ユビキタス、国際動向/導入事例」となっている。同社の類書に、同じ編集者による「解説 食品トレーサビリティ ガイドライン 」があり、こちらは2010年の出版である。昭和堂(http://www.showado-kyoto.jp/)という書店は初めてであった。それも京都。さらに農学部前で全く偶然でもないのかもしれない。

老人力を頼りに齧りついたが大部分消化不良だ。自分が本書を手にしたのは、「古本で安い」×「トレーサビリティに興味有」×「最近の食品問題」×「百姓と農薬」という幾つかの要因が重なったからである。そのどの一つが欠けても本書に巡り会わなかったろう。本書は分担執筆で編集者以外に著者が15名おり、内容としては相当充実しているのではないかと思う。この記事は、あくまで「読みかじりの記」であり、思い込みの記に過ぎないかもしれない。

トレーサビリティについては、現役時代に会社で従事したISO9001認証取得等の仕事を通じその重要性を感じた。半導体の不良解析も、市場不良となると食品と同じような場面が多いと思う。工業製品の安全性や品質の確保に関しては色々手法があるが、食品の品質の作りこみに関して本書がどの程度役立ちそうか分からなかった。言い替えると、食品のトレーサビリティは食品の最上流から最下流までの履歴管理に尽きるのは当然と思ったが、完全な履歴管理は不可能に近いだろう。

サイト内でキーワード「トレーサビリティ」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%80%80site:http:%2F%2Faf06.kazelog.jp%2Fitoshikimono%2F)。

福島原発事故で、標準電波が途絶えた時にトレーサビリティの重要性はどの程度認識されたのだろう。空間と時間の座標を押さえてこそ時空というトレーサビリティの骨格が保証される。その次が各種ものさしの標準化であろう。今日のIT技術を使えば、GPSで位置情報、標準電波で時刻情報を容易に取得できる。しかし、食品自体の履歴管理はそれこそ、人間の悪知恵との戦いになるのではないか。

トレーサビリティ導入にはコストがかかり、高額商品としての牛肉等で導入されているようだが、BSE対策だけでなく、偽装・不正によるトレーサビリティ網が突破される心配はないのか。TPPで外国の食品の輸入が多くなると、食品の信頼性は保証されるのかも問題になっている。

本書でもトレーサビリティ導入の段階について述べているが、やや理想論に傾いているように感じる。食品としては、価格の高低は安全と直接関係無いだろう。消費量は安い食品の方が多いだろう。そう考えると、トレーサビリティの導入の難しさが一層際立つ。

最近の食品問題としては、農薬のマラチオンが食品に混入した問題がある。ついに、この食品への農薬混入は事件にまで発展したようだ。

Googleニュースでキーワード「マラチオン 混入」を検索(https://www.google.com/search?hl=ja&gl=jp&tbm=nws&authuser=0&q=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%80%E6%B7%B7%E5%85%A5&oq=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%80%80%E6%B7%B7%E5%85%A5&)。

最近の農薬問題では、市場に出荷された野菜の抜き取り検査で使用禁止農薬が検出され、該当する野菜が特定できないので、範囲を拡大して回収されたという記事が上毛新聞に出ていた。

WIKIPEDIA「マラチオン。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3)」。本記事には、上記の混入問題も記述されている。農薬の場合、農薬の学名と商品名が異なり、本当の農薬作用機序や毒性が掴みにくいという大きな問題がある。WIKIPEDIAによれば、『主に「マラソン乳剤」として広く用いられ』」ていると言う事だ。実は、「マラソン乳剤」は殺虫剤として使った事がある。

WIKIPEDIA「サリン。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3)」。この記事に「 治療薬:PAM、アトロピン」と書かれているが、同じ有機リン系の農薬にもPAMやアトロピンが書かれていて、農薬の正体に気付いた事があった。

Googleでキーワード「マラソン乳剤 取扱説明書」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E4%B9%B3%E5%89%A4%E3%80%80%E5%8F%96%E6%89%B1%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8)。

Googleでキーワード「マラソン乳剤 作用機序」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E4%B9%B3%E5%89%A4%E3%80%80%E4%BD%9C%E7%94%A8%E6%A9%9F%E5%BA%8F)。自分のイメージでは有機リン系農薬は生物の神経に作用して神経麻痺を起こさせて死に至らしめるので殺虫効果が得られるのではないか。原理的には昆虫に生じる効果は人間にも生じる。違いは致死量だけではないか。そう思うと農薬の本当の怖さが分かるような気がする。かつては、水稲の消毒にはパラチオンが使われていた。自分も消毒の時長いホースを持つ手伝いをした事がある。

WIKIPEDIA「パラチオン。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%B3)」。

当時は、手ぬぐいでマスクをする程度でパラチオンを噴霧器で散布していた。多少気分が悪くなった例はかなりあったようだ。パラチオンで自殺をした云々というウワサを聞いた記憶もある。

マラソン乳剤が身近な農薬だけあって、ついつい寄り道したが、食品のトレーサビリティから漏れてしまう問題も起こりうる事を今回の事件が示した。しかし、問題の第一報が入った時点で、トレーサビリティが十分機能していれば混入が疑わしい食品の販売を即時に停止でき被害者数を減らせたのではないか。仮に、混入されたのがマラソン乳剤より毒性が強い薬物であったらその被害は計り知れなかったと思われる。トレーサビリティで流通過程が正確に辿れるなら、不合理な被害申告の有無も検証できるのではないかとも考えられる。

食品は人体に取り込む物質なので安心・安全が不可欠と綺麗ごとを並べても何の解決にもならないのも現実である。本書ではトレーサビリティのシステムという言わばハードの部分を中心に述べていると感じた。いくら立派なシステムが出来ても、いくら金を掛けてもそのシステムに流れる情報の質の信頼性に問題があれば、そのシステムは有害無益のシステムに成り下がってしまうのではないか。

本書で欠けているのがやはり、生身の人間を含むソフトの面ではないかと思った。ISO9001等々では組織運営における経営者や職員の権限と責任、外部監査、システムの見直し是正、教育等々泥臭い問題も規定されている。食品の安全管理においては、トレーサビリティその一部に過ぎないと思われる。やはり、食品にまつわる問題や事故・事件が起きる要因には人的要因が多く、それは永久に完全解決できないと思われる。それだからこそ、食品という人間の生存にとって不可欠の物を扱う人間が誇りと責任を持って業務に取り組めるシステムが最も重要ではないかと思った。

Googleでキーワード「食品トレーサビリティ導入のガイドライン」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3)。

WEB検索の結果、本書が解説すべき対象となったと思われる以下の資料があった。一般社団法人食品需給研究センター の「改訂前の「食品トレーサビリティシステム導入の手引き」*1(平成15年3月)(http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trace/pdf/20070403tebiki_syohan.pdf)。」の方が全体を見渡しやすい。要するに、「食品トレーサビリティ」システムは、企業、団体等の目的遂行の基幹システムのサブシステムに位置づけされているようだ。

本書を理解する上での、前提条件と思われる部分を上記「改訂前の「食品トレーサビリティシステム導入の手引き」から下記に引用する。

「(3) トレーサビリティシステムは、あくまで食品とその情報の追跡、遡及のためのシステムであり、製造工程での安全性(衛生)管理や品質管理、環境管理を直接的に行うものではない。したがって、食品の安全(衛生)や品質の管理、環境管理を行うには、それぞれを管理するためのシステムを導入することが必要である。管理システムには以下のような世界標準がある。トレーサビリティによって、製品の安全性や品質、環境管理の情報を提供しようとする場合には、情報の信頼性を確保するうえで、それら世界標準の導入の可能性の検討にも留意しておく。

・ 安全(衛生)管理システム・・・HACCP
・ 品質管理システム・・・ISO9000 シリーズ
・ 環境管理システム・・・ISO14000 シリーズ

取組主体は、おのおのの創意工夫を生かすことが有効である。このため、たとえば段階的に取り組むことや実行する前に基本構想書や手順書を作成し関係者の合意を得ておくことなどによって、着実に進めていくことが有効である。」

いずれにしろ、本書や上記「食品トレーサビリティシステム導入の手引き」に参画している人物はまさにシステム構築や構築のコンセプト構築の最上流にいる人物と思われるが、システムから外れていると思われる、食料生産の最先端で働いている零細な農業・漁業者の立場をいかに反映したのかは良く見えない。結局、食品トレーサビリティシステムは上から押し付けるものという考えになってしまうとどこかで破綻・挫折が生じるのではないか。現在では、直売所に出荷をするにも生産履歴が要求されているのだが、そのコストは販売価格に転嫁できないのが実情だ。本書はくたびれた半百姓が読むには勿体ないようだ。むしろ大手食品会社の経営者に読んでもらいたいところだ。多分、たてまえでは殆どの食品会社は何らかの食品トレーサビリティシステムを導入していると思うが、それが迅速有効に機能するか検証をして貰いたいものだ。

本書のサブタイトルに「国際動向」があるが、この部分は良く分からなかった。ただ、TPP云々と浮かれているだけでは、危険な食品が海外から大量に入って来ても処置無しだ。これは国が行わなければ絶対に進まない。いくら強力な軍備があろうが、兵糧攻に合えばそれまでだ。

************************

CEEK.JPでキーワード「マラチオン 食品ショクヒン」のニュース検索ケンサク上位ジョウイ300ケン):検索ケンサク=20140126。
480 件の記事の   1 件目 ~ 100 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
所持品からマラチオン検出=農薬混入、逮捕の契約社...   (社会) 5:53 時事通信
アクリフーズ農薬冷凍食品 契約社員の49歳男を逮捕 (社会) 5:30 スポニチ
農薬混入男逮捕、ボーナスに不満「や...   (エンターテイメント) 5:03 サンケイスポーツ
逮捕の男   工場内の持ち物から農薬検出 (社会) 4:08 NHK
農薬混入:作業服からマラチオン…製造時間帯に勤務   (社会) 2:31 毎日新聞
農薬混入:契約社員を逮捕…49歳、ピザ担当 容疑を否認 (社会) 2:30 毎日新聞
冷凍食品に農薬4回混入   動機は 逮捕の容疑者 (社会) 2:15 日本経済新聞
マルハニチロ、純利益17%減に下方修正 14年3月期 (経済) 1:20 日本経済新聞
「マルハニチロ」農薬検出 逮捕男の所持品から「マ... (社会) 1:01 フジテレビ
容疑者知る元従業員「お調子者。常識ない」   (社会) 1:01 日本テレビ
契約社員の男逮捕=偽計業務妨害容疑-「覚えてない...   (社会) 0:56 時事通信
農薬混入事件、契約社員を逮捕   (社会) 0:30 デイリースポーツ
農薬混入:マルハニチロ社長「痛恨の極み」…引責辞任へ (社会) 0:23 毎日新聞
農薬混入事件、契約社員を逮捕   冷凍食品、業... (地方・地域) 0:23 沖縄タイムス
冷凍食品農薬混入で契約社員の49歳男を逮捕   (社会) 0:15 テレビ朝日
農薬混入、契約社員の男を逮捕…所持品から成分   (社会) 25日 23:44 読売新聞
農薬混入、49歳契約社員を逮捕   偽計業務妨害容疑 (社会) 25日 23:33 朝日新聞
マルハニチロHD、営業利益予想を下方修正   (経済) 25日 23:17 日本経済新聞
農薬混入、契約社員を逮捕「覚えてない」   (社会) 25日 23:03 日本テレビ
逮捕の工場従業員、待遇に不満漏らす   (社会) 25日 23:01 日刊スポーツ
農薬混入、49歳契約社員の男逮捕 偽計業務妨害 容疑を否認 (社会) 25日 22:20 日本経済新聞
農薬混入事件、逮捕の契約社員は容疑... (エンターテイメント) 25日 22:20 サンケイスポーツ
逮捕の男の周辺から同じ成分の農薬検出   (社会) 25日 22:01 NHK
冷凍食品農薬混入容疑で工場従業員逮捕   (社会) 25日 21:47 日刊スポーツ
契約社員の男逮捕=偽計業務妨害容疑-「覚えてない...   (社会) 25日 21:23 時事通信
「マルハニチロ」農薬検出 逮捕の男「覚えていない... (社会) 25日 21:17 フジテレビ
冷凍食品農薬混入で契約社員の49歳男を逮捕   (社会) 25日 20:54 テレビ朝日
担当外ライン、どう混入?=「契約社員に不満」指摘...   (社会) 25日 20:40 時事通信
農薬混入事件   従業員の49歳の男逮捕 (社会) 25日 20:19 NHK
農薬混入、49歳契約社員の男逮捕 偽計業務妨害の疑い (社会) 25日 20:05 日本経済新聞
【冷凍食品に農薬】工場従業員49歳男「覚えて... (地方・地域) 25日 19:12 産経新聞
農薬混入:契約社員の49歳男を逮捕…偽計業務妨害容疑 (社会) 25日 18:46 毎日新聞
農薬マラチオン混入、40代従業員の男逮捕へ   各紙が報じる (社会) 25日 18:19 J-CAST
【冷凍食品に農薬】工場従業員の49歳男を逮捕... (地方・地域) 25日 18:16 産経新聞
農薬混入事件   40代従業員の男逮捕へ (社会) 25日 17:59 NHK
40代の男に逮捕状、偽計業務妨害の疑い   (社会) 25日 17:47 TBSテレビ
アクリフーズ農薬混入事件、契約社員の49歳男を逮捕   (社会) 25日 17:47 TBSテレビ
冷凍食品農薬:40代従業員の男を逮捕へ…混入の疑い (社会) 25日 17:44 毎日新聞
冷凍食品農薬混入   “40代男”特定の経緯は (社会) 25日 17:32 テレビ朝日
冷凍食品農薬混入   契約社員の40代男の逮捕状請求 (社会) 25日 17:31 テレビ朝日
工場契約社員の49歳男を逮捕…アクリ社冷凍食品農薬混入 (社会) 25日 17:15 スポーツ報知
【冷凍食品に農薬】工場勤務の男逮捕へ   (地方・地域) 25日 17:04 産経新聞
農薬混入事件、契約社員を逮捕   (社会) 25日 16:35 デイリースポーツ
農薬混入、工場従業員の男逮捕へ   (社会) 25日 16:23 日本経済新聞
アクリ冷凍食品の農薬混入   49歳の契約社員を逮捕 (社会) 25日 16:19 スポニチ
40代工場関係者を逮捕へ 農薬混入   (社会) 25日 15:52 日本テレビ
農薬混入、2800人被害訴え…回収対象商品で   (社会) 25日 15:05 読売新聞
農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン   (社会) 25日 14:31 読売新聞
事情知る人物行方追う   アクリフーズ農薬混入で県警 (地方・地域) 25日 08:00 上毛新聞
「コロッケ衣から農薬2万6000ppm」どの程度、危険... (その他) 22日 10:00 産経新聞
偽装表示に農薬混入…それでも日本の食品は信...   (中国・朝鮮) 21日 06:14 毎日中国経済
揺らぐ食の安全   真相究明で信頼回復を (その他) 20日 11:38 日本農業新聞
マラチオン不検出   福岡などへ出荷9商品 (地方・地域) 18日 07:55 東京新聞
アクリ社冷凍食品   農薬、道内で未検出 体調不... (地方・地域) 18日 06:30 北海道新聞
農薬の健康被害疑い2744人   (スポーツ) 18日 00:20 デイリースポーツ
農薬の健康被害疑い2744人   アクリ商品、回収率73% (社会) 18日 00:13 共同通信
回収対象の食品、問題発覚後も販売したスーパー   (社会) 17日 10:59 読売新聞
下痢などの症状、累計2717人   農薬混入 (社会) 16日 23:37 日本テレビ
上田市スーパー、回収対象冷凍商品を誤販売   (社会) 16日 22:11 日本テレビ
マルハニチロHD:回収対象製品 長野・上田で販売される (社会) 16日 20:30 毎日新聞
冷凍食品 2670人健康被害訴え 聾学校で回収対象提供 (地方・地域) 16日 11:00 上毛新聞
県 マラチオンの臭気段階調査 初期から異臭 ... (地方・地域) 16日 08:10 東京新聞
100ppmで明らかな異臭 マラチオン 群馬県が独自調査 (地方・地域) 16日 02:49 産経新聞
冷凍食品から農薬検出されず   福井 (地方・地域) 16日 02:47 産経新聞
群馬県が“マラチオン付きコロッケ”で臭いを実験   (社会) 16日 00:03 テレビ朝日
農薬添加、低濃度だと異臭感じず 群馬県が冷凍食品... (社会) 15日 23:42 日本経済新聞
健康被害疑い2670人 アクリ商品、回収率64% 厚労省公表 (社会) 15日 21:17 産経新聞
下痢などの症状、累計2670人   農薬混入 (社会) 15日 21:02 日本テレビ
「石油のように強烈」   農薬混入で臭い調査 (社会) 15日 18:10 TBSテレビ
農薬混入、群馬県が独自調査=100ppmで異臭確認   (社会) 15日 17:49 時事通信
給食にアクリ製品   健康被害の報告なし (地方・地域) 15日 11:00 上毛新聞
製造時間帯を記号記載 アクリ社商品、A1など7種類 (社会) 15日 10:51 産経新聞
体調不良46人に/冷凍食品農薬問題   (地方・地域) 15日 10:18 陸奥新報
県への相談50件に   アクリフーズ農薬検出問題 (地方・地域) 15日 07:40 東京新聞
下痢などの症状、累計2572人   農薬混入 (社会) 14日 20:27 日本テレビ
体調不良新たに6人 栃木県内累計46人 マルハ... (地方・地域) 14日 19:05 下野新聞
PB商品の表示見直し検討、消費者庁で緊急会議   (社会) 14日 18:28 TBSテレビ
冷凍食品農薬:消費者庁が関係省庁会議   (社会) 14日 18:26 毎日新聞
農薬検出   製造時間帯でも捜査 (社会) 14日 17:26 NHK
製造元の表記見直し検討   農薬検出問題で消費者相 (社会) 14日 14:15 朝日新聞
PBの製造者省略見直し、森消費者相が検討 冷凍食品問題 (社会) 14日 13:41 日本経済新聞
冷食問題2週間   農薬混入 見えぬ「手口」 (社会) 14日 07:40 東京新聞
下痢や嘔吐など2500人に 農薬混入   (社会) 13日 22:27 日本テレビ
混入方法、依然不明 マルハ系冷凍食品の農薬検出問題 (社会) 13日 18:57 日本経済新聞
冷凍食品農薬:包装室温度低く マスクが臭いを遮断か (社会) 13日 14:41 毎日新聞
冷凍食品農薬:混入は「液体」強まる   (社会) 13日 14:37 毎日新聞
【冷凍食品に農薬】従業員への聞き取り調査を... (地方・地域) 13日 14:23 産経新聞
42道府県2490人が症状訴え   農薬混入 (社会) 13日 11:38 日本テレビ
【冷凍食品に農薬】体調不良2500人…でもマラチオン... (社会) 13日 10:00 産経新聞
アクリ 農薬公表から2週間 風評被害、県など... (地方・地域) 13日 02:04 産経新聞
「冷凍食品農薬混入」外国人が関与?テロ説も   (社会) 12日 08:00 東京スポーツ新聞
アクリフーズ被害、道内550人に   体調不良の報告 (地方・地域) 12日 07:15 北海道新聞
下痢や嘔吐など2466人に 農薬混入   (社会) 11日 22:43 日本テレビ
正社員以外は自宅待機   アクリフーズ夕張工場、生産減で (社会) 11日 19:33 朝日新聞
新たに千葉県内16人体調不良を訴え   冷凍食品農薬問題 (地方・地域) 11日 16:04 千葉日報
480 件の記事の   1 件目 ~ 100 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
480 件の記事の   101 件目 ~ 200 件目 (重複4件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
残留農薬、精度100倍下げ検査…アクリフーズ   (社会) 11日 14:02 読売新聞
下痢や嘔吐など2183人に 農薬混入   (社会) 11日 11:13 日本テレビ
アクリ社冷凍食品食べ体調不良訴え   北海道内475人に (地方・地域) 11日 10:59 北海道新聞
マラチオン少なくとも9回混入か…県警本格捜査   (社会) 11日 09:30 読売新聞
県内で新たに7人体調不良   冷凍食品から農薬検出 (地方・地域) 11日 09:20 福島民友新聞
アクリ社の冷凍食品 県と長野市検査、10件で... (地方・地域) 11日 08:38 信濃毎日新聞
【農薬混入】安全管理の「死角」どこに 誰が、どう... (社会) 11日 08:22 産経新聞
アクリフーズ冷凍食品問題   県内新たに9人症状 (地方・地域) 11日 08:02 宮崎日日新聞
体調不良者、県内で新たに7人   計35人に (地方・地域) 11日 08:00 秋田魁新報
県が緊急連絡会議   農薬問題 健康、風評被害に対応 (地方・地域) 11日 07:55 東京新聞
マラチオンは不検出 アクリフーズ農薬問題で... (地方・地域) 11日 07:50 東京新聞
アクリ社が被害届   大泉署に提出 冷凍食品農薬検出 (地方・地域) 11日 07:00 上毛新聞
作業靴からマラチオン検出   アクリフーズ工場 (社会) 11日 06:56 朝日新聞
アクリフーズ冷凍食品工場   複数従業員の靴に農薬 (社会) 11日 05:30 スポニチ
小売店が購入者ケアに力 冷凍食品農薬問題で対応急ぐ (地方・地域) 11日 05:10 中日新聞
体調不良新たに9人 栃木県内累計40人 マルハ... (地方・地域) 11日 05:05 下野新聞
農薬混入   被害届を受けて捜査 (社会) 11日 04:57 NHK
従業員の靴から数種類の農薬検出   マラチオンか (社会) 11日 00:00 テレビ朝日
健康被害の訴え、2000人超す   アクリフーズ冷凍食品 (社会) 10日 23:31 朝日新聞
アクリ社、農薬混入で被害届提出   業務妨害容疑 (社会) 10日 23:23 日本経済新聞
農薬混入   未検出の10商品も再検査へ (社会) 10日 23:07 NHK
冷凍食品農薬混入問題、複数従業員の靴に農薬   (社会) 10日 22:24 スポーツ報知
アクリフーズ、マラチオン以外の農薬混入を改めて検査開始   (経済) 10日 21:52 TBSテレビ
農薬混入、9日までの対象商品回収率43%   (経済) 10日 21:18 日本テレビ
アクリフーズが被害届=「農薬混入で業務妨害」-群馬県警   (社会) 10日 21:08 時事通信
冷凍食品農薬混入で被害届提出   業務妨害疑いで、アクリ社 (社会) 10日 20:43 共同通信
冷凍食品農薬:マルハニチロ子会社が被害届   (社会) 10日 20:36 毎日新聞
アクリ群馬工場で複数従業員の靴に農薬   (社会) 10日 20:16 スポーツ報知
冷凍食品農薬混入で被害届提出   (スポーツ) 10日 19:25 デイリースポーツ
農薬混入   会社側が被害届提出 (社会) 10日 19:17 NHK
体調不良新たに9人 栃木県内累計40人 マルハ... (地方・地域) 10日 19:00 下野新聞
複数の従業員の靴から農薬の成分検出 (社会) 10日 18:03 日本テレビ
新たに県内39人 体調不良訴え   農薬検出問題 (地方・地域) 10日 15:38 千葉日報
冷凍食品農薬:従業員の多数の作業靴から複数種の農薬 (社会) 10日 15:00 毎日新聞
「マルハニチロ」農薬検出 複数の従業員の靴から農薬検出 (社会) 10日 14:46 フジテレビ
従業員の靴に農薬   成分調べる (社会) 10日 13:34 NHK
冷凍食品農薬:回収対象「パイシート」で調理実習 広島 (社会) 10日 13:26 毎日新聞
「未検出」にも農薬可能性=精度下げ検査-アクリフーズ   (経済) 10日 13:20 時事通信
複数従業員の靴に農薬   マラチオンとの関連捜査 (社会) 10日 13:06 日本経済新聞
アクリフーズ農薬問題、複数従業員の...   (エンターテイメント) 10日 12:55 サンケイスポーツ
作業員靴から農薬検出=付着経緯を捜査-群馬県警   (社会) 10日 12:31 時事通信
複数従業員の靴に農薬   (社会) 10日 12:15 デイリースポーツ
複数従業員の靴に農薬   マラチオンと関連捜査 (地方・地域) 10日 12:12 沖縄タイムス
冷凍食品農薬混入、従業員の靴からマラチオン検出   (社会) 10日 12:08 TBSテレビ
複数従業員の作業靴から農薬成分…アクリ工場   (社会) 10日 11:52 読売新聞
アクリフーズ製品への農薬混入で連絡会議   群馬県 (社会) 10日 11:26 日本経済新聞
【冷凍食品に農薬】複数の従業員の靴からマラチオン... (社会) 10日 11:14 産経新聞
体調不良訴え、1672人に 農薬混入   (社会) 10日 10:58 日本テレビ
体調不良   県内新たに18人/冷凍食品農薬混入 (地方・地域) 10日 10:30 陸奥新報
冷食の農薬検出問題   大分県内新たに13人 (地方・地域) 10日 10:20 大分合同新聞
冷凍食品農薬混入「食の安全性いま一度確認を」   (地方・地域) 10日 09:41 陸奥新報
農薬検出で新たに9人体調不良   県内届け出42人に (地方・地域) 10日 09:25 福島民友新聞
県、HPで対象商品を掲示/アクリ社冷凍食品問題   (地方・地域) 10日 09:00 宮古毎日新聞
従業員靴から農薬   付着経緯を捜査 (地方・地域) 10日 09:00 上毛新聞
県内の体調不良者、新たに2人   計28人に (地方・地域) 10日 08:50 秋田魁新報
冷凍食品農薬混入   一刻も早く真相の究明を (地方・地域) 10日 08:14 琉球新報
【冷凍食品に農薬】滋賀県内でさらに12人が腹... (地方・地域) 10日 08:01 産経新聞
冷凍食品問題、県内で新たに6人症状訴え   (地方・地域) 10日 08:01 山形新聞
教訓生かされずまた 別のマルハ子会社 賞味期... (地方・地域) 10日 07:55 東京新聞
県へ相談   新たに17件 アクリフーズ農薬検出問題 (地方・地域) 10日 07:50 東京新聞
【冷凍食品に農薬】アクリ、検出精度百分の一に下げ... (社会) 10日 07:44 産経新聞
健康被害、北海道内359人   アクリ冷凍食品、相... (地方・地域) 10日 07:10 北海道新聞
コロッケなど5検体   マラチオン検出せず 静岡 (地方・地域) 10日 02:30 産経新聞
回収の冷凍食品からマラチオンは不検出 府、... (地方・地域) 10日 02:29 産経新聞
中学生ら3人被害?   冷凍食品農薬問題 福井 (地方・地域) 10日 02:29 産経新聞
新たに相談17件、体調不良が18人 冷凍食品問題 栃木 (地方・地域) 10日 02:28 産経新聞
新潟と松山の健康相談   農薬は検出されず 群馬 (地方・地域) 10日 02:28 産経新聞
農薬混入、累計被害は39道府県1672人
  (社会)
10日 02:25 日本テレビ
京都の11検体から農薬検出されず アクリ社の冷凍食品 (地方・地域) 09日 22:18 京都新聞
体調不良新たに18人/冷凍食品   (地方・地域) 09日 21:09 東奥日報
栃木県内、体調不良新たに18人 累計が前日比... (地方・地域) 09日 19:45 下野新聞
冷凍食品   工場内に農薬持ち込まれたか (社会) 09日 19:20 NHK
体調不良の相談、9日新たに14件 マルハ子会社... (地方・地域) 09日 18:40 下野新聞
滋賀県の6人が新たに症状申告   冷凍食品農薬混入 (地方・地域) 09日 14:30 京都新聞
【冷凍食品に農薬】埼玉で女性2人入院 回収対象品食べて (社会) 09日 14:25 産経新聞
【冷凍食品に農薬】尼崎、西宮で10人が嘔吐や... (地方・地域) 09日 14:02 産経新聞
冷凍食品農薬混入、「毒物混入防止法違反」視野に捜査   (社会) 09日 12:18 TBSテレビ
回収対象食べ埼玉で女性2人入院   (スポーツ) 09日 11:55 デイリースポーツ
回収対象食べ埼玉で女性2人入院   冷凍食品の農薬検出問題 (社会) 09日 11:47 共同通信
新たに県内51人   体調不良訴える 冷凍食品農薬検出 (地方・地域) 09日 10:54 千葉日報
農薬混入 “毒物混入防止法”視野に捜査   (社会) 09日 10:43 日本テレビ
県内でも体調不良の届け出   (地方・地域) 09日 10:00 長崎新聞
知事「工場に返品を」   冷凍食品、マラチオン... (地方・地域) 09日 09:45 埼玉新聞
県内3検体は農薬不検出 新たに10症状   (地方・地域) 09日 09:40 陸奥新報
農薬混入、工場内部の様子は?   写真を入手 (経済) 09日 09:32 日本テレビ
県内6市村で17人が体調不良   冷凍食品農薬検出問題 (地方・地域) 09日 09:15 福島民友新聞
農薬混入食品   被害広げた対応の遅れ(1月9日) (地方・地域) 09日 08:55 北海道新聞
【冷凍食品に農薬】農薬検出 体調不良の届け出 全都... (社会) 09日 08:48 産経新聞
県内で新たに10人が体調不良訴え 県発表、計26人 (地方・地域) 09日 08:25 秋田魁新報
【冷凍食品に農薬】群馬県警、罰則重い毒物混... (地方・地域) 09日 08:24 産経新聞
冷凍食品問題、さらに3人が症状訴え・県内   (地方・地域) 09日 08:04 山形新聞
「アクリフーズ」農薬検出問題   県内の相談は21件 (地方・地域) 09日 07:20 東京新聞
冷凍食品農薬検出 特定ラインに集中 県警 毒... (地方・地域) 09日 07:00 上毛新聞
農薬混入、製造後から包装前か   冷凍食品、店頭では困難 (社会) 09日 03:06 朝日新聞
アクリ社食品農薬検出   北海道内、被害202人 ... (地方・地域) 09日 02:06 北海道新聞
毒物混入法違反も視野、群馬県警   (社会) 09日 02:05 デイリースポーツ
480 件の記事の   101 件目 ~ 200 件目 (重複4件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
480 件の記事の   201 件目 ~ 300 件目 (重複6件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
毒物混入法違反も視野 群馬県警、アクリ社の冷凍食品問題で (社会) 09日 02:00 日本経済新聞
毒物混入法違反も視野   冷凍食品の農薬検出 (地方・地域) 09日 02:00 沖縄タイムス
毒物混入法違反も視野、群馬県警   冷凍食品の農薬検出で (社会) 09日 02:00 共同通信
森消費者相、アクリフーズ社長と直接面会   (社会) 09日 00:17 日本テレビ
冷凍食品   異臭確認25商品に (社会) 08日 23:54 NHK
日本で食の“スキャンダル”再発、冷凍食品か... (中国・朝鮮) 08日 23:50 レコードチャイナ
【冷凍食品に農薬】回収率は28%止まり 公表遅れが影響 (社会) 08日 22:57 産経新聞
冷凍食品農薬:症状申告1400人超す…アクリフーズ製で (社会) 08日 22:06 毎日新聞
冷凍食品から農薬、全国で1400人超に症状   (社会) 08日 21:52 日刊スポーツ
【冷凍食品に農薬】アクリに改善指示 消費者相「... (その他) 08日 21:34 産経新聞
アクリ社食品1400人超に症状   (社会) 08日 20:50 デイリースポーツ
アクリ社食品1400人超に症状   全都道府県で (地方・地域) 08日 20:44 沖縄タイムス
アクリ社食品1400人超に症状   全都道府県で届け出 (社会) 08日 20:44 共同通信
アクリ社の冷凍食品 1400人超に症状 全都道府県で届け出 (社会) 08日 20:26 スポニチ
体調不良相談、8日は6件7人 マルハ子会社農薬... (地方・地域) 08日 20:00 下野新聞
岡山県内、新たに7人不調訴え (地方・地域) 08日 19:32 山陽新聞
冷凍食品の農薬検出問題   北播磨でも相談2件 (地方・地域) 08日 19:10 神戸新聞
冷凍食品農薬検出 アクリフーズ社長、対応の遅れなど謝罪 (経済) 08日 19:08 フジテレビ
冷凍食品農薬:問い合わせ電話を増設へ…アクリフーズ (社会) 08日 19:07 毎日新聞
冷凍食品農薬、関西で170人体調不良訴え   (地方・地域) 08日 18:50 読売テレビ
栃木県内で5件6人が健康被害相談 アクリフー... (地方・地域) 08日 17:15 下野新聞
農薬混入   製造日の勤務実態など捜査 (社会) 08日 17:07 NHK
新たに県内26件29人   全国900人超、体調不良訴... (地方・地域) 08日 16:06 千葉日報
基準値100万倍超の農薬汚染食品に日本が悲鳴 ... (中国・朝鮮) 08日 14:45 中国網
46都道府県1000人超が症状=嘔吐などで男児ら入院-...   (経済) 08日 13:36 時事通信
【冷凍食品に農薬】大阪市が回収したピザから... (地方・地域) 08日 13:24 産経新聞
マルハニチロ   新聞で消費者に回収呼びかけ (経済) 08日 12:35 日本テレビ
【冷凍食品に農薬】従業員聞き取り調査を中止... (地方・地域) 08日 11:29 産経新聞
県内7件8人が新たに健康相談   アクリ社冷凍食品で (地方・地域) 08日 11:05 岩手日報
マルハ子会社の冷食食べ、46都道府県900人超が症状...   (経済) 08日 10:18 時事通信
佐賀は7人不調訴え   アクリフーズ冷凍食品 (地方・地域) 08日 10:15 佐賀新聞
府内で新たに12人体調不良訴え   アクリ社冷凍食品 (地方・地域) 08日 10:10 京都新聞
新たに6人が体調不良/冷凍食品農薬混入   (地方・地域) 08日 10:08 陸奥新報
県内も体調不良急増   冷凍食品農薬検出、新た... (地方・地域) 08日 09:55 福島民友新聞
冷凍食品農薬混入   新たに10人が体調不良訴え 宮城県内 (地方・地域) 08日 08:53 河北新報
症状訴え愛媛12件   マルハニチロ農薬検出 (地方・地域) 08日 08:45 愛媛新聞
【冷凍食品に農薬】体調不良、900人超に マルハニチ... (社会) 08日 08:43 産経新聞
青森県内で新たに6人が体調不良   (地方・地域) 08日 08:32 デーリー東北
冷凍食品問題、県内で新たに3人症状訴え   (地方・地域) 08日 08:24 山形新聞
深まる謎   包装までに農薬混入か 表面ほど高い濃度 (地方・地域) 08日 08:05 東京新聞
【農薬混入】「食の安全」へ徹底究明を   (地方・地域) 08日 08:00 高知新聞
アクリ冷凍食品   43人が体調不良 県内で訴え (地方・地域) 08日 07:50 東京新聞
冷凍食品農薬:症状申告、全国750件超 大阪で男児入院 (社会) 08日 07:00 毎日新聞
冷凍食品農薬:複数回混入か   製造日、1カ月の幅 (社会) 08日 07:00 毎日新聞
コロッケの衣から基準の260万倍の農薬 群馬工場製造 (社会) 08日 05:30 スポニチ
栃木県内で5件6人が健康被害相談 アクリフー... (地方・地域) 08日 05:05 下野新聞
健康被害、556人が訴え   アクリフーズ冷凍食品 (社会) 08日 02:44 朝日新聞
県内7人、体調不良   アクリ冷凍食品 茨城 (地方・地域) 08日 02:19 産経新聞
冷凍食品健康被害   新たに8件届け出 長野 (地方・地域) 08日 02:16 産経新聞
アクリフーズ冷凍食品問題 66人が健康被害訴え 静岡 (地方・地域) 08日 02:15 産経新聞
農薬混入で健康相談41都道府県・苦情23点に   (社会) 08日 01:16 読売新聞
被害の訴え、556人=冷凍食品農薬混入-厚労省   (社会) 08日 01:12 時事通信
【冷凍食品に農薬】他の2種でも外側が高濃度 加工後... (社会) 08日 00:14 産経新聞
道内でも65人が症状訴え   アクリ社の冷凍食品 ... (地方・地域) 07日 23:30 北海道新聞
京滋のスーパー、回収進める   冷凍食品農薬検出 (地方・地域) 07日 23:29 京都新聞
県内4人体調不良、農薬検出されず 新たに12人... (地方・地域) 07日 23:09 秋田魁新報
農薬混入食品問題、体調不良の訴え65人に   千葉 (地方・地域) 07日 22:52 産経新聞
45都道府県909人が体調不良   アクリ社冷凍食品 (社会) 07日 22:38 日本経済新聞
岡山でもアクリ社冷凍食品被害 (地方・地域) 07日 21:50 山陽新聞
症状訴え45都道府県に   アクリ社冷凍食品 (地方・地域) 07日 21:38 沖縄タイムス
症状訴え、45都道府県に拡大   アクリ社の冷凍食品で (社会) 07日 21:38 共同通信
冷凍食品コロッケの衣から農薬260万倍、加工後混入か (社会) 07日 19:34 スポニチ
症状訴え、45都道府県に拡大   (社会) 07日 19:15 デイリースポーツ
冷凍食品工場   従業員動き調査 (社会) 07日 18:57 NHK
森担当相、アクリフーズ責任者を直接聴取へ   (社会) 07日 18:50 日本テレビ
【冷凍食品に農薬】大阪府の検査は“シロ” ... (地方・地域) 07日 18:37 産経新聞
冷凍食品農薬検出問題 群馬工場製造の商品回収、わずか17% (経済) 07日 18:32 フジテレビ
冷凍食品で嘔吐や腹痛 アクリフーズ群馬工場... (地方・地域) 07日 17:00 紀伊民報
北海道内の健康被害相談35件49人   アクリ社冷... (地方・地域) 07日 16:15 北海道新聞
冷凍食品農薬検出問題 コロッケの衣から基準値の260... (経済) 07日 15:52 フジテレビ
コロッケ衣から基準の260万倍の農薬   (社会) 07日 15:17 日本テレビ
コロッケ衣、農薬260万倍…加工後ついた?   (社会) 07日 15:04 読売新聞
農薬混入で消費者庁   子会社に説明求める (社会) 07日 14:45 NHK
冷凍コロッケ、衣から高濃度農薬   加工後混入強まる (社会) 07日 14:45 東京新聞
冷凍食品の農薬検出問題   問い合わせ相次ぐ (地方・地域) 07日 14:32 大分合同新聞
加工後混入か マルハ系冷凍食品、コロッケ衣から農薬260万倍 (社会) 07日 13:43 日本経済新聞
マルハニチロ系冷凍食品、被害の訴え新たに120人   (社会) 07日 13:42 朝日新聞
冷凍食品   加工のあと農薬混入の疑い強まる (社会) 07日 13:04 NHK
揚げ物衣で高濃度=コロッケは2万6000ppm-中身と分...   (経済) 07日 11:56 時事通信
農薬混入の冷凍コロッケ、中身より衣から高濃度農薬   (社会) 07日 11:53 TBSテレビ
コロッケの衣から農薬 基準の260万倍、マルハ系冷凍食品 (社会) 07日 11:49 日本経済新聞
冷凍食品農薬検出問題 コロッケの衣から基準値の260... (経済) 07日 11:48 フジテレビ
冷凍コロッケの衣から基準値260万倍の農薬検出   (社会) 07日 11:45 テレビ朝日
コロッケ衣から基準の260万倍の農薬   アクリフーズ製 (社会) 07日 11:43 朝日新聞
コロッケ衣から農薬260万倍   アクリ社の冷凍食品 (地方・地域) 07日 11:40 沖縄タイムス
冷凍食品農薬:3商品、表面が高濃度…加工後混入強まる (社会) 07日 11:34 毎日新聞
コロッケの衣から農薬260万倍   (社会) 07日 11:30 日刊スポーツ
マルハニチロ冷凍食品、衣から基準の... (エンターテイメント) 07日 11:30 サンケイスポーツ
200人超が体調不良訴え   アクリ社製冷凍食品 ... (地方・地域) 07日 11:15 千葉日報
体調不良訴え、北海道内で9件   道、食べ残し分... (地方・地域) 07日 10:55 北海道新聞
県内でも3人が体調不良/冷凍食品農薬混入   (地方・地域) 07日 10:21 陸奥新報
冷凍食品の農薬検出問題   大分で被害相次ぐ (地方・地域) 07日 10:16 大分合同新聞
農薬検出問題   県内で7件健康被害 アクリ社製品食べ (地方・地域) 07日 10:00 伊勢新聞
冷凍食品農薬問題   県内で22人が体調不良訴え (地方・地域) 07日 09:45 中日新聞
480 件の記事の   201 件目 ~ 300 件目 (重複6件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

2014年1月23日 (木)

読みかじりの記:高速増殖炉 もんじゅ 巨大核技術の夢と現実  小林圭二 著 (1994年 七つ森書館)

2014年1月23日(木)
昨日は晴れ。最低気温(℃) 0.2 23:54。ざっそう句:都知事選 脱原発の 大波乱。宅内閑居。本日都知事選挙が告示され選挙態勢に突入する。 東京都ホームページによると、昨年12月の東京都人口推定値は 13,296,019 人。選挙人名簿登録者数は、今回(平成26.2.9)は、10,807,000人(推定)で、前回(平成24.12.16)10,761,806人である。都民の約81%に選挙権がある事になる。東京都都民には地方出身者も多いと思われる。日本の総人口は127992千人(2008年3月)である。まさに東京都は日本の縮図に匹敵する。その東京都都知事選挙の争点に脱原発が急浮上した。福島原発事故以後ほぼ三年近くなり、福島原発事故を自分の立場から冷静に見直す絶好の機会ではないか。原発は日本の総電力の約30%を占めてきたが、国民と国家がやる気を起こせば原発相当分以上の省エネルギー化は可能ではないか。水脹れ精神より質実剛健の精神が全ての基本だ。前回都知事選挙の投票率は 62.60%だったとの事だ。東京都都民は日本の民意を代表するという意識を持って率先して投票して貰いたいものだ。

2014年1月22日の天気(AMEDAS)

TAVE= 3.5 NO DATA
TMAX= 7.7 最高気温(℃) 8.2 13:18
TMIN= 0.3 最低気温(℃) 0.2 23:54
DIFF= 7.4
WMAX= 6.3 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 12.4(北) 13:34
SUNS= 9.1 NO DATA
RAIN= 0 NO DATA

Q
Q

読みかじりの記:高速増殖炉 もんじゅ 巨大核技術の夢と現実  小林圭二 著 (1994年 七つ森書館)

凡人は電気は使い放題で豊かなで安楽な生活を望むが、危険な放射能の影響からも逃れたい。結局、脱原発という考えにも逡巡しているのではないか。広辞苑には「文殊」はあったが「もんじゅ」はなかった。本書が出版されてからまもなく20年になる。東京電力福島第一原子力発電所の事故がなければ、本書を読む機会もなかったろう。また20年前に今日の福島原発事故を、これほど鮮明に想像する事も不可能であったろう。また、「もんじゅ」の「高速増殖炉」が原発の中でどのような位置を占めるかも一般人には分かりにくいだろう。本書の「はじめに」という序章に実験炉、発電炉等の区別を説明している。本書を読みかじって、日本の原発事情のもう一つの側面を知る事ができた。

日本はエネルギーさえあれば何でもできると盲信しているのだろか。二十世紀が石油エネルギーの時代であり、石油の権益を求めて戦争を開始した日本なのだが、エネルギー問題で懲りずに同じような事を繰り返すのか。

巨大技術の実用化では、可能性の検討、実現性の検討、経済性の検討等何段階かの検討が行われ、そのような課題が解決されて実用化が行われると本書で解説されている。ところで、システムの安全性や信頼性はどの段階でどのレベルまで行われるのか。著者は、高速増殖炉がプルトニウムという軽水炉で使うウランより危険な核燃料を使う事、熱媒体も不安定で危険なナトリウムを使うという事、それらの危険物質を使い効率的な発電をするためには、安全性と効率という二律相反がある事等々を指摘し、最終章の「高速増殖炉に未来は無い」とまとめている。その結論は一言で言えば、「高速増殖炉」は砂上の楼閣と喩えられそうに感じた。

安全性に関しては、武谷三男の説を思い出した。学生時代に武谷三男について講釈していた同級生がいて、何か関連書を読んだような記憶がある。いわば、今日のベネフィット(利益)/コスト(不利益)のような印象を受けた。

WIKIPEDIA「武谷三男。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%B0%B7%E4%B8%89%E7%94%B7)」。

確かに、原発でさえ、その恩恵を受けていると正面から否定し難いのが人情ではないか。しかし、福島原発事故は利害を超えて世界観さえ変えそうな衝撃を与えたのも事実である。多少の不便は我慢しても、原発はご免だという意識も育っているのではないか。

WIKIPEDIA「もんじゅ。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85)」。

WIKIPEDIA「小林圭二。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%9C%AD%E4%BA%8C)」

福島原発事故で国民は放射能の危険性をイヤと言うほど身にしみて感じたと思う。また、電力というエネルギーの有難さも身にしみて味わったと思う。東京電力福島原発事故を見て、ドイツは早々に脱原発を決めた。ドイツの脱原発にも色々な理由がありそうだ。

日経BPは、「復興ニッポン:ドイツが脱原発を決めた本当の理由  環境NGO「グリーンピース」トーマス・ブリュアー気候変動エネルギー部門長に聞く;http://www.nikkeibp.co.jp/article/reb/20111108/289865/(2011年11月11日;山根小雪[日経ビジネス編集])」というタイトルで、「東京電力福島第1原子力発電所の事故は、世界の原発に多大な影響を及ぼした。なかでも、ドイツの動きは世界に驚きを与えた。メルケル首相は事故発生からわずか3日後、老朽化した原発7基を3カ月停止し、全原発の安全検査を徹底するように命じた。さらにドイツ政府は、2020年の脱原発を決めたのだ。 ただし、ドイツが事故を受けて脱原発を決めたのかといえば、そうではない。緑の党と社会民主党との連立政権は2000年に脱原発を決め、2022~23年を脱原発の期限に定めた。だが、2009年秋にキリスト教民主・社会同盟と自由民主党政権の連立政権が発足し、脱原発ムードが減退。2010年には、脱原発の期限を12年延長した経緯がある。」と報じた。

Googleでキーワード「原発立地地図AND(世界OR日本)」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E5%8E%9F%E7%99%BA%E7%AB%8B%E5%9C%B0%E5%9C%B0%E5%9B%B3AND(%E4%B8%96%E7%95%8COR%E6%97%A5%E6%9C%AC))。

ドイツはヨーロッパの中心部分に位置している。万一、ドイツで原発事故が起こると、ほぼ100%隣国に放射性物質を撒き散らす位置にあるだろう。さらに、ドイツは第二次世界大戦で隣国に膨大な被害を与えている。また陸続きで、環境問題はすぐに隣国に波及する。このような歴史地理的背景から、ヨーロッパ各国から仲間外れにされるという危機より、ヨーロッパに残るという意思表明を兼ねて脱原発を行ったように見える。

一方、日本の原発立地をみると、ほとんど海岸沿いである。まさに、何でも海に流せば済むというような立地に見えてしまう。しかし、よく考えると、万一放射性物質を海に流せば世界中に拡散するのである。万一そのような事態になれば、日本は海洋汚染国として完全に世界から包囲されてしまうのだ。同時に、世界でただひとつという原爆被爆国という平和国家のイメージが傷つき、日本の国際的地位は戦時中のようになってしまう可能性もある。

「もんじゅ」という高速増殖炉実験炉の名前が仏教の「文殊菩薩」からとられたらしいが、これほど宗教や信者を冒涜した命名もなかろう。 WIKIPEDIA「文殊菩薩。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%AE%8A%E8%8F%A9%E8%96%A9)」。世界中に、たとえ実験炉と言え、宗教上の著名な人名や神の象徴名を使った例があるのだろうか。

著者は原子核工学の学徒との事だ。その学に志した動機については本書では語られていなかったように思う。本書のサブタイトルに「夢」が含まれている。現代科学が可能にした原子力利用という夢のエネルギーに魅了され、その未来にかけたのではないかと憶測してしまった。本書はその夢を自ら剥ぎ取って現実の姿をえぐり出している。

本書の記述に関しては、科学的な内容は詳しく、注記も充実している。客観的な記述への配慮ととれるだろう。著者の主張を納得するまで理解するには大変な苦労が必要だろう。技術が高度化・細分化するなかで、高速増殖炉の技術の全貌を客観的に見渡せる人物はそう多くはないと思う。一方、著者は、本書のテーマと関連のうすいテーマも扱ったと述べている。

Googleでキーワード「もんじゅ 高速増殖炉」を検索(https://www.google.com/?hl=ja#hl=ja&q=%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85%E3%80%80%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%A2%97%E6%AE%96%E7%82%89%E3%80%80)。

本書は反原発という立場で書かれているが、何事も理性と感性が不可欠であると述べている。本書では「推進側」という言葉も散見する。いわば、著者もかつては推進側だったのだろうがその流れを阻止する立場を鮮明にしたのか。

WIKIPEDIA「ITER。(http://ja.wikipedia.org/wiki/ITER)」によれば「ITER(イーター)は、国際協力によって核融合エネルギーの実現性を研究するための実験施設である。」との事だ。核融合なら危険な放射性物質を生じないとうろ覚えの記憶があるが、本当はどうか。

WIKIPEDIA「核融合炉。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88%E7%82%89)」。

核融合炉はまさに太陽と同じ原理のエネルギー発生装置である。そのエネルギー発生原理はすでに科学的に解明されている。 「核融合とは?(http://p-grp.nucleng.kyoto-u.ac.jp/fusion/)。」

本書をキッカケにWEBサーフィンして上記京大のサイトにたどり着いた。核融合炉に使える重水素は海水中に一定量あるので、無尽蔵のエネルギーが取り出せると夢のような事が書かれている。

WIKIPEDIA「水素爆弾。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E7%88%86%E5%BC%BE)」。

エネルギーとは仕事をする能力を抽象化した概念だろう。自然の動力を使う段階ではエネルギーの具体的な概念も生まれてこなかった。蒸気気機関が発明されてからエネルギーの概念も明確になったようだ。その到達点が熱力学だろう。核融合炉も、核融合で生じた中性子を炉心をとりまくブランケットという装置で中性子の運動エネルギーを熱エネルギーに変換し、それ以降の発電メカニズムは火力発電機と変わらないようだ。核融合で消失する質量が燃料に該当するようだ。

ともかく、発電を大規模に行うと巨大なプラントが必要になる。結局、蒸気タービンを回す発電機では蒸気の熱エネルギーが電気エネルギーに変換される。その電気エネルギーは送電線で電気機器まで送られ、仕事をして熱に戻る。問題は、原子炉も核融合炉も原子レベルのエネルギー変化を使うので放射性物質の生成を避ける事ができないという原理的欠点を持っている訳だ。

本書では、放射能が生体に与える影響については既知のものと扱っているように思われる。一度、環境に排出された放射性物質は、熱と同様に環境中に拡散して行く。拡散した熱や物質を元の状態に戻すのは別のエネルギーが必要なのだ。原発事故では、まさにエントロピー増大、熱力学の不可逆過程という取り返しがつかない状況に追い込まれるのだ。

本書が発行されてから20年経ったが、その間の分子生物学の進歩も目覚しい。生物体はまさに、細胞とその細胞を構成する分子の巨大な集合体であり、放射性物質や放射線が生体分子に作用し、DNAの損傷を招く事が明かになっている。自然由来の放射線だけでも突然変異を起こすことが分かっている。放射線を照射して植物の品種改良も行われている。これは、放射線を制御できるという前提での放射線の平和利用であるが、環境に拡散した放射性物質の人体や生物に与える影響は制御が困難でその範囲も計り知れない。

広辞苑によると文殊菩薩とは仏の知恵を象徴する菩薩との事だ。皮肉にも「もんじゅ」は人間の浅知恵を象徴する遺物で終わるのか。計画では「もんじゅ」はまだ実験炉の段階である。尚、原子力規制委員会のホームページ「研究開発段階炉に関する安全規制;url=http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/kenkyu/」によると、「もんじゅ」の「運転開始:建設工事中(初臨界)1994年4月5日 」となっている。本書出版の二ヵ月後に初臨界に達したようだ。

更に、広辞苑によると「菩薩」とはさとりを求めて修業する人との事だ。「もんじゅ」がさとりを得るのはいつの日になるのか。

************************

CEEK_JPでキーワード「脱原発」のニュース検索ケンサク(上位ジョウイ300ケン検索ケンサク=20140122)
706 件の記事の   1 件目 ~ 100 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
都知事選:即時原発ゼロから容認まで 候補予定者さまざま (政治) 21:13 毎日新聞
原発再稼働で違い鮮明=防災、福祉は充実で一致-都...   (政治) 21:06 時事通信
菅元首相も「勝手連」参戦、細川氏応援の演説   都知事選 (政治) 20:42 朝日新聞
【都知事選】一致点は脱原発くらい? 細川氏公約、... (政治) 20:16 産経新聞
防災・社会保障政策など訴え=舛添、宇都宮、田母神...   (政治) 19:59 時事通信
細川氏「ご乱心でなければ出てこない」   (社会) 19:58 日刊スポーツ
都知事選あす告示   立候補予定者が政策訴え (政治) 19:39 NHK
東電、神経とがらす=「脱原発」で再建に暗雲も-都知事選   (経済) 19:32 時事通信
【都知事選】脱原発の影響、Q&Aで検証   (政治) 18:55 産経新聞
23日告示の東京都知事選挙 注目の候補者たちが記者... (政治) 18:46 フジテレビ
細川元首相が都知事選出馬を正式表明   「脱原発」旗印に (社会) 18:45 J-CAST
細川氏が都知事選出馬会見「原発再稼働に危機感」   (政治) 18:34 TBSテレビ
「脱原発」が最優先課題=細川氏 (政治) 18:09 時事通信
都知事選、23日に告示=細川氏が出馬を正式表明   (政治) 18:00 時事通信
【都知事選】細川氏出馬表明「失望招き、改め... (地方・地域) 17:54 産経新聞
小泉元首相を脱原発に導いた映画? ドキュメンタリ... (電脳) 15:11 RBB TODAY
【都知事選】宇都宮氏が政策発表 「公開討論... (地方・地域) 14:21 産経新聞
自民幹事長、法人税「長期的には減税」   都内で講演 (政治) 13:45 日本経済新聞
【コラム】日本のチェ・ゲバラか、スケール大きい政治家か   (経済) 12:23 Bloomberg.co.jp
高村自民副総裁、「脱原発」争点化けん制=菅官房長...   (政治) 12:02 時事通信
菅元首相、細川氏支持訴え (政治) 11:53 時事通信
“首都決戦”に各党は…東京都知事選挙   あす告示 (政治) 11:49 テレビ朝日
小泉氏、今こそ原発よりも構造改革語れ   (地方・地域) 11:38 産経新聞
【都知事選】維新、埋まらぬ東西の溝 都構想難航で... (政治) 9:55 産経新聞
都知事選あす告示 (政治) 9:41 産経新聞
細川氏:「脱原発」で都知事選に、安倍政権に挑戦状...   (経済) 9:40 Bloomberg.co.jp
都知事選、あす告示…各党の対応固まる   (政治) 8:52 読売新聞
東電再建計画   破綻処理含めて再検討を (地方・地域) 8:14 琉球新報
都知事選候補者まさかの“ストリップ”宣言   (社会) 8:00 東京スポーツ新聞
都知事選   あす告示も… 各陣営、政策出そろわず (社会) 7:40 東京新聞
脱原発が争点「違和感」、都知事選で福田市長/川崎   (地方・地域) 5:00 神奈川新聞
「僕がやればマイナス」   小沢氏、細川氏を静かに応援 (政治) 21日 22:48 朝日新聞
自民、舛添氏を全面支援   都知事選応援で閣僚や幹部投入 (政治) 21日 22:08 朝日新聞
インタビュー:細川氏勝利なら安倍おろし、政策転換... (経済) 21日 21:53 ロイター
小泉元首相が“脱原発”に転換するき... (エンターテイメント) 21日 21:25 MOVIE Collection
維新、都知事選対応バラバラ   松野幹事長は細川氏支援 (政治) 21日 20:57 朝日新聞
細川氏公約「原発ゼロ」   五輪行事の東北開催も (社会) 21日 20:48 スポニチ
維新迷走… 都知事選対応、結いとの協議で埋... (地方・地域) 21日 20:28 産経新聞
山口県知事選:飯田哲也氏が立候補を見送り   (政治) 21日 20:24 毎日新聞
【都知事選】待機児童解消や75歳以上の医療費無料化... (政治) 21日 20:23 産経新聞
生活、細川氏支援を決定 (政治) 21日 20:16 時事通信
宇都宮氏が詳細政策発表   「公開討論会中止は残念」 (社会) 21日 20:11 スポニチ
細川氏公約、原発ゼロや防災強化   都知事選23日告示 (政治) 21日 20:09 共同通信
都知事選:原発ゼロや防災強化   細川氏公約 (地方・地域) 21日 20:09 沖縄タイムス
都知事選:生活の党が細川元首相を支援   (社会) 21日 20:05 毎日新聞
都知事選、23日告示=脱原発、防災、福祉など争点   (政治) 21日 19:57 時事通信
小泉元首相名義のツイッター閉鎖   なりすましか (国際) 21日 18:52 日本経済新聞
「原発に触れないで」放送局が要請 ... (エンターテイメント) 21日 18:06 J-CAST
【速報】デイリーストラテジー・21日 12時41分更新(... (経済) 21日 12:41 StockStation
【都知事選】「脱原発だけ争点は無理」森田知... (地方・地域) 21日 12:17 産経新聞
2候補「均衡ある発展」見解に相違   宮崎市長選... (地方・地域) 21日 11:00 宮崎日日新聞
細川夫人が代弁「原発ゼロ」殿の胸中   (社会) 21日 09:29 日刊スポーツ
知事「次の災害に生かして」   大川小検証委、... (地方・地域) 21日 09:12 河北新報
【選択「首都の顔」】2月都知事選 脱原発団体... (地方・地域) 21日 09:07 産経新聞
「エネ政策に影響も」   福田知事、都知事選で見解 (地方・地域) 21日 07:45 東京新聞
都知事選   事務所は戦略立地 (社会) 21日 07:40 東京新聞
都知事選   脱原発・鎌田氏ら、細川氏を支援 (社会) 21日 07:40 東京新聞
小泉元首相が“脱原発”に転換するき... (エンターテイメント) 21日 07:24 IBTimes
幼稚な議論・シルバー選挙…都知事選斬った知事   (政治) 21日 07:18 読売新聞
都知事選「投票に行こう 脱原発」 立川と国立... (地方・地域) 21日 07:15 東京新聞
「多数決がいいのかどうなのか」   伊吹・衆院議長 (政治) 21日 02:25 朝日新聞
舛添元厚労相、福井で講演   原発「生産地に配慮を」 (地方・地域) 21日 02:23 産経新聞
脱原発団体、細川氏を支援   鎌田さんら設立 (社会) 21日 01:40 日本経済新聞
【都知事選】脱原発団体が細川氏支援決定   (政治) 21日 01:13 産経新聞
自民「脱原発派」、もんじゅを視察 (政治) 21日 00:51 朝日新聞
都知事選、市民団体が一本化断念   (社会) 20日 23:55 デイリースポーツ
都知事選、市民団体が一本化断念   細川氏支援と発表 (政治) 20日 23:45 共同通信
指定廃棄物処分:宮城候補地、国へ募る不信   (サイエンス) 20日 22:50 毎日新聞
都知事選:脱原発候補者の一本化断念   実現する会 (政治) 20日 22:05 毎日新聞
都知事選、脱原発派の一本化断念   市民団体有志は細川氏 (政治) 20日 21:13 朝日新聞
【日経平均】55%の銘柄がプラスでも92円安で3日続落   (経済) 20日 20:27 EconomicNews
インタビュー:細川元首相の主張、時代に逆行するリ... (経済) 20日 19:44 ロイター
都知事選23日告示、障がいある人たちに向けて演説会   (政治) 20日 19:44 TBSテレビ
舛添氏、連合東京と政策協定=都知事選   (政治) 20日 19:31 時事通信
舛添氏、再生エネ都内2割に 本社で講演 「五... (地方・地域) 20日 18:50 福井新聞
舛添氏、連合東京と政策協定   細川氏は22日に公約発表 (政治) 20日 18:18 共同通信
東京都知事選告示まであと3日 立候補者らの動き加速 (政治) 20日 18:00 フジテレビ
東京都知事選 舛添氏、連合と政策協議 細川氏22日公約発表 (社会) 20日 17:57 スポニチ
【都知事選】舛添氏「脱原発、代替案ないのは無責任... (政治) 20日 17:46 産経新聞
国政に一石投じた2首長選   一夜明け (社会) 20日 14:15 東京新聞
社民、「脱原発派」都知事選候補一本化を断念   (社会) 20日 12:14 J-CAST
桜井氏「脱原発、世界に発信」   (スポーツ) 20日 12:10 デイリースポーツ
桜井氏「脱原発、世界に発信」   南相馬市長選で再選 (政治) 20日 12:03 共同通信
「脱原発、世界に発信」再選の桜井・南相馬市長、都... (政治) 20日 11:57 産経新聞
「脱原発」訴え   桜井勝延氏南相馬市長選に再選 (政治) 20日 11:52 テレビ朝日
東京都知事選の「脱原発」関連の再生エネ株は意外や... (経済) 20日 11:19 サーチナ
知事と“総理” (地方・地域) 20日 10:30 北海道新聞
田母神氏がトップ   都知事選アンケート (社会) 20日 09:13 日刊スポーツ
南相馬市長選:「脱原発」再選に名古屋市長ら... (地方・地域) 20日 09:00 毎日新聞
都知事選の政策、まだ出そろわず   告示間近、市民ら不満 (政治) 20日 07:55 朝日新聞
移設反対派再選   名護市長に稲嶺氏 (政治) 20日 07:35 東京新聞
南相馬市長に桜井氏が再選   「原発に頼らぬ政策を」 (政治) 20日 07:35 東京新聞
現新   一騎打ち 深谷市長選告示、選挙戦に (地方・地域) 20日 07:15 東京新聞
再稼働阻止へ脱原発運動と連携を 反対県民会... (地方・地域) 20日 07:10 福井新聞
【経済裏読み】驚異的アベノミクス効果に“水... (地方・地域) 20日 07:00 産経新聞
706 件の記事の   1 件目 ~ 100 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
706 件の記事の   101 件目 ~ 200 件目 (重複7件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
南相馬市長に桜井氏再選   知名度で2候補に勝る (地方・地域) 20日 06:10 河北新報
生活の党、東京都知事選で細川氏支援へ 小沢代表が表明 (社会) 20日 05:30 スポニチ
南相馬市長に桜井氏再選   (社会) 20日 00:10 デイリースポーツ
小泉元首相がツイッター開始=都知事選を意識?   (政治) 20日 00:08 時事通信
南相馬市長に桜井氏再選   「原発に頼らない政策を」 (地方・地域) 20日 00:04 沖縄タイムス
南相馬市長選:「原発に頼らないまちづくり」市民が支持 (政治) 19日 23:48 毎日新聞
南相馬市長選:「脱原発」桜井氏再選 再稼働巡り政権痛手 (政治) 19日 23:41 毎日新聞
南相馬市長に桜井氏再選「原発に頼らない地域に」   (社会) 19日 23:17 スポニチ
小泉元首相、「出席」返信も自民党大会を欠席   (政治) 19日 21:15 産経新聞
埼玉・深谷市長選は現新の一騎打ち 市議補選は無投票 (地方・地域) 19日 21:07 産経新聞
南相馬市長選、脱原発の現職・桜井氏が再選確実   (政治) 19日 20:38 朝日新聞
【今週の展望】日経平均ワールドとTOPIXワールドの二面性   (経済) 19日 20:08 EconomicNews
首相「東京五輪を任せられるのは舛添さん」   (政治) 19日 19:18 読売新聞
各党党首、都知事選の対応表明   生活は細川氏支援へ (政治) 19日 18:44 日本経済新聞
【高橋昌之のとっておき】原発問題・各紙社説への反... (政治) 19日 18:00 産経新聞
【都知事選】生活の党は細川氏支援へ   小沢代表 (地方・地域) 19日 17:05 産経新聞
自民党大会を欠席=小泉元首相 (政治) 19日 13:34 時事通信
生活・小沢氏、細川氏支持を表明=吉田社民党首、脱...   (政治) 19日 12:02 時事通信
各党党首、都知事選対応表明 首相「舛添氏に任せる」 (政治) 19日 12:01 日本経済新聞
【今週の進次郎】自民党内に波紋呼んだ進次郎発言 ... (政治) 19日 12:00 産経新聞
連合東京が舛添氏支援決める   細川氏の脱原発方針合わず (社会) 19日 11:27 J-CAST
消費税率10%への引き上げの可否、今年中に決断したい=首相 (経済) 19日 11:06 ロイター
田母神氏が脱原発の細川・小泉連合ブッタ切り   (社会) 19日 11:00 東京スポーツ新聞
「脱原発」の意見書、455地方議会で   原発事故後 (政治) 19日 10:47 朝日新聞
東京都知事選、「国防都市」か「脱原発都市」... (中国・朝鮮) 19日 10:21 中国網
消費税率10%への引き上げの可否、今年中に決断した... (経済) 19日 10:20 ロイター
青森・大間原発建設差し止めを   函館市が3月にも提訴 (地方・地域) 19日 10:02 河北新報
来月の都知事選挙の争点に注目したい…   (地方・地域) 19日 09:49 八重山毎日新聞
細川氏ギリギリまで「殿のかく乱」   (社会) 19日 09:34 日刊スポーツ
細川氏公約「原発即ゼロ」なら影響大…懸念の声   (政治) 19日 09:14 読売新聞
東電社長:成長に向け新規投資、提携先と合算で2兆6700億円   (経済) 19日 08:40 Bloomberg.co.jp
都知事候補の“風俗政策”は? (社会) 19日 08:00 東京スポーツ新聞
10代も訴えたい 26日 渋谷・原宿 U-20デモ計画 (社会) 19日 07:45 東京新聞
エネ計画 来月下旬に 高市政調会長 閣議決定見通し (政治) 19日 07:45 東京新聞
秘密法廃止案を提出へ   共産党大会閉幕 (政治) 19日 07:45 東京新聞
【都知事選を前に】「脱原発」なら東京は自然エネ装... (社会) 19日 07:00 産経新聞
「脱原発」一本化申し入れも…細川、宇都宮両陣営「NO」 (社会) 19日 05:30 スポニチ
細川氏“焦らし戦法”?告示前日22日に出馬会見   (社会) 19日 05:30 スポニチ
森元首相 細川氏に“ダメ出し”「原発ゼロなら五輪返上」 (社会) 19日 05:30 スポニチ
大間原発:建設の差し止め求め3月提訴…函館市長方針 (社会) 18日 23:22 毎日新聞
連合東京、舛添氏を支援   「細川氏の脱原発、合わない」 (政治) 18日 22:45 朝日新聞
細川氏、安倍政権への懸念強調   (社会) 18日 21:50 デイリースポーツ
細川氏、安倍政権への懸念強調   都知事選で政見 (政治) 18日 21:47 共同通信
都知事選:細川氏、安倍政権への懸念強調   (地方・地域) 18日 21:47 沖縄タイムス
江田氏「維新と早期合流へ政策協議」   結いが結党大会 (政治) 18日 21:44 朝日新聞
「即時原発ゼロ」表明へ=細川氏、都知事選公約で   (政治) 18日 21:28 時事通信
結いの党:都知事選、細川氏支援を表明…結党大会   (政治) 18日 21:12 毎日新聞
結いの党、細川氏支援の方針…都知事選   (政治) 18日 20:56 読売新聞
連合東京は舛添氏…脱原発で細川氏陣営と不一致   (政治) 18日 20:56 読売新聞
“脱原発”候補一本化の申し入れ不調   (社会) 18日 20:33 日刊スポーツ
【今週の振り返り】先物主導のアップダウンで177円...   (経済) 18日 20:12 EconomicNews
細川氏、政界再編に期待   結いの党に祝電 (社会) 18日 19:47 スポーツ報知
連合東京が舛添氏支援へ   都知事選、民主都連と一線 (政治) 18日 19:44 日本経済新聞
「再編へ身捨てる覚悟」=都知事選は細川氏支援-結い党大会   (政治) 18日 19:36 時事通信
細川氏、政界再編に期待   結いの党大会へ祝電 (政治) 18日 18:36 産経新聞
共産書記局長に山下氏=世代交代図る-党大会閉幕   (政治) 18日 16:48 時事通信
エネ計画は都知事選後   自民・高市政調会長が見通し (その他) 18日 16:37 産経新聞
細川氏、原発再稼働認めない方針   都知事選、22日会見 (政治) 18日 13:19 朝日新聞
大間原発   函館市長が3月にも差し止め提訴 (地方・地域) 18日 13:01 日本経済新聞
都知事選   細川氏、22日午後に出馬表明会見 (地方・地域) 18日 11:54 日本経済新聞
大間原発差し止め、3月にも提訴   (社会) 18日 11:40 デイリースポーツ
大間原発差し止め、3月にも提訴   北海道・函館... (地方・地域) 18日 11:35 沖縄タイムス
「得票率1割以上」決議=次期国政選挙-共産大会午後閉幕   (政治) 18日 11:10 時事通信
都知事選:「流れ変える」「晩節汚す」細川氏出馬に賛否 (政治) 18日 10:34 毎日新聞
自民党大会に殴り込み!?小泉元首相が出席意向   (政治) 18日 08:43 産経新聞
【都知事選】「舛添氏応援せず」改めて強調 進次郎... (政治) 18日 08:39 産経新聞
東京都知事選   原発政策こそ重大な争点だ (地方・地域) 18日 08:14 琉球新報
細川氏、一本化せず   都知事選 脱原発の会に返答 (社会) 18日 07:20 東京新聞
東電破綻処理を   泉田・新潟知事インタビュー (社会) 18日 07:20 東京新聞
【水内茂幸の外交コンフィデンシャル】小泉氏に学ぶ靖国参拝 (政治) 18日 07:00 産経新聞
都知事選:細川氏「原発即ゼロ」 21日に会見で公約発表 (社会) 18日 07:00 毎日新聞
函館市、大間原発差し止め3月提訴   国・電源開... (地方・地域) 18日 07:00 北海道新聞
[大弦小弦]一昨年の衆院選や昨年の…   (地方・地域) 18日 06:15 沖縄タイムス
細川氏、東京五輪までに「脱原発」20日に出馬正式表明 (社会) 18日 05:30 スポニチ
脱原発「議論を」   都知事選、デモ参加者・立地県の思い (政治) 18日 03:04 朝日新聞
【都知事選】「脱原発」「郵政民営化」…小泉氏とタ... (政治) 18日 01:12 産経新聞
【都知事選】息子・進次郎氏が自民の火種に!? 舛... (政治) 17日 23:32 産経新聞
経済同友会代表幹事、都知事選「原発のみ争点如何か」   (経済) 17日 23:17 TBSテレビ
【都知事選】「愚かだ。頭冷やせ!」「候補者の資格... (政治) 17日 23:00 産経新聞
石原元都知事、細川氏らを批判   「ただのセンチメント」 (政治) 17日 22:50 朝日新聞
都知事選 小泉復興政務官「原発の問題が争点の1つに」 (政治) 17日 22:49 フジテレビ
【都知事選】結いの党幹事長、舛添氏支援を否定 「... (政治) 17日 22:26 産経新聞
細川氏、五輪までに脱原発具体化   (社会) 17日 22:25 デイリースポーツ
細川氏、五輪までに脱原発具体化   20日に都知事選公約発表 (政治) 17日 22:19 共同通信
都知事候補一本化に期待=宇都宮氏は辞退否定-吉田社民党首   (政治) 17日 22:19 時事通信
【都知事選】細川氏、公約発表の席で“東京五... (地方・地域) 17日 21:54 産経新聞
【都知事選】細川氏の“東京五輪辞退論”に「乱心。... (政治) 17日 20:47 産経新聞
都知事選、マック赤坂氏出馬表明   (スポーツ) 17日 20:45 デイリースポーツ
都知事選、マック赤坂氏出馬表明   吉田氏は取りやめ (政治) 17日 20:38 共同通信
自民、小泉親子に打つ手なし=都知事選、混乱続く   (政治) 17日 20:25 時事通信
都知事選 マック赤坂氏が出馬表明 吉田氏は取りやめ (社会) 17日 20:22 スポニチ
【都知事選】マック赤坂氏が3回目の出馬表明 ... (地方・地域) 17日 20:15 産経新聞
細川元首相、五輪辞退を提案していた!   池上彰氏イ... (社会) 17日 19:59 J-CAST
706 件の記事の   101 件目 ~ 200 件目 (重複7件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
706 件の記事の   201 件目 ~ 300 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク
日テレ特番「封印された細川家の秘宝...   (エンターテイメント) 17日 19:17 J-CAST
進次郎氏、舛添氏支援に「党が胸を張れるか」   (社会) 17日 18:42 スポーツ報知
小泉進次郎氏、舛添氏支援「残念なこと」 重ねて批判 (政治) 17日 18:34 日本経済新聞
小泉進次郎氏が疑問 舛添氏支援「党が胸を張れるか」 (社会) 17日 18:08 スポニチ
東京都知事選告示まで6日、立候補予定者の動向活発に   (社会) 17日 18:08 TBSテレビ
細川、小泉氏「最後の仕事」=原発避けて通れず-検...   (政治) 17日 18:02 時事通信
自然エネの可能性は   「脱原発宣言」の城南信... (地方・地域) 17日 18:00 神奈川新聞
大商会頭も脱原発に苦言「安定した電力供給が... (地方・地域) 17日 17:55 産経新聞
脱原発「好ましくない」=都知事選めぐり-長谷川同...   (経済) 17日 17:35 時事通信
核燃料の乾式貯蔵を要望   (地方・地域) 17日 17:33 高知新聞
脱原発の単一争点化に苦言   同友会の長谷川代表 (経済) 17日 17:26 産経新聞
細川・小泉氏をけん制=原発「感情だけで判断ならぬ...   (政治) 17日 17:24 時事通信
〔クロスマーケットアイ〕荒れた市場でも不安心理低... (経済) 17日 16:49 ロイター
【都知事選】細川氏、1億円借金「おわび」へ調整 五... (政治) 17日 16:42 産経新聞
【日本株週間展望】下値固め、米動向に敏感-都知事選告示も   (経済) 17日 16:24 Bloomberg.co.jp
きょうのマーケット(都知事選巡る思惑交錯)   (経済) 17日 16:20 テレビ東京
【都知事選】「脱原発」だけでいいのか 単一争点、... (政治) 17日 16:17 産経新聞
デイリーストラテジー・17日 14時21分更新(脱原発、... (経済) 17日 14:21 StockStation
訂正:焦点:安倍政権に「反原発選挙」リスク、細川... (経済) 17日 11:55 ロイター
訂正-〔焦点〕「反原発選挙」のリスクに直面する安... (経済) 17日 11:47 ロイター
主張に現実性ない…自民、党挙げ「対細川氏」   (政治) 17日 10:49 読売新聞
脱原発、五輪返上論…細川氏発言に関係者困惑   (政治) 17日 09:09 読売新聞
小泉父子の反旗、打つ手なし   都知事選、政権ピリピリ (政治) 17日 08:52 朝日新聞
都知事選:安倍首相が推す舛添氏の「過去」に批判噴出 (中国・朝鮮) 17日 08:38 朝鮮日報
「原発ゼロ撤回」先送り 都知事選 争点化を政権懸念 (政治) 17日 08:30 東京新聞
政府のエネ計画「決定は来月」 山本拓・自民調査会長 (地方・地域) 17日 07:05 福井新聞
細川氏   出馬会見また延期「準備が整っていない」 (社会) 17日 05:30 スポニチ
都知事選:自公「舛添支持」を確認 党内締めつけ組織戦 (政治) 17日 02:30 毎日新聞
五輪に否定的?佐川問題は?   細川氏、公約会見を再延期 (政治) 17日 00:36 朝日新聞
新潟知事「変化感じず」 原発再稼働、地元同意のハ... (政治) 17日 00:14 日本経済新聞
都知事選   「争点=脱原発」に立候補予定者は (社会) 16日 22:50 TOKYO MX
舛添氏支援で自公党首が一致   細川氏陣営に野田、菅元首相も (政治) 16日 22:35 共同通信
都知事選:舛添氏支援で自公党首が一致   (地方・地域) 16日 22:35 沖縄タイムス
日商会頭「地方・中小企業に対し早く効果出る方策を」   (経済) 16日 21:41 TBSテレビ
「脱原発、主要論点はおかしい」 東京都知事... (地方・地域) 16日 21:35 産経新聞
【激突・都知事選】細川元首相 「東京五輪辞退論」... (政治) 16日 21:04 産経新聞
【日経平均】後場から先物売りの木枯らしが吹き61円安   (経済) 16日 20:58 EconomicNews
舛添氏支援で一致結束=自民都連 (政治) 16日 20:51 時事通信
舛添氏支援で自公党首が一致   (社会) 16日 20:50 デイリースポーツ
エネ計画、月内断念=都知事選への影響懸念-政府・与党   (政治) 16日 20:49 時事通信
都知事選:社民党   幹事会で宇都宮健児氏推薦を了承 (政治) 16日 20:38 毎日新聞
東商会頭「『脱原発』は単なる願望」   細川氏立候補受け (政治) 16日 20:15 朝日新聞
「脱原発」違いは無視=民主、細川氏支援に前のめり...   (政治) 16日 19:48 時事通信
細川氏出馬に「じぇじぇじぇ」   野田前首相ブログで驚き (政治) 16日 19:12 朝日新聞
都知事選勝利へ結束=自公党首 (政治) 16日 18:22 時事通信
安倍首相と山口公明党代表、都知事選で舛添氏支援   (社会) 16日 17:52 スポーツ報知
東芝、英原発会社に60%出資   原発3基建設へ (経済) 16日 17:25 J-CAST
「脱原発」を批判=都知事選争点化-日商会頭   (経済) 16日 17:21 時事通信
エナリスが反落、一時は高値更新も全般安にツレ安   (経済) 16日 16:59 モーニングスター
「原発は都知事選の争点か」と三村氏が疑問呈する ... (経済) 16日 16:41 産経新聞
非自民連立政権で首相に=細川氏はこんな人-都知事選   (政治) 16日 16:27 時事通信
日商会頭、賃上げ「日本の持続成長に重要」   (政治) 16日 15:32 日本経済新聞
新潟知事、都知事選の「脱原発」争点浮上を歓迎   (政治) 16日 14:13 読売新聞
民主の押しかけ支援に細川氏「前面に出ないで」   (政治) 16日 14:09 読売新聞
細川氏、76歳での都知事選出馬に中国ネット民... (中国・朝鮮) 16日 14:02 レコードチャイナ
細川氏は資金問題説明を=社民幹事長   (政治) 16日 13:23 時事通信
公明党、都本部は舛添氏を推薦   自民と足並み揃える (社会) 16日 13:21 スポーツ報知
<個別株動向>シャープ、オカダアイヨ、東和薬品な...   (経済) 16日 11:58 モーニングスター
公明都本部が舛添氏推薦決める   (社会) 16日 11:58 日刊スポーツ
公明党都本部が舛添氏推薦   (スポーツ) 16日 11:50 デイリースポーツ
【都知事選】公明都本部が舛添氏を推薦 細川... (地方・地域) 16日 11:47 産経新聞
日経、TOPIXともに今年初めての続伸   (経済) 16日 11:44 StockStation
都知事選:「脱原発」統一を要請…弁護士らの市民団体 (政治) 16日 11:32 毎日新聞
都知事選:小泉元首相が細川氏支持、日本政界に激震   (中国・朝鮮) 16日 11:03 朝鮮日報
過去に五輪返上論…細川氏、発言の一貫性苦慮   (政治) 16日 10:36 読売新聞
舛添氏を応援「大義はない」   小泉進次郎氏が来県 (地方・地域) 16日 10:30 埼玉新聞
(都知事の力)国を動かす東京の選択   (政治) 16日 10:01 朝日新聞
都知事選、候補者の「脱原発」に戸惑う都議会   (政治) 16日 09:57 読売新聞
東京都知事選   原発の論戦注目したい(1月16日) (地方・地域) 16日 08:55 北海道新聞
「脱原発に争点絞っていいのか」舛添氏が元総理コン...   (社会) 16日 08:30 東京スポーツ新聞
【都知事選】「復興、忘れないで」伊豆大島土... (地方・地域) 16日 08:21 産経新聞
脱原発主張する衆院議員の配車拒否したタクシー   (社会) 16日 08:16 読売新聞
東電再建   税金なし崩し 除染負担軽減で刈羽再稼働 (経済) 16日 07:35 東京新聞
柏崎刈羽原発   苦しい「再稼働前提」 (経済) 16日 07:35 東京新聞
再送-〔焦点〕「反原発選挙」のリスクに直面する安... (経済) 16日 07:30 ロイター
脱原発衆院議員の乗車拒否   敦賀のタクシー会社 (地方・地域) 16日 07:05 福井新聞
カギ握る東京都知事選   (地方・地域) 16日 07:00 滋賀報知新聞
概況/大引け 米国株続伸と11月の機械受注好調で、前... (経済) 16日 06:45 日本証券新聞
敦賀のタクシー、脱原発議員の乗車お断り   (社会) 16日 06:03 スポーツ報知
[東京小考] 首都で「ストップ・ザ・アベ」となるか (中国・朝鮮) 16日 06:01 東亜日報
“代理戦争”回避 進次郎氏、舛添氏応援NO!「出て... (社会) 16日 05:30 スポニチ
細川陣営は公約詰め急ぐ 首相退陣の「佐川問題」弁明も (社会) 16日 05:30 スポニチ
東京都知事選   告示まで1週間 (政治) 16日 04:08 NHK
【産経抄】ワンイシュー   1月16日 (政治) 16日 03:12 産経新聞
東京都知事選に細川氏出馬 知事ら「原発論議... (地方・地域) 16日 02:45 産経新聞
都知事選 対決の構図ほぼ固まる 「脱原発」で一本化の動きも (政治) 16日 01:17 フジテレビ
自民・小泉進次郎政務官「そうだろうと」、父...   (地方・地域) 16日 01:00 神奈川新聞
【東電再建計画】計画は柏崎刈羽原発の再稼働がカギ   (経済) 16日 00:17 産経新聞
維新と結い:初の政策協議   野党再編目指し (政治) 15日 23:13 毎日新聞
13年の再生エネ伸び悩む=過去最高も微増-ドイツ   (国際) 15日 22:47 時事通信
「原発論議深まる」 泉田知事、会田柏崎市長... (地方・地域) 15日 22:24 産経新聞
志位氏、脱原発候補の一本化反対   (スポーツ) 15日 22:15 デイリースポーツ
都知事選、細川氏が公約概要   (社会) 15日 22:10 デイリースポーツ
志位氏、脱原発候補の一本化反対   都知事選で (政治) 15日 22:09 共同通信
都知事選、細川氏が公約概要   舛添氏は自民に支援要請 (政治) 15日 22:06 共同通信
706 件の記事の   201 件目 ~ 300 件目 (重複5件は非表示です) 空白クウハク 空白クウハク


************************

ページ先頭へ飛ぶ

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク