« 2018年3月10日 | メイン | 2018年3月12日 »

2018年3月11日

2018年3月11日 (日)

BLOGいとしきもの  「東北の海よ」関係記事一覧;古里の 夢よ輝け 日本晴れ。180311。

2018年3月11日(日)
昨日は晴れ。ざっそう句;古里の 夢よ輝け 日本晴れ。午前、宅内閑居。雨後の晴天。畑がオレを呼んでいる。午後は畑に出た。仕事は山ほどあるが、体がついて行かない。慣らし運転の積もりで、目先の仕事を始めた。ニンニク二区画にやや濃い目の鶏糞液を散布後土寄せ。タマネギマルチ二列にはやや薄めの鶏糞ジュースを散布。サニーレタス特区は除草後鶏糞ジュースを散布。種ジャガイモ(ダンシャク)1KgX2袋を植え付け。15時過ぎ、少し寒くなり撤退。杉花粉の飛散は少なかったようだ。マスクは着用せず。本日、東北地方太平洋沖地震とそれに伴う東北三大災害発生から7年目を迎えた。復興、復興とかけ声だけは、依然続いているが、被災者はいつになったら安心できる生活が出来るのか。根が深いのは、東京電力福島原発事故の影響だ。福島県双葉町の住民意向調査(速報版:http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/secure/8641/H29_juminikouchousa_sokuhou.pdf)(このサイトへのリンク)を見ると、古里への帰還の夢が遠ざかっている現実が窺われる。

東北三大災害発生時に、気仙沼在住の甥の消息が確認出来なかった。甥の知人を介してようやく無事であると知りほっとした事を思い出した。当時、気仙沼では大きな火災も続いていたと思う。そこで、当時の記憶を思い出させてくれるアーカイブで検索してみた。甥も、危機一髪で津波にさらわれずに生き残ったのだ。

Googleでキーワード「東日本大震災 アーカイブ」を検索(https://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&num=20&q=%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96)。(このKWで検索)

3がつ11にちをわすれないためにセンター」(わすれン!)サイトの「2011年3月23日宮城県気仙沼市」(http://recorder311.smt.jp/blog/24415)(このサイトへのリンク)へのリンク

Iob_2018_kesennuma_nisiminato_town_
原ファイル名=「IOB_2018_KESENNUMA_NISIMINATO_TOWN_2011年3月24日 宮城県気仙沼市西みなと町=26b444a67912ec16f9dc22120137c2a9.jpg」
IOB=IMAGES ON Beloved Ones

上記写真には、「2011年3月24日 宮城県気仙沼市西みなと町:鹿折唐桑駅付近から撮影。13日経過しても道路がなく、撮影場所の周りは一面瓦礫。船は、造船場では無く海から1キロメートル流された船。」と説明がある。

東日本大震災の概要を知るには、警察庁「平成23年 回顧と展望 東日本大震災と警察」(https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten281/pdf/ALL.pdf)(このサイトへのリンク)が参考になる。

*************************

BLOGいとしきもの  「東北の海よ」関係記事一覧

タイトル BLOGいとしきもの  「東北の海よ」関係記事一覧    
サブタイトル 何としても、東北三大災害を語り継ぎたい    
       
目的 東北地方太平洋沖地震に起因して、地震、津波、東京電力福島原発事故という、三つの大災害が、日本中を地獄の底に突き落とした。特に、福島原発事故は、科学技術に過度に依存することの危険性を余す事無く示した。東北三大災害は日本の深層に存在する問題を暴き出したのである。そのような、大災害から、復興するための象徴として、「東北の海よ」というタイトルで、記事を書いてきた。発災以来7年目となる、本日、当BLOGで書いた記事をまとめ、各記事にリンクを設定し、再度自分が辿ってきた体験・印象等をまとめる。    
       
キーワード 東北の海よ、心象の足跡、がんばれ! ふくしま、環境雑録    
       
手法1 WEB-EDITORで「東北の海よ」をタイトル検索して関連記事を抽出。リンクを再設定。    
       
手法2 LibreOffice-Calcで記事全体をまとめて、BLOG編集画面にコピペ    
       
  検索結果(リンク変更設定済み)
  「東北の海よ」で検索した結果、以下の記事/ウェブページが見つかりました。
  タイトル 投稿日 タイプ
NO1 果樹を楽しむ:東北の海よ:心象の足跡:父の記憶と佐藤幸徳中将;菜園の 夢にうなされ 種を買う。180223。 2018-02-23 記事
NO2 東北の海よ:3.11Google関連キーワード調査;福寿草 枯れ草分けて 花二つ。170211。 2017-02-11 記事
NO3 東北の海よ:身辺雑記:田舎老人徒然草:老人の寝言:もう春だ!東北地方にはいつ春が来る?;放射能 消えぬ野原で 雲雀鳴く。1603。 2016-03-12 記事
NO4 老人の寝言:東北の海よ:東電の人を食った弁解はいつまで続くのか;大クシャミ 風邪か花粉か 分からずも。1603。 2016-03-03 記事
NO5 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:東北三大災害から四年半;災害は 弱みを突いて きっと来る。1509。 2015-09-11 記事
NO6 環境雑録:東北の海よ:東京電力 冬期及び夏期の最大電力推移(1951~2014)を調べてみた!;後方が 差し出す紙の 支援かな。1508。 2015-08-05 記事
NO7 東北の海よ:大熊町住民の思い;葉裏の蚊 わっと飛び出す 雨上がり。1507。 2015-07-04 記事
NO8 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:Googleキーワード動向2015年05月;ばったりと 会って話せば ドンピシャリ。 2015-05-12 記事
NO9 技術 回顧と展望:東北の海よ:廃炉の先兵・ヘビ型ロボットが立ち往生;厚着すりゃ 何故か治まる 花粉症。 2015-04-14 記事
NO10 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:福島原発の「放射能」と「被害」を忘れるな 2014-09-12 記事
NO11 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:もうじきあれから三年半 2014-09-08 記事
NO12 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:老人の寝言:あれから三年半あれはその後どうなったのか? 2014-08-23 記事
NO13 東北の海よ:久しぶりの東北訪問 2014-06-11 記事
NO14 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:華蔵寺祭り 『三遊亭兼好』復興支援寄席 2014-05-11 記事
NO15 東北の海よ:老人の寝言:老人の妄想:東京電力の止まらざる放射能汚染水の垂れ流しは悪徳犯罪ではないか? 2014-04-15 記事
NO16 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:届け3.11の黙祷!東日本大震災犠牲者へ 2014-03-14 記事
NO17 東北の海よ:老人の寝言:まもなく東日本大震災より3年目:古里に帰れない避難者は何を思う? 2014-02-28 記事
NO18 田舎老人徒然草:東北の海よ:おじいさんの時計 2014-02-04 記事
NO19 東北の海よ:これからどうなる福島原発事故の放射能汚染の行方:Google検索 キーワード別ヒット件数の推移 2014-01-17 記事
NO20 老人の寝言:東北の海よ:福島原発事故放射能汚染水の貯水量と鳴沢湖の貯水量の比較は? 2013-12-24 記事
NO21 東北の海よ;老人の寝言:福島原発事故の放射能汚染水は薄めて流せば良いのか? 2013-12-09 記事
NO22 東北の海よ:ツルよ 飛んでおくれ:タコよ上がっておくれ(築地銀だこ1号店) 2013-11-04 記事
NO23 東北の海よ;老人の寝言:ああ当局の思惑の末はどうなるか・・・「東京電力福島第一原発の汚染水流出の真相」はどうなっているのか? 2013-10-21 記事
NO24 ハトよ 鳴いておくれ;東北の海よ:伊勢崎市特別救助隊レスキュー車 2013-09-16 記事
NO25 東北の海よ;老人の寝言:先が見えない 東京電力福島第一原子力発電所からの放射能汚染水の海洋流出 2013-09-11 記事
NO26 老人の寝言;東北の海よ:誰か故郷を想わざる  国際的破廉恥行為・放射能汚染水の海洋投棄を容認するのは誰だ 2013-07-29 記事
NO27 老人の寝言;東北の海よ:東北の海を放射性物質で汚染させるナ! 2013-07-15 記事
NO28 残照雑記(東北の海よ):清水寺にあった北天の雄アテルイ・モレの碑 2013-06-20 記事
NO29 東北の海よ:福島県双葉町の町長選挙の結果 2013-03-11 記事
NO30 東北の海よ(老人の寝言)=東京電力福島第一原子力発電所の高レベル放射性汚染水は今どうなっているか 2013-03-06 記事
NO31 東北の海よ:東北地方太平洋沖地震から二年目を振り返る 2013-03-04 記事
NO32 東北の海よ:釜石湾にあった巨大構造物はクレーンだったのか 2013-03-01 記事
NO33 東北の海よ:二年前の気仙沼の震災被害を振り返る 2013-02-26 記事
NO34 0001_東北の海よ(目次);<img src="http://af06.kazelog.jp/T_PHOTO_TOUHOKUNOUMIYO.jpg"> 2013-01-15 ウェブページ
NO35 東北の海よ:浄土ヶ浜のウミネコは元気か 2012-12-02 記事
NO36 老人の寝言(東北の海よ):海の放射能汚染をくり返す東京電力の失態はいつまで続くか 2012-04-06 記事
NO37 東北の海よ:ニューヨークタイムズが伝えた3.11東北三大災害 2012-03-13 記事
NO38 ばんぶつるてんの詩:東北の海よ 2012-03-10 記事
NO39 東北の海よ:道中で出合った芭蕉句碑、句碑が叫ぶ先人達のメッセージ 2012-03-07 記事
NO40 東北の海よ:仙台仕込みの高崎の牛タン店でリッチな一時 2012-03-03 記事
NO41 雑木の歌 東北の海よ:大震災から11ヶ月 2012-02-11 記事
NO42 東北の海よ:3・11東北地方同時発生三大災害より10ヶ月 2012-01-11 記事
NO43 東北の海よ:東北地方太平洋沖地震発生から9ヶ月:厳しい冬がやってくる 2011-12-08 記事
NO44 東北の海よ:ダライ・ラマさんありがとう 2011-11-08 記事
NO45 東北の海よ:東北の女性歌人 2011-09-05 記事
NO46 東北の海よ:浄土ヶ浜 2011-06-29 記事
NO47 東北の海よ:ソニー多賀城出張の思い出 2011-04-09 記事
NO48 東北の海よ:大量の放射能汚染水を公海へ投棄するに大義はありや 2011-04-06 記事
NO49 東北の海よ:海に漏れた放射能は拡散するので問題ないと言ったのは誰だ 2011-04-05 記事
NO50 東北の海よ:哲学者・梅原猛さんの思い 2011-04-04 記事
       
関連記事 WEB-EDITORで「がんばれ! ふくしま」をタイトル検索して関連記事を抽出。リンクを設定は省略した。投稿日付からアクセス出来るはず。     
  検索結果    
  「がんばれ! ふくしま」で検索した結果、以下の記事/ウェブページが見つかりました。    
  タイトル 投稿日 タイプ
NO1 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:東北三大災害から四年半;災害は 弱みを突いて きっと来る。1509。 2015-09-11 記事
NO2 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:Googleキーワード動向2015年05月;ばったりと 会って話せば ドンピシャリ。 2015-05-12 記事
NO3 がんばれ! ふくしま:老人の寝言:福島原発事故で飛散した放射能物質は福島色をしているのか?;ロウバイの 姿見せれば 語り出す。 2015-02-13 記事
NO4 がんばれ! ふくしま:老人の寝言:クリスマスに巨大プレゼント:放射能汚染水を薄めて海洋投棄せよとは!イヤな世も 娑婆の未練は 断ち切れず。 2014-12-29 記事
NO5 がんばれ! ふくしま:田舎老人徒然草:12月に蚊を撮った! 2014-12-17 記事
NO6 がんばれ! ふくしま:福島県知事選挙から見える未来 2014-10-31 記事
NO7 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:福島原発の「放射能」と「被害」を忘れるな 2014-09-12 記事
NO8 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:もうじきあれから三年半 2014-09-08 記事
NO9 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:老人の寝言:あれから三年半あれはその後どうなったのか? 2014-08-23 記事
NO10 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:華蔵寺祭り 『三遊亭兼好』復興支援寄席 2014-05-11 記事
NO11 東北の海よ:がんばれ! ふくしま:届け3.11の黙祷!東日本大震災犠牲者へ 2014-03-14 記事
NO12 がんばれ! ふくしま:田舎老人徒然草:伊豆で会津の観光バスに会った 2014-03-02 記事
NO13 がんばれ! ふくしま:福島県双葉町の未来を選ぶのは町民以外にいない 2013-01-26 記事
NO14 0002_がんばれ! ふくしま(目次) 2013-01-15 ウェブページ
NO15 がんばれ! ふくしま:福島県双葉町の未来は日本の未来を照らす 2012-12-28 記事
NO16 がんばれ! ふくしま!:30年後の予測は外れても、朝陽はまた上る 2012-09-12 記事
NO17 がんばれ! ふくしま:東日本大震災孤児の支援を行った未来のエネルギーを考える会 2011-10-24 記事
NO18 がんばれ! ふくしま:福島天香園の果樹カタログ(改題):復興の象徴;カチューシャの歌とリンゴの歌。111012。 2011-10-12 記事
NO19 がんばれ! ふくしま:東北関東大震災5ヶ月。精神と身体の健康が復興の原動力だ 2011-08-11 記事
NO20 がんばれ! ふくしま:大スフィンクス の謎は解ける(改題):人類的な視野に立って福島原発事故からの再生復活を促進せよ!110628。 2011-06-28 記事


*************************

項目 日積温 残日 通日 通積温 TA TX TN TD WX SN RN 瞬低T 瞬高T 瞬風
DATA 190.8 295 70 7855.4 8.0 12.6 4.9 7.7 7.8 8.5 0 4.7 13.2 14.9(北西)
時刻等℃   D m/s H mm 23:54 14:28 08:51
2018年03月10日 伊勢崎(イセサキ) AMEDASへのリンク


*************************

ページ先頭へ飛ぶ

Ranking

00001_アクセスランキング記録2018-PART1

最近の記事

検索サイト

NANDA?⇒物臭検索

  • ラベル(タイトル):最初は何も分からない
    なんだこりゃ?作成当時の記憶

エネルギー関係

ウェブページ

更新ブログ

PHOTO2(写真集)

  • Iob_fujijyuukouentotu
    たまたま出会ったもの2

PHOTO4(写真集)

  • Iob_minitomatodaruma
    果樹・野菜・花等

PHOTO5(写真集)

  • Iob_senteihasami_funsitu_sabi
    現在使われなくなった機器、農具、ガラクタ等。

PHOTO6(樹木等)

  • Iob_sendan_kiru_2013
    樹木の縮伐カット&トライetc

PHOTO7(写真集)

  • Iob_kaiko_ga_gazou
    BLOG関連写真2
フォトアルバム

MIKAN KUN

  • 赤城連山MAP
  • Fight_Fukushima
  • ISESAKI_PIGEON
  • MIKANKUN

Copyrighit

  • © Copyright 2006-2020  af06.kazelog.jp  All rights reserved.

健康関係:リンク&検索等

Favorites2

Favorites

Favorites3

Favorites4

やさしい科学・SCIENCE

  • 日経サイエンスのウェブページ
    「日経サイエンス」とは:「日経サイエンス誌は,1845年に創刊された長い歴史と伝統を持つ米国の科学雑誌「SCIENTIFIC AMERICAN」の日本版で,世界の最先端の科学技術動向を日本の読者に届けています。」
  • SCIENCE IS FUN in the Lab of Shakhashiri
    University of Wisconsin-Madison Chemistry Professor Bassam Z. Shakhashiri のサイト

みかん栽培関係情報

ISESAKI  有情2

ISESAKI  有情1

BOOKS

  • 橋本 英文: 刃物雑学事典 図解・刃物のすべて(1986年 株式会社 講談社 ブルーバックス B-659)
    刃物という視点で多くの事例が取り上げられている。刃のある道具の理解にも役立つ。類書が少なく貴重な一冊。「すべり変形が切断の原理」という考え方で説明している。
  • 沼田 真   : 植物たちの生( 1972年 岩波新書(青版 833))
    「ご要望にお応えしてアンコール復刊(1988年岩波新書50年記念復刊) 地球生態系の中で自然を見直す」(腰巻きのフレーズ)。植物の知恵と戦略に人類は勝てるのか。
  • 出町 誠: 14_NHK趣味の園芸:よく分かる栽培12ヶ月  カキ(NHK出版2007年)
    初心者向け柿栽培参考書(新版)。旧版と比較すると楽しい。
  • 中村三夫: 13_NHK趣味の園芸:作業12ヶ月  カキ(NHK出版1996年)
    初心者向け柿栽培参考書(旧版)。新版と比較すると楽しい。
  • 山科正平: 12_細胞を読む   電子顕微鏡で見る生命の姿
    細胞はどんな部品からできているのか。そんな疑問に答えてくれる一冊。何事も形を見るのが第一歩。μからÅオーダーの世界で、細胞をメスで解剖するように、電子顕微鏡というメスで解剖して見せてくれるので興味が尽きない。
  • 柳田充弘: 11_細胞から生命が見える
    著者の専門は分子生物学、細胞生物学。普段生物を考えても細胞レベルで止まってしまう。その細胞の中で色々な分子が働いている。細胞こそ生命の基礎だが、その細胞の中の動きを知るのに最適な一冊。疑問の発端はなぜ発根剤が効くのかということ。薬剤が細胞膜を通過して細胞内で分子と分子が作用するイメージができた。本書でできた細胞のイメージは小さな無数の穴が空いた水分が充満したヨーヨーのようなもの。そのヨーヨーの中に分子部品が詰まっている。細胞自体もタライの中のヨーヨーのように浮かんでいる。細胞図面の空白部は真空でなく水分だ。細胞の内外に水がないと細胞は生きられない。水が生命のゆりかごだ!
  • 野口悠紀雄: 10_ホームページにオフィスを作る(2001年 光文社)
    ITが輝いた時代の作品。HPの活用法は参考になる。参考:url=http://www.noguchi.co.jp/(野口悠紀雄 ONLINE)
  • 小池洋男 編著: 09_果樹の接ぎ木・さし木・とり木(農文協:2007/3/31第1刷)
    やや専門的であるが、実務専門化が分担執筆しており、その場で役に立つ一冊。
  • ノーバート・ウィーナー(鎮目恭夫訳): 08_サイバネティックスはいかにして生まれたか(みすず書房1956)
    情報と通信という現代社会に不可欠の基礎的な学問を作った著者の自伝とそれを通した科学史
  • 沼田 真(編): 07_雑草の科学(研成社1979)
    雑草を多面的に解説し防除の基礎も述べる

外国語・国際関係

TOOLS

地域産業・機関

地域興し関連情報

MEMO_TL_TEST

  • TOP PAGEの 「アクセスランキング(2015/6/8より表示再開)」へ飛ぶためのラベル
  • TEST END
    TEST_H23/10

アクセスランキング

リンク:ページ先頭へ飛ぶ

写真集へのリンク