« 2022年11月 | メイン | 2023年1月 »

2022年12月

2022年12月31日 (土)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:大晦日と言えば紅白だが...もうその時代は終わった。;大晦日 小さな夢が 去来する。20221231。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月31日(土)
昨日は晴れであった。ざっそう句;大晦日 小さな夢が 去来する。いよいよ恒例の餅つきだ。軽く飯を食って動き出す準備。ローテク竈には薪が燃えていた。オレ様の仕事は重量物の古い臼を保管場所から餅つき場所まで運び出す事。転がすと臼の側面が汚れるので臼の底面と側面の交点だけ地面に付けて移動させるのだ。これこそ我が家のノウハウだ。その後は、三々五々手伝いが集合。賑やかに餅つきが始まった。餅つきは引退して、先ずはノウハウを伝授。二人で吐くが、最初から8割は捏ねることに集中、吐くのは残りに割で良い。杵に体重を掛けてふかした米を押しつぶす。力は相手が押す場合は自分が引くとベクトル的に考える事。付く時は、持ち上げた杵を落下する程度で無理に力を加える必要は無いと教える。参加者全員が出来る範囲で仕事をして無事餅つきは終了した。つぎに、かまどに鍋を掛けておっきりこみを作って昼食にした。色々な具材が入っており、こちらも美味しく頂けた。最後に火の始末をして解散。

Iob_20221231_i_am_very_sorry__15_
原ファイル名=「IOB_20221231_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ15_平和だ.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:大晦日と言えば紅白だが...もうその時代は終わった。20221231。

NHKの不祥事はなかなか表に現れない。その裏には利益共同体のマスコミ連合が連んでいると言っても過言で無いだろう。YouTubeはこれ幸いとNHKの不祥事番組を流すが、その本質には悪質な面が多々ある。YouTubeと言えどもビジネス最優先で自分からマスコミを名乗る図々しさは無い。自分から金を支配して検閲官の真似事をしている。XXをぶっ壊すとか言うキャッチフレーズが注目されると病み付きになるらしい。ぶっ壊そうとするXXが無くなればそれを標榜するXXの敵も無用になってしまう。世の中には、変な寄生関係が成立するのだ。XXをぶっ壊すと言っている連中も一緒に消えてくれればこの日本はさぞかしクリアになりそうだ。

「老人の寝言:身辺雑記:田舎老人徒然草:紅白などもう要らない;薪くべて 餅吐かぬ爺 目に涙。20181231。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2018/12/20181231-91e2.html)。(2018年12月31日 (月))」で、「多分NHKの紅白を見て一年の締めくくりにする人が多いだろう。ご自由にどうぞ...。紅白が男女という生理学的差異に立って延々と続いているのに、日本文化の異常さを感じる等と宣えば、お前は日本人かと罵られるかも知れない。それもご自由にどうぞ...。   ともかく、オレ的には人様の金をかき集めて浪費するお上体質は全てご免なのだ...。もうこれ以上云々するのは時間の無駄。紅白の分受信料を返せとオマケに言っておこう...。とか、言いつつ、美輪明宏が紅白で歌ったのだけはテレビの前で見たと書いた。~。ヨイトマケの歌であった。この歌のヨイトマケには自分の幼少時の記憶も重なるので聞きたくなったのだろう。NHKは自己検閲でこの歌の番組登場を拒否してきたのだ。それを遅蒔きながら解禁したとしても、NHKの功績にはならないだろう。」と書いた。

ともかく、NHKのブラックさに関してはウンザリしている。最近の巨大組織はステルス性に磨きを掛けて、そのブラックを見せないような膨大なノウハウを集積している。組織が巨大な程動かす金が巨大になる。悪事の巨大化が進み、そこに国賊悪徳政治家連中・悪徳官僚連中・悪徳組織運営者連中・悪徳医師連中・国賊連中・軍人連中が群がるようになる。組織的悪事をできない人間の組織規模は精々10人以下程度だろう。世の中のほぼ全ての組織は悪の巣窟なのだ。組織は性善説で作られるが、組織に紛れ込んだ悪が組織を徹底的に腐らせてしまう。

BBCは、「英政府、BBC受信料の2年間凍結を下院で発表。;url=https://www.bbc.com/japanese/60033877。(2022年1月18日)」というタイトルで、「英政府は17日、BBCのイギリス国内の視聴契約料(受信料に相当)を現在の年間159ポンド(約2万4900円)で2年間凍結する方針を、議会下院に報告した。受信料凍結については事前に、政府方針として日曜紙メール・オン・サンデーが伝えていた。  デジタル・文化・メディア・スポーツ相のナディーン・ドリス氏は下院で、「懸命に働く世帯の財布をこれ以上圧迫する」など政府としては「正当化できない」と述べた。2年間の凍結後は4年間、物価上昇に伴い受信料を引き上げる方針を示した。  ドリス文化相はさらに、「国民が経済的に苦しむ中、BBCは支出を減らし、財政効率化に取り組み、提供される何十億ポンドもの公的資金を、視聴者や利用者のために使わなくてはならない」と述べた。」と報じた。

NHKが、朝晩の貴重な時間帯に、まったく無用に等しい番組に5~6人ものおしゃべり役者を投入してつまらない番組を垂れ流している現実に腹が立つ。これこそ、NHKのブラックユーモアでは無いか。国民の貴重な電波資産の私的独占に限りなく近く、公共放送としてはあってはならない電波悪用だ。受信料を返せ。紅白のような番組は内容・編成・目的を徹底的に見直しをして、視聴者投票で同意を得るべきだ。同意が得られない場合は紅白を即時中止せよと言いたい。出演者・プロデューサーに回数制限を設けて新人を積極的に発掘せよ。そもそも紅白はその役割が終わっているオワコンではないか。組織の停滞が全ての腐敗の原因だ。この世界の大組織はほとんど腐ってしまった。来年は、腐った組織から新しい芽が出てくるのか。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 151.0 2 363 151.0 6.3 11.4 2.6 8.8 4.9 9.1 0
時刻等℃ 13 5 16 82.73 mm
伊勢崎 2022年12月30日(1時間ごとの値) 1年の 99% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月30日 (金)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:10年前の餅つきと今日の餅つき。;押し寄せる 雑用追うが 身は一つ。20221230。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月30日(金)
昨日は晴れであった。ざっそう句;押し寄せる 雑用追うが 身は一つ。最初に日向ぼこ新聞。次にかみさんとバラックの様子を見る。作戦は成功したようだ。後処理後、庭の落ち葉掃き。集めた枯れ葉は畑に散布して雑草マルチに使う。そこへリサイクル業者が来て仕事を中断。遅めの昼食。午後も続行。夕方、寒くなって家に引っ込む。夕食までYouTube等。インターネット接続速度を測定。少し早くなっているように感じるが、ブラウザがメモリーを消費し出すと遅くなる。WIN-MEのときのような不具合が良く起こる。サイトによるとブラウザが古いと叱られる。無理・贅沢は敵だと我慢する以外に無い。早めに飯を食い床でウトウト。黒電話があった。また雑用が出来た。今日は恒例の餅つきだ。天気は良さそうだ。ダイソーの運勢暦を見ると、今日は取引所の大納会である。市場・世界経済の不安定は来年に持ち越しか。ウ・ロ戦争(20220224)もまだまだ続きそうだ。こういう時こそ鈍感力が必要になる。イライラするより、餅でも食って気分転換をしよう。

Iob_20221230_i_am_very_sorry__14_
原ファイル名=「IOB_20221230_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ14_吉だ.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:10年前の餅つきと今日の餅つき。20221230。

2022(R4)年も余す所1日のみになった。本日30日は恒例の餅つきだ。全てが順調に進めば、吐き上がった持ちを食べて、今年も無事過ごせたと感謝できるだろう。最近は、餅つきも簡素になったが、その骨格は昔から変わっていない。天気予報を見ると、終日晴天で西風は吹くが、風速は2~3m/s程度で、餅つきには最高の天気になりそうだ。応援団が加われば賑やかになり、楽しい餅つきが出来そうだ。

「寝言老人が幼少の頃:正月の餅つき(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/12/post-7d80.html)。(2012年12月31日 (月))」で、「我が家では、父の代から、餅米は購入を始めたが、餅つきだけは何とか続けている。餅つきも年中行事として、その意味を考えると興味深い。餅つき要員も年々変わっている。今年は息子の友人が助っ人をしてくれた。餅つきも共同作業だ。「老人の寝言(出番無きマニュアル):防災対策に電池と行動の「蓄備」(2012年11月12日月曜日)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2012/11/post-cb7a.html)」記事に書いた電気工事等々を念頭に、餅つきの極意を伝授した。曰く、お互いに声を掛け合うべし。米粒が見えなくなるまで良くこねろ。若い連中は、会社もコネが8割だと笑っていた。若者同士が二人で餅をつくと、力業になり、交互につくというタイミングがずれて、相手の杵を打ったりすることもある。最悪は、餅の天地返しをするご婦人の頭を杵で叩く危険もある。コネ作業の実演をして後は任せた。見方によれば餅つきは世代間コミュニケーション手段でもあろう。」と書いた。

「雑草句録:火燃し番(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/12/post-c93f.html)。(2010年12月23日 (木))」で、「■餅つきの番を外され火燃し番     ~。  この行事は年一回だけであるが何とか続けている。餅米をふかすのも、つくのも屋外である。かつての父親と同じような役をしているが、縄飾り等は作り方も教えられずに自己流の物を作っている。一時は稲藁も相当古い物を使った事がある。稲作をしていないので材料の手配が大変だ。今年は昨年の貰い物を使う予定だ。稲藁を手でなって縄にして、折った半紙と松葉と金柑の実を縄に挿して飾りとしている。半紙は切り方が解らないので、単に紙片を折るだけであり、白という象徴的な使い方。ともかく身近にあるもので飾るところにゆかしさがあるのだと思う。」と書いた。

今年は現役復帰が必要かはっきりしない。ともかく楽しい一時となりそうだ。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 187.4 3 362 187.4 7.8 13.1 4.3 8.8 7.4 8.2 0
時刻等℃ 14 5 15 74.55 mm
伊勢崎 2022年12月29日(1時間ごとの値) 1年の 99% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月29日 (木)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:嗚呼、ウ・ロ戦争はいつ終わるのか。;日向ぼこ ガラクタ整理 ゆめうつつ。20221229。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月29日(木)
昨日は晴れであった。ざっそう句;日向ぼこ ガラクタ整理 ゆめうつつ。餅つきで使う作業小屋が押し込んだガラクタで身動きが取れない。かみさんの号令で整理した。そこへ町内組役員が配り物等用事来宅。恒例の新年会はコロナで中止になるとの話もあった。役員当番は恒例に従い一回分進み自動更新する。役員表は来年配布になるらしい。ともかくオレ様管理のガラクタ様は無事引っ越しが出来た。この世には本人しか愛でない変なガラクタが多数転がっているようだ。でもガラクタ万歳でもある。ガラクタをいじっていればこの世のイライラも吹っ飛ぶ。ゴミとして捨てるか捨てずにいるか悩むのもまた楽しい。ともかく選別で残ったガラクタを段ボール箱に入れて持ち帰った。倉庫部屋のガラクタが又増える。かくて居場所の無いガラクタは幽霊のように彷徨っている。昼頃来客あり。昼飯の差し入れがあり、皆で日向ぼこランチで雑談が盛り上がった。

Iob_20221229_i_am_very_sorry__13_
原ファイル名=「IOB_20221229_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ13_ウ・ロ戦争.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:嗚呼、ウ・ロ戦争はいつ終わるのか。20221229。

ガラクタを手にしてうっとりしていると至福の時はドンドン過ぎて行く。こりゃマズイ。ウ・ロ戦争が始まってからすでに10ヶ月以上経過したが停戦の動きは見えない。そもそも論だが、NATO加盟国でも無いウクライナにNATOや西欧諸国が軍事支援をする理由が分からない。結局、軍事支援も武器取引言い換えれば単なる工業製品の取引に過ぎないという解釈なのか。

バイデン大統領の息子がウクライナ企業の役員をしていて癒着が指摘されていたようだ。トランプ前米大統領が政敵バイデンを攻撃する手段に使ったようだが、トランプ前米大統領も疑惑では有力者で、アメリカ政界が疑惑紛れになっているのかもしれない。要するに、大統領職には膨大な利権が付随している。政治家が政界指導者を狙うのはその利権が目的だと言えるだろうと妄想されてくる。教科書にはそんなことは一言も書かれていないが、それが社会の常識か。

NHKは、「米中間選挙 野党・共和党 議会下院で過半数獲得が確実 ABC。;url=https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221117/k10013894331000.html。(2022年11月17日 16時29分)」というタイトルで、「アメリカの中間選挙は野党・共和党が議会下院で多数派を奪還する見通しになりました。議会上院では、与党・民主党が主導権の維持を決めていて、当初予想されていた共和党の勢いを阻んだ形ですが、下院で大統領の政党と議会の多数派の政党が異なるいわゆる「ねじれ」の状態が生じることになり、バイデン大統領は今後、難しい政権運営を迫られる局面もありそうです。」と報じた。

米国政界のネジレが、実務に反映されるようになると、米国の混乱は拡大して、世界政治への影響力も弱体化すると予想される。当然、その影響はウクライナ支援にも及んでくるだろう。そもそも論だが、EU・NATO諸国は、発足から一枚岩で無いのが分かっている。域内の経済格差等々・域内各国の不満も消滅する事は無い。

キーウの雪景色を検索すると、美しい写真が沢山ヒットするが、国民は景色を見て空腹や寒さを凌ぐ事は出来ない。今年は、世界中が厳しい冬を迎えざるを得ないだろう。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 103.9 4 361 103.9 4.3 10.7 -2 12.7 2.6 8.9 0
時刻等℃ 15 7 1 80.91 mm
伊勢崎 2022年12月28日(1時間ごとの値) 1年の 99% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月28日 (水)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:忠治望郷の赤城山。;雪赤城 ワカサギ釣ったか 親分は。20221228。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月28日(水)
昨日は晴れであった。ざっそう句;雪赤城 ワカサギ釣ったか 親分は。新聞を持って玄関先の指定席へ行くとネコ君が寝そべっている。仕方が無いので席の半分を使わせてくれと尻を落としたら、ネコ君が移動した。読み終わってから冷えかけた牛乳を飲んで倉庫部屋で年賀状作成。予備を残して作成が済んだので投函に行く。冠雪した赤城山をデジカメ撮影。2023年版年賀状は例年と比べれば相当手前勝手だ。もう半分以上遊びだから、その積もりで読んでくれという雰囲気だ。そんな細々した事を手書きで書くのも苦痛で、手短に書いた。ともかくお勤めは済んだので肩の荷を下ろした気持ちだ。4Bの鉛筆書きで、誤字は消しゴムで訂正した。ローテクの楽しさだ。

Iob_20221228_i_am_very_sorry__12__
原ファイル名=「IOB_20221228_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ12_ロシアのプーチン_逃げるが勝ち.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:忠治望郷の赤城山。20221228。

いつも漠然と見ている赤城山。常に追われる身の国定忠治は赤城山を隠れ家に使ったようだ。国定忠治の岩屋と呼ばれる場所があるようだ。赤城山と国定忠治という関連付けは強固で有名だが、国定忠治の脳内ではどのような位置づけであったのか。

「読みかじりの記:(高山)彦九郎 歌と生涯(3)(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2010/12/post-aada.html)。(2010年12月11日 (土))」で、「○「御所の荒廃を詠む」の章
■立ち出づる心も晴れてあかぎ山 風も来よとて木葉吹くらし
■白雲をふみ分け来ても赤城山 空より高く落つる瀧つ瀬

著者は「彦九郎の生涯は尊王一途で、余裕というものが全くない感じだが、その中で安永二年の赤城行、また同六年の三夜沢赤城神社参拝は多分に余裕があって、故郷の山を懐かしみ楽しんでいる風情がある。」と述べている。赤城神社参拝の時彦九郎は31才。」と書いた。

高山彦九郎は若いとき赤城山登山や赤城神社参拝をしたようだ。安永二年は西暦1773年で国定忠治が赤城山に籠もる前の事だ。冠雪している赤城山を見て、国定忠治と言えども、冬季の赤城山籠りは厳しいだろうと思った。WEB情報によると、「「群馬県吾妻郡東吾妻町大戸」の標高は 約511.19m です。」との事だ。それでは国定忠治が処刑された嘉永3年12月21日(1851年1月22日の天気は?場所、季節を考えると相当寒かったと思われる。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 132.0 5 360 132.0 5.5 10.8 1.7 9.1 6.7 9.1 0
時刻等℃ 13 7 13 82.73 mm
伊勢崎 2022年12月27日(1時間ごとの値) 1年の 99% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月27日 (火)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:お節介なYouTube。;夜遊びと 鳴いて催促 家の猫。20221227。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月27日(火)
昨日は晴れであった。ざっそう句;夜遊びと 鳴いて催促 家の猫。午前、年賀状書きを開始。とりあえず、1/3を投函。赤城山は頂上から中腹まで白くなっている。いよいよ本格的な冬到来だ。帰路、夏みかんを二個収穫。しばらく観賞して、ウンシュウミカンが終わってから試食しよう。午後も年賀状書きを続行。郵便会社の年賀ハガキを買って普通に使うのだから、新年の挨拶などくどくど書く必要も無かろうと思うが、すでに老人の頭脳は古い慣習で汚れきっている。マンネリから脱却できない。そもそも論だが、年賀状も郵便制度が出来てから盛んになったのだろう。昔の庶民や商家は新年の挨拶で客や親戚等に挨拶回りをしたのだが、その代用が年賀ハガキでサービスの合理化だったのだろう。郵便も電話も国営事業だったのが懐かしい。作業を標準化して全国展開を図るビジネスモデルは国家が支配してきたが、それが崩壊してしまったが、民営化されたと言うがまだ国家との癒着は確実に残っている。夕方になって、更に1/3を投函した。日没後であったが、まだ夕焼けが残っていた。南西の空には細い月が浮かんでいた。街路灯の影を踏んで帰宅した。手書きをしていると、漢字の筆順を忘れて思考停止が起こる。年賀状も適当に付き合う事にする。かなり手抜きをした。

Iob_20221227_i_am_very_sorry__11__
原ファイル名=「IOB_20221227_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ11_中国習近平_逃げるが勝ち.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

FUJIFILMは、「年賀状の由来と歴史、豆知識。;url=https://www.postcard.jp/column/01nenga-yurai.html。()」というタイトルで、「~。年賀状の歴史は古く、平安時代までさかのぼります。現存する日本最古の年賀状といわれるのが、平安時代の学者である藤原明衡が作った手紙の文例集『庭訓往来』の中にある正月の文例。「春の始めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」(春始御悦向貴方先祝申候訖)とあります。~。年賀状を出すことが一般に広がったのは、明治4年(1871年)の郵便制度開始がきっかけ。明治6年(1873年)に郵便はがきの発行が始まり、明治20年(1887年)頃には年賀状も激増しました。元日の消印をねらって年末に投函する人も増え、郵便局員たちは文字通り、不眠不休で消印作業にあたり、押印担当者の右手はマメで腫れ上がるほどだったそうです。」と報じた。

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:お節介なYouTube。20221227。

YouTubeの使い方は色々あるようだ。YouTuberという人種がいるようで、そういう人種もビジネスに組み込んでしまうYouTube貪欲なビジネス努力は注目に値する。タダ程高い物は無いというのも真理を言い当てている。無料から始まるビジネスは無数にあるようだ。

YouTubeは特定の視聴者が視聴した番組を記録してそれをビジネスで使っているようだ。過去に視聴した番組が優先されて表示されるが、YouTubeが見させたい番組も押し込んでくる。押し込んだ番組と一緒に儲けの多い宣伝を突っ込んでいるのかは分からない。

一本の動画を見るのに最低二本の宣伝動画を突っ込んでくる。中には記憶・意識下に残る記憶もあるようだが、動画を先送りするのが通例だ。宣伝とのバトルは終わらない。ともかく、タダミ専門の視聴者はYouTubeにとってコロナウイルスなようなもので、広告に対する抗体を備えているのかも知れない。

Google、YouTubeはもう終わっているという専門家もいるようだ。次はSNSの時代だと騒がれたこともあったようだ。SNS企業も、当今は宣伝スポンサーが降りて経営が苦しくなっているようだ。

ともかく、あらゆるビジネスモデルが、この世の中に溢れている。絶対損をしない最高のビジネスモデルは何かを知りたい。古今東西、そんなビジネスモデルは存在しなかったようだ。結局、どんなに脚光を浴びているビジネスを消えて行く運命なのだ。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 114.1 6 359 114.1 4.8 9.3 1.6 7.7 6.1 8.5 0
時刻等℃ 13 7 13 77.27 mm
伊勢崎 2022年12月26日(1時間ごとの値) 1年の 98% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月26日 (月)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:今日は暦の空白日。;一枚の 賀状が全て 人の縁。20221226。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月26日(月)
昨日は晴れであった。ざっそう句;一枚の 賀状が全て 人の縁。日向ぼこ新聞が済んでから倉庫部屋で年賀状書き。全数手書きにしている。自宅にはレーザビームプリンターがあるが、使えるか不明。WIN-MEデスクトップパソコンの頃使っていたが、それ以後はコンビニプリントしか使っていない。ともかく、オレ様の手作り年賀状を貰えば、こちらの近況は想像できるだろう。プリンターメーカーも最近は元気が無くなったようだが、インクで稼ぐようなビジネスモデルが気にくわないのもプリンターを使わない一因だ。プリンターの技術が高度になればなるほどそこから吐き出される出力への感動は減少する。同じパラドックスはテレビのハイビジョンにもあった。綺麗が当たり前のように感じるが、自然物が持つ生身の質感は技術では超えられない。テレビやプリンターより自分の目と自分の個性を信じるのが最高だろう。ネット上で昔の友人・知人を探すが大抵消息不明だ。訃報を見つけるとかなりのショックを受ける。昔訪問したフリーのBLOGが更新されず広告が入っているのを見ると世の中の無情を感じる。まさに、デジタル空間の遺跡のようだ。

Iob_20221226_i_am_very_sorry__10__
原ファイル名=「IOB_20221226_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ10_日銀黒田_逃げるが勝ち.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:今日は暦の空白日。20221226。

今日は何の日と探せば色々出てくるだろう。だが空白日もそれなりに有り難い。そんな時、適当に過去に遡って、昔を回顧しよう。そもそも論だが、何万発を打ち上げる花火や何万球のLEDを点灯させるイルミネーションをまともな精神で考えるとかなり特異な社会現象だと感じる。裏側から見ればギャンブルと何等かわる所が無い。納税者に感覚的な刺激を与えて批判精神を麻痺させ・骨抜きにするイベントだ。行政・支配者がギャンブルやイベントをする必要は全く無い。だが、ローマ時代から政治に遊興がつきまとった。日本でも、古来怪しいお祭りがあちこちで行われてきたのだろう。

「ハト(鳩)よ 鳴いておくれ:日々農天気:観賞用桑の木(雲竜桑)を切る!;満月を 見ずにイルミに 金払う。1512。(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2015/12/qq-131f-2.html)。(2015年12月26日 (土))」で、「夕方寒くなり宅内に退去。花火の音が聞こえた。イルミの方角だ。寒いが畑に出て満月を見る。デジカメ撮影をして直ぐ戻った。デジカメの機能ダイヤルの文字が読める明るさだった。改めて満月の明るさを知る。最近は各所でイルミネーションが盛んに行われるようになった。人工の光だ。月光は間接的に見る自然光・太陽光だ。見ようとすれば微かな月光でも物が見えてくる。入る月の跡は机の四隅哉(芭蕉)。電灯がなければ、家の中に射し込む月光も句になったのだろう。」と書いた。

感覚を研ぎ澄ませれば、見え無い物が見えて来る。嘘や捏造は自ずから浮き上がる。ドサクサに紛れたように怪しい金を動かせなくなる。嗚呼、オレ様も満月の灯りで畑仕事をした事がある。健康だから出来た芸当だった。

伊勢崎市の冬のイルミネーションの場所が、波志江沼環境ふれあい公園から伊勢崎駅前広場に移った。なぜか、その理由を知らない。イベントやギャンブルを仕切るのは誰なのか。仕切り屋の首が変わったのか。嗚呼、夜空にピカピカ輝いているのはLEDだろうが、その裏では利権の花が咲いているのだろうと妄想されてくる。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 124.7 7 358 124.7 5.2 10.2 2.3 7.9 6.9 8.2 0
時刻等℃ 13 2 14 74.55 mm
伊勢崎 2022年12月25日(1時間ごとの値) 1年の 98% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月25日 (日)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:クリスマス雑感。;銀シャリだ 外はしんしん 雪景色。20221225。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月25日(日)
昨日は午前一時雪であったが午後から晴れて寒い日であった。ざっそう句;銀シャリだ 外はしんしん 雪景色。電気釜の飯を茶碗に盛るとき、外を見て、あっ雪かとひとこと出てきた。かみさんはその感動を自分から発見するよう無言で様子を見ていたようだ。一面、白銀の世界になったが、雪が止んだのでデジカメを持って新聞を取りに行った。新聞は包装されておらず裸であった。降雪は想定外だったようだ。デジカメのシャッターを押したが電池切れ。午後、かみさん等は友人宅に集合してイベントらしい。オレ様は年賀状の作成を始めた。図柄画像を切り離して年賀状に貼り付ける単調作業。惚け防止の終業のようだ。切って貼るだけだが、同じ出来の物は一つも無い。まさに、手仕事の世界。悩ましいのが文面だ。気分で突破しよう。YouTubeはBGMで使った。先日、用事外出で道路走行中にかなり多くの消防車両等に遭遇した。どうも火事があったらしいと分かった。

Iob_20221225_i_am_very_sorry__9_zel
原ファイル名=「IOB_20221225_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ9_ZELENSKY_X'MAS休戦はあり得ない.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

上毛新聞は、「物置2棟を全焼 群馬・伊勢崎市。;url=https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/220867。(2022/12/23 17:35)」というタイトルで、「23日午前11時35分ごろ、群馬県伊勢崎市三和町の農業の男性(74)方から出火していると119番通報があった。県警伊勢崎署の発表によると、敷地内の木造2階建てと鉄筋平屋建ての物置2棟を全焼したほか、隣接する住宅2棟の窓ガラスなどを損壊した。けが人はいなかった。 同署が出火原因を調べている。」と報じた。

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:クリスマス雑感。20221225。

クリスマスという宗教行事の性格は、世界的に大きく変わってきているよに感じる。今年のビッグニュースのトップは安倍晋三元首相銃撃暗殺事件だったと思うが、その背景には世界平和統一家庭連合=FFWPU(旧統一教会)があった。日本人に信仰生活があるのかも疑問だ。所詮、信仰も生きて行くための手段に過ぎない。日本人が受け入れてきた信仰は極論すると異端になるが、仏教も儒教も神道も異端だった。従って、原始日本人の信仰が一番原始的な信仰状況を示しているはずだが、それは最早捉えがたい空気のような物になっているのだろう。そもそも論だが、宗教という近代的概念で信仰を分類する等々の考え方自体がおかしい。そもそも論だが、憲法すらおかしさ満点だ。人類は、憲法や宗教が実態を持って機能する前から、集団生活を可能にする何物かXを考案していたのだ。

「クリスマスプレゼント(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2009/12/post-812f.html)。(2009年12月24日 (木))」で、「極幼少時にクリスマスプレゼントをもらった記憶は無いが、薄々サンタクロースの正体に気が付き始める頃、枕元に靴下を置いて寝たような記憶は残っている。何をもらったかは全く覚えていない。~。自分の子供達に与えたクリスマスプレゼントも残念ながらはっきり覚えていない。しかし、後から振り返って人並みにもらった覚えがあればそれで十分なのかも知れない。」と書いた。

ふり返ると、幼少の時父から、プラスティックのグローブとバットを買って貰った記憶がある。これがクリスマスプレゼントだったかもしれない。子どもが干し芋のを買って貰えるチャンスは余り無かった。農閑期の冬ならそのチャンスだったろう。

「父が買ってくれた野球道具(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2008/11/post-7f6c.html)。(2008年11月19日 (水))」で、「その皮のグローブに丁寧にワックスを塗っている姿をみると自分も無性に皮のグローブを欲しくなった。そうして、父に野球道具を買ってくれと直訴した。なんと、父が買ってきてくれたのはプラスティックのバットとビニールのグローブであった。幼いながらこれには愕然とした。しかし、そろそろ分別が付き始めてきた頃なので父の気持ちも理解できないわけではない。」と書いた。

息子達に与えたおもちゃに、ゾイドとかいう恐竜のプラモデルがあったと思う。子どものおもちゃ熱は一種の熱病のようで、その盛んな時期を過ぎると忘れてしまうようだ。その熱病で形成された抗体が成人としても役立つのだろう。

WEB情報によると、ゾイドとはタカラトミー(旧トミー)が発売した、「1983~1990年 第一期シリーズ;1982年に海外で発売され、好評となった『ZOIDS』。日本では『メカボニカ』としてタイトルを変えて展開するも人気が振るわず、のちに『メカ生体ゾイド』と名を改め、再出発を果たす。架空の惑星ゾイドを舞台に、共和国と帝国の戦いを描くという壮大なストーリー、ゼンマイやモーター駆動による多彩がギミックなどが当時の子どもたちの心を掴み、大ヒットを果たした。」との事だ。

講談社歳時記でクリスマスを詠んだ一句を探した。言語明瞭・意味難解な句だと思った。

水のんで 心の隅の クリスマス   加藤知世子 

WEB情報(http://www.yasumasa.jp/2006/12/25/20061225.html)によると、「わたしには、それらの社会現象に対して、水を飲んで誰もが心の片隅で、落ち着いて救い主イエス・キリストの降誕を祝いましょう、と問いかけているように見えます。この句は、1971年の作品で第4句集「夢たがへ」に所収されています。句の前書きには、「長姉急逝。十日町にて」とあります。」との事だ。この解説でも今一作者の気持ちが解けない。長姉の急逝を受けて詠んでいるので、喪中なのだろう。クリスマスを祝う気持ちは持ちつつ、それを水を飲んで抑制してるのだろう。

ゼレンスキー大統領、バイデン大統領、プーチン大統領、誰もクリスマス休戦をしようと言い出さなかった。  
*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 87.7 8 357 87.7 3.7 7.8 0.8 7 6.9 6.2 1.5
時刻等℃ 14 8 2 56.36 mm
伊勢崎 2022年12月24日(1時間ごとの値) 1年の 98% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月24日 (土)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:ローカル・ジャーナリズムよ今こそ奮起せよ。;暇人が 寒風のまち 駆け巡る。20221224。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月24日(土)
昨日は快晴であったが寒風が吹きすさむ寒い日であった。ざっそう句;暇人が 寒風のまち 駆け巡る。早めに未消化のノルマを片付けようと用事外出する。最初は配り物、給油、~。最後に支払いで、書き出した用事は無事済んだ。コンビニで昼飯を探したが見送った。新聞スタンドを見ると、上毛新聞トップ記事はコロナ感染者数急増、朝日、毎日、読売等の中央紙は原発政策反転で、群馬県のグンマーらしさを痛感した。群馬県は日本の北極。群馬県は日本じゃ無い。そう思うと無性に国定忠治が輝いて見える。スーパーに入って、昼飯用におむすび一個を買った。タマゴが安かったのでついでに買った。コンビニでは、サンタ衣装で盛り上がっている店もあったが、普通の風景の店もあった。サンタで年末商戦を押し切る様子も見えない。今年の年末商戦はかなり冷え込んでいるのだろうと妄想されてくる。帰宅して、かみさんと麦茶。茶菓子は羊羹少々。夕食は鍋焼きうどん。

Iob_20221224_i_am_very_sorry__8_zel
原ファイル名=「IOB_20221224_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ8_ZELENSKY.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:ローカル・ジャーナリズムよ今こそ奮起せよ。20221224。

人面ロボットのような血も涙も無い政治家が次に何をやらかすか気になっていたが、ついに真っ赤な本心が現れたようだ。原発政策を逆回転させようという、まったくテロリストとどこが違うのかと誰もが思う。一国の内閣総理大臣が人面ロボットを演じる事は、憲法の精神から言ってあってはならないことだ。既に日本は怪しい病に冒されているのではないか。

脱原発・脱原爆こそ日本の国是である。広島県民を名乗る首相が立原発路線に転じたらもはや国民の信任は得られないだろう。東日本大震災・東北三大災害のとき、群馬県は福島県に隣接しているのを知った。群馬県には、県境も国境も存在しない極北の土地に過ぎないと思っていた。

桐生タイムスは、「。;url=。()」というタイトルで、「」と報じた。引用書式を作った。サイト内を検索すると桐生タイムスを引用した例は無さそうだ。CEEK.JPで検索した記事の中に桐生タイムスの記事があったが読んでいなかったようだ。桐生タイムスの記事はアーカイブが残されており、WEBローカル紙として貴重だ。

桐生タイムスは、「基本方針の転換に思う 。;url=https://kiryutimes.co.jp/column/editorial/34502/。(コラム2022年12月23日)」というタイトルで、「野に囲まれて暮らす人にとって、野生動物や山菜、キノコなどの自然の恵みは、祖先から受け継がれる食の文化である(ここまでフォント色が黒)。(これからフォント色が灰)~。ひとたび事故が起きれば住民は故郷を追われ、その処理には膨大な時間と労力と資金が必要となる。「核のごみ」の処分方法もいまだ解決をみていない。  危機をあおり政策転換を図るやり口は、昨今の為政者の常套手段。世界的にみてもまれな、深刻な原発事故を経験した当事国として、原発容認の潮流に対する一家言があってもいいはずだが、為政者の言葉は軽薄だ。」と報じた。

コラムとは囲み記事で、狭い社会では誰が書いているか直ぐにバレてしまうのだろう。だがローカル・ジャーナリズムを担っていると信じていれば書くべきと信じた事は書かざるを得ないのだろう。これはジャーナリストの宿命と言えるのだろう。「基本方針の転換に思う」というタイトルもピンぼけでなんのことかサッパリ分からない。フォント色の使い方も目立たないような逆効果をねらっているように感じる。グンマーという辺境で生き抜くにはカメレオン的生態を身につける必要がありそうだ。

まさに、グンマーという地方は古来野蛮な辺境だったが、地域の掟に従えば住みやすいところなのだろう。立原発の次は当然、原爆製造だ。人面ロボット政治家ならその程度のドッキリ発言はお茶の子さいさいではないか。でも、それを言っちゃお終いよと寅さんが教えてくれるのだろう。今の日本人は狂気の中に正気を読む訓練が必要だ。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 95.7 9 356 95.7 4.0 6.5 1.9 4.6 8.5 9.2 0
時刻等℃ 14 21 13 83.64 mm
勢崎 2022年12月23日(1時間ごとの値) 1年の 98% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月23日 (金)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:NTT東西のADSLの終焉が近付いている。;大根を 鍋に泳がせ 鯖掬う。20221223。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月23日(金)
昨日は小雨時々曇り昼過ぎ一時晴れ晴れ。ざっそう句;大根を 鍋に泳がせ 鯖掬う。昨日は小雨で日照時間が少なく寒い一日であった。冬至カボチャの代わりに大根汁がでた。歳時記には京都の寺で行われる大根焚きという行事があるようだ。ともかく毎日の生活が恙なく過ごせれば最高の幸せと言えるだろう。YouTubeで、「浪曲 広沢虎造「国定忠治・赤城落ち」 」を視聴した。大した娯楽が無かった時代の浪曲どれほど庶民に訴えたかとおもう。浪曲のテンポに入り込むと昔の情景が思い出されてくる。ウクライナのゼレンスキー大統領が米国を訪問したというニュースが流れた。ウ・ロ戦争が始まって以来、ゼレンスキー大統領は外国に出ていないようだった。多分、テロリストに狙われる心配があったのだろう。そのリスクを冒してなぜ今訪米なのか。ゼレンスキー大統領もバイデン大統領も国民の厭戦気分を感知して、自分の地位保全にテコ入れをしたのでは無いか。ゼレンスキー大統領は武器乞食のようでまともな事は何も出来ていない。このまま突進すれば米国のピエロで終わるのでは無いか。さすがに芸人として演技は上手いが、ウクライナ国民が望んでいるのは演技のような虚妄ではないだろう。バイデン大統領然りである。来年の米国政界はネジレで混乱が予想される。さぁ、世界は今後どうなるか。

Iob_20221223_i_am_very_sorry__7_zel
原ファイル名=「IOB_20221223_I AM VERY SORRY_アイアム_ソーリ7_ZELENSKY.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

テレビ朝日は、「ゼレンスキー氏 異例の電撃訪米 “極秘作戦”の舞台裏。;url=https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000280871.html。([2022/12/22 19:58])」というタイトルで、「アメリカ議会での演説で拍手喝采を浴びたゼレンスキー大統領。異例の電撃訪問が実現した裏には、トップシークレットの作戦がありました。
  議場はいつにも増してにぎわいをみせていました。与党・民主党のシューマー上院院内総務が笑顔を見せれば、野党・共和党のマコネル上院院内総務も笑顔です。青と黄色でコーディネートをした議員もいれば、やはり青と黄色のネクタイをしめた議員もいます。そう、ウクライナの国旗の色です。   万雷の拍手で、アメリカ議会の議場に迎え入れられたのはウクライナのゼレンスキー大統領。演台に着いてからも、拍手が鳴りやまず、長く話し出すことができませんでした。   ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「ありがとう。私にはもったいない。アメリカの議会に来て、皆様やアメリカの人たちに話ができるのは非常な名誉です。事前の予想や悲観的な見方に反して、ウクライナは滅びなかった。ウクライナは生きていて、抵抗している」   アメリカ議会での演説に臨んだゼレンスキー大統領。3年前の訪米時は、もちろんスーツでしたが、今回は戦争が始まってから着用している軍服調の服で通しました。」と報じた。


*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:NTT東西のADSLの終焉が近付いている。20221223。

NTTは以下のような通告を出している。既に、ADSLユーザの多くが光インターネットへ移行しているようだ。

(1)2023年1月31日(火)をもって「フレッツ光」の提供エリアにおいて、「フレッツ・ADSL」のサービス提供を終了いたします。

(2)2016年6月30日(木)をもって「フレッツ光」の提供エリアにおいて、「フレッツ・ADSL」の新規申し込み受付を終了いたしました。

以上の通告から、NTTはADSLを捨てて、光インターネットへ誘導しようという魂胆が見える。米国のインターネット接続環境を見ると、米国の通信信頼性は低くて且つ高価のようだ。日本でも従来の銅線ネットワークはまだ存在しているのでは無いか。全国に張り巡らした銅線の重量だけでも膨大になるだろう。NTTはその銅線資源の活用法を検討しているのか。固定電話契約を光電話契約に移行させてサービス料を稼ごうとするだけなのか。

NTTが民営化されてきたが、NTTのハード・ソフト資産は国民が出資して形成されてきたのだ。2011年にアナログTVが地デジ化されて、テレビ視聴環境が一変した。その時、地デジ難民が発生すると対策が叫ばれた。貧困世帯には地デジチューナが無償提供されたと思う。

NTTは固定電話を廃止して光電話へ切り替えようと画策しているが、山間僻地では固定電話やADSLを存続させるようだ。電話システムが国民の生活インフラである事は当然であるが、安直な基準で切り捨てるようだと民営化が泣くだろう。光電話に移行させるとき、料金もサービス内容もADSL並みのタイプを設ければ、ADSL難民の発生を防止出来たと思われる。

固定電話から光電話に移行しようと色々検討したがADSLが最安値であった。NTTがADSL難民対策をしているという情報は聞いた事が無い。来年、一月末に実施されるADSL終焉で、ネットから切り離されるユーザがかなりいるように感じる。

*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 168.4 10 355 168.4 7.0 11.8 4.5 7.3 8 1.6 11
時刻等℃ 15 7 19 14.55 mm
伊勢崎 2022年12月22日(1時間ごとの値) 1年の 97% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

2022年12月22日 (木)

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:残照雑記;国定忠治のことなど。;お漏らしが セーフとなった まち歩き。20221222。

2022(皇紀2682年明治155年大正111年昭和97年平成34年令和4年)年12月22日(木)
昨日は晴れ。ざっそう句;お漏らしが セーフとなった まち歩き。昨日は予定の用事外出だったが、寒波到来で夜間にトイレに立つ場面が増えた。我慢できるギリギリまで床の中で過ごす。恥ずかしながら手順が狂い大洪水を起こしてしまった。そこで外出に備え使い捨てカイロを装着して出かけた。最初の用事は無事済んだ。次に昼飯だが馴染みの店に行く事になった。何とか無事やりすごせた。次がタウンウォッチング・まち歩き。心配だったが、こちらも予定通り進んだ。配り物をして帰宅。カイロで体を温めた効果なのか無事に予定を達成できた。昨日は国定忠治の命日であった。昼飯時の雑談で、忠治ゆかりの焼き饅頭の忠治本舗では、この日に特売をするという話題もあった。以前、国定忠治愛好家に案内されてその店に行った事がある。その店は忠治の盟友の西野目宇右衛門宅を解体した時の資材が使われている様だった。その店は、先日華蔵寺公園で行われていたイベントに出店しており、キッチンカーで焼き饅頭を販売していたのでお土産に買った。世の中が混沌としてきた現在、国定忠治に世直しをして貰いたくなるが、もはや国定忠治を知る人も激減しているのだろう。本日、22日は冬至である。少しだが季節は進んでいる。

*************************

老人の寝言:老人の妄想:身辺雑記:残照雑記;国定忠治のことなど。20221222。

https://ja.wikipedia.org/wiki/国定忠治:「国定 忠治(くにさだ ちゅうじ、忠次とも、文化7年(1810年) - 嘉永3年12月21日(1851年1月22日))は、江戸時代後期の侠客である。「国定」は生地である上野国(上州)佐位郡国定村に由来し、本名:長岡忠次郎。 」今年は国定忠治生誕212年になる。当BLOGで最初の国定忠治の記事は下記であった。14年前であった。                                                            
「国定忠治生誕200年(http://af06.kazelog.jp/itoshikimono/2008/10/post-a263.html)。(2008年10月18日 (土))」で、「2010年に国定忠治生誕200年を迎えるらしい。長寿な人なら百才も珍しくなくなった現代から見ると200年前は一昔前に近い。それなのに、国定忠治や国定忠治が活躍した時代は余りにも遠くなってしまったような感じがする。国定忠治生誕200年という節目を迎えて国定忠治の実像にどこまで迫れるのか、どのような歴史的教訓が引き出せるのか、単なる一過的な回帰現象で終わるのか気になるところである。」と書いた。

上毛新聞は、「2014/10/06【三山春秋】「劇盗」とは、のちに極悪人としてはりつけにされる侠客(きょうかく)、国定忠治…。;url=https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/5485。(2014/10/6 06:00)」というタイトルで、「 ~。▼元群馬大教授の高橋敏さんが、『赤城録』を基に、一次資料を集めまとめた『国定忠治』(2000年、岩波新書)を読んだとき実感したのは、数多くの映画、演劇や講談などで取り上げられながらも、その実像はまだまだ語り尽くされていないのではないか、ということだった   ▼忠治の存在感を伝えてくれる小説に久しぶりに出会った。『赤城山残照 国定忠治一代記』(上毛新聞社)。著者の山口隆さんは東吾妻町生まれ。長く経済人として活躍し、傘寿を迎えた   ▼登場するのは〈作者の脳裏胸中に生きた忠治及び周辺の者たち〉。絹の国・群馬に生まれ育った 山口さんの、養蚕への深い愛着と人間観察の確かさが、新しい忠治像を生み出した。」と報じた。

国定忠治の実像を探る試みは色々されてきたようだ。「国定忠次の再研究  橋田友治 、伊勢崎郷土文化協会 、昭和61年 」があるようだ。

朝日新聞デジタルは、「よみがえる国定忠治の心 故郷・伊勢崎で再評価の動き。;url=https://www.asahi.com/articles/ASQDG71YWQD9UHNB001.html。(編集委員・小泉信一2022年12月15日 10時45分)」というタイトルで、「【群馬】都会的なスマートさとは正反対の生きざまが大衆の心をとらえるのか。江戸後期の博徒・国定忠治である。体制側からすれば徹底したアウトロー。だが演歌に芝居にと、芸能の世界では喝采を浴びてきた。1850年12月21日、磔(はりつけ)の刑に処せられてから172年。再評価の動きは生まれ故郷の伊勢崎市からも起きつつある。「飢饉(ききん)に苦しむ人たちのため、ため池を掘り、米や銭を配った。単なるやくざ者ではありません」   同市内にある焼きまんじゅう「忠治茶屋本舗」の桜場裕太社長(35)は語る。   忠治の熱烈なファンだった祖父が1970年に創業した。忠治の潜伏先だったと伝わる名主の家が解体されることになり、不要になった資材を譲り受けて、店を建てたという。命日の21日には1本135円の焼きまんじゅうを、5本で400円へと大幅割引する。」と報じた。

現代はVRとか想像を具象化する技術が盛んになった。庶民は、自分達の貧弱な妄想力では、文明に勝てず、押し流されてしまう。焼き饅頭を食いながら国定忠治の浪曲でも見るか。

************************

 
 

************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN
DATA 102.2 11 354 102.2 4.3 9.9 -1 10.9 2.6 4.5 0
時刻等℃ 14 5 2 40.91 mm
勢崎 2022年12月21日(1時間ごとの値) 1年の 97% 経過       AMEDASへのリンク  
ダブルカウントに注意(2022年1月2日ファイル作成);黄緑はそのデータ発生時刻(MATCH関数20220116)
熱中症反対!


************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

今日は何の日~毎日が記念日~:このサイトへのリンク

00001_アクセスランキング記録2022-PART2

00001_アクセスランキング記録2022-PART1

00001_アクセスランキング記録2021-PART2

00001_アクセスランキング記録2021-PART1

00001_アクセスランキング記録2020-PART3

00001_アクセスランキング記録2019-PART2

00001_アクセスランキング記録2019-PART1

00001_アクセスランキング記録2018-PART2

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2023  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国の博物館・美術館 外国語・国際関係(リンク)

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク

MEMO 海外の博物館・美術館

  • https://www.artic.edu/collection?place_ids=Japan&page=6
  • 項目のタイトル2
    POST IT :ブログ画面への張り紙に使える。
  • TYPE LIST事始め
    2010/8/4:MEMO等の表示に使える。 農作業で気になる自戒の言葉 ■畑の石ころはいつまで経ってもても石ころ(早く拾って片づけよという意味か)。 ■同じ石を二度拾うな(やってみると難しい)。 ■手ぶらで歩くな。 ■三つ先のことを読め。 ■適当な観察。 ■空を見よ(気分転換、休憩、天気を読む、腰曲がり防止)