« 身辺雑記・田舎老人徒然草:セルフスタンドでの失敗談;釣銭を 忘れて悔やむ セルフレジ。 | メイン | 日々農天気:家庭菜園シーズン到来(茹で落花生を蒔く);株マニア 奈落のスリル 明日もまた。 »

2015年4月24日 (金)

日々農天気:コンニャク芋を植える!;ドロンとは 忍者かいなと 聞く与太郎。

2015年4月24日(金)
昨日は晴れ。最高気温(℃) 26.6 14:22。最低気温(℃) 13.0 05:12。ざっそう句;ドロンとは 忍者かいなと 聞く与太郎。いよいよ農作業に最適な天気になった。花粉症もそろそろ忘れそうだ。百均とブランド品のコーンの種を蒔いた。雑草を退治して蒔き場所を確保するのが大仕事だ。もう一袋あるが収穫時期をずらすため遅まきにしよう。気候が良いと遅蒔きでも、早蒔きに追いついてしまう時がある。野菜も後生畏るべしだ。ミカンの接ぎ木がどうなるか観察しているが、ようやく小さな芽が伸び出した穂木もある。これは、居接ぎの株だった。揚げ接ぎはどうか。移植したミカン樹は枯れそうだ。移植前に小枝を切り落としておけば良かったのかも知れない。ミカン区画の雑菜の株を引き抜いた。こちらのミカン樹も発芽を始めている。

ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン(WSJ)は、「ヒラリー氏にのしかかる「TPP破棄」の重圧。;http://jp.wsj.com/articles/SB11702692451560034542404580597923572419754。(2015 年 4 月 23 日 17:16 JST))」というタイトルで、「ヒラリー・クリントン前米国務長官はオバマ政権が進める環太平洋経済連携協定(TPP)でジレンマに直面している。TPPを支持して民主党の支持者から怒りを買うか、反対してかつて仕えた大統領に反旗を翻すか――。」と報じた。

この記事によると、アメリカでもTPPに対して、賛否両論があるようで、一枚岩でないことが分かる。そもそも、オバマ」大統領が、TPPに後乗りしてきたのは、アメリカがそれを主導できない事の証明にすぎないのではないか。アメリカでもTPPは国益でも何でもなく、政権の隠れ蓑に過ぎないのではないか。それを強引に推し進めれば、政権の自滅の道が待っているだけではないか。

NHKは、「TPP 米の交渉権限の法案が上院委通過。;http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150423/k10010057991000.html。(4月23日 13時02分))」というタイトルで、「TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉加速につながるとされる、アメリカ政府に強力な交渉権限を与える法案の審議が、アメリカ議会で本格化し、22日、まず上院の委員会で法案が可決されました。 アメリカ政府に強力な交渉権限を与える法案はTPPの交渉加速に欠かせないとされ、22日、通商政策を扱う議会上院の財政委員会が法案の審議を行いました。 審議では、TPPに慎重な立場の与党・民主党議員から、輸出を増やすために意図的に通貨を安く誘導する市場介入を行った国を罰する措置を求めた修正案などが大量に提出されました。このため審議は夜遅くまで続き、最終的に法案は賛成20、反対6で可決されました。」と報じた。

この記事も上記WSJの記事と同様、TPPが一筋縄で進まないと予感させる。国境がある限り、TPPは貿易の理想論と何ら変わらないのではないか。だが、外交は損得という冷厳さが付きまとう。理想論に、酔ってしまうと~。今後の、交渉の成り行きに注目だ。

2015年4月23日の天気(AMEDAS)

TAVE= 19.3 NO DATA
TMAX= 26.2 最高気温(℃) 26.6 14:22 
TMIN= 13.2 最低気温(℃) 13.0 05:12 
DIFF= 13  
WMAX= 6.5 最大瞬間風速(m/s)(風向(16方位)) 11.6(北西)   08:49 
SUNS= 12.1 NO DATA
RAIN= 0  


Q
Q

日々農天気:コンニャク芋を植える!

先日、あるホムセンへ行ったら、コンニャク芋が並んでいたので、衝動買いしてしまった。手作りのコンニャクを貰ったので、我が家でもできないかと思った。昔は、我が家でも祖母が手作りでコンニャクを作っていた。

Iob_konnyakuuetuke 
調べて見ると、コンニャクはサトイモ科でサトイモに近いようだ。WIKIPEDIAによれば、「原産地はインドまたはインドシナ半島(ベトナム付近)とされ、東南アジア大陸部に広く分布している。」との事で、暖かい方が作りやすそうだ。

WIKIPEDIA「コンニャク。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%82%AF)」

収穫出来る大きさまで育つのに2~3年かかるとの事だ。雑草対策で、畑の隅に植えっぱなしにできれば最高だ。昔の栽培風景を思い出すとそんな使い方のよう思える。

コンニャクの産地はやや標高が高く、気温も冷涼なのか、冬期は掘り上げて保存しているようだが、越冬栽培の例もWEB情報としてあった。サトイモも寒さに弱く、越冬に工夫が要る。

買い求めたコンニャクの生子は、個数と全重量から、平均で50g程度のようだ。ジャガイモ程度の大きさだ。説明書を見ると、水はけが良く強風が当たらない所が良いようだ。昔は、畑の隅や、家の近くに植えられていたように記憶している。親芋が育つと小芋の生子ができるのもサトイモと同じらしい。

ともかく、芋類は、種芋が必要で、種子から育てるような生産方式が現実的で無いので、生産効率は余り良くないのだろう。葉菜類なら種子から栽培できるので効率が良い。営利栽培で利益を出すには、品種改良、規模拡大、コストダウン、品質・歩留まりの向上等々が必要で、それに成功したのが、コンニャク生産量全国一位の群馬県のようだ。群馬県としては、外国産の安いコンニャクの輸入に神経をとがらせている。以前、JAより組合員農家へ、外国産コンニャク輸入反対運動の支援としてカンパがまわって来た事があった。今では、そのJAも叩かれ、TPPが政権の隠れ蓑になりはてている。

「日本こんにゃく協会(http://www.konnyaku.or.jp/)」

最近の報道ではTPP交渉が佳境に入っているように報じられているが、群馬県特産のコンニャク栽培が減産に追い込まれる可能性も捨てきれない。WEB情報によると、コンニャクの主要生産国はミャンマー、ラオスとの事だ。ミャンマー、ラオスはTPP交渉参加国ではないが、日本の米の関税がアメリカによりこじ開けられると、コンニャクに及ばないとまでは言えなくなるだろう。某国首相の訪米のお土産に何を持ってゆくのか注目されるが、もはやそんな外交は、世界に通用するものではないだろう。

数年後に、目出度く植えたコンニャク芋が収穫出来た時、TPPはどのような結果になっているのだろうか。

ページ先頭へ飛ぶ

 

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク